また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560693 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

石狩岳・音更山

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候ガス・強風→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石狩岳シュナイダーコース登山口駐車場(かなり広い/簡易トイレあり)
※ユニ石狩岳の登山口は2kmほど手前にあります。駐車スペースは2〜3台程度
  
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山口〜尾根取付き
スタートからしばらくは沢の左岸を辿ります。この辺りはしっかり刈り払いされてます。
3kmほど進むと渡渉地点が現れ、右岸へ渡り沢に沿ってさらに400mほど進むと、
取付きとなります。尾根へは北側から回り込んで乗る形になります。

●尾根取付き〜シュナイダーコース分岐
取付きから稜線の分岐まで高低差およそ800mほど。
取付きからしばらくは尾根に乗るために九十九折に山腹を進んで行き、
1080m付近で尾根に乗ります。
前半は藪漕ぎというほどではありませんが腰の高さくらいまで笹が登山道を
覆っているところがけっこうあり足元が見えづらいです。
後半は岩場が所々にあります。稜線に出るとほぼ同時に森林限界を超えます。

●シュナイダーコース分岐〜石狩岳
ハイマツ帯の明瞭な登山道を高低差200mほど登ります。
頂上標が立っているのは標高1966mの北峰。南峰が1967mで最高点となります。
この日は8月中旬にも関わらず、激さむで山頂付近のハイマツ帯は霧氷ができてました。

●シュナイダーコース分岐〜音更山
分岐から小ピークを2つ通過(どちらも山頂は巻きます)後に、
音更山への登りになります。
山頂手前からは岩ゴロのルートとなり、ルートが分かりにくくなります
(この日はガスっていたため特にそう感じたのかな)。
その他周辺情報【温泉】
道の駅士幌温泉(500円)
 

写真

【8月15日】
道の駅さるふつ公園でホタテづくしのお昼ゴハン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月15日】
道の駅さるふつ公園でホタテづくしのお昼ゴハン
3
ちょっと何やってんだか分かんない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと何やってんだか分かんない
6
エサヌカ線は一見の価値あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサヌカ線は一見の価値あり
3
異様なほどの開放感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
異様なほどの開放感
1
桟橋の末端でパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桟橋の末端でパチリ
足湯しながら今後の方針を会議(←って言っても夜ご飯どーするか)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足湯しながら今後の方針を会議(←って言っても夜ご飯どーするか)
3
結局北見で焼肉かい?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局北見で焼肉かい?
3
そだねー(ってか北見が焼肉で有名ということを今回初めて知りました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そだねー(ってか北見が焼肉で有名ということを今回初めて知りました)
2
締めは熟成ヒレ。その後、大雨の中、道の駅おんねゆ温泉へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
締めは熟成ヒレ。その後、大雨の中、道の駅おんねゆ温泉へ
4
【8月16日】
お昼は北見の名物B級グルメであるオホーツク北見塩やきそば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月16日】
お昼は北見の名物B級グルメであるオホーツク北見塩やきそば
1
屈斜路湖畔で野湯を楽しみます。雨の日のアクティビティは野湯に限るな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屈斜路湖畔で野湯を楽しみます。雨の日のアクティビティは野湯に限るな
7
また別の野湯へ。ここの湯温はぬるめ。人っ子一人おらず水着も着ずにザブン(ってか雨粒スゲーな)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また別の野湯へ。ここの湯温はぬるめ。人っ子一人おらず水着も着ずにザブン(ってか雨粒スゲーな)
6
大雨の中、釧路湿原を散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨の中、釧路湿原を散策
1
もちろんこんな日に歩いてる人はボクたち以外にいません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんこんな日に歩いてる人はボクたち以外にいません
1
夜は刺身と(写真はカキですが)…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は刺身と(写真はカキですが)…
2
そして締めはタマネギのかき揚げ。その後、道の駅しらぬか恋問へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして締めはタマネギのかき揚げ。その後、道の駅しらぬか恋問へ
2
【8月17日】
帯広に移動してジンギスカン。2年前に行ったお店が気に入って再訪が叶いました。うどんを乗せるのがこのお店流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月17日】
帯広に移動してジンギスカン。2年前に行ったお店が気に入って再訪が叶いました。うどんを乗せるのがこのお店流
2
こちらはホルモン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはホルモン
1
匂いが付いてナンボじゃい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
匂いが付いてナンボじゃい!
3
食後は六花亭帯広本店に立ち寄って賞味期限3時間のサクサクパイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後は六花亭帯広本店に立ち寄って賞味期限3時間のサクサクパイ
1
その後温泉に入って石狩岳登山口へ移動していると虹が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後温泉に入って石狩岳登山口へ移動していると虹が見えました
小動物の死骸を咥えたキツネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小動物の死骸を咥えたキツネ
2
国道273号に立つ石狩岳登山口の目印。14kmかぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道273号に立つ石狩岳登山口の目印。14kmかぁ
北海道最後の晩餐は、寒いので車内で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道最後の晩餐は、寒いので車内で
2
明日の快晴を祈って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日の快晴を祈って
2
【8月18日】
あやうく旅行記になってしまうところでしたが、ここから山行記録です。シュナイダー登山口をスタート。満を持してのはずが…上の方はガスっとるぞ。しかも寒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【8月18日】
あやうく旅行記になってしまうところでしたが、ここから山行記録です。シュナイダー登山口をスタート。満を持してのはずが…上の方はガスっとるぞ。しかも寒い
1
スタートからしばらくは沢の左岸を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートからしばらくは沢の左岸を進みます
古くからあるのね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古くからあるのね
1
尾根に取付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取付きます
最初は北側からトラバース気味に進んで1060辺りで尾根に乗ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は北側からトラバース気味に進んで1060辺りで尾根に乗ります
中盤ぐらいまでは、笹で覆われたところがけっこうありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤ぐらいまでは、笹で覆われたところがけっこうありました
稜線は見えたり見えなかったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は見えたり見えなかったり
1
でも藪漕ぎというほどのものではありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも藪漕ぎというほどのものではありません
中盤以降は少し岩っぽくなります1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤以降は少し岩っぽくなります1
中盤以降は少し岩っぽくなります2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤以降は少し岩っぽくなります2
2
稜線が近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づきました
きた!ニペソツ。なんじゃ、向こうの快晴っぷりは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きた!ニペソツ。なんじゃ、向こうの快晴っぷりは
4
アップでニペ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップでニペ(photo komemame)
4
アップで天狗岳(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで天狗岳(photo komemame)
3
シュナイダーコースは…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュナイダーコースは…
標高を上げて行けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げて行けます
お助けロープが付いてるところもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助けロープが付いてるところもあります
2
急だけど、手がかり足がかりはたくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急だけど、手がかり足がかりはたくさん
稜線が近づきましたがガスっとぞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づきましたがガスっとぞ
1
横を見ると、ほれ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を見ると、ほれ
稜線に出ました。ここがシュナイダーコース分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。ここがシュナイダーコース分岐
1
ってか、表大雪側からビュービュー風吹いててめちゃくちゃ寒いんですけど…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ってか、表大雪側からビュービュー風吹いててめちゃくちゃ寒いんですけど…
まずは石狩岳に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは石狩岳に向かいます
ときおり、ガスの隙間から山頂方面が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときおり、ガスの隙間から山頂方面が見えました
1
そんな時間もあったのねと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな時間もあったのねと
2
いつか話せる時がくるわ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつか話せる時がくるわ
1
イワブクロ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワブクロ(photo komemame)
2
稜線の南側は風がなくてホッと一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の南側は風がなくてホッと一息
1
チングルマの綿毛
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛
2
エゾウメバチソウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾウメバチソウ(photo komemame)
稜線の花はほとんど終わり。アキノキリンソウかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の花はほとんど終わり。アキノキリンソウかな
山頂まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
石狩岳北峰に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳北峰に到着
10
すぐに南峰に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに南峰に向かいます
ゴーストのような南峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーストのような南峰
3
もうひと踏ん張りで晴れそうなんだけどなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひと踏ん張りで晴れそうなんだけどなぁ
1
北峰から南峰の間は超強風で寒すぎました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から南峰の間は超強風で寒すぎました
この時はもう晴れるかなと思ってたんだけど…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時はもう晴れるかなと思ってたんだけど…
南峰に到着。目印はケルンが積んであるだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰に到着。目印はケルンが積んであるだけ
6
トムラウシが一瞬頭を出しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシが一瞬頭を出しました
3
さて、何はともあれシュナイダー分岐まで戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、何はともあれシュナイダー分岐まで戻ります
1
なんとハイマツに霧氷が。今っていったい何月だっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとハイマツに霧氷が。今っていったい何月だっけ?
4
振り返ると一瞬石狩岳の全貌が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると一瞬石狩岳の全貌が見えました
6
時間に余裕があるので音更山に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕があるので音更山に向かいます
1
コマクサ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ(photo komemame)
4
山頂手前は岩ゴロになりルートが分かりにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前は岩ゴロになりルートが分かりにくい
1
もう手の感覚もなくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう手の感覚もなくなってきました
ソッコー下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソッコー下山開始
下り始めると…およよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めると…およよ
2
こりゃ、もしかしたらもしかするぞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃ、もしかしたらもしかするぞ
2
ニペソツも入れてパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニペソツも入れてパチリ
4
劇的な展開でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劇的な展開でした
4
小石狩岳〜川上岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小石狩岳〜川上岳
ニペソツをアップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニペソツをアップで(photo komemame)
2
表大雪方面も見え始めます。化雲岳かな化雲岳〜旭岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表大雪方面も見え始めます。化雲岳かな化雲岳〜旭岳
2
いやはや、美しい緑のビロード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやはや、美しい緑のビロード
2
石狩〜小石狩岳〜ニペソツの3ショット(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩〜小石狩岳〜ニペソツの3ショット(photo komemame)
4
こんな景色が見たかったのです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな景色が見たかったのです
6
風は依然として強いけど…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は依然として強いけど…
太陽の光があるだけで全然違います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の光があるだけで全然違います
1
石狩岳を見上げるところまで下ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳を見上げるところまで下ってきました
1
振り返って。音更山はまだ若干ガスを纏ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。音更山はまだ若干ガスを纏ってます
いいね!いいね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね!いいね!
1
表大雪方面1。旭岳〜化雲岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表大雪方面1。旭岳〜化雲岳
表大雪方面2。化雲岳〜トムラウシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表大雪方面2。化雲岳〜トムラウシ
シュナイダーコース分岐付近まで戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュナイダーコース分岐付近まで戻ってきました
最後にこれが見られただけで大満足です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にこれが見られただけで大満足です
4
石狩岳と北に延びる尾根。手前が音更沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳と北に延びる尾根。手前が音更沢
振り返って音更山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って音更山
2
タテヤマリンドウ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ(photo komemame)
1
音更山からもガスが取れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音更山からもガスが取れました
1
美しい山容で何度も撮ってしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい山容で何度も撮ってしまいます
トムラウシまで縦走したい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシまで縦走したい
さっきまでが嘘のように爽快な稜線歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでが嘘のように爽快な稜線歩き
1
石狩岳を眺めるなら音更山に登るべし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳を眺めるなら音更山に登るべし
2
縦位置でもパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦位置でもパチリ
音更山を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音更山を振り返ります
2
この角度が見上げた感じもいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度が見上げた感じもいい
4
小石狩岳〜川上岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小石狩岳〜川上岳
1
音更山から続く稜線。十石峠〜ユニ石狩岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音更山から続く稜線。十石峠〜ユニ石狩岳
ピリベツ岳〜西クマネシリ岳〜南クマネシリ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピリベツ岳〜西クマネシリ岳〜南クマネシリ岳
3
旭岳が姿を現しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳が姿を現しました
1
旭岳アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳アップで(photo komemame)
2
シュナイダーコース分岐から下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュナイダーコース分岐から下山開始
ニペソツと奥にウペペサンケ山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニペソツと奥にウペペサンケ山
ユニ石狩岳と十石峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユニ石狩岳と十石峠
1
絶景を眺めながらの下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を眺めながらの下り
眼下には登山口も見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には登山口も見えています
糠平湖アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糠平湖アップで(photo komemame)
2
石狩岳を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳を振り返ります
小石狩岳〜川上岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小石狩岳〜川上岳
緑のトンネルを駆け下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のトンネルを駆け下ります
下りは笹が覆っていて少し分かりづらいところもありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは笹が覆っていて少し分かりづらいところもありました
1
沢まで下ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢まで下ってきました
沢沿いの緩やかなルートを戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの緩やかなルートを戻ります
登山口まで戻ってくると、ほれこの通り。石狩岳がよく見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってくると、ほれこの通り。石狩岳がよく見えています
2
1週間お世話になったレンタカー。これから新千歳まで最後のドライブ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1週間お世話になったレンタカー。これから新千歳まで最後のドライブ
1
【おまけ】
空港に着いて打ち上げ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】
空港に着いて打ち上げ
9
あービールがうまい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あービールがうまい
8
締めは賞味期限が当日のシュークリームを食べて東京へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
締めは賞味期限が当日のシュークリームを食べて東京へ
5

感想/記録

↓前日の記録はこちら。
http://yamare.co/1554805

8月15日〜17日までは悪天のため山は諦めて暇つぶし的に観光&移動。
行動録として。

【8月15日】
道の駅さるふつ公園で朝を迎え、ホタテづくしのお昼ゴハン。
せっかくなので日本最北端の宗谷岬へ立ち寄り、
その後は、238号でオホーツク海沿いに東に進みます。
途中のエサヌカ線はどこまでも続く直線。異様なまでの開放感。
その後、クッチャロ湖で足湯しながら本日の寝床と夜ゴハンを検討した結果、
北見で焼肉を食べることに。

夕方、翌日以降の天気予報を確認すると、
大雨と低温注意報が出ていて旭岳なんて雪予報じゃありませんか。
もう、ちょっと何言ってるか分かんない。

【8月16日】
本日も天気は絶望的。これまでは予報が変わった場合に備えてなんとなく
十勝・日高からあまり離れないようになんとなく意識していましたが、
釧路方面に向かうことに。
そういえば…屈斜路湖畔には温泉がたくさんあったことを思い出し
(学生時代に入ったっけな)、コタンの湯と池の湯で野湯をエンジョイ。
どーせ濡れるんだから雨の日は温泉がサイコー。
その後、釧路湿原を散策(こんな雨の中、歩いてるのはもちろんボクたちだけ)。
夜は釧路で海の幸。この日は道の駅しらぬか恋問へ。

【8月17日】
18日土曜日の遠征最終日になってようやくの晴れ予報。
帰りの飛行機は遅めの時間、早出すれば日帰りでどこか登れそう。
ということで、石狩岳に登ることにします。
夕方には新千歳に戻る必要があるため、ユニ石狩岳を絡めた周回コースは断念して、
石狩岳と音更山のピストンとします。
途中、帯広でお昼ゴハンにジンギスカンを食べてから、
上士幌で食料などを調達して登山口に入りました。

【8月18日】
朝4時半前に出発。
稜線はガスっていますが、晴れ予報を信じてスタート。
3時間ほどでシュナイダー分岐に到着し稜線に乗ると、
まっすぐ立てないほどの強風&ガス。体感はマイナス。
石狩岳の山頂ではブロッケンが見られたので、晴れるのは時間の問題でしたが、
「その時」がなかなかやってきません。
音更山への登りでは風の強さが一層増して、ヨロけながら山頂に到着。
予定よりも早く歩けていたので途中までは周回も考えていましたが、
そんなアタマも吹っ飛んでソッコー下山開始。

すると、なんということでしょう。
覆っていたガスが徐々に取れ、緑のビロードに覆われた石狩岳の全貌が見え始めたのです。

_____________________________________________________________________

今回の北海道遠征。1週間滞在して登った山は3座だけ。
そして、テント泊はゼロ。準備したテント泊装備が泣いてるぜ
(帰ってからの後片付けはラクで良かったんだけどね←負け惜しみ)。
今回の本命は日高のあの山だったのですが、絶対に晴れの山頂を踏みたい!
ということで、次回への宿題としました。

雨も多かったけど、朝起きてから、行き当たりバッタリでその日の計画を立てたり、
途中から急に予定変更をしたり…なんだかんだ楽しかったなぁ。
 

感想/記録

山登りをする夏休みのはずが、
2座のみ登っただけで、気づけば最終日。
寒いし雨だし、もう全てをキャンセルして帰るか、
それで、アルプスに行くか、なんてことも考えました。
でも、めったにできない観光に、北海道グルメ、
意外にも快適すぎる車中泊のおかげで(毎日よく寝たし)、
とても充実した毎日を過ごすことができました。

前日まで雨がふったり止んだりでしたが、
当日になって、ようやく山の神様が機嫌をなおしてくれたようです。
風はすごいし、気温も低く樹氷ができるほどだったけど、
最後に見せてくれた石狩岳の姿は本当に美しかった。
なんというエンディングでしょうか。

帰りの空港では、danyamaと機嫌よく「なんだかんだ楽しかったね〜」と
ビールをぐびぐび。気持ちよーく酔っ払いました。
ところが、いざチェックインしようとしたら「お財布がない!」。
てか、バッグごとどこかに忘れてしまった!
大パニックで広い空港内をあっち行ったりこっち行ったり駆けずり回るはめに。
一気に酔いが覚めました、、笑
おかげで、どっと疲れが出たのか、
無事乗れた飛行機では座った瞬間に、意識をなくす…。

最後のさいごまで、ピリリと楽しい一週間、
まるで夢のように過ぎ去りました。

おしまい。
訪問者数:347人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ