また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440683 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

乾徳山 → 黒金山

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳和駐車場(乾徳山登山口駐車場)へ駐車
4時頃到着時点で車6台ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
2時間55分
合計
10時間15分
S乾徳山登山口バス停04:5405:17乾徳山登山口(オソバ沢ルート)05:1905:37銀晶水05:4506:16錦晶水06:1806:26国師ヶ原06:34役小角像06:51月見岩06:55扇平06:5907:19髭剃岩07:3407:41乾徳山08:1008:15水ノタル08:1908:59笠盛山09:0409:44大ダオ分岐09:4509:48黒金山10:2710:29大ダオ分岐11:05笠盛山11:0711:45水ノタル11:5312:53高原ヒュッテ12:5512:57国師ヶ原13:4814:24道満山14:2514:57乾徳山登山口(道満尾根ルート)14:5915:09乾徳山登山口バス停15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストの位置は無料休憩所とそば処帰雲亭の道路向かいにある「乾徳山・徳和渓谷」の大きな標識の横にあります。
駐車場を利用する人は特にわかりにくいと思います。(僕もはじめわかりませんでした)

乾徳山 → 黒金山へのルートは倒木が多いです。黒金山付近は残雪も多く、凍結に注意が必要です。
その他周辺情報下山後は山梨市内の絶景露天風呂で有名な「ほったらかし温泉 こっちの湯」で入浴。
(次回はあっちの湯に入ってみたいと思います)
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ アンダーシャツ ロングトレッキングパンツ ロングタイツ 靴下 グローブ 化繊ダウン ソフトシェル レインウェア(上下) 帽子 ザック ザックカバー 軽アイゼン(6本爪) 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス 熊鈴 計画書 ヘッドランプ GPSウォッチ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト トレッキングポール ナイフ 一眼レフカメラ

Myアイテム  

ADFX-02Morgan 重量:2.13kg

写真

徳和駐車場(乾徳山登山口駐車場)
2018年04月22日 04:44撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和駐車場(乾徳山登山口駐車場)
乾徳山登山口手前の案内版
2018年04月22日 05:07撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山登山口手前の案内版
乾徳山登山口
2018年04月22日 05:18撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山登山口
錦晶水の水場
2018年04月22日 06:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦晶水の水場
国師ヶ原より乾徳山
2018年04月22日 06:24撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ原より乾徳山
月見岩より富士山
2018年04月22日 06:50撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月見岩より富士山
奇岩其の壱 「髭剃岩」
2018年04月22日 07:21撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩其の壱 「髭剃岩」
奇岩其の弐 「胎内」
2018年04月22日 07:30撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩其の弐 「胎内」
乾徳山頂上直下の「鳳岩」
2018年04月22日 07:41撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山頂上直下の「鳳岩」
はじめ何処に足をかけるのかわかりませんでした・・・
2018年04月22日 07:42撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめ何処に足をかけるのかわかりませんでした・・・
乾徳山山頂より富士山
2018年04月22日 07:49撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山山頂より富士山
乾徳山山頂より南アルプス
2018年04月22日 08:02撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山山頂より南アルプス
笠盛山山頂
展望はありません
2018年04月22日 09:03撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠盛山山頂
展望はありません
笠盛山 → 黒金山への登山道
倒木が多いです。
2018年04月22日 10:55撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠盛山 → 黒金山への登山道
倒木が多いです。
黒金山に近づくにつれて残雪が多くなります。
2018年04月22日 10:27撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山に近づくにつれて残雪が多くなります。
乾徳山山頂より南アルプス方面
2018年04月22日 10:14撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山山頂より南アルプス方面
何ていう植物でしょうか?
(わかる方教えて下さい)
2018年04月22日 12:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何ていう植物でしょうか?
(わかる方教えて下さい)
国師ヶ原 高原ヒュッテ
2018年04月22日 12:55撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ原 高原ヒュッテ
道満尾根 トレイルランニングで下ると気持ちよさそうです。
2018年04月22日 14:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根 トレイルランニングで下ると気持ちよさそうです。
徳和の集落
里山風景が何だか落ち着きます
2018年04月22日 14:59撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和の集落
里山風景が何だか落ち着きます
徳和駐車場へ無事到着
2018年04月22日 15:17撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳和駐車場へ無事到着

感想/記録

月曜日に休みが取れたので、丸一日の山行として今回は乾徳山を選びました。
乾徳山だけの山行では勿体ないと思い、さらに奥にある山梨百名山のひとつ黒金山にも足を伸ばしてみました。

徳和集落 → 乾徳山へは比較的歩きやすいですが、乾徳山山頂付近は岩場・鎖場の連続です。特に山頂直下の鳳岩は高さが有り、結構腕力が必要でした。迂回路もあるようなので自信の無い方はそちらのほうが無難かもしれません。
乾徳山山頂から見える展望は素晴らしいですが、山頂も大岩が積み重なった場所で狭く、足下に注意が必要でした。

乾徳山から黒金山への尾根道へ入ると急に人気が無くなり、薄暗い針葉樹の森の中を進みます。倒木も多く道がわかりにくい箇所もあるので注意が必要です。途中の笠盛山山頂は展望はありません。黒金山へ近づくにつれて残雪が増えていき、一部は凍結している箇所もありました。今回は使用しませんでしたが、軽アイゼンを持っていったほうが良いと思います。黒金山山頂も展望はありませんが北面の開けた岩場から国師ヶ岳が間近に見えます。
結局、乾徳山 ⇔ 黒金山往復間で出会った方は一名だけでした。

帰りは乾徳山山頂は通過せずに西側の迂回新道を進みました。斜度がきついガレ場を下るので転倒に注意が必要です。高原ヒュッテを過ぎ国師ヶ原の十字路を通過、道満尾根沿いの道を進みます。途中の道満山を過ぎると斜度がきつくなり、且つ落ち葉のダブルパンチで滑りやすく流石に足に堪えました。

徳和峠の獣害防止ゲート(どうやって開けるのかわからず少し焦りました・・・)を通り、15時過ぎに徳和駐車場に無事到着。
山梨市内の絶景露天風呂で有名な「ほったらかし温泉 こっちの湯」で一風呂浴びてから帰路につきました。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ