また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1563120 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20180819-六甲登山-宝塚下山

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候薄曇りまたは晴
アクセス
利用交通機関
電車
往路:阪急電鉄芦屋川駅
帰路:阪急電鉄宝塚駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
12分
合計
5時間21分
S阪急電鉄芦屋川駅10:4010:59高座の滝11:04高座堰堤11:07ロックガーデン中央稜鎖場11:17ロックガーデン中央稜第一鉄塔11:26ロックガーデン中央稜梯子11:2811:40風吹岩11:53荒地山への分岐12:01ゴルフ場下12:20雨ヶ峠12:33本庄橋跡12:36本庄堰堤北側の分岐13:12一軒茶屋13:18六甲山13:1913:23一軒茶屋13:3213:43東縦走路入り口13:53県道16号への分岐13:56標識27番14:09標識28番14:11崩落箇所14:17標識29番船坂峠14:24標識30番14:32展望箇所14:39標識31番大平山14:44大平山展望箇所14:45東縦走路下り口14:45標識32番大谷乗越15:08標識33番15:19標識34番15:22展望箇所15:25標識35番15:35塩尾寺16:01宝塚湯本台広場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
豪雨後の東縦走路の様子を見に行くことにしました。
コース状況/
危険箇所等
強調しなければいけないような危険箇所は、特にありません。ロープ場を含む足下が悪い下りや大谷乗越の下りは、足下に注意します(前回 20180603 に同じ)。
前回は迂回したような倒木も、位置が下がり、すべて乗り越えることができました。
その他周辺情報ナチュールスパ宝塚の入浴料が 820 円で、バスタオルとタオルの貸し出し付きでした。登山のザックを背負っていますと、ザックが入る大きいロッカーの鍵を渡してくれます。入ってすぐの靴箱も、最下段はカットが高い靴が入る大きめです。生ビール中ジョッキが土日祝日 300 円(前回 20180603 に同じ)。

装備

個人装備 半袖ポロシャツ Tシャツ ズボン 靴下 ザック ウエストポーチ 行動食 非常食 飲料 ファーストエイドキット 筆記用具 保険証 携帯電話(ガラケー) 時計 タオル ストック カメラ GPS付携帯型情報端末 地図(登山詳細図) コンパス 帽子 団扇 腰ベルトライト 着替え一式 (飲料以外約5.3kg)

写真

この写真は、高座堰堤の右岸の端を振り返りで撮影したものです。向かって右端が登ってきた中央稜の登り道。正面やや奥に下がったところに山火事注意のモンキー看板があり、なんとなく下れそうに見えます。
この六甲山中のモンキー看板は、ルートの分岐に立てられていることが多く、これには向かって左、高座川の方を示す矢印が描かれています。
昔は何らかのルートがあったのかもしれませんね。
2018年08月19日 11:04撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真は、高座堰堤の右岸の端を振り返りで撮影したものです。向かって右端が登ってきた中央稜の登り道。正面やや奥に下がったところに山火事注意のモンキー看板があり、なんとなく下れそうに見えます。
この六甲山中のモンキー看板は、ルートの分岐に立てられていることが多く、これには向かって左、高座川の方を示す矢印が描かれています。
昔は何らかのルートがあったのかもしれませんね。
3
この写真は、前の写真の右手を振り返って見ています。岩の向かって右に下れそうに見えます。
2018年08月19日 11:04撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真は、前の写真の右手を振り返って見ています。岩の向かって右に下れそうに見えます。
鎖場にさしかかる手前で振り返りますと、向かって左下に進めそうに見えるところがあります。写真向かって右が中央稜の登りです。
2018年08月19日 11:06撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場にさしかかる手前で振り返りますと、向かって左下に進めそうに見えるところがあります。写真向かって右が中央稜の登りです。
1
鎖場の下から振り返って見下ろしてみました。明るければ、このように一本道に見えますね。
2018年08月19日 11:07撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の下から振り返って見下ろしてみました。明るければ、このように一本道に見えますね。
第一鉄塔の下の、登りでは左手です。
2018年08月19日 11:17撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一鉄塔の下の、登りでは左手です。
一つ前の写真の上、第一鉄塔に向けて、左手の斜面を登ることもできます。
2018年08月19日 11:19撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の上、第一鉄塔に向けて、左手の斜面を登ることもできます。
一つ前の写真の斜面からこの写真の正面、第一鉄塔の南側の岩の、登りでは振り返って向かって右手に登ってくることができます。反対に下ることもできます。
2018年08月19日 11:22撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の斜面からこの写真の正面、第一鉄塔の南側の岩の、登りでは振り返って向かって右手に登ってくることができます。反対に下ることもできます。
1
第一鉄塔を過ぎて振り返り。
2018年08月19日 11:22撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一鉄塔を過ぎて振り返り。
1
ここは、登りでは左手が階段、右手が梯子に分かれるところで、写真右奥は高座川の方へ下ることができます。
2018年08月19日 11:26撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、登りでは左手が階段、右手が梯子に分かれるところで、写真右奥は高座川の方へ下ることができます。
1
梯子の下から振り返り。この写真の中央、登りでは左折しますと階段です。
梯子を下ってきた場合、右前の中央稜にも、左へ回って高座川にも進めるように見えます。
2018年08月19日 11:28撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の下から振り返り。この写真の中央、登りでは左折しますと階段です。
梯子を下ってきた場合、右前の中央稜にも、左へ回って高座川にも進めるように見えます。
六甲山最高峰の文字は黄色に上塗りされ、しかし塗料が垂れています。
931m の文字は、紺色で上塗りされています。
2018年08月19日 13:18撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山最高峰の文字は黄色に上塗りされ、しかし塗料が垂れています。
931m の文字は、紺色で上塗りされています。
7
最高峰碑から東北東、後鉢巻山の方向。これから行きます。
2018年08月19日 13:18撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰碑から東北東、後鉢巻山の方向。これから行きます。
1
最高峰の下、東屋の前から大阪方向。
2018年08月19日 13:21撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰の下、東屋の前から大阪方向。
1
東縦走路を下り始めて間がない 804m ピークと左手に破線路がある谷筋を過ぎたあたり、右下に下る踏み跡があります。写真がピンボケですが、写真中央やや右下に白いテープマークが見えます。
2018年08月19日 13:53撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東縦走路を下り始めて間がない 804m ピークと左手に破線路がある谷筋を過ぎたあたり、右下に下る踏み跡があります。写真がピンボケですが、写真中央やや右下に白いテープマークが見えます。
踏み跡を見下ろしてみました。
六甲山系アラカルートさん 8371 県道 16 号〜東六甲縦走路
2013 年 6 月 8 日の記録
http://alacaroute2.web.fc2.com/8371.html
2018年08月19日 13:53撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を見下ろしてみました。
六甲山系アラカルートさん 8371 県道 16 号〜東六甲縦走路
2013 年 6 月 8 日の記録
http://alacaroute2.web.fc2.com/8371.html
標識 30 番を過ぎてすぐの展望箇所。
2018年08月19日 14:32撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識 30 番を過ぎてすぐの展望箇所。
2
大平山の舗装路からの展望。
2018年08月19日 14:44撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山の舗装路からの展望。
宝塚、湯本台広場に来ました。広場内の一段高い所に四等三角点があります。
2018年08月19日 16:02撮影 by F5321, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝塚、湯本台広場に来ました。広場内の一段高い所に四等三角点があります。
3

感想/記録
by toshee

一昨日(2018 年 8 月 17 日)から酷暑が和らぎ、昼前の神戸市東灘区の平地の気温は、手持ちの温度計で 28 度、風吹岩の上では 26 度、最高峰では 25 度でした。

スズメバチの警戒は、東縦走路と塩尾寺からの下りで、数回、ありました。

最高峰の木標の様子ですが、風変わりな札 2 種類、仙人の絵ときた後はこれかと思うと、よい気分にはならないです。

追記

東六甲縦走 2018年07月16日(月)
takaakiM さんの記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1525761.html
これを拝見しますと、2018 年 7 月 16 日 11 時 32 分撮影 の写真では、文字はまだ黄色く塗られていません。
https://yamareco.org/modules/yamareco/upimg/152/1525761/d9173a1a2e8c06ab49a2c34876740465.jpg

六甲山 芦屋から有馬まで 2018年07月18日(水)
yorimasa さんの記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1525761.html
これを拝見しますと、2018 年 7 月 18 日 13 時 30 分撮影 の写真で、文字が黄色く塗られているのがわかります。
https://yamareco.org/modules/yamareco/upimg/152/1529246/8d1d4ce3a0c59fa131468a7c37b5c812.jpg

+++++

毎月のように通っていますロックガーデン中央稜ですが、何気なしにルートの脇に目をやりますと、何カ所かでそこにも道があるように見えました。不慣れな人が薄暗い中ですと、そういう所に入ってしまう可能性があるということです。

7 月 18 日(水曜日)の朝にロックガーデンに入山したという 74 歳の明石の男性は、まだ発見されていないようで、昨日(2018 年 8 月 18 日)に会下山遺跡から登られた方のレコを拝見しますと、登山道の入口には、捜索の札が貼ってありました。
六甲山系(芦屋川駅〜会下山遺跡〜風吹岩〜金鳥山〜保久良神社〜岡本駅)
日程 2018年08月18日(土)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1560474.html

+++++

水分 4.2L を含む約 9.5kg の荷物で、水 800ml、スポーツドリンク 2L、デカビタCスーパーチャージ 1L を消費し、一軒茶屋さんの前の東屋でサンドイッチとコンビニおにぎり 1 ケの昼食、標識 30 番の先の展望箇所でコンビニおにぎり 1 ケの行動食を摂りました。
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ