また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1784331 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

ロープウェイで谷川岳、一ノ倉岳

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候午前中はやや雲も流れていたが午後はしっかり晴れ
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
えちごツーデーパス利用して上越線で土合駅へ(パスは越後中里までなので差額を車内で精算)歩いてロープウェイ駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アイゼン持参。念のために谷川岳で装着して一ノ倉岳まで足を延ばしたが,雪がぐずぐずでなくても問題なし。
その他周辺情報土合駅は無人駅で自販機のみ。ロープウェイ駅では食堂で生ビール(600円)や缶ビール(自販機)あり。

写真

土合駅で下車。上り列車なのでホームは地上。帰りも電車なのでビールとチューハイを駅前の雪の中にデポ。
2019年04月06日 08:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅で下車。上り列車なのでホームは地上。帰りも電車なのでビールとチューハイを駅前の雪の中にデポ。
潔くロープウェイを使わず下から登ろうかとも思ったが,天気がよく稜線を楽しもうとロープウェイ往復(2060円)利用。
2019年04月06日 09:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潔くロープウェイを使わず下から登ろうかとも思ったが,天気がよく稜線を楽しもうとロープウェイ往復(2060円)利用。
天気よいです。人も多し。トレースがっちり(腐り気味)
2019年04月06日 09:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気よいです。人も多し。トレースがっちり(腐り気味)
最後の急登で振り返る
2019年04月06日 10:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登で振り返る
谷川岳山頂(オキ)。ここで引き返すと数少ない上越線の下り電車13:49に間に合うが,早く降りるのはあまりにもったない天気なので一ノ倉へ。
2019年04月06日 11:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂(オキ)。ここで引き返すと数少ない上越線の下り電車13:49に間に合うが,早く降りるのはあまりにもったない天気なので一ノ倉へ。
オキからトマ
2019年04月06日 11:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキからトマ
1
平標へ至る縦走路  
2019年04月06日 11:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標へ至る縦走路  
1
一ノ倉岳に向かって降下開始。視界良好で雪庇に寄る心配もなし
2019年04月06日 11:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳に向かって降下開始。視界良好で雪庇に寄る心配もなし
一ノ倉岳に向かいます
2019年04月06日 11:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳に向かいます
1
一ノ倉岳から谷川岳
2019年04月06日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳から谷川岳
1
遠望に単独峰。浅間山か
2019年04月06日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠望に単独峰。浅間山か
馬蹄縦走コース
2019年04月06日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬蹄縦走コース
茂倉岳。今回はややタイトなので一ノ倉岳で引き返すが,結果して茂倉までいく時間は十分あった。ここでは知る由もない。
2019年04月06日 12:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳。今回はややタイトなので一ノ倉岳で引き返すが,結果して茂倉までいく時間は十分あった。ここでは知る由もない。
1
谷川の雪庇怖いです
2019年04月06日 12:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川の雪庇怖いです
鎖場。積雪があり底上げされています。
2019年04月06日 12:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。積雪があり底上げされています。
一ノ倉岳にスキー担いで登っている人がアリのよう。
2019年04月06日 12:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳にスキー担いで登っている人がアリのよう。
トマの耳 尖がってます
2019年04月06日 12:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳 尖がってます
トマの耳。ここからみると端の方に寄る気になりません。
2019年04月06日 13:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳。ここからみると端の方に寄る気になりません。
そのトマの耳
2019年04月06日 13:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのトマの耳
トマからオキ。13時過ぎですが賑わっています
2019年04月06日 13:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマからオキ。13時過ぎですが賑わっています
肩の小屋。雪はほとんどかぶっていません
2019年04月06日 13:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋。雪はほとんどかぶっていません
トマから馬蹄縦走コース
2019年04月06日 13:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマから馬蹄縦走コース
下りはらくちんです。尻セードの方も
2019年04月06日 13:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはらくちんです。尻セードの方も
雪原に樹林の影がキレイです
2019年04月06日 13:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原に樹林の影がキレイです
登りを振り返る。結構急です
2019年04月06日 14:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りを振り返る。結構急です
谷川や一ノ倉はこの西黒尾根の奥
2019年04月06日 14:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川や一ノ倉はこの西黒尾根の奥
この奥がスキー場
2019年04月06日 14:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この奥がスキー場
後はロープウェイ駅に降りるだけ。見納め。
2019年04月06日 14:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はロープウェイ駅に降りるだけ。見納め。
良い天気でした。
2019年04月06日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気でした。
人気があるのもわかります。
2019年04月06日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人気があるのもわかります。
では戻りますか
2019年04月06日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では戻りますか
帰りは電車まで時間があるのでのんびりとロープウェイ駅に
2019年04月06日 14:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは電車まで時間があるのでのんびりとロープウェイ駅に
電車まで時間があるので食堂で生ビール(600円)。あまり水分をとってなかったので,染み渡る〜
2019年04月06日 15:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車まで時間があるので食堂で生ビール(600円)。あまり水分をとってなかったので,染み渡る〜
16:52の電車に合わせて,土合駅へ。駐車場にテントや駅舎内にシェラフ敷き詰めて泊まる方が多い。
2019年04月06日 16:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:52の電車に合わせて,土合駅へ。駐車場にテントや駅舎内にシェラフ敷き詰めて泊まる方が多い。
下り列車なので,噂のモグラ駅へ向かいます
2019年04月06日 16:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り列車なので,噂のモグラ駅へ向かいます
写真ではわかりにくいですがずーっと下りです
2019年04月06日 16:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですがずーっと下りです
約7分で下り終了。下から見上げる
2019年04月06日 16:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約7分で下り終了。下から見上げる
地下ホームにトイレと待合室はありますが時刻表はなし。ノートがあり,観光客もくる。
2019年04月06日 16:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下ホームにトイレと待合室はありますが時刻表はなし。ノートがあり,観光客もくる。
ここで痛恨。16:52の電車は3月はあるが,4月の土日はなし!!早めの準備が裏目に。次の17:58まで1時間以上異空間のモグラ駅で待つ羽目に。ウェアを着込んであらかじめ買い込んでいたビール飲んで待つ。一人だとめげそう。
2019年04月06日 16:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで痛恨。16:52の電車は3月はあるが,4月の土日はなし!!早めの準備が裏目に。次の17:58まで1時間以上異空間のモグラ駅で待つ羽目に。ウェアを着込んであらかじめ買い込んでいたビール飲んで待つ。一人だとめげそう。
やっと来ました。越後湯沢駅で20分程度停車するので駅弁購入(遅い時間なのでタイムサービスで一律500円),温かい車内で駅弁とビールで一息。
2019年04月06日 17:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと来ました。越後湯沢駅で20分程度停車するので駅弁購入(遅い時間なのでタイムサービスで一律500円),温かい車内で駅弁とビールで一息。

感想/記録
by yamkoi

新潟は3月週末はことごとく天気がぐずついて,行けなかった谷川。やっとこの日がきました。えちごツーデーパスは3月中は大人の休日倶楽部会員はさらに安いが結果して利用できず。それでも2690円+320円×2で往復できるので格安。行きも帰り寝ててもよいし,帰りはビール飲みながら帰れるのがよい。
土合駅は無人駅で売店もないのであらかじめ缶ビールと缶チューハイを持参し駅前の雪にデポ。このためにザックも中型で重かった。
人が多いのでトレースがしっかり踏まれていてワカンもアイゼンも不要。トレース以外はツボ足ではひざ下までぬかる。視界良好で滑落するようなところも回避可能なのでストックで十分か。スキーヤー,ボーダー,団体さんなど色々。トレースがっちりで相方がサクサク登っていくのに何とかついていく。
最後の急登では風も強く曇り気味だがここだけで後は終始良い天気。風も時折少々強い程度。もったいないので一ノ倉岳までいく。スキーヤーは茂倉岳への鞍部から滑り降りるようでトレースが結構ある。登山者は谷川岳から先にはあまり来ないよう。
予定していた帰りの電車が4月土日は運行しておらず1時間以上,暗くて肌寒いモグラ駅で待つことになったのが誤算。防寒ウェアやホッカイロの備えがここで役立つとは。念のためのビール持参も暇つぶしに役立つ。何事も備えは大事と実感。
訪問者数:169人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ