また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1609020 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

北奥千丈岳、金峰山(西沢渓谷から)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2018年10月07日(日) ~ 2018年10月08日(月)
メンバー
天候1日目 晴れ
2日目 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
川端下バス停 トイレあります
自販機・コンビニ・売店等ありません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間35分
休憩
1時間30分
合計
11時間5分
S道の駅みとみ04:5005:00西沢渓谷入口バス停06:35七ツ釜五段の滝06:4006:55西沢渓谷終点07:1008:00紅葉台09:40牛首のタル09:5510:25黒金山10:3011:05大ダオ11:2012:25ゴトメキ12:3513:00シラベ平13:1014:05奥千丈岳14:1015:00北奥千丈岳15:1015:20国師ヶ岳15:30前国師岳15:55大弛峠
2日目
山行
5時間50分
休憩
55分
合計
6時間45分
大弛峠05:2006:30朝日岳07:30金峰山07:5008:15金峰山小屋分岐08:30金峰山小屋08:4009:55林道終点10:50金峰山荘11:1512:05川端下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計距離: 31.32km
累積標高(上り): 2500m
コース状況/
危険箇所等
白檜平から奥千丈岳まで
倒木祭りです。GPS推奨。
色褪せたピンクのマーキングを慎重に追って下さい。
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

10月6日、午後3時。笛吹キャンプ場です。
3連休のうち、土曜日の今日だけが曇りor雨予報。
明日からの晴れに備えて前日入りしました。
2018年10月06日 14:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10月6日、午後3時。笛吹キャンプ場です。
3連休のうち、土曜日の今日だけが曇りor雨予報。
明日からの晴れに備えて前日入りしました。
周りはファミリーやカップルで賑わう中、この日最小テントを張ったオレは悠々と昼寝。
ゴミも捨てられるし、泡ハンドソープも備え付けられているし、炊事場やトイレも一晩中電気が灯っているし、というわけで、キャンパーを敬遠していた自分ですが、見直すきっかけになりました。
2018年10月06日 15:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りはファミリーやカップルで賑わう中、この日最小テントを張ったオレは悠々と昼寝。
ゴミも捨てられるし、泡ハンドソープも備え付けられているし、炊事場やトイレも一晩中電気が灯っているし、というわけで、キャンパーを敬遠していた自分ですが、見直すきっかけになりました。
珍しく、計画通り5時に出発。
昼寝のせいか、なかなか寝付けず、4時間程の睡眠だったと思います。
2018年10月07日 04:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しく、計画通り5時に出発。
昼寝のせいか、なかなか寝付けず、4時間程の睡眠だったと思います。
ここから西沢渓谷に入ります。
徳ちゃん新道の前の小屋で、大勢の学生グループが出発しようとしていました。
2018年10月07日 05:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから西沢渓谷に入ります。
徳ちゃん新道の前の小屋で、大勢の学生グループが出発しようとしていました。
柔らかな陽の光を浴びる水の流れ。
こんな感じのポスターとかありそう。
2018年10月07日 05:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかな陽の光を浴びる水の流れ。
こんな感じのポスターとかありそう。
まだ人っ子一人いないから、立ち止まって写真も撮り放題。
癒されながら上流へ進みます。
2018年10月07日 05:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ人っ子一人いないから、立ち止まって写真も撮り放題。
癒されながら上流へ進みます。
竜神の滝です。
西沢渓谷で一番好きな滝ですね〜
2018年10月07日 06:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神の滝です。
西沢渓谷で一番好きな滝ですね〜
ちょっと拡大
暗い感じはするけど、直射日光が当たるより断然良い写真。
2018年10月07日 06:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと拡大
暗い感じはするけど、直射日光が当たるより断然良い写真。
2
西沢渓谷、最奥かつ最大の滝。七ツ釜五段の滝です。
2018年10月07日 06:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷、最奥かつ最大の滝。七ツ釜五段の滝です。
違う角度からもう一枚。
こんなに立派でも今日はまだ前菜。
本日のメインは9時間後の北奥千丈岳です。
2018年10月07日 06:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
違う角度からもう一枚。
こんなに立派でも今日はまだ前菜。
本日のメインは9時間後の北奥千丈岳です。
登山道にも水がかぶっています。
おとといまでの雨が吹き出している感じでしょうか。
2018年10月07日 06:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にも水がかぶっています。
おとといまでの雨が吹き出している感じでしょうか。
一般ルートとはいえ、ゴア推奨です。
2018年10月07日 06:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般ルートとはいえ、ゴア推奨です。
西沢渓谷の一番奥には黒金山への登山口があります。
ここでトイレとおやつでしっかり休憩して、登りに備えました。
2018年10月07日 07:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷の一番奥には黒金山への登山口があります。
ここでトイレとおやつでしっかり休憩して、登りに備えました。
しばらく登ると紅葉台です。
4年前に初めて黒金山に登った時、ここでツェルト張って一晩過ごしたって人と会ったけど、自分には全然無理そうですわ。
2018年10月07日 07:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると紅葉台です。
4年前に初めて黒金山に登った時、ここでツェルト張って一晩過ごしたって人と会ったけど、自分には全然無理そうですわ。
登山道は秋の気配
茶色と黄色のコントラスト
2018年10月07日 08:12撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は秋の気配
茶色と黄色のコントラスト
倒木が、人の通る部分だけ切り抜かれているっていうのは、紐もペンキもいらない最高のマーキングですね。
2018年10月07日 08:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が、人の通る部分だけ切り抜かれているっていうのは、紐もペンキもいらない最高のマーキングですね。
1
登山道は秋の気配
茶色に緑を添えて
2018年10月07日 08:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は秋の気配
茶色に緑を添えて
岩頭みたいな所に出ました。
国師ヶ岳の辺りを撮ったと思います。
2018年10月07日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩頭みたいな所に出ました。
国師ヶ岳の辺りを撮ったと思います。
1
こちらは黒金山。
ちゃんと見たのは初めてだな〜
2018年10月07日 09:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは黒金山。
ちゃんと見たのは初めてだな〜
1
レトロ感たっぷり
方向指示の類はないけどw
2018年10月07日 09:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レトロ感たっぷり
方向指示の類はないけどw
1
牛首のタルに着きました。
ここで3人の登山者が休んでおりました。
この日、登山者と会ったのはここが最後でした。
2018年10月07日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首のタルに着きました。
ここで3人の登山者が休んでおりました。
この日、登山者と会ったのはここが最後でした。
牛首のタルは、富士山の絶好の展望台!
この写真は代表写真にしたいくらいのベストショット!
2018年10月07日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首のタルは、富士山の絶好の展望台!
この写真は代表写真にしたいくらいのベストショット!
3
もちろん拡大。
端正な富士山。今日もエエ顔してます。
2018年10月07日 09:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん拡大。
端正な富士山。今日もエエ顔してます。
3
平日の昼間にでもビニールシート敷いて、のんびり昼寝でもしたいなぁ〜
2018年10月07日 09:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日の昼間にでもビニールシート敷いて、のんびり昼寝でもしたいなぁ〜
牛首のタルから約30分、黒金山に着きました。
2018年10月07日 10:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首のタルから約30分、黒金山に着きました。
奥へ行けば奥秩父の山々が一望できます。
写真の真ん中辺りが気になります。
2018年10月07日 10:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥へ行けば奥秩父の山々が一望できます。
写真の真ん中辺りが気になります。
拡大
稜線の一部に何やら突起物が・・・
2018年10月07日 10:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大
稜線の一部に何やら突起物が・・・
更に拡大
恐らく五丈岩でしょう。
後ろに倒れちゃいそうだなw
2018年10月07日 10:25撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に拡大
恐らく五丈岩でしょう。
後ろに倒れちゃいそうだなw
1
黒金山からも富士山見えます!
2018年10月07日 10:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒金山からも富士山見えます!
1
ありがたや〜
2018年10月07日 10:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがたや〜
反対側に降りると、大ダオと乾徳山との分岐に出ます。
ここからは歩いた事ある道なので安心。
2018年10月07日 10:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側に降りると、大ダオと乾徳山との分岐に出ます。
ここからは歩いた事ある道なので安心。
時代を感じさせますね〜
2018年10月07日 10:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時代を感じさせますね〜
大ダオが見えてきました。
前回2014年にこの道を通った時は、もう少し歩き易かった気がしましたが。
2018年10月07日 11:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダオが見えてきました。
前回2014年にこの道を通った時は、もう少し歩き易かった気がしましたが。
3
大ダオです。
この辺の雰囲気も変わっていました。
前回来た時は、明らかにテント張ったと思われるスペースが3〜4つほど確認できましたが、今回は辛うじて1つだけ見つけられたのみ。
前回来た時から緑が復活しているようです。
2018年10月07日 11:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダオです。
この辺の雰囲気も変わっていました。
前回来た時は、明らかにテント張ったと思われるスペースが3〜4つほど確認できましたが、今回は辛うじて1つだけ見つけられたのみ。
前回来た時から緑が復活しているようです。
1
今日は絶好の登山日和ですね〜!
2018年10月07日 11:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は絶好の登山日和ですね〜!
3
いよいよ大ダオに突入します。
最初は踏み跡がありますのでまだ序の口。
と言っても、ここら辺で既に微妙ですが。
2018年10月07日 11:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ大ダオに突入します。
最初は踏み跡がありますのでまだ序の口。
と言っても、ここら辺で既に微妙ですが。
そろそろ奥秩父名物、倒木祭りですね〜
2018年10月07日 11:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ奥秩父名物、倒木祭りですね〜
1
綺麗な青空なんですけどね〜
足下は凸凹が見えないのでストック推奨です。
2018年10月07日 11:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な青空なんですけどね〜
足下は凸凹が見えないのでストック推奨です。
トレースとマーキングのダブルで道がわかるなんて、滅多にないですよ〜。
2018年10月07日 12:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースとマーキングのダブルで道がわかるなんて、滅多にないですよ〜。
尾根がはっきりしないもんだから、気が付いたら斜面を登っていました。
マーキングがなくなって不安になりますが・・・
2018年10月07日 12:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根がはっきりしないもんだから、気が付いたら斜面を登っていました。
マーキングがなくなって不安になりますが・・・
1
・・・見つけました!
今日は勘が冴えてます(笑)
2018年10月07日 12:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・見つけました!
今日は勘が冴えてます(笑)
ちょっと広くなった所に出ると石碑がありました。
文字が読めませんでしたが、たぶん遭難碑だと思いますので、ここがゴトメキでしょう。
遠見山とか大烏山とか、調べてみると、かなり遠くまで道が続いているようです。
2018年10月07日 12:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと広くなった所に出ると石碑がありました。
文字が読めませんでしたが、たぶん遭難碑だと思いますので、ここがゴトメキでしょう。
遠見山とか大烏山とか、調べてみると、かなり遠くまで道が続いているようです。
足下に方向指示板がありました。
2018年10月07日 12:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下に方向指示板がありました。
そろそろ読めなくなりそうだな〜。
2018年10月07日 12:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ読めなくなりそうだな〜。
1
ゴトメキから先は迷う事なく降りて来れました。
アスファルトの道とクロスする所が白檜平(しらべだいら)です。
2018年10月07日 13:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴトメキから先は迷う事なく降りて来れました。
アスファルトの道とクロスする所が白檜平(しらべだいら)です。
シラベ平の立て札もあります。
写真を撮っていると、軽トラがやってきたのでしばらくおじさんと話をしてました。
2018年10月07日 13:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラベ平の立て札もあります。
写真を撮っていると、軽トラがやってきたのでしばらくおじさんと話をしてました。
いよいよ、本日のメインディッシュ、北奥千丈岳に向かいます。
2018年10月07日 13:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、本日のメインディッシュ、北奥千丈岳に向かいます。
奥千丈岳までは難路です。
ここは跨ぐだけなので楽勝。
2018年10月07日 13:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥千丈岳までは難路です。
ここは跨ぐだけなので楽勝。
そろそろ奥秩父の本領発揮ですね〜。
写真右下にピンクのリボンがあるだけまだマシ。
2018年10月07日 13:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ奥秩父の本領発揮ですね〜。
写真右下にピンクのリボンがあるだけまだマシ。
1
ここまで来るともうメチャメチャ!
残っていた写真で一番荒れているのが分かるのがこれ。
2回立ち往生したうちの1回がここなんですが、もっと凄い所もありました。
2018年10月07日 14:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来るともうメチャメチャ!
残っていた写真で一番荒れているのが分かるのがこれ。
2回立ち往生したうちの1回がここなんですが、もっと凄い所もありました。
1
倒木に抗いながら、やっとこさ奥千丈岳に辿り着きました。
2018年10月07日 14:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木に抗いながら、やっとこさ奥千丈岳に辿り着きました。
こんなんいきなり出ました。
奥千丈岳から上は急登もなく比較的はっきりした道だと思います。
2018年10月07日 14:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなんいきなり出ました。
奥千丈岳から上は急登もなく比較的はっきりした道だと思います。
北奥千丈岳、登頂〜!
やっと黒金山からここまで繋がった!
2018年10月07日 15:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳、登頂〜!
やっと黒金山からここまで繋がった!
1
子連れファミリーから、いきなりそんなデカいザックでどこから現れた?って顔されましたが、気にせず登頂の余韻に浸っています。
2018年10月07日 15:02撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子連れファミリーから、いきなりそんなデカいザックでどこから現れた?って顔されましたが、気にせず登頂の余韻に浸っています。
2
国師ヶ岳は逆方向ですが、寄ってから降りることにします。
2018年10月07日 15:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳は逆方向ですが、寄ってから降りることにします。
国師ヶ岳です。
これで3回目の登頂になりました。
良い天気にも感謝!
2018年10月07日 15:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳です。
これで3回目の登頂になりました。
良い天気にも感謝!
1
大弛の途中で前国師岳。
ここは必ず通る通過点。
2018年10月07日 15:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛の途中で前国師岳。
ここは必ず通る通過点。
奥秩父の山並みが大好き。
2018年10月07日 15:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父の山並みが大好き。
大弛峠でのテント泊もこれで2回目。
遅めの到着だったので空いているスペースが少なく、駐車場のすぐそばという一番殺風景なこんな場所に。
2018年10月07日 16:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠でのテント泊もこれで2回目。
遅めの到着だったので空いているスペースが少なく、駐車場のすぐそばという一番殺風景なこんな場所に。
何はともあれ、念願だった登山道を歩くことが出来て赤線がつながって良かった〜というわけで、乾杯!
2018年10月07日 16:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何はともあれ、念願だった登山道を歩くことが出来て赤線がつながって良かった〜というわけで、乾杯!
3
2日目朝です。
5時には出発するつもりでしたが、準備に手間取ってしまい20分遅れで出発です。
2018年10月08日 05:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目朝です。
5時には出発するつもりでしたが、準備に手間取ってしまい20分遅れで出発です。
今日は山梨と長野の県境を歩きます。
2018年10月08日 05:22撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は山梨と長野の県境を歩きます。
テントを撤収するときから雨がパラついていて、しばらくはガスガス状態でした。
倒木&ガスって、ある意味最強だな。
2018年10月08日 05:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを撤収するときから雨がパラついていて、しばらくはガスガス状態でした。
倒木&ガスって、ある意味最強だな。
朝日峠です。
峠というほど下ってない気がしましたが。
2018年10月08日 05:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日峠です。
峠というほど下ってない気がしましたが。
しばらく進むと朝日岳っぽい所に出ました。
5年前に一度来てますが、山頂のイメージは完全に消えてます。
2018年10月08日 06:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと朝日岳っぽい所に出ました。
5年前に一度来てますが、山頂のイメージは完全に消えてます。
山頂碑がない代わりにベンチがありました。
2018年10月08日 06:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑がない代わりにベンチがありました。
もうすぐ金峰山のはず。ここまで来ればあと少しでしょう。
森林限界を越えた感じ?
2018年10月08日 07:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ金峰山のはず。ここまで来ればあと少しでしょう。
森林限界を越えた感じ?
この日の朝は基本ガスでしたが、たまに青空が見えたりもしました。
2018年10月08日 07:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の朝は基本ガスでしたが、たまに青空が見えたりもしました。
何か、この岩場を越えれば山頂が見えそう・・・
2018年10月08日 07:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か、この岩場を越えれば山頂が見えそう・・・
・・・って思いましたが、まだまだ先かぁ。
2018年10月08日 07:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・って思いましたが、まだまだ先かぁ。
岩のトンネルの先に山頂碑が見えました!
2018年10月08日 07:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のトンネルの先に山頂碑が見えました!
3
金峰山、登頂です。
2回目は何だか残念な天気になってしまいました。予報では晴れだったんですけどね。
2018年10月08日 07:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山、登頂です。
2回目は何だか残念な天気になってしまいました。予報では晴れだったんですけどね。
1
山頂碑の先には五丈岩がドーンとそびえ立ってるんですが。イマイチ迫力が・・・
2018年10月08日 07:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑の先には五丈岩がドーンとそびえ立ってるんですが。イマイチ迫力が・・・
エエ感じに晴れてきました!
けど登りません(笑)
2018年10月08日 07:47撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エエ感じに晴れてきました!
けど登りません(笑)
1
一瞬だけ青空が出たので機をみてワンショット。
人がいなさ過ぎて全然大きさが伝わらん!
2018年10月08日 07:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬だけ青空が出たので機をみてワンショット。
人がいなさ過ぎて全然大きさが伝わらん!
3
長野県側に見えるのは、これから登るつもりの小川山。
天気も微妙なので、この時点ではまだ迷ってます。
2018年10月08日 08:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野県側に見えるのは、これから登るつもりの小川山。
天気も微妙なので、この時点ではまだ迷ってます。
分岐まで来ましたが、やはり天気が良くなりそうになかったので、予定を変更して小屋経由で下山する事にしました。
ちなみに、山頂からここまでの道は傾斜がきつい場所も少々ありました。
2018年10月08日 08:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで来ましたが、やはり天気が良くなりそうになかったので、予定を変更して小屋経由で下山する事にしました。
ちなみに、山頂からここまでの道は傾斜がきつい場所も少々ありました。
金峰山小屋までは歩きやすいです。
岩の先端にケルンが立ってるのが見えますね〜。
2018年10月08日 08:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山小屋までは歩きやすいです。
岩の先端にケルンが立ってるのが見えますね〜。
金峰山手前の広場でしばし休憩。
小屋は意外と新しい感じがします。
下山するにはだいぶ早いなぁ〜という訳で、のんびり休みました。
2018年10月08日 08:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山手前の広場でしばし休憩。
小屋は意外と新しい感じがします。
下山するにはだいぶ早いなぁ〜という訳で、のんびり休みました。
小屋手前の広場からケルンがハッキリ見えました。
よくあんな所にあそこまで高く積み上げたし、何で風で倒れないかなぁ〜?
2018年10月08日 08:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋手前の広場からケルンがハッキリ見えました。
よくあんな所にあそこまで高く積み上げたし、何で風で倒れないかなぁ〜?
女将さんが小屋の前を掃除されていました。
軽く挨拶を済ませ下山の途に。
調べて分かりましたが、犬もいたそうですね。
2018年10月08日 08:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女将さんが小屋の前を掃除されていました。
軽く挨拶を済ませ下山の途に。
調べて分かりましたが、犬もいたそうですね。
2
昨日とはまた違った秋の雰囲気。
メチャクチャ歩きやすいし。
2018年10月08日 08:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日とはまた違った秋の雰囲気。
メチャクチャ歩きやすいし。
水音が聞こえてきましたので、沢の写真を一枚・・・
2018年10月08日 09:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水音が聞こえてきましたので、沢の写真を一枚・・・
・・・って、ここ水場かよ!
沢が水場になってるのは、あまり見ないタイプですね〜。
美味しかったです。
2018年10月08日 09:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・って、ここ水場かよ!
沢が水場になってるのは、あまり見ないタイプですね〜。
美味しかったです。
1
工事の音が聞こえたら、そろそろゴールです。
バス停までまだまだなんですけどね。
2018年10月08日 09:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事の音が聞こえたら、そろそろゴールです。
バス停までまだまだなんですけどね。
またまた沢の写真。
この辺で流木を拾ってる人もいました。
キャンプで焚き火に使うみたい。
2018年10月08日 10:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた沢の写真。
この辺で流木を拾ってる人もいました。
キャンプで焚き火に使うみたい。
廻り目平キャンプ場に入ったようです。
とにかくだだっ広いキャンプ場ですが、登山目的のような山岳テントもチラホラありましたので、次に来る時は自分もトライしてみようと思います。
2018年10月08日 10:42撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廻り目平キャンプ場に入ったようです。
とにかくだだっ広いキャンプ場ですが、登山目的のような山岳テントもチラホラありましたので、次に来る時は自分もトライしてみようと思います。
1
金峰山荘です。
上高地とか徳沢みたいなのをイメージしてましたが、意外とこじんまりしてました。
それにしてもクライマーが多かった。
2018年10月08日 10:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山荘です。
上高地とか徳沢みたいなのをイメージしてましたが、意外とこじんまりしてました。
それにしてもクライマーが多かった。
金峰山荘から1時間弱歩いて川端下バス停です。
早い下山になってしまいましたが、小川山とか、いろいろ宿題ができてしまったので是非また再訪したいと思います。
おつでした〜
2018年10月08日 12:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山荘から1時間弱歩いて川端下バス停です。
早い下山になってしまいましたが、小川山とか、いろいろ宿題ができてしまったので是非また再訪したいと思います。
おつでした〜
2

感想/記録

今回は、8月のお盆休み以来のテント泊。
9月は天候不順で泣く泣く日帰りに甘んじたので10月の連休に期待していた。

10月に入ると北アルプスの稜線も寒そうだし、南アルプスも去年の今の時期に行った。ということで、連休の混雑を避けたいと思い、奥千丈岳と小川山を通るマイナーコースに照準を定めた。
大弛峠のテント場は、以前来た時に連休だろうと全部埋まる事はほぼないと小屋番さんから言われていたし、テントを張るスペースがきちんと区分けされているため隣同士の距離も保てるしという事で、まさに混雑する連休にうってつけのテントサイト。
また、土曜日も曇っていたためか、西沢渓谷の笛吹キャンプ場も程良く静かに過ごすことができてラッキーだったと思う。

テント泊登山は、8月のお盆で飯豊でやって以来約1ヶ月半ぶりだったのだが、日の入りが早くなっていてとても驚いた。
8月は5時過ぎから食事をしても食べ終えてもまだ明るかったのに、今回は食べている最中から暗くなってしまい、最後はライトで照らしながら食べ終えた。
朝、出発する時も6時近くになるまでライトを付けないと暗くて足元が分からず、季節の移ろいをこんなふうに感じる事となり、とても驚いた。

今回立てた計画は黒金山から大ダオ、トサカ、ゴトメキ、奥千丈岳を経由して北奥千丈岳に至るコース。
このコースは、実は2013年と2015年の2度トライして2度とも断念するという因縁が残っていた。
チャレンジしようとした過去の2回はどちらも天気がイマイチだったため、エスケープルートに逃げ込んだりバスで下山したりして実現できずにいた。
何故ここのゾーンに拘っていたのか、何故思い入れがあったのかは忘れてしまったが、今回の山行で遂に念願を叶え、赤線を引くことが出来て良かったと思う。

実際に歩いてみて感じたのは、思った通り尾根が分かり辛く踏み跡やマーキングが不明瞭だった事。
難コースにチャレンジしたいという気持ちがあったのかは今となっては闇の中だが、崖などの危険個所は全くないものの、ルートロスする可能性は十分に秘めていて緊張感のある山歩きが出来る玄人好みのコースのように感じた。

2日目最終日は大弛峠から出発して金峰を経由して長野県側に降り、小川山のピークを踏んで下山するという計画。
ところが、朝起きて星空を見てみようと外に出てみると天気予報に反して朝からガスが立ち込めるイマイチっぽい空模様。
出発時にも晴れず、金峰山に着いても一時的にガスが晴れることはボチボチあったものの、昨日と比べても明らかに雲が多い。
テンションも下がってしまったし、小川山までも破線ルートだし、苦手な下りが多いルートだし、帰りのあずさ号の指定席も取ってあるし下山が遅くなるのはマズいと思い、大きく予定を変更して小屋を経由して下山するルートで降りることにした。

廻り目平キャンプ場に着いてみると、降りたら晴れるというジンクスも外れ気温も低いのが意外で、それよりもクライミングマットを背負った人が多くて、これには結構ビックリした。オリンピックの種目になったという理由からか、クライミングがブームになっているのを感じた。

初日の笛吹キャンプ場もそうだったが、大きいテントを避けて静かな場所に張ることが出来れば案外快適に過ごせそうだという事が分かったのは今後の登山の計画の参考になったと思う。

今回は小川山と唐沢の滝が宿題として残ってしまったので、次回は廻り目平キャンプ場で前泊して両者に足を踏み入れに来てみたいと思う。
あと、金峰山に登るとしたら、そろそろ五丈岩にもトライするかなぁ〜
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:431人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/6/4
投稿数: 5
2018/10/13 9:47
 無題
北奥千丈岳山頂でお会いした子連れファミリーです^_^
奥千丈岳方面からのルートは難しく行く人も少ないと聞いていたので、単純にすごい方だなぁって思いました〜!!
初めて行きましたが、天気も良くとてもいい眺めの山頂なんですね。
縦走お疲れ様でしたーまたどこかで^_^
登録日: 2013/5/12
投稿数: 93
2018/10/13 13:16
 Re: 無題
satabさんはじめまして。こんにちは。
コメントありがとうございます。

写真のコメントは、自虐的に書いただけなので気になさらないで下さい。すみません。

お子さんとの登山は良いですね〜。
しかも晴れていて、楽しまれた事と思います。

秋もこれからが盛りですので、西沢渓谷もおすすめですよ〜。

これからも良い山旅を!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ