また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812896 全員に公開 ハイキング丹沢

蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳、展望の尾根歩き

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
橋本駅北口6:20三ケ木行
三ケ木6:55月夜野行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されており、特に危険個所もない
八丁坂ノ頭への登山道は急なところはジグザグにつけられており歩きやすい
蛭ヶ岳〜塔ノ岳間はこの時期は雪解けで泥んこ状態で歩きづらい
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

東野バス停、さあスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東野バス停、さあスタート
大室山が良く見える、独立峰の様相。秋に行こうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山が良く見える、独立峰の様相。秋に行こうかな
3
ゲートがありがこのまま進むのが正しいルート。手前に右へ分かれる道に入ってしまい、すぐ間違いに気づき引き返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートがありがこのまま進むのが正しいルート。手前に右へ分かれる道に入ってしまい、すぐ間違いに気づき引き返す
八丁坂ノ頭への登山口、登山靴にヒル除けをつけて登山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ノ頭への登山口、登山靴にヒル除けをつけて登山開始
標高1080m付近でモノレールが合流、登山道はモノレールの下をくぐる。モノレールは姫次の手前まで続いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1080m付近でモノレールが合流、登山道はモノレールの下をくぐる。モノレールは姫次の手前まで続いていた
稜線へ出ると蛭ヶ岳が見える、結構雪がついている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へ出ると蛭ヶ岳が見える、結構雪がついている
焼山からの登山道と合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山からの登山道と合流
姫次からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次からの富士山
2
蛭ヶ岳も少し見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳も少し見える
蛭ヶ岳への登り、雪が出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳への登り、雪が出てきた
3
富士山、見えている湖は山中湖か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、見えている湖は山中湖か?
6
南アルプスも見える、絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも見える、絶景
2
丹沢山への主稜線、雪がかなり残っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山への主稜線、雪がかなり残っている
1
非常に展望の良い尾根だが下がドロドロ、結構気をつかう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
非常に展望の良い尾根だが下がドロドロ、結構気をつかう
1
丹沢山からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山からの富士山
1
歩いてきた蛭ヶ岳と丹沢山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた蛭ヶ岳と丹沢山方面
2
ここでも富士山の絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも富士山の絶景
1
金冷やしの先のコブから相模湾、大島も見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷やしの先のコブから相模湾、大島も見える
2
大倉バス停到着、疲れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停到着、疲れた
3

感想/記録

蛭ヶ岳〜塔ノ岳間は歩いてみたいコースであったが普通に歩くと一泊になってしまうことから、未踏区間になっていた。(東京周辺の山で一泊する気になれないのがその理由だが)。山レコを見ると日帰りで踏破されている方が結構いらっしゃるので、暑くなる前のこの時期に歩いてみることにした。
橋本駅の三ケ木行きのバス停にはハイキング客の長蛇の列(もちろん座れず)。乗客は少ないのではと思っていてビックリ。三ケ木からは増便も出て、おかげでなんとか座ることができた。
バスの車窓から見える蛭ヶ岳はしっかり雪が残っており軽量化のために軽アイゼンを持参しなかったことをちょっと後悔。結局登山道にはそれほど雪はなく問題なかったが。
初めての蛭ヶ岳は感動の一言、360度の絶景、先が長いにもかかわらず30分も滞在してしまった。
丹沢山への主稜線は下がどろどろで非常に気を使い、景色を眺めながら歩くという状態ではなかった。登山道が乾いている時期に来たいがヒルの時期になってしまうんだろうな。
塔ノ岳山頂は15時到着にもかかわず、大勢の人が。写真撮影待ちの行列も。ここからも絶景で、相模湾には伊豆大島も見えた
下山の大倉尾根は2週間前にも来たので、ヘロヘロになりながらもなんとか下山
蛭ヶ岳〜塔ノ岳は本当にすばらしいルートで、今度は秋に来てみたい。その時は蛭ヶ岳あたりに一泊してゆっくりと歩くかな
訪問者数:223人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ