また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1437680 全員に公開 山滑走大雪山

旭岳〜白雲岳〜高根ヶ原〜凡忠別岳

日程 2018年04月24日(火) [日帰り]
メンバー
天候高曇り / 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
早朝のロープウェイの駐車場はクローズしていたため旭岳温泉の適当な場所に駐車した。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間53分
休憩
34分
合計
11時間27分
S山麓駅04:1706:46旭岳06:5709:17白雲岳09:2711:05平ヶ岳12:17凡忠別岳12:3015:17姿見15:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点
旭岳もくっきり見えてモチベーションが上がる
2018年04月24日 04:17撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点
旭岳もくっきり見えてモチベーションが上がる
4
姿見から旭岳
2018年04月24日 05:19撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姿見から旭岳
10
旭岳山頂到着
2018年04月24日 06:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳山頂到着
17
旭岳山頂から
トムラウシもくっきり
2018年04月24日 06:49撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳山頂から
トムラウシもくっきり
12
手前右側が後旭岳、奥が白雲岳
2018年04月24日 06:58撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前右側が後旭岳、奥が白雲岳
5
正面は間宮岳かな?
2018年04月24日 07:25撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は間宮岳かな?
2
北海岳へ続くお鉢平の外輪
それにしても雪が少ない
2018年04月24日 07:40撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳へ続くお鉢平の外輪
それにしても雪が少ない
5
赤岳とか東岳の方向
2018年04月24日 08:25撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳とか東岳の方向
2
白雲岳がずいぶん近づいた
2018年04月24日 08:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳がずいぶん近づいた
2
正面が白雲岳の山頂
2018年04月24日 09:04撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が白雲岳の山頂
5
白雲岳山頂で記念撮影!
2018年04月24日 09:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳山頂で記念撮影!
27
高根ヶ原の広い稜線
2018年04月24日 09:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高根ヶ原の広い稜線
9
石狩岳方向
2018年04月24日 09:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳方向
3
旭岳方向
2018年04月24日 09:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳方向
15
白雲岳避難小屋を見下ろす
2018年04月24日 09:39撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋を見下ろす
6
白雲岳避難小屋を見上げる
2018年04月24日 09:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋を見上げる
2
高根ヶ原
2018年04月24日 09:47撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高根ヶ原
5
雪が少ない
2018年04月24日 10:12撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少ない
4
振り返ると表大雪の山々
2018年04月24日 11:27撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると表大雪の山々
12
凡忠別岳へ続く稜線
2018年04月24日 11:45撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡忠別岳へ続く稜線
5
凡忠別岳山頂でも記念撮影!
2018年04月24日 12:20撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡忠別岳山頂でも記念撮影!
23
凡忠別岳の広い尾根と正面は旭岳
2018年04月24日 12:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡忠別岳の広い尾根と正面は旭岳
10
忠別岳方向
2018年04月24日 12:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別岳方向
2
化雲岳方向、トムラウシは雲の中
2018年04月24日 12:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
化雲岳方向、トムラウシは雲の中
4
あそこを左から右へ歩いてきた
2018年04月24日 12:22撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを左から右へ歩いてきた
10
凡忠別岳の尾根からの下降ポイント
2018年04月24日 12:52撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡忠別岳の尾根からの下降ポイント
3
沢を渡る
渡渉失敗でブーツの中を濡らしてしまった
2018年04月24日 12:58撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る
渡渉失敗でブーツの中を濡らしてしまった
5
右が凡忠別岳の尾根
2018年04月24日 13:19撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が凡忠別岳の尾根
5
真横?から見る旭岳
2018年04月24日 13:24撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真横?から見る旭岳
6
今さっき滑ってきた凡忠別岳の尾根
2018年04月24日 14:11撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今さっき滑ってきた凡忠別岳の尾根
4
裾平から後ろを振り返る
2018年04月24日 14:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裾平から後ろを振り返る
3
裾平から見る旭岳
2018年04月24日 14:35撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裾平から見る旭岳
5
姿見まで戻ってきた
2018年04月24日 15:18撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姿見まで戻ってきた
5

感想/記録

凡忠別岳は過去2回、取り付きの沢が渡れず登ることが出来なかった。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-446721.html
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1043376.html

今度こそは絶対に登るぞ!
ということで、今回は旭岳・白雲岳・高根ヶ原を経由して、後ろ?から回り込むような感じで凡忠別岳へ登る計画とした。沢の渡渉を最後にすれば、もしブーツが濡れても我慢出来るのである。

ロープウェイ乗り場からまずは旭岳に登る。旭岳からはほぼ夏の縦走路に沿って白雲岳方向へ進む。雪融けが意外と早くて地面が見えているところも多かった。それでも微妙な雪渓をつなぎながら歩いたらスキーを脱ぐことなく白雲岳まで登ることが出来た。何度も岩の上をスキーのまま歩いたけど…。

白雲岳からは高根ヶ原方向へ進む。ここも雪が少なかったので雪渓をつなぎながら強引にスキーのまま進んだ。天気も景色も良くて広大な高根ヶ原を歩くのはとても楽しかった。長い稜線歩きも素晴らしい景色を見ながら歩いていると退屈しない。

平ヶ岳の先から凡忠別岳へのコル方向へ進む。そこから広い稜線を進むと凡忠別岳へ到着した。凡忠別岳は大雪山の稜線に囲まれた真ん中に位置する。その山頂から見る大雪山の山々の風景は素晴らしいものだった。感無量。ここでシールを外す。

凡忠別岳の尾根は斜度が緩くて滑りを楽しめる斜面ではない。でもここを滑っているということだけで満足だった。緩い広大な斜面をキョロキョロしながらまったり滑るのも楽しいのだ。尾根の末端から忠別川に下りる。ここで忠別川の渡渉である。

忠別川の渡渉は結果的には失敗してブーツを濡らしてしまった。ビニール袋をザックに入れたつもりがどうも車に忘れてきたようで、仕方がないので強引に渡ったら両足とも水に落ちてしまったのだ。まあ残りは大した行程でもないので濡れても気にしないことにした。

無事?渡渉後は裾平を経由して姿見まで登り返す。濡れたブーツでの登り返しは超不快だった。姿見で再度シールを外して最後はスキーコースを滑ってスタート地点まで戻った。スキーコースの滑りはスピードが出過ぎるので怖い。

ちょっと早いけどこれで今シーズンの山スキーは終了。無事にシーズンを終えることが出来て良かった。
訪問者数:1170人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ