また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560422 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

麦草峠〜天狗岳〜冷山周回

日程 2018年08月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5:30 麦草峠駐車場は混雑度20%程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間59分
休憩
1時間5分
合計
10時間4分
S麦草峠 駐車場05:2405:27麦草ヒュッテ05:58白駒分岐06:49白駒にゅう分岐07:27ニュウ07:3808:36中山分岐08:3708:44見晴らし台08:4508:47中山峠08:5409:28天狗岳分岐09:36天狗の鼻09:39東天狗岳09:5210:10天狗岳10:2510:46第二展望台11:05第一展望台11:29唐沢鉱泉分岐11:3412:09唐沢鉱泉12:1313:13渋御殿湯13:1414:08冷山のコル14:0914:50狭霧苑14:5215:05斧断ちの森15:17駒鳥の池15:21麦草ヒュッテ15:2415:26麦草峠 駐車場15:2715:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
渋の湯から冷山への標識無し。
砂防ダムの右岸を超えると。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具(1) ポリタンク(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) メモ帳 手袋 帽子 ストック 携帯電話 財布 定期入 腕時計 トイレットペーパー タオル 靴下

写真

白駒池へ流れ込む川も今日は激流。
2018年08月17日 06:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池へ流れ込む川も今日は激流。
1
ニュウへの分岐より。
2018年08月17日 06:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウへの分岐より。
1
ニュウへ向かう途中の池塘。
2018年08月17日 06:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウへ向かう途中の池塘。
1
御覧の通り、登山道は水浸し。
2018年08月17日 06:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御覧の通り、登山道は水浸し。
1
ニュウより、これから向かう東西天狗。
2018年08月17日 07:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウより、これから向かう東西天狗。
1
白駒池そして、北八ヶ岳。
蓼科山は朝方雲の中。
2018年08月17日 07:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池そして、北八ヶ岳。
蓼科山は朝方雲の中。
1
富士山遠望。
2018年08月17日 07:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山遠望。
1
天狗へ向かう。
2018年08月17日 08:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗へ向かう。
1
稲子岳。
2018年08月17日 08:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳。
1
東天狗より。
硫黄岳、そして赤岳。
2018年08月17日 09:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗より。
硫黄岳、そして赤岳。
2
南アルプス遠望。
2018年08月17日 09:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス遠望。
1
北八ヶ岳。
まだ雲が晴れない蓼科山。
2018年08月17日 09:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳。
まだ雲が晴れない蓼科山。
1
西天狗へ。
2018年08月17日 09:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗へ。
1
西天狗途中より。
根石岳山荘、硫黄岳。
2018年08月17日 10:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗途中より。
根石岳山荘、硫黄岳。
1
西天狗岳到着。
2018年08月17日 10:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳到着。
2
東天狗岳。
2018年08月17日 10:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳。
1
ニュウのピークが遠くに。
2018年08月17日 10:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウのピークが遠くに。
1
北八ヶ岳もだいぶ見えてきました。
2018年08月17日 10:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳もだいぶ見えてきました。
1
展望台より。
2018年08月17日 11:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台より。
1
唐沢鉱泉登山口。
2018年08月17日 12:05撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉登山口。
1
八方台への分岐。
2018年08月17日 12:39撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方台への分岐。
1
こけがモフモフの道が続きます。
2018年08月17日 12:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こけがモフモフの道が続きます。
1
旧館裏の砂防ダム右岸を登ります。
2018年08月17日 13:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧館裏の砂防ダム右岸を登ります。
1
ダム溜池右岸を進みと赤旗が左手斜面へ続きます。
2018年08月17日 13:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム溜池右岸を進みと赤旗が左手斜面へ続きます。
1
モフモフの苔の道。
2018年08月17日 14:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフの苔の道。
1
麦草峠へ。
2018年08月17日 14:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠へ。
1
麦草峠到着。
2018年08月17日 15:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠到着。
1

感想/記録

 白駒池がテレビで話題になって以来、麦草峠の駐車場も同様に非常に混むようなっている。前回麦草峠へ行った際はかなり下のところに駐車する事になってしまったので、今回は山荘を5:00に出発したので無事麦草峠に駐車できた。(2割程度の込みよう。)
 さて昨日の雨の影響で、白駒池からの登り道は至る所で川のような流れの場所が多くあり、結構泥濘も多く登るは少しばかり労を要した。
 ニュウまでは誰にも会わなかったが、ニュウで後からの登山者を見送った。久しぶりに履く35年前のゴローの登山靴の重さが結構足にこたえる。おまけに、普段使用している登山靴と違い踵が浮き、フィット感がないため全く調子が悪い。今の登山道具はよくできているとつくづく実感する。
 とは言え荷は軽く、場所も今まで何度も来ており歩きなれているところなので、先行きの不安は全くないのだが、やはり足に重りを付けたような感じで、かつソールが固くクッションが悪いためか下りでは膝にこたえる。
 ニュウからは当初は稲子岳へのバリエーションルートに行くつもりだったが、分岐を通り過ぎてしまい戻る気力もなかったのでそのまま一般道を進んだ。
 先週の北アルプスで至る所で高山植物が咲き誇っていたが、どうも今回はめぼしい花が少ない。これも暑さの影響なのだろうか。
 東天狗そして西天狗岳へ向かうとだんだんと登山者の数も多くなり、好天気に誘われてか唐沢鉱泉への下りではかなりの方とすれ違った。
 唐沢からの登り口は旅館手前の駐車場裏手に標識があるが若干分かりづらい。ヒカリゴケの看板があるのだが正直どれがそれなのかよくわからない。尾根で八方台への道を分け渋の湯へと下るが、八方台から山荘へ戻り、そこから麦草峠へ車を取りに行ったほうが正直楽ではある。ただ、冷山の登山道は歩いたことがなにため少しばかり興味をひかれそちらへと向かった。
 渋の湯から冷山へは道標がないのでわかりづらい。旧館奥の砂防ダム右岸側を超えるとダム溜まりの右岸をすすで斜面に取りつく。道ははっきりしており赤旗もしっかりあるので迷うことはないが、通る人はかなり少ない様だ。冷山と丸山の鞍部からは冷山に向かい赤旗も見えるが踏み後はほとんどない。
 このあたりの登山道は両側どこも苔がモフモフしたところが続き苔好きにはたまらないのだろうが、どこも薄暗く決して気分はすぐれない。明るいところに出るのが待ち遠しくなる。そんな事を考えているとやがて車の音が聞こえだし、狭霧苑のある国道に飛び出す。ここからは国道沿いに遊歩道が麦草峠まで続く。
 
訪問者数:165人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 右岸 赤旗 砂防ダム 道標 池塘 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ