また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1801991 全員に公開 雪山ハイキング 尾瀬・奥利根

残雪期の尾瀬 定番のアヤメ平〜尾瀬ヶ原

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年04月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7時前に戸倉に着きましたが、すでに鳩待峠駐車場は満車の表示。
戸倉の駐車場に停めて、乗り合いタクシーで鳩待峠へ。
戸倉の駐車場の車も多数で、待ち時間なく乗り合いタクシーは出発。

戸倉〜鳩待峠間は、朝は路面凍結もありました。
鳩待峠まで自家用車で行く方はスタッドレス必須です。

鳩待峠へのアクセスは、以下を参照ください。
https://www.pref.gunma.jp/06/h2810053.html
https://www.pref.gunma.jp/01/e2300369.html
https://kan-etsu.net/publics/index/43/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
1時間14分
合計
8時間37分
S鳩待峠07:3008:28中ノ原08:48横田代09:14中原山09:26アヤメ平09:5610:14セン沢田代10:18富士見田代(尾瀬原分岐)11:05土場11:25長沢頭12:20龍宮小屋12:5713:00竜宮十字路13:26下ノ大堀川橋13:2713:42牛首分岐(中田代三叉路)13:54上ノ大堀橋13:5514:35山ノ鼻14:4016:07鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■鳩待峠〜アヤメ平
雪たっぷりですが、早朝のためか沈み込むことはなく、快適に歩けます。つぼ足でOKです。
真新しい赤テープも多数あります。
少し前のスノーシューのトレースあり、道迷いの心配はなさそうです。

■アヤメ平〜龍宮
雪たっぷりで、昼になったためか、ひざ下程度、場所により太ももまでのラッセルです。
つぼ足でもOKですが、ワカンがあったほうがよかったです。
テープがあまり見つけられず、トレースもなく、ルートファインディングしつつ進みました。
雪の状態により、かなり時間がかかりますし、かなり疲れます。

■龍宮〜山の鼻
一部の川以外は雪で覆われ、どこでも歩き放題です。
ただ、5cm程度の沈み込みがあり、予想より時間がかかります。
また距離が長く景色もあまり変わらないので、肉体的にも精神的にも地味に疲れました。

■山の鼻〜鳩待峠
至仏山に行く人が多数通る人気ルートだけあって、トレースバッチリで雪も踏み固められていました。
また、川をまだ雪が覆っていて対岸に安全に渡ることができ、斜面のトラバースなく安全に通れました。
ただ、今後川の上の雪が解けると、斜面のトラバースをすることになりますので、アイゼンがないと危なくなると思います。
その他周辺情報ゴルフ場併設の白沢高原ホテル(初穂の湯)に行きました。
http://www.shirasawa-kougen.com/oneday.html
大人1000円
最終21:30入場、22:00まで

沼田近辺に来た際は、今までは南郷温泉に行っていたのですが、南郷温泉よりもこちらのほうが泉質がいいように感じました。
沼田近辺では、これから初穂の湯に行くことにしたいと思いました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 半袖インナー レインウェア タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 ダウンジャケット(使用せず) ゲイター ネックウォーマー(使用せず) ザック サブザック アイゼン チェーンスパイク 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め サングラス ストック カメラ

写真

鳩待峠からの至仏山。
きれいに真っ白。
快晴で、今日はいい一日になりそうです。
2019年04月20日 07:34撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠からの至仏山。
きれいに真っ白。
快晴で、今日はいい一日になりそうです。
1
鳩待峠からはまず400mの登り。
2019年04月20日 07:45撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠からはまず400mの登り。
1
横田代に着きました。
この開放的な景色がいいですね。
2019年04月20日 08:45撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横田代に着きました。
この開放的な景色がいいですね。
1
アヤメ平に着くと、平らな大雪原。
振り返ると至仏山。
2019年04月20日 08:51撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平に着くと、平らな大雪原。
振り返ると至仏山。
5
遠くには富士山も見えました。
2019年04月20日 09:16撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くには富士山も見えました。
3
地面の雪でかき氷。
ウマイ!
2019年04月20日 09:36撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面の雪でかき氷。
ウマイ!
3
至仏山の白さがいいですねぇ。
2019年04月20日 09:51撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山の白さがいいですねぇ。
1
東には燧ケ岳。
2019年04月20日 09:52撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東には燧ケ岳。
4
今日は会社の同僚と一緒です。
2019年04月20日 10:08撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は会社の同僚と一緒です。
1
南側の雪庇は相変わらず大きいです。
2019年04月20日 10:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の雪庇は相変わらず大きいです。
1
下には尾瀬ヶ原。
アヤメ平から尾瀬ヶ原の下りは、膝程度のラッセルで思ったより苦労しました。
2019年04月20日 10:17撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には尾瀬ヶ原。
アヤメ平から尾瀬ヶ原の下りは、膝程度のラッセルで思ったより苦労しました。
3
尾瀬ヶ原の龍宮に到着。
NHK日本百名山に出たというガイドのおじさんと、しばし話しました。
ステップの上を尻セードしちゃダメだよ、とか、アヤメ平は7月がいい、とか、色々教わりました。
2019年04月20日 12:45撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原の龍宮に到着。
NHK日本百名山に出たというガイドのおじさんと、しばし話しました。
ステップの上を尻セードしちゃダメだよ、とか、アヤメ平は7月がいい、とか、色々教わりました。
1
龍宮で昼食をとってから尾瀬ヶ原を進みます。
2019年04月20日 13:04撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍宮で昼食をとってから尾瀬ヶ原を進みます。
2
意外と人が少なく、また雪が多く、5〜10cmほど沈み込んで、地味に疲れます。
2019年04月20日 13:17撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と人が少なく、また雪が多く、5〜10cmほど沈み込んで、地味に疲れます。
1
一昨年の4/30はもっと雪が少なかったのですが、今年は一面の雪化粧。
距離が長く景色もあまり変わらないので、肉体的にも精神的にも地味に疲れました。
2019年04月20日 13:22撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨年の4/30はもっと雪が少なかったのですが、今年は一面の雪化粧。
距離が長く景色もあまり変わらないので、肉体的にも精神的にも地味に疲れました。
2
ところどころ雪が解けていると気分転換になります。
2019年04月20日 13:31撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ雪が解けていると気分転換になります。
1
乗り合いバスは最終16:30
無事に間に合いました。
一緒に来た同僚には、かなりハードな登山となってしまいました。。。
2019年04月20日 16:11撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗り合いバスは最終16:30
無事に間に合いました。
一緒に来た同僚には、かなりハードな登山となってしまいました。。。
1
撮影機材:

感想/記録

土曜日はもともと自宅待機の予定だったのですが、急遽予定が空きました。
この日は高気圧の真下の快晴予報、これは登山に行かない手はありません。
会社の同僚も一緒に行きたいということで、毎年春の恒例になっている残雪期の尾瀬に出かけました。

鳩待峠は人が多数ですが、みんな至仏山へと向かいます。
アヤメ平に行く人としては、我々がトップバッターのようでした。

アヤメ平までは快適そのものでしたが、アヤメ平から尾瀬ヶ原への下りからは足が雪に沈み込み、かなり苦労しました。
今年は4月の雪が多かったためでしょうね。
その後の尾瀬ヶ原でもトレースは細く、5〜10cm程度の沈み込みで、地味に体力を奪われます。
一緒に来た同僚は、よくこのタイムで歩けたと思います。
尾瀬ヶ原までの下りまではまだよかったようですが、尾瀬ヶ原の横断で最後の体力を奪われ、山の鼻から鳩待峠への登りはかなり苦しそうでした。
初めての雪山なのに、悪いことをしました。

でも、大雪原のアヤメ平、尾瀬ヶ原ともに素晴らしい景色で、天気にも恵まれ、素晴らしい一日となりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1100人

コメント

竜宮でお会いしました
良い天気でしたね
日焼けで顔が痛いです
2019/4/21 20:33
Re: 竜宮でお会いしました
hageatama48さん、コメントありがとうございます!
龍宮小屋のそばで、ガイドのおじさんと話しているときに、燧ケ岳から来られたんですよね。
かなりのロングルート、お疲れさまでした!

4/20は確かに快晴で、景色もよく、素晴らしい一日でしたね。
私は日焼け止めを塗っていましたが、それでも鼻の頭が少し赤くなっています。
明日から客先に出向くのですが、少し心配です。
2019/4/21 21:06
静かな尾瀬
eurekapapaさん、お疲れさま

確かに雪が多いですね。30数年前のGWに大清水〜燧ケ岳〜至仏山〜鳩待へ3泊4日で周回した時と同じくらいに見えます。近年減少しつつある積雪量を思えば、雪たっぷりですね。アヤメ平から竜宮への下りのラッセルは、大変でしたね

土曜日に家族が珍しく高山に来たので、新穂高ロープウェイで山頂駅に上がりました。素晴らしい天気で山々の眺めに感動してきましたが、黒部源流方面の雪の多さに少々たじろぎました。GWの計画変更が必要かもしれません
2019/4/22 7:43
Re: 静かな尾瀬
Pinballさん、コメントありがとうございます!

この冬は雪が少なかったものの4月の雪が多かったようですね。
龍宮小屋で会ったガイドの方がそんなことを話していました。

GWは黒部源流域を予定していたんですね。
かなり雪が多いとのこと、確かに心配ですね。
私も5月後半に行きたいなと思っていましたが、GWの皆さんのレコを見て判断するようにします。
2019/4/22 7:55
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ