また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1528006 全員に公開 沢登り大台ケ原・大杉谷・高見山

渓中1泊で大台ケ原大杉谷・西の谷遡行&撤退〜試練の連続…

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月16日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候15日16日とも晴れ(下山後大雨警報出てました…)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大台ケ原ビジターセンター駐車
前夜7時頃到着しましたが、星空の鑑賞の人が大勢。駐車場は7割ほど埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間49分
休憩
59分
合計
13時間48分
S大台ケ原駐車場04:3204:54展望台分岐04:5705:01大台ヶ原山06:18堂倉小屋06:2607:00堂倉滝07:4818:20宿泊地
2日目
山行
6時間5分
休憩
1時間48分
合計
7時間53分
宿泊地07:3609:57西谷橋11:3212:05大台辻12:0613:05コブシ峠13:0714:58川上辻15:0415:23「心・湯治館」15:2515:27大台ケ原駐車場15:2915:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
国土地理院の巴滝の位置が違っているか、GPSの捕捉が違っているのか…
地形図との比較で言えば前者と思います。
我が家がルンゼから登った沢付近が巴滝、国土地理院の巴滝の位置は夫婦滝ではないかと…
渓中、GPS荒れてます…
コース状況/
危険箇所等
ビジターセンター〜日出ヶ岳〜堂倉橋
一般道。特に危険個所はなし

堂倉橋〜西の谷〜栗谷分岐〜三滝〜巴滝
ヌメリがキツく、水量多く流れも速い。ゴーロも大きすぎで、容易に遡行できなかった。
周囲はほとんどゴルジュとなっており、2〜3mtのゴーロを越えるだけであっち行ったりこっち行ったり…
高巻きも先日の大雨のせいか崩落多く、草付もドロドログズグズの斜面で大高巻きの連続となりました。
詳細は感想にて。

巴滝直上林道〜西の谷〜西谷橋
林道は崩落だらけでまともに歩けません。途中で沢に戻って西谷橋まで遡行。

西谷橋〜大台辻〜川上辻
西谷橋〜大台辻までは相当荒れてます。歩いた感じ一般道ではないですね…
大台辻〜川上辻まで、一般道となっていますが現在通行止めの様でした。(大台辻到着時に看板がありましたが、どうすることもできずそのまま進みました)
歩いていて特に問題あるとは思えませんでしたが、これまでのルートで麻痺していただけかも…
その他周辺情報入之波温泉(@600)
秘湯っぽい雰囲気で良い温泉と思います。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 ロープは30mt持参したが、今回は50あった方が良かった…

写真

早寝早起きで早朝出発
2018年07月15日 04:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早寝早起きで早朝出発
10
日出ヶ岳展望台付近でお日さんおはようございます
2018年07月15日 05:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳展望台付近でお日さんおはようございます
5
山上ヶ岳方面
幻想的
2018年07月15日 05:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ヶ岳方面
幻想的
2
山頂はこの時間から凄い人
我が家は明日も来る予定だったのでとっとと進みます
2018年07月15日 05:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこの時間から凄い人
我が家は明日も来る予定だったのでとっとと進みます
5
堂倉小屋までの道のり
基本的に明瞭な登山道だけど、結構な下り
2018年07月15日 05:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂倉小屋までの道のり
基本的に明瞭な登山道だけど、結構な下り
2
堂倉避難小屋
施錠していた
2018年07月15日 06:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂倉避難小屋
施錠していた
1
堂倉吊橋
予定より早く着いた
2018年07月15日 07:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂倉吊橋
予定より早く着いた
4
遡行準備完了
2018年07月15日 07:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遡行準備完了
12
美しいんだけど…
とにかくね、深いし…
2018年07月15日 08:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいんだけど…
とにかくね、深いし…
5
ゴーロデカい訳ですよ…
2018年07月15日 09:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロデカい訳ですよ…
4
こちら栗谷方面
2018年07月15日 09:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら栗谷方面
1
栗谷分岐直ぐの2条滝
数少ない下調べできた情報より水の勢いが…
(これは右岸ルンゼから1ピッチ巻き)
2018年07月15日 09:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗谷分岐直ぐの2条滝
数少ない下調べできた情報より水の勢いが…
(これは右岸ルンゼから1ピッチ巻き)
3
三滝最初の10mt直瀑
釜が深すぎる
2018年07月15日 10:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三滝最初の10mt直瀑
釜が深すぎる
3
休憩
絵になるね
2018年07月15日 10:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩
絵になるね
12
左岸ルンゼ横の草付から2ピッチ巻き
2018年07月15日 10:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸ルンゼ横の草付から2ピッチ巻き
2
結局40mt近くの高巻き
2018年07月15日 10:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局40mt近くの高巻き
2
やっと落口が見えた
このままバンド伝って落口へ
2018年07月15日 11:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと落口が見えた
このままバンド伝って落口へ
2
落口から見下ろすと、釜泳いだら簡単に登れそうなバンドがあった
2018年07月15日 11:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落口から見下ろすと、釜泳いだら簡単に登れそうなバンドがあった
2
三滝の2mt斜滝だけど水勢が強い…
父の体重でも流されそうだった
2018年07月15日 11:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三滝の2mt斜滝だけど水勢が強い…
父の体重でも流されそうだった
2
オト、この滝登るのに3回流された…
4回目、完全に確保して何とか通過
2018年07月15日 11:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オト、この滝登るのに3回流された…
4回目、完全に確保して何とか通過
6
三滝越えたら折滝12mt
やはり釜は相当深い
2018年07月15日 12:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三滝越えたら折滝12mt
やはり釜は相当深い
5
ここでも休憩
2018年07月15日 12:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも休憩
5
結局、右岸の大高巻きに…
2ピッチ懸垂
2018年07月15日 13:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、右岸の大高巻きに…
2ピッチ懸垂
2
見た目は沢屋さん
2018年07月15日 14:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目は沢屋さん
8
巴滝到着
2018年07月15日 14:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巴滝到着
2
左岸上部も崩落してるし、釜もこんなに水無いはずなんだけど…
とても左岸から巻ける気がしない
2018年07月15日 14:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸上部も崩落してるし、釜もこんなに水無いはずなんだけど…
とても左岸から巻ける気がしない
4
この人、まだまだ元気
2018年07月15日 14:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この人、まだまだ元気
14
右岸も20mt以上の大岩
とりあえず、この写真より左のルンゼ登ってみる
2018年07月15日 14:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸も20mt以上の大岩
とりあえず、この写真より左のルンゼ登ってみる
2
そのルンゼ
2018年07月15日 15:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのルンゼ
2
ルンゼ上部
右に折れるバンド向かうも壁に阻まれる
2018年07月15日 15:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼ上部
右に折れるバンド向かうも壁に阻まれる
1
仕切り直しでもう一つ尾根挟んだ支沢と言っていい沢筋へ
2018年07月15日 16:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕切り直しでもう一つ尾根挟んだ支沢と言っていい沢筋へ
2
まぁ予想通り急斜面
2回ほどロープ確保
2018年07月15日 17:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まぁ予想通り急斜面
2回ほどロープ確保
2
更に上部、最後50mtほどのガレガレ斜面
ハンマーのピックが役立ちました
2018年07月15日 18:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に上部、最後50mtほどのガレガレ斜面
ハンマーのピックが役立ちました
3
こんな感じ
40〜50°のガレガレ、ズルズル斜面
緊急退路とはいえ、二度と歩きたくない…
2018年07月15日 18:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ
40〜50°のガレガレ、ズルズル斜面
緊急退路とはいえ、二度と歩きたくない…
2
やっと林道へ…
しばらく進んで、ツェルト張るに良い場所発見し、そこで幕営
2018年07月15日 18:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと林道へ…
しばらく進んで、ツェルト張るに良い場所発見し、そこで幕営
4
今日はアルファ米と…
2018年07月15日 20:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はアルファ米と…
2
カレー
近くに水場もあり、快適に過ごせました
2018年07月15日 20:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレー
近くに水場もあり、快適に過ごせました
3
翌朝、寝坊気味
8時頃出発
2018年07月16日 07:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、寝坊気味
8時頃出発
2
てゆーか、林道崩落しすぎ
歩いて数分でこんなのや
2018年07月16日 07:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てゆーか、林道崩落しすぎ
歩いて数分でこんなのや
2
こんなの
2018年07月16日 07:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなの
3
下りれる内に沢に下りとこう…
と言う事で、なだらかそうな支沢から西の谷復帰
2018年07月16日 08:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りれる内に沢に下りとこう…
と言う事で、なだらかそうな支沢から西の谷復帰
2
やっぱり沢の方が断然涼しい
2018年07月16日 08:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり沢の方が断然涼しい
7
こんな何でもないトコだけど…
2018年07月16日 08:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな何でもないトコだけど…
2
巻くより泳ぐ
2018年07月16日 08:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻くより泳ぐ
4
堤防発見
2018年07月16日 09:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堤防発見
3
左岸簡単に巻けると思ったけど…
2018年07月16日 09:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸簡単に巻けると思ったけど…
1
2段ルートがあって、1段目藪漕いで進むと
2018年07月16日 09:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段ルートがあって、1段目藪漕いで進むと
1
堤防上で行き詰るという…
手前の立木を支点に懸垂
もう一段登るべきだった
2018年07月16日 09:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堤防上で行き詰るという…
手前の立木を支点に懸垂
もう一段登るべきだった
1
堤防越えたら幕営適地たくさん
2018年07月16日 09:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堤防越えたら幕営適地たくさん
3
しばらくして西谷橋
2018年07月16日 10:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくして西谷橋
1
この岩でハーケン打つ練習したりして…
2018年07月16日 11:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩でハーケン打つ練習したりして…
2
1時間以上休憩して下山
2018年07月16日 11:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間以上休憩して下山
2
大台辻まで
壊れた橋(父は無理やり橋渡る)
2018年07月16日 11:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大台辻まで
壊れた橋(父は無理やり橋渡る)
3
カニのヨコバイより危険
フィックスにカラビナ通して通過
2018年07月16日 11:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイより危険
フィックスにカラビナ通して通過
3
今回、父が一番怖かったトコ
中間地点まで進んだのち、上部に巻き道ある事を知る…
2018年07月16日 12:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、父が一番怖かったトコ
中間地点まで進んだのち、上部に巻き道ある事を知る…
3
大台辻
ここまでくれば安心…と思ったのに
まさかの通行止め
どうしようもないので進みます
2018年07月16日 12:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大台辻
ここまでくれば安心…と思ったのに
まさかの通行止め
どうしようもないので進みます
2
3つあった橋はすべて無事でした…
2018年07月16日 13:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つあった橋はすべて無事でした…
2
これは3つ目かな
2018年07月16日 14:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは3つ目かな
2
ふぅ…やっと川上辻へ
2018年07月16日 15:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぅ…やっと川上辻へ
9
足取り重くトボトボ駐車場へ
2018年07月16日 15:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足取り重くトボトボ駐車場へ
2
オトおつかれちゃん
2018年07月16日 15:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトおつかれちゃん
10
父もおつかれちゃん
2018年07月16日 15:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父もおつかれちゃん
9
撮影機材:

感想/記録
by utaoto

海の日連休。ウタは学校行事でマレーシア人とお泊り交流会。父とオトでどこ行こう。
まったり行くなら北ア針ノ木周辺を散策。それか北穂東陵か、渓中泊出来る沢。
オトはまったりしたいと言うに決まってるけどそうは問屋が卸さない。

と言う事でじーじさんに情報貰って大台大杉谷源頭域にあたる西の谷に1泊2日で向かうことに。
色々調べたけど、西の谷は大きく2つに分かれてるよう。
1つは堂倉吊橋から遡行して三滝・巴滝越えて西谷橋まで。これが下流部。もう1つが西谷橋から遡行して川上辻や日出ヶ岳へ直上する上流部。
情報は上流部が多く、下流部の情報が殆どない。じーじさんにコピー貰った古い遡行図と、地形図でシミュレーションしてみる。

下流部の僅かな情報を整理するとゴーロが大きく難儀する事、巻きが不明瞭である事。ただ小さな小滝は直上したりしてるので、遡行図にある滝さえ処理できればなんとかなるかな…と思ったけど…

実際は中々…

時期的なのか滑りがキツく、単純な歩行も気を遣う状態。先日の大雨のせいなのか、台高の沢はそもそもこんなもんなのか分かりませんが、水量・水勢ともに結構キツい。(参考にさせてもらった幾つかのブログの写真より水量多かったので、多分先日の大雨の影響と思います…)
両サイドは大半がゴルジュで、2〜3mtクラスの大岩ゴロゴロ…
以上の事から、どこでも好きなトコ歩け…とはいかなく、ピンポイントで遡上できるコースを探す必要がありました。
左岸と右岸を行ったり来たり、しかも渡渉はヌメヌメで気を使うし、時間かかってしゃあない感じ。
それでも栗谷分岐までは特に問題なかったんだけど、西の谷入ってからずーっと核心部。

以下遡行詳細
栗谷分岐直ぐの2条滝。
右岸のバンド伝ってルンゼを巻き上がる。但し斜面ズルズルなので念のためロープだす。向かって左の滝口に降りる。

三滝・一つ目の10mt直瀑
釜が深い。釜の奥の方に登れそうなバンドがありそうだけど、岩陰で様子が見えない&まだ泳ぐ気分になれないので、左岸手前のルンゼ脇の草付から巻く。
1ピッチ目でトラバースしようと試みるも相変わらずのズルズル斜面。2ピッチ登ることに…
既に滝は遥か下に見える…そこからトラバースで1ピッチ。懸垂で斜めに降りていき2ピッチでようやく滝の落口へ。
2ピッチ数十分で巻けると思ったのに、合計5ピッチ1時間強掛かってようやく巻けた。
落口で下覗くと、見えなかった釜奥のバンドが簡単に登れそうだったというオチ…

三滝・二つ目の2mt
こちらも釜が深い。左岸から泳いで取付き、滝を直上する。
父先行で登り、オトを引っ張るも水の勢いが強すぎ、"アーレー"とか言いながら3回釜に流される。傍から見るとオトが釜で水遊びしてる風にしか見えない。
4度目、ATCで確保しようやく通過。
こんな簡単そうな滝で苦戦するとは思ってもいなかった…

三滝・三つ目の6mt斜滝
記憶にも写真にもないと言う事は簡単に登れたか巻けたかだと思う。

折れ滝12mt
右岸ルンゼを大きく高巻いた。崩落間もない感じのルンゼをノーザイルで40mtほど登り、安全を確保するため大岩上のバンドを登って巻いた。下りは2ピッチ懸垂で沢筋へ。

この時点で14時回ってしまっている…
大高巻き林道脱出のプランを検討し始めるけど、取り合えず遡行続行。

巴滝15mt
左岸巻いたという記録も見たことがあるが、崩落していてとても巻ける気がしない。そもそもその記録より明らか水量多いし、そこまで20mtほど泳がないと取り付けないし…
右岸は完全に岩壁。というよりずーっとゴルジュ。一番滝から近いルンゼを途中までノーザイルで登り、右に見えるバンドを狙って1ピッチ、オトを先行させる。
"どうみても壁にしか見えん"とオトの返事。
ルンゼ真上も岩壁。左の尾根も越えれそうな雰囲気なし。
で、結局2ピッチ懸垂で沢に戻る。

時間は16時。ココでビバークするか、もう一つ下流のルンゼで林道まで巻き上がってビバークするか…
GPS見るもどう見てもこれ、地形図の滝の位置狂ってるよね…と言う事で、自位置を再確認し、地形図と遡行図でこのルンゼで林道出られるか検討してみる。
万が一、林道出れない場合は、明日懸垂で下まで降りよう…と言う事で、計画には緊急用で記載した林道への脱出を試みる。

ガラガラのルンゼ、約150mtの大高巻き敢行。
絶対に無理しないがモットーの我が家の決まりを二人で確認し、2か所ほどロープ出したりしながらルンゼをゆっくり登る。途中、何度か惑わされる分岐で都度地形図を確認し、上部に林道発見。
18時、無事林道へ脱出。
ふぅ…

林道とはいえ、まったく人の気配がしない林道(後でわかったが結構昔から通行止めになっていた模様)を、取り合えず水の確保が出来る場所まで歩きビバーク。
幕営はツェルト。軽量化と安全確保優先でガチャ類多めだったので、シュラフは無し。
装備解除しツェルト張ってビール飲んで食事を取って…ようやく緊張の糸が切れた二人。
ペラペラ銀マット敷き、タイベックシートを掛けて寝たんだけど、快適な睡眠を取ることが出来ました。

翌日…
もう遡行する気はなし。歩けるとこまで林道歩いて、そのまま西谷橋から一般道で帰ろうぜって事でゆっくり支度して8時頃出発。
沢筋は全部と言っていいほど崩落している林道を進み、比較的下りやすそうな支沢を下って西の谷復帰。
前日とは打って変わってなだらかな沢を、時に泳いだりしながら遡行。
途中にある堤防で懸垂の為に1度ロープだした以外は特に問題なく西谷橋へ。

このまま遡行続ければ日出ヶ岳に直上できる。もちろんその気はなっしんぐ。
それに西から雲湧いてきてるの見えてたし。
靴を履き替え、近くの岩でハーケン打つ練習とかして…
お腹すいてきたし大台辻までの道を進みます。
橋は壊れ、斜面は崩れ…結構荒れてる登山道を、筋肉痛と闘いながら進む二人。
大台辻でしばし休憩。

ん??
休憩中、帰るべき方向にトラロープ張ってある事に気づく。
オトが裏返って落ちている看板を見つけて持ってきた。嫌な予感…
"川上辻まで崩落の為、通行不可"
やばい、心折れそう…
計画では一応、緊急時の退路として検討していたけど、まさか通行止めとは…
他のルートだと崩落している林道を無理やり下って栗谷小屋まで戻り、そのまま日出ヶ岳登るか三重県側に下りるか…でも時間的に到底無理。
一応登攀具ある訳だし、無理やり尾根筋歩くか、崩落しているであろう登山道を進むか…距離的に4キロ程度だし、昨日の高巻きよりマシだろって事で、通行不可ルートを進むことにしました。
結果的に若干荒れてはいたものの、少々難路と言っていいかどうか程度のルートだったので、ロープ等不要でありました。

川上辻着いたら二人とももうフラフラ。
西谷橋で見上げた、湧き上がる雲がいつの間にか大峰方面を覆っていた。危なかったぁ…
ビジターセンターまでの1.2キロを遠く感じながらも無事車に帰還。
高巻きの藪漕ぎでドロドロ、そして場違いな装備で恥ずかしいのでとっとと車に乗り込む二人。
帰りは入之波温泉で汗を流し、橿原のクルクル寿司で腹いっぱい食べて無事帰宅。


今回の遡行に関して。
後で写真を見比べたら、やはり今回水量が多く、水勢が強かった。(梅雨時期だからなのか、先日の大雨の影響なのかは分からない)
この時期の沢特有なのか、台高の沢の特徴なのか、ヌメリがキツく、フェルトソールでもズルズルだった。結果的に水線歩くとバランス取るのに余計な体力を使う羽目になり、仕方なくゴーロを巻くのに結構時間&体力を消費した。
水量多かったため、小滝とはいえ流芯突破が困難で、小さな巻きが連続して時間を取った。
基本下流部序盤の大半がゴルジュ帯なので、巻きの大半はルンゼかルンゼ脇の草付か。ただ、これも時期的か大雨の影響か、ズルズル滑りまくるシマツ…新しい崩落跡も結構あったので、巻くのにかなり苦戦した。
フリーで無理して突破できなくはないかもしれないが、上記状況&場所が場所だけに安全第一で積極的にロープ使用。結果的に大幅な時間のロスとなってしまった。

逆説的に言えば、水量がもう少し少なく、ルンゼや草付がもう少し安定していれば、そんなに無理せずに遡行出来たかも…と思う。
まぁそれを予測するのも沢なんだろう。

初日の大高巻き敢行や、二日目の登山道からの撤退など、想定していた避難ルートだったが、避難ルートの情報まで入手していなかったのは問題。
特に2日目の登山道通行止め情報は、もし大崩落での通行止めであったら遭難必至だった訳で…
まぁ実際歩いていた二人はそんなに焦ることなく、常に時間とルートを確認しながら歩いていた訳ですが…
計画段階で悪い想定を全部引いちゃった感がある山行でした。

もう一度リベンジしたいと思うルートなので、水量安定してそうな秋にでも再訪してみようっと。
訪問者数:1000人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/23
投稿数: 1813
2018/7/18 8:51
 うっ、羨ましい!
大台の沢はダイナミックでカッコいいですよねー!
もっと行きたいけどちょっと遠い…
想定外の試練も後になれば良い経験でしょうか。オトちゃんがどんどん逞しくなりますね(^^)
登録日: 2009/9/29
投稿数: 4013
2018/7/18 14:39
 堂倉滝を見たら・・・
水量が多いって言ってたから、この前の豪雨が残ってるのかと思ってたけど、堂倉滝を見たら水量が多いどころか少な目やよ
多い時は、堂倉滝の落ち口の右のこぶ岩は見えないもん。
高巻するときは、落ち口当たりに目標に出来る木などを見つけてそこに行くラインを読めばいいよ
そうしないと、どんどん追い上げられてしまうことが多いから。
それと泳ぐかどうかの判断は難しいね~
今の沢登りは積極的に泳ぐみたいだけど昔は出来るだけ泳がずにと教えられたよ。
泳ぐと体力の消耗が激しくてロングの沢ではばててしまうからと・・・
まぁ、いい勉強になったね
登録日: 2010/11/22
投稿数: 5718
2018/7/18 15:35
 Re: うっ、羨ましい!
うささん、こんにちは

大台の沢、めちゃめちゃ綺麗でした

想定外…というより、想定していた悪い方を引いた…と言った感じでした…
まぁこんな事もあるよねって
オトは終日元気でしたわ。逞しくなりました
登録日: 2010/11/22
投稿数: 5718
2018/7/18 15:58
 Re: 堂倉滝を見たら・・・
じーじさん、こんにちは

当日歩いてる時は水量はこんなもんだろって思ってたんですよね。
でも帰ってから過去の2〜3つの記録の写真の滝や釜を見比べたら、今回の方が明らか多かったんで、やっぱ水量多いから水勢が強かったんだと思ってました

落口へのルート、ゴルジュ帯の木々の間で見え難かったので、見落としてたんですかね
20mt程度までの高巻きで済むと思って進んだのに、結果40〜50mt巻き上がったり…
この辺、見極めとか勉強不足ですわ
ヌメリやズルズル斜面はこんな日もあるわ…と割り切れますが、巻き道の見極めはホント教えて欲しいです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ