また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1770701 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳:雪山を満喫、山容は神々しい

日程 2019年03月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、風はmax.15m/sで冬ならよしとするか
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
第3駐車場に駐車
ゴンドラ、リフト2基往復で2,900円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
12分
合計
4時間49分
S八方池山荘08:5409:15石神井ケルン09:1609:25第2ケルン09:32八方ケルン09:3309:43第三ケルン10:56丸山10:5811:42唐松岳頂上山荘11:4312:03唐松岳12:0912:25唐松岳頂上山荘12:49丸山13:21八方池13:2213:27八方ケルン13:35石神井ケルン13:43八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高、準備時間or写真タイム
( 6:54(7:15) 自宅 )
( 8:00-05(8:22-22) 第3駐車場 )
( 8:15-22(8:30-40) ゴンドラ下 登山届提出 )
8:45-53(9:05-10) 八方池山荘(1,835m) アイゼン装着
9:59(10:10) 下ノ樺(2,145m)
10:20-27(7") 2,260mポイント 右手ストックからピッケルに替える
10:41(10:40) 2,361mポイント
10:56-57(1")(11:05) 丸山ケルン(2,430(2,465)m)
11:41(11:50) 唐松山荘上(2,655(2,620)m)
12:04-09(5")(12:20-25) 唐松岳(2,696m)
登り:3'11"(3'10") 延標高差:993m 速度:312m/h
距離:4.6km 歩速:1.4km/h 準備、写真時間:8"
12:26(12:45) 唐松山荘上(2,655(2,620)m)
12:49(13:10) 丸山ケルン(2,430(2,465)m)
13:43-52(14-10-15) 八方池山荘(1,835m)
下り:1'134(1'45") 延標高差:993m 速度:634m/h
距離:4.6km 歩速:2.8km/h 準備、写真時間:0"
山行:4'50"(5'00") 延標高差:1,986m 速度:411m/h
距離:9.2km 歩速:1.9km/h 準備、写真時間:13"
( 14:17(14:38-40) ゴンドラ下 )
( 14:28-34(14:50-52) 第3駐車場 )
( 15:30(16:00) 自宅 )
Door to Door:8'36"(8'45")
コース状況/
危険箇所等
チケットを購入する際に登山計画書を提出

装備

個人装備 長袖インナー ミッドウエア ハードシェル上下 タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ビーコン プローブ シャベル

写真

待っててよーと叫びたくなる。
爺ヶ岳の東尾根も右に伸びている
2019年03月25日 07:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待っててよーと叫びたくなる。
爺ヶ岳の東尾根も右に伸びている
1
右端が爺ヶ岳東尾根
2019年03月25日 07:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端が爺ヶ岳東尾根
1
八方尾根と白馬三山:風が強い、それとも雲?
2019年03月25日 07:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根と白馬三山:風が強い、それとも雲?
今日歩く八方尾根
2019年03月25日 07:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日歩く八方尾根
兎平に到着:誰もいない。こんないい日に勿体ない。
左のカメラマンも手持ち無沙汰
2019年03月25日 08:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎平に到着:誰もいない。こんないい日に勿体ない。
左のカメラマンも手持ち無沙汰
何時もの場所から白馬三山と手前黒菱ゲレンデ
2019年03月25日 08:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時もの場所から白馬三山と手前黒菱ゲレンデ
1
ここの写真も好きだ@アルペンクワッド上
2019年03月25日 08:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの写真も好きだ@アルペンクワッド上
1
グラードクワッドは9時始動のはずだが既に稼働しており滑り下りてきている
2019年03月25日 08:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラードクワッドは9時始動のはずだが既に稼働しており滑り下りてきている
1
何時もの所での写真、鹿島槍と五竜
2019年03月25日 08:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時もの所での写真、鹿島槍と五竜
1
何時もの所での写真、もう登り始めている
2019年03月25日 08:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時もの所での写真、もう登り始めている
この斜面魅力的だが今年は滑る機会がなかった
2019年03月25日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面魅力的だが今年は滑る機会がなかった
同左:真ん中手前の岩の向こうを滑る
2019年03月25日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左:真ん中手前の岩の向こうを滑る
同左、右側から下っていく
2019年03月25日 09:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左、右側から下っていく
石神井ケルンからのドロップポイント
2019年03月25日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石神井ケルンからのドロップポイント
石神井ケルンは久しぶり:BCの時は左をトラバースするためここを通らない
2019年03月25日 09:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石神井ケルンは久しぶり:BCの時は左をトラバースするためここを通らない
これから歩く八方尾根:正面に唐松岳と不帰ノ嶮。dルンゼも白く逆三角形で見える
2019年03月25日 09:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く八方尾根:正面に唐松岳と不帰ノ嶮。dルンゼも白く逆三角形で見える
1
天狗ノ頭から白馬鑓
2019年03月25日 09:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭から白馬鑓
白馬三山と小蓮華岳
2019年03月25日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山と小蓮華岳
1
白馬、小蓮華、船越ノ頭、白馬乗鞍
2019年03月25日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬、小蓮華、船越ノ頭、白馬乗鞍
雨飾山、焼山、手前金山、火打、妙高、乙妻、高妻
2019年03月25日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山、焼山、手前金山、火打、妙高、乙妻、高妻
2
改めて鹿島槍と五竜
2019年03月25日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めて鹿島槍と五竜
1
八方山ケルン
2019年03月25日 09:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方山ケルン
手前が南面:今シーズン滑れなかった
2019年03月25日 09:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が南面:今シーズン滑れなかった
2,361mPから無名沢へ。右奥は不帰ノ嶮
2019年03月25日 09:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,361mPから無名沢へ。右奥は不帰ノ嶮
2,361mPへの最後の登り:BCでは山頂から右手前に滑ってくる
2019年03月25日 10:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,361mPへの最後の登り:BCでは山頂から右手前に滑ってくる
不帰ノ嶮も近づいてきた
2019年03月25日 11:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮も近づいてきた
天狗ノ頭から白馬三山
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭から白馬三山
白馬三山から小蓮華
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山から小蓮華
杓子、白馬から日本海方面へ
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子、白馬から日本海方面へ
頚城三山や戸隠連峰が下に見えてきた
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頚城三山や戸隠連峰が下に見えてきた
2
焼山と火打をアップ
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山と火打をアップ
3
湯ノ丸山方面
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山方面
1
白馬三山をアップ
2019年03月25日 11:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山をアップ
3
五竜:鹿島槍が後ろに隠れそう
2019年03月25日 11:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜:鹿島槍が後ろに隠れそう
1
奥に唐松岳とdルンゼ
2019年03月25日 11:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に唐松岳とdルンゼ
2
五竜もここから見ると形が違う
2019年03月25日 11:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜もここから見ると形が違う
1
唐松岳:2年前山頂でホワイトアウト。4回登頂、右(唐松沢)が怖くどうしても左(西側)に下ってしまう
2019年03月25日 11:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳:2年前山頂でホワイトアウト。4回登頂、右(唐松沢)が怖くどうしても左(西側)に下ってしまう
3
劔をバックにオーストリア人から撮って貰う
2019年03月25日 12:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔をバックにオーストリア人から撮って貰う
2
写真を撮ってくれた外人の仲間と毛勝三山
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮ってくれた外人の仲間と毛勝三山
1
天狗ノ頭と白馬岳
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭と白馬岳
立山連峰と劔
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰と劔
五竜:奥に槍?
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜:奥に槍?
2
浅間山から四阿山
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山から四阿山
小蓮華から頚城三山(妙高は切れている)まで
2019年03月25日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華から頚城三山(妙高は切れている)まで
頚城の山々と戸隠連峰
2019年03月25日 12:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頚城の山々と戸隠連峰
遠見尾根と五竜
2019年03月25日 12:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根と五竜
唐松岳と不帰ノ嶮:仲睦まじい2人が後ほどあっという間に抜き去った(アイスアックスを持っていたのでよく覚えている)。
2019年03月25日 12:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と不帰ノ嶮:仲睦まじい2人が後ほどあっという間に抜き去った(アイスアックスを持っていたのでよく覚えている)。
1
不帰ノ嶮と天狗の大下り:左端がdルンゼ、出だしは今までで一番の急斜面
2019年03月25日 12:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮と天狗の大下り:左端がdルンゼ、出だしは今までで一番の急斜面
しつこいかな
2019年03月25日 12:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこいかな
同左:名残惜しんで
2019年03月25日 12:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同左:名残惜しんで
1

感想/記録

先週三峰山にBCに行ってきたがその時の360度のパノラマに感動した。
やはり雪山は素晴らしい。
来週、hayabusaHanさんに爺ヶ岳東尾根を誘われた。
最近、3時間程度しか歩いていないので体力に不安。
風の弱い晴天を狙って南八か唐松岳に足慣らしをしようと計画。
3/25は風が多少心配ながら天気は良さそうなので唐松岳に決定した。
しかし、3/23に別々で3人が丸山付近で滑落。1人は当日(3/25)に救出された(2日間ビバーク)。今シーズン八方尾根で事故が多発している。
この日もビーコン、プローブ、シャベルを携帯する。
予想通り天気は良さそう。山の写真が沢山撮れそう。
往きの車の中からバシッバシッ。山歩きを楽しむぞと気合が入る。
何時もの所で何時もの写真。でもいつ来ても感動する。
八方池山荘前でビーコンチェック、アイゼン装着で出発する。
しかし、早々からBCの外人、登山者に追い抜かれる。
BCで抜かれることはよくあるが、登山でも同じだ。そんなに遅いかなと思いながらハイクアップ。
今シーズン滑れなかった石神井ケルンからのドロップ、南面、無名沢。
色々な思い出と雄大な景色を眺めながら進む。
ゆったり登ってきたつもりだが下ノ樺から2,361mPまでの登りがきつい。
2,361mPへの最後の登りはきついのでいざという時滑落防止に備えて右手ストックをピッケルに替える。何とか2,361mPに到着。
今シーズン上小山の会の方々と2,361mPから無名沢をコラボする予定だったがチャンスを逸した。2,361mPから滑ったのは2年前STsnowさんと滑ったのが最後だ。
先日、2,361mPからのスノーボーダー2人が滑落、1人死亡とのニュースがあったが、遺体は唐松沢近くまで滑落したようだ。滑り始めてすぐの事故か?しかし、あの距離を滑落するなんて考えられない。余程凍っていた?
段々身体がきつくなるのと雪崩、技量の衰え等を考えるとBCもそろそろ年貢の納め時か。
今日は雪が締まっておりクラストした斜面も沈まず歩き易い。
3人が事故を起こした場所はどこだろうと思いながら進む。
風は時々強く吹くがそれでも15m/s前後か。時々風が止むと暑くなる。
数m/sの風が常時吹くといいのだがそんな甘いことは望めない。
しかし、左に五竜、正面に不帰ノ嶮、右に白馬三山と何と贅沢な山行だろう。
唐松山荘への最後の登りきついが、右の唐松沢への沢、滑れるのかなぁと覗き込む余裕はある。
唐松山荘へは寄らず山頂を目指す。2年前の山頂でのホワイトアウトを思い出す。3回山頂に登り返す。東の唐松沢が怖くどうしても西側に進み、3回も繰り返す。今回登りながらやはり東側は怖いよと改めて感じた。
山頂に到着すると、外人は身振りで写真を撮ってあげるよということでお願いする。話を聞くとオーストラリア人ではなく3人はオーストリアから後1人はアラスカからだという。ウィーンからかと聞くとザルツブルクというのでモーツアルトだ!と言って笑う。
欧州でも八方尾根は有名になりつつあるようだ。数週間前はチェコとスロバキア人にもあった。
雪質の良い時にもう一度dルンゼを滑れたらと思うがもう無理だ。
下りは2,361mP付近まではクラストがしっかりしておて歩き易かったが
下ノ樺辺りまでは多少雪が緩み歩き辛い。若い男女があっという間に抜き去る。昔はああやって下れたよなぁと羨む。
下ノ樺までくると我庭に戻った気になる。
一日の晴天に感謝して家路に。

訪問者数:734人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/9
投稿数: 429
2019/3/26 17:31
 お疲れ様でした
私の誕生日に記念登山ありがとうございました。
天気の良い北アルプスは最高ですね!
私にとってはホントに久々の北アルプス、とっても楽しみです!
登録日: 2013/7/13
投稿数: 799
2019/3/26 18:05
 Re: お疲れ様でした
そうか誕生日だったのですね。
歳を取ると誕生日も複雑ですが、うれしいですか?
東尾根、下は藪漕ぎでないでしょうね。来週寒波が来そうですが、新雪のラッセル、ナイフリッジが氷化してないでしょうね。
体力も心配で不安一杯です。ラッセルさえなければ春より冬の方が良かった?
とは言え楽しみです
登録日: 2015/8/9
投稿数: 429
2019/3/26 20:00
 Re[2]: お疲れ様でした
下部はある程度踏み跡があるようで薮は大丈夫そう?なんですが、中間部〜上部のハイマツ帯が心配ですね。
雪は氷化してるくらいの方が歩きやすく安全です。
体力は私も心配です。
今回伊那事業所の元同僚も同行させて頂きます。
今まで二回山行計画して何れも悪天で中止、今回こそはとおもっています。
彼自身は晴男なんですが・・・・
登録日: 2013/7/13
投稿数: 799
2019/3/26 20:28
 Re[3]: お疲れ様でした
hayabusaHanさんが体力心配なら益々心配になります。
元同僚さんも同行との事。心強いです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ