また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1466177 全員に公開 沢登り丹沢

セドノ沢左俣左沢〜ホソノノ尾根(沢登り講習)

日程 2018年05月16日(水) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候夏晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
・トイレあり
・登山計画書は戸川林道/滝沢園入口にポストあり提出
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■セドノ沢左俣

 『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)P28〜29掲載
 遡行グレード:2級下(水量と時期、滝直登の有無による)

870mにある3+10m左俣大滝。大滝前衛の3m滝は右コーナーを登る。(掘
 すぐの10m大滝は右から取り付き細かいスタンスを登って、右壁にある残置
 ハーケン沿いに登る。(掘棔ヌメリある場合は検檗
 テラス左手に残置ロープ巻かれた終了点がビレイポイント。
 ロープスケール約20m。

980m三俣(水量比2:3:ほぼ0)は中央の沢へ。
 すぐの4m滝は釜が少し深く、濡れ覚悟なら左流芯を掘歡度で登れる。
 濡れるのが嫌な場合は、左沢との中間尾根から滝上に巻ける。
 すぐに左上壁が少し被った10m滝。
 右壁下流側から取り付き、上部の残置ハーケン&スリングに向かい登る。
 そこから落ち口方向に割と安定したバンド状をトラバース。
 落ち口手前にハーケンあり。
 ビレイポイントはないのでビレイヤーは創意工夫を。(掘棔
 なお高巻きは先ほどの三俣から左沢との中間尾根を使える。
 少し上で書策新道(現在一般的には廃道)と合流。

B沿いの書策新道を少し進むと1030m二俣(水量比1:1)で、左沢には
 右壁がハングした8m白竜ノ滝が架かっている。
 右壁の後面を左沢方向に巻き上がれば僅かで二つの坑口から水が湧き出している
 25m滝(棚)。日当たりもよく一本取るには最高の場所だ。
 この棚は右側の小尾根に乗り、薄い鹿道をやや下ってから急で浅い凹角状を
 半ば木登りと踏み込みの甘いザレ登り、最後は岩稜気味の箇所を登って、棚の
 落ち口にドンピシャリ出られるようトラバースする。
 この沢に初心者クラスは入ってこないと思うが、そういうレベルの人にはロープを
 出したいところだ。
 棚上は平時には水涸れとなる。
 少し上流で大きな4つの岩が沢を埋め尽くしている。
 中央をややレイバックムーブでクライミングするが、落ち口がスラブでやや難。
 (検檗
 これは左からも巻ける。

■マウントファーム登山学校
 http://mt-farm.info/

写真

戸沢
平日だというのに数台駐車していた
2018年05月16日 08:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢
平日だというのに数台駐車していた
水無川本谷F1
2018年05月16日 09:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷F1
F1登るIさん
2018年05月16日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1登るIさん
こちらは本谷F2
2018年05月16日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは本谷F2
セドノ沢に入る
2018年05月16日 09:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢に入る
セドノ沢F1は流芯左隅を登る
2018年05月16日 09:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1は流芯左隅を登る
セドノ沢F1登るIさん
2018年05月16日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1登るIさん
セドノ沢F2は流芯右隅を少し濡れながら登る
2018年05月16日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F2は流芯右隅を少し濡れながら登る
前衛3m滝と大滝10m
2018年05月16日 10:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前衛3m滝と大滝10m
前衛3mは右流芯コーナーを登る
少々バランシー
2018年05月16日 10:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前衛3mは右流芯コーナーを登る
少々バランシー
大滝リードのIさん
2018年05月16日 10:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝リードのIさん
少々細かい
2018年05月16日 10:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々細かい
ここから右壁へ
2018年05月16日 10:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから右壁へ
大滝のビレイポイント
2018年05月16日 10:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝のビレイポイント
三俣から中央へ進み4m滝
今日は釜が深いから左から巻いた
2018年05月16日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣から中央へ進み4m滝
今日は釜が深いから左から巻いた
右上に被った壁岩がある10m滝
2018年05月16日 11:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上に被った壁岩がある10m滝
右壁を登る
2018年05月16日 11:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右壁を登る
抜けのある滝を越えると
2018年05月16日 11:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けのある滝を越えると
書策新道が合わさる
2018年05月16日 11:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道が合わさる
この案内、いつも書いている人だと・・・
2018年05月16日 11:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この案内、いつも書いている人だと・・・
ザレた踏み跡
2018年05月16日 11:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた踏み跡
25m棚(坑口跡)に着く
2018年05月16日 11:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25m棚(坑口跡)に着く
1
右からの巻き
2018年05月16日 12:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右からの巻き
シロヤシオがこんなところに
2018年05月16日 12:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオがこんなところに
2
落ち口にトラバース
2018年05月16日 12:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口にトラバース
もちろん中央突破
2018年05月16日 12:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん中央突破
落ち口が少々むずい
2018年05月16日 12:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口が少々むずい
ガレてきた
2018年05月16日 13:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレてきた
詰めはガレ場
2018年05月16日 13:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めはガレ場
木ノ又小屋に出た
2018年05月16日 13:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋に出た
細野ノ尾根を下降
2018年05月16日 13:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細野ノ尾根を下降
ツツジのプロムナードだ
一般ハイカーさんたちは知らないしたぶん危険な尾根
2018年05月16日 13:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジのプロムナードだ
一般ハイカーさんたちは知らないしたぶん危険な尾根
え、山椒の花?
2018年05月16日 13:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え、山椒の花?
1
悠大は風景
2018年05月16日 14:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悠大は風景
1200m辺りは右(西側)へトラバースしなければならない。
道迷いしやすいポイント。
2018年05月16日 14:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m辺りは右(西側)へトラバースしなければならない。
道迷いしやすいポイント。
書策新道に合わさる
2018年05月16日 14:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道に合わさる
水無川本谷徒渉点
880m辺り
2018年05月16日 14:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷徒渉点
880m辺り
すぐに崩落箇所の通過
2018年05月16日 15:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに崩落箇所の通過
1
今年前半まで頼りにしていたスタンスが最近崩落してしまった。
この手架かりにしているしっかりした木の根もいずれまとめて崩落するであろう。
書策新道はますます一般ハイカーには危険ルートとなった。
(過去に滑落死亡者、道迷い遭難者多数)
2018年05月16日 15:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年前半まで頼りにしていたスタンスが最近崩落してしまった。
この手架かりにしているしっかりした木の根もいずれまとめて崩落するであろう。
書策新道はますます一般ハイカーには危険ルートとなった。
(過去に滑落死亡者、道迷い遭難者多数)
1
個人的にはこの岩は書策新道の主と思って親しんでいる
2018年05月16日 15:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
個人的にはこの岩は書策新道の主と思って親しんでいる
1

感想/記録
by kamog

今日の休日は12年ぶりに記憶も曖昧になった彦右エ門谷へ行こうと予定していましたが、前夜受講者さんから急遽オファー入り、セドノ沢左俣へ。
大滝、その後の10m滝などすべて直登。白竜の滝からは左沢へ進み、毎度の坑口を訪れ、右から落ち口へ半ば木登りクライミングして木ノ又小屋へ詰め上げました。
下降は細野ノ尾根。満開ツツジのプロムナード!

下山後、市から電話あり。大山で単独男性(68歳とのこと)行方不明とのこと。正式な依頼がなければ我々は動けないので詳細は不明ですが、依頼があればいつでも動けるようにします。
訪問者数:129人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/12
投稿数: 57
2018/5/16 22:02
 おおっ
坑口の25m棚のとこ、登れるんですね〜〜。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 523
2018/5/16 22:26
 Re: おおっ
巻きですけどね😅

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ