また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1674751 全員に公開 アイスクライミング 甲斐駒・北岳

黄蓮谷右俣 敗退

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年12月07日(金) ~ 2018年12月08日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は尾白川渓谷駐車場に止めました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
16:01
距離
16.7 km
登り
2,311 m
下り
2,312 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間13分
休憩
1時間18分
合計
14時間31分
S尾白川渓谷駐車場23:3723:39竹宇駒ヶ岳神社01:15笹の平分岐03:11刃渡り03:34刀利天狗04:52五合目小屋跡04:55屏風小屋跡04:5906:39黄蓮谷入渓地点07:1308:10坊主の滝(敗退地点)08:2208:51五丈の沢08:5911:35五合目小屋跡11:5512:55刀利天狗13:20刃渡り14:24笹の平分岐15:34竹宇駒ヶ岳神社15:44尾白川渓谷駐車場
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中で休憩を取っているので休憩時間はもっとあります。
コース状況/
危険箇所等
・黒戸尾根五合目小屋跡までは雪無し。そこから黄蓮谷までの下降路にも雪無し。
 (五丈の滝はところどころ凍っていたので横断の際はスリップに注意。)

・週頭の高気温や週中の降雨の影響で成長してた黄蓮谷の氷はリセットされたのかなー?
 (私たちが間近で見たのは坊主の滝までの氷結状態なのでそこより上部の氷の状態は何とも言えませんが・・・ただ、五合目小屋跡に登り返すときに遠めで見えた黄蓮谷右俣上部ですがやっぱり微妙な感じに見えました。。)

・先週末は上まで抜けたパーティーが何組かいたと黒戸尾根下山途中にすれ違った花谷さんから聞きましたが、今週末は何組登れたのか・・・下部の微妙な氷を登っていけば上部でそこそこの氷を拾ってアイスクライミングを楽しめるかもしれませんが、シーズン初めで下は微妙なミックスだと・・・初見ルートで無理しても仕方ないので撤退を決めました。(まだアイス2年目の初級者だしね!)
その他周辺情報翌日の有笠山への移動途中に『もみの湯』に立ち寄りました。
http://www.lcv.ne.jp/~mominoki/mominoyu.html
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイスアックス×2 縦爪アイゼン その他登攀用具×1式
共同装備 50mロープ×1 アイススクリュー×10 アルパインクイックドロー×7 クイックドロー×3 各種ハーケン×数枚 ビバークセット(ツエルト×1・ ガスヘッド×1・ ガス×1) ファーストエイドキッド×1式

写真

尾白川渓谷の駐車場を出発
2018年12月07日 23:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷の駐車場を出発
黄蓮谷に到着(五丈の沢よりだいぶ下流に下りてきてました。。)
2018年12月08日 06:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄蓮谷に到着(五丈の沢よりだいぶ下流に下りてきてました。。)
支度を整えて登攀開始
2018年12月08日 07:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支度を整えて登攀開始
ん?普通に凍ってませんが・・・
雪もないし・・・
2018年12月08日 07:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?普通に凍ってませんが・・・
雪もないし・・・
ジャバジャバの小滝
2018年12月08日 07:23撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャバジャバの小滝
若干氷が残っている坊主の滝。
この後、右岸から高巻いてその先に進むか検討しましたが止めて引き返すことにしました。。
2018年12月08日 08:12撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干氷が残っている坊主の滝。
この後、右岸から高巻いてその先に進むか検討しましたが止めて引き返すことにしました。。
2
帰りは五丈の滝の右岸から五合目小屋跡へ登り返します。
2018年12月08日 08:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは五丈の滝の右岸から五合目小屋跡へ登り返します。
黄蓮谷右俣、遠めに見ても微妙な感じにしか見えない。。
2018年12月08日 09:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄蓮谷右俣、遠めに見ても微妙な感じにしか見えない。。
体調が悪く休み休み登り返してようやく五合目小屋跡に到着。
疲れた。。
2018年12月08日 11:35撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体調が悪く休み休み登り返してようやく五合目小屋跡に到着。
疲れた。。
甲斐駒、雪のないねー
2018年12月08日 11:55撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒、雪のないねー
1
【刃渡りからの景色】
富士山とオベリスク
2018年12月08日 13:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【刃渡りからの景色】
富士山とオベリスク
3
【刃渡りからの景色】
雪が全く無い八ヶ岳・・・
2018年12月08日 13:16撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【刃渡りからの景色】
雪が全く無い八ヶ岳・・・
2
黒戸尾根の長い長い下りをようやく下りてきました。
2018年12月08日 15:33撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根の長い長い下りをようやく下りてきました。

感想/記録

今回は山岳会の後輩のIくんと今シーズン初アイス、12/8に黄蓮谷右俣、12/9に広河原沢3ルンゼの計画を立てた。
12/7の17:30に仕事が終わってから19:00に集合場所の巻潟東ICに到着しIくんと合流、尾白川渓谷駐車場には23:00ぐらいに到着した。車中で話した結果、五合目小屋跡でテント張るのは止めて日帰りで行ってこようと装備をアタックザックに移し替えたり不要な物を省いたりと準備する。23:37、夕暮れの16:30ぐらいには山頂に抜けて下山してたいなーと思いながら長い長い1日の開始。
今シーズン初アイスはどんな感じかなー?
ワクワク、ドキドキ!!
いざ、クライム・イン


ヾ響

・黄蓮谷は雪も無く氷もほぼ無く普通の沢でした。。
 坊主の滝まで詰めましたが、仕入れてきた情報と違う状況に呆然・・・初見ルートで上部の状況はよくわからないし体調も万全じゃなく無理しても仕方ないのでここで撤退を決めました。
 (参考になるかわかりませんが、コース状況/危険個所等に雪や氷の状況を書いてあります。)

・週中にひいた風邪が完治しておらず、寒気、咳、ガラガラ声、鼻づまりと最悪なコンディションで久しぶりに苦しい登山でした。。

・眠気との戦いもきつかった。。
 (眠気なのか風邪なのかよくわからないけど体調は酷かった。)

・久しぶりのアイス装備での歩荷登山も堪えました。。
 (これでテン泊装備担いでたら五合目小屋跡で力尽きてアタックは翌日になっただろうなー)

・スタートから黄蓮谷までは比較的がんばれましたが、敗退決定後はテンション上がらずもうダメダメでした。
 (特に五合目小屋跡までの登り返しはきつくて時間がかかった。)

・12/9に計画していた広河原沢3ルンゼは、12/7〜8に広河原沢へ入った友人からまだ凍ってなくてアイスは無理と情報を得たのでフリークライミングに転進しました。


反省

・普段の体調管理に留意する。

・風邪は長引かせない。

・睡眠時間も計画に入れる。。(わかっているけど限られた日数と移動時間を考えるとねー)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1161人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック テント 右俣 右岸 テン ルンゼ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ