また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1526553 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

H30 北海道遠征 〕絮嘘戞〔擴湿屋から 

日程 2018年07月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、中腹より上はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
女満別空港からレンタカー。網走宿泊。
木下小屋駐車場(5台)満車となりホテル池の涯駐車場周り(10台程)も満車で
ホテルの駐車場の片隅に駐車する。ありがとうございました。
(駐車場の拡張を願いたい)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間40分
休憩
1時間20分
合計
14時間0分
S網走宿舎05:1006:30木下小屋06:4508:00弥三吉水 天場08:1009:15大沢09:2010:00羅臼平10:1010:30岩清水11:10羅臼岳11:3012:10羅臼平12:35大沢12:4013:40弥三吉水 天場13:4514:50木下小屋15:0019:10網走宿舎G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題無し。
その他周辺情報羅臼迄行かなくても知床峠から国後島が一望できることをを知りました。もちろん晴れれば山頂から見える。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 バックパック 救急用品 緊急用品 雨具 水タンク PETタンク ストック 手袋 帽子 サングラス、コンタクト 地図 トータル重量6kg
備考 軽アイゼンは大沢雪渓で必要。クマ除けスプレーはマジックテープのみでは落下する。

写真

百名山90座目の羅臼岳。晴れているとモチベーションが上がる。
2018年07月13日 06:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百名山90座目の羅臼岳。晴れているとモチベーションが上がる。
2
池の涯の駐車場。既に木下小屋や周辺は満車状態。
2018年07月13日 06:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の涯の駐車場。既に木下小屋や周辺は満車状態。
ここから登ります
2018年07月13日 06:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登ります
1
木下小屋で登山届けをノートに書きます
2018年07月13日 06:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下小屋で登山届けをノートに書きます
1
オホーツク展望台の大岩
2018年07月13日 07:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オホーツク展望台の大岩
1
ダケカンバ
2018年07月13日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバ
1
頂上まで5kmの標識
2018年07月13日 07:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで5kmの標識
弥三吉水で休憩。水が冷たいですがエキノコックスで飲まない方がいいようです。頭を冷やし顔を洗うのみ。
2018年07月13日 07:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥三吉水で休憩。水が冷たいですがエキノコックスで飲まない方がいいようです。頭を冷やし顔を洗うのみ。
1
メアカンキンバイ
2018年07月13日 09:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイ
大沢雪渓です。500m程はあり特に下山時の上側急斜面では軽アイゼンが必要
2018年07月13日 09:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢雪渓です。500m程はあり特に下山時の上側急斜面では軽アイゼンが必要
大沢雪渓を登ると羅臼平となります
2018年07月13日 09:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢雪渓を登ると羅臼平となります
木下弥三吉氏碑
2018年07月13日 09:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下弥三吉氏碑
フードロッカーです。ヒグマに襲われ無い様に匂う様な食料は保管します。
2018年07月13日 10:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フードロッカーです。ヒグマに襲われ無い様に匂う様な食料は保管します。
メアカンキンバイ
2018年07月13日 10:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイ
水量はごく僅かでした
2018年07月13日 10:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量はごく僅かでした
1
エゾノツガザクラ
2018年07月13日 10:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾノツガザクラ
1
山頂直下
2018年07月13日 10:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下
1
羅臼岳山頂にて
2018年07月13日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳山頂にて
3
エゾコザクラ
2018年07月13日 11:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾコザクラ
1
山頂方向
2018年07月13日 11:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向
1
チングルマ
2018年07月13日 12:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
大沢雪渓は日中はガスが出ます。
下山時は軽アイゼンに頼るよりも踵から突き刺すイメージがベストと思います。
ザックのベルトにマジックテープで止めていたクマ除けスプレーの落下に気が付く。頂上ではあったのでおそらく山頂直下の岩場のすれ違いで落としたと思われる。ガッカリしながらも戻る気になれずに下山した。(損害1万円かトホホ)
2018年07月13日 12:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢雪渓は日中はガスが出ます。
下山時は軽アイゼンに頼るよりも踵から突き刺すイメージがベストと思います。
ザックのベルトにマジックテープで止めていたクマ除けスプレーの落下に気が付く。頂上ではあったのでおそらく山頂直下の岩場のすれ違いで落としたと思われる。ガッカリしながらも戻る気になれずに下山した。(損害1万円かトホホ)
1
大沢雪渓
2018年07月13日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢雪渓
2
あきる野の中里さん
2018年07月13日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あきる野の中里さん
2
携帯トイレブース
2018年07月13日 12:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯トイレブース
1
オホーツク海が見えました。
2018年07月13日 14:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オホーツク海が見えました。
1
登山口の標識1
2018年07月13日 14:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の標識1
1
登山口の標識2
2018年07月13日 14:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の標識2
1
木下小屋が見え羅臼岳登山終了です。ヒグマに合わず良かったです。
2018年07月13日 14:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下小屋が見え羅臼岳登山終了です。ヒグマに合わず良かったです。
1
アフター1 知床五湖
羅臼岳と大沢雪渓が見えました。
2018年07月13日 15:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター1 知床五湖
羅臼岳と大沢雪渓が見えました。
1
アフター1 知床五湖
野生のヒグマが現れた
木道下には電気鉄線で安全です
2018年07月13日 15:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター1 知床五湖
野生のヒグマが現れた
木道下には電気鉄線で安全です
2
アフター1 知床五湖
癒しの時間です
2018年07月13日 15:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター1 知床五湖
癒しの時間です
1
アフター1 知床五湖
木道
2018年07月13日 15:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター1 知床五湖
木道
1
アフター2 カムイワッカの湯滝
2018年07月13日 16:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター2 カムイワッカの湯滝
1
アフター2 カムイワッカの湯滝
暖かいより生温い。
上流程源泉に近づき暖かい。
2018年07月13日 16:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター2 カムイワッカの湯滝
暖かいより生温い。
上流程源泉に近づき暖かい。
2
クルマを停めるとキタキツネが寄ってくる
2018年07月13日 16:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマを停めるとキタキツネが寄ってくる
3
知床の岩壁
2018年07月13日 16:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知床の岩壁
2
アフター3 知床峠
知床峠から羅臼岳
2018年07月13日 17:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター3 知床峠
知床峠から羅臼岳
1
アフター3 知床峠
2018年07月13日 17:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター3 知床峠
1
アフター3 知床峠
海に浮かぶ国後島
2018年07月13日 17:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アフター3 知床峠
海に浮かぶ国後島
1
ウトロ市街
2018年07月13日 17:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウトロ市街
1
オロンコ岩
2018年07月13日 17:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロンコ岩
3
明日登る斜里岳
2018年07月13日 18:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登る斜里岳
2
撮影機材:

感想/記録
by kmax

3ヶ月前から計画していた百名山トライ90座目は北海道の羅臼岳だ。
ここの注意点は何といってもヒグマとの遭遇だ。知床半島に500頭は生息しているとの事で2年前に購入したクマ除けスプレーを厳重に梱包して宅配便で宿舎にスーツケースと共に送付することから始まる。またクマ鈴を高低ダブルにして尚かつホイッスルを付けた。
また事前調査では気温が頂上で8℃前後と7月としては低い事と大沢雪渓の長さ約500m程を歩かなければならないので冬装備と軽アイゼンが必要だ。(持参は4本刃)
女満別空港まで4ヶ月前に飛行機を予約し、前日に空港でレンタカーを借りて網走に宿泊した。飛行機の隣の老婦が北見は雨ばかりで玉ねぎの生育が良くないとこぼしていた。とはいえ北海道遠征では晴れてもらわなくては困る。
 朝6時半には木下小屋下まで来たが車は約15台程のスペースが満車状態で困った。
しかたなくホテル池の涯の最も端に駐車させて頂いた。(帰りにお礼をした)
八王子ナンバーの軽自動車を見かけ乗られていたご婦人に声をかけた。あきる野から来られた中里さんとの事でとても会話好きなシティマラソンランナーだ。この後翌日の斜里岳もお会いすることになった。ヒグマを考えると一人では心細く心強い援軍となった。とはいえ写真を撮りながらの私とピッチが異なるので一緒に歩くことはあまりなかった。
 木下小屋横の神棚に登山の安全をお参りした。少し登り弥三吉水で冷たい水が流れている。暑くなった体を拭くが水は飲めない。キタキツネ媒体のエキノコックスという包虫症が北海道地区では発生するので危険との事だからだ。キタキツネの60%が感染しているとの事で水も生は危険だ。北海道地区にお住まいの方は包虫症の集団検診があるようだ。従って水タンクは8時間の行程を踏まえ通常よりやや多い2.5Lを持参した。帰りにピッタリ無くなり予想通りだった。
 大沢雪渓は予想通りの雪渓で約500mを軽アイゼンを付けて歩く。雪が解けて表面が柔らかく軽アイゼンの刃が思ったほど掛からないので結構滑る。
 ここをぬけると羅臼平で休憩ポイントとしては良いロケーションですが、朝見えていた山頂はガスで見えない。近くにはフードステーションがあって臭いがする食料はクマを呼び寄せるので保管するボックスになっている。
 羅臼平を過ぎるとハイマツ地帯となり徐々に急な斜面となって鎖場も所々に作られている。最後は大きな岩を超えて頂上に到着した。ガスで全く見えないが90座の区切りを迎えることが出来た。
 途中で会った方から朝早い登山者はクマの親子を見かけてそのクマは縦走コース方向に向かった情報を得た。
 ガスで見えないので早めに下山する。大沢雪渓の下り、特に上の方は斜面が急なので滑って滑落しやすい。軽アイゼンを頼るよりかかとを突き刺して歩く方が速く効果的に下山できた。下まで来て軽アイゼンを外すときにクマ除けのスプレーが無いことに気が付いた。頂上直下の岩場のすれ違いで落としたと思ったが登って取りに行く気になれず諦めた。(1万円の損害にイラつく)木下小屋には見つかったら寄付の連絡を入れておいた。
 弥三吉水を過ぎると林野庁の若い女性職員と林業風の男性二人でチェンソーで草刈りをしていた。ありがたいことではあるがそれより頭上のダケカンバで頭にタンコブを作っているのでこれを短く切ってもらいたいと思った。
 ほぼ予定通りにホテル池の涯に到着しフロントにお礼を言って帰路に着く。

アフターは知床五胡とカムイワッカの湯滝と知床峠の国後島見物を行った。
 知床五胡では木道が綺麗に整備され、下には電気鉄線が張ってある。人が多く集まっているので見ると野生のヒグマが20m程の所を歩いている。木道の人間に驚くことなく動物園の熊のようだ。いい経験になった。
 カムイワッカの湯滝までは10km程のダートコースで土ホコリまみれの車を事故させないように慎重に運転した。滝は生温く温泉になるにはもっと上流の源泉にいかにといけないようだ。子供の温水プール風で子供が滝つぼで奇声をあげてはしゃいでいる。サンダルをこのために持参して正解だった。
 知床峠では観光バスも駐車して国後島見物を行っている。こんなに近くに外国があるのはここにこないと感じられない。ここでもいい経験となった。
 北海道は道路がよく交通量が少なく全体の移動速度が速くナビの予想より大幅に短縮できるのが驚きだ。GSで洗車をして明日に備える。
訪問者数:468人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ