また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434249 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

六百山

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
沢渡に駐車。タクシーで上高地入り、タクシー代 4200 円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
1時間57分
合計
8時間16分
S上高地バスターミナル05:1605:20無料トイレ05:2106:12二俣06:1306:19奥の二俣06:2706:29二俣06:41奥の二俣06:4407:18尾根分岐07:2707:532250メートル峰08:1109:14六百山10:0211:292250メートル峰11:4412:23尾根分岐12:2812:42奥の二俣12:4312:49二俣12:5013:25無料トイレ13:3213:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
表示はないですが、河童橋近くの公衆トイレの脇が登山口。
堰堤を二つ越えると雪上歩きとなりました。

稜線まで 

中畠沢は、雪がなければガラ場歩きとなりますが、雪が稜線までつながっています。
ずっと急登。無積雪期には、上部は危険なので右の尾根に移りますが、直登できました。下りは気温が上がり踏み抜きます。途中からシリセードで一気に下りました。

稜線〜ピーク

雪が切れて夏道?踏み跡?がありますが、再び雪の急斜面に突入しました。
雪が切れてそのまま直登したら岸壁が出現。フリーで登りましたが本来のルートは
左側にありました。下りは本来のルートで下山。岩場が不安定と凍っていたため、ロープを4回ほど出しました。
ハイ松帯になんとなく道があり、たどるとピークです。



過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ザック アイゼン ピッケル 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ヘルメット

写真

連休前の静かな河童橋です。
2018年04月22日 05:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連休前の静かな河童橋です。
河童橋前の公衆トイレの脇から入山します。
2018年04月22日 05:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋前の公衆トイレの脇から入山します。
ここ。この先は踏み跡あります。
2018年04月22日 05:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ。この先は踏み跡あります。
堰堤を左側より越えます。
2018年04月22日 05:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を左側より越えます。
すぐに雪歩きに。
2018年04月22日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに雪歩きに。
本来は歩きづらいガラ場ですが、この時期は雪上歩き。
2018年04月22日 06:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来は歩きづらいガラ場ですが、この時期は雪上歩き。
西穂高岳〜奥穂高岳。
2018年04月22日 06:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳〜奥穂高岳。
7
中畠沢、こう見えて急登なんです。
2018年04月22日 06:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠沢、こう見えて急登なんです。
2
急登で休憩ポイントがありませんでした。
2018年04月22日 07:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登で休憩ポイントがありませんでした。
頑張る相棒。
2018年04月22日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張る相棒。
稜線が近づきます。
2018年04月22日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づきます。
左手に六百山です。
2018年04月22日 08:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に六百山です。
以前、秋に来た時には、こんな登りはなかったんだけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、秋に来た時には、こんな登りはなかったんだけど。
1
左の岩壁を登ってきましたが、本来のルートは右側にありました。バックに焼岳。
2018年04月22日 08:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の岩壁を登ってきましたが、本来のルートは右側にありました。バックに焼岳。
6
ハイ松帯にでます。
2018年04月22日 09:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松帯にでます。
で、ピークです。
早速、股下まで踏み抜きました。
計画では霞沢岳〜西尾根下山でしたが、この時点で気温も上がり、
踏み抜き地獄は脳が拒否反応を示しますので、六百山ピストンとします。
2018年04月22日 09:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、ピークです。
早速、股下まで踏み抜きました。
計画では霞沢岳〜西尾根下山でしたが、この時点で気温も上がり、
踏み抜き地獄は脳が拒否反応を示しますので、六百山ピストンとします。
6
穂高連峰と明神岳。
2018年04月22日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰と明神岳。
8
稜線の先の霞沢岳。
また来ます。
2018年04月22日 09:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の先の霞沢岳。
また来ます。
9
気温は暑いが足元は凍っている箇所があり、恐いのでロープを出して通過。
2018年04月22日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は暑いが足元は凍っている箇所があり、恐いのでロープを出して通過。
スリリングな下りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリリングな下りでした。
3
岩場は登りとは別ルートで下山。
お助けロープ10mのお世話になりました。
2018年04月22日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場は登りとは別ルートで下山。
お助けロープ10mのお世話になりました。
2
振り返って六百山です。印象? ずっと急登でした。
2018年04月22日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って六百山です。印象? ずっと急登でした。
3
この時間、気温も上がり踏み抜きます(T_T)
相棒、両足ズボッ。
2018年04月22日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間、気温も上がり踏み抜きます(T_T)
相棒、両足ズボッ。
3
中畠沢雪渓の上部。急だし、雪は不安定なので後ろ向きでダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中畠沢雪渓の上部。急だし、雪は不安定なので後ろ向きでダウン。
4
途中からシリセードで。こいつは楽チンでした。
2018年04月22日 12:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からシリセードで。こいつは楽チンでした。
3
無事下山です。いつも通過するだけの河童橋。まだ観光客も少なくて久々、いや初めてここでゆっくりしました。
2018年04月22日 13:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山です。いつも通過するだけの河童橋。まだ観光客も少なくて久々、いや初めてここでゆっくりしました。
4
見上げると六百山。上高地から日帰りで行ける貴重な山です。

2018年04月22日 13:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると六百山。上高地から日帰りで行ける貴重な山です。

2

感想/記録

計画では六百山〜霞沢岳〜西尾根下山でしたが、折からの記録的な高気温で踏み抜きを警戒して六百山ピストンとしました。
六百山は無積雪期に3回登ったことがありましたが、積雪期は今回が初めて。
不安定なガラ場で苦労する中畠沢も、この時期なら稜線まで直登です。
しかし、稜線からピークまでは今回のほうが手強かったです。
ルートも夏道?とは違いました。雪をつなぐと歩きやすいですが、夏道?からそれていきました。要ルーファイです。
岩場は岩が不安定で動くこと度々、足元はカチカチに凍っている箇所があり、下りは気を使いました。危ない箇所はローブを出しました。
この日、私達の他に二人パーティーに会っただけですが、雪上歩きあり、ルーファイあり、藪漕ぎあり、岩稜歩きあり、ロープあり、シリセードあり、ナイスな眺望ありと山の魅力がギュッと詰まった4月の六百山です。
訪問者数:654人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ