また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1815620 全員に公開 トレイルラン石鎚山

石鎚山周回 石鎚山温泉手前の無人駐車場より

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ 強風 -3℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石鎚山ロープウェイは7:40~18:00まで 20分毎 片道1030円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
1時間19分
合計
5時間31分
S山頂成就駅08:3408:47成就社08:50八丁坂08:54八丁のコル09:15前社が森09:3809:48夜明峠09:57一ノ鎖(下)09:5910:04二の鎖下10:1210:16二ノ森・面河渓方面分岐10:1910:19三ノ鎖(下)10:2710:34石鎚山・弥山10:4910:56石鎚山11:0411:08石鎚山・弥山11:1311:13三ノ鎖(下)11:1711:18二ノ森・面河渓方面分岐11:1911:23二の鎖下11:41東稜分岐12:15土小屋13:28岩原13:58西之川14:0014:04石鎚ロープウェイ前バス停14:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
当日、私が登った少し後に、二の鎖で滑落された方がいたようです。ドクターヘリで運ばれたそうです。その後の安否が気がかりでなりません。
少し厳しい言葉も使いますが、今後、事故がおきないために、私見を述べさせていただきます。御容赦ください。

試しの鎖は長いが足場も良いです。ここを何の苦も無く登れないようならば、二の鎖にはいくべきではないとおもいます。途中まで登って動けなくなるようならば、きっと降りることも難しいでしょう。「行けるところまで行ってみて、考えよう」的なトライは避けるべきです。
二の鎖は足場をきちんと考えて、足置きしながら腕をサポートできないと危険です。本当に腕力が必要な時に、力尽きているようでは、滑落の危険性がかなり高くなります。当日は鎖が凍っていて氷や霧氷が沢山ついていましたので、ワークマンで売っている薄手のスーパーグリップという手袋をしました。足場の崖もあちこみに雪や氷が乗っていて、きちんと足場を確認しながら登れないと危険です。鎖の輪っかも重要な足場として利用できます。二の鎖にてこずるようならば、三の鎖は絶対に行くべきではありません。
三の鎖は、鎖と足場の崖が離れているので、腕だけで登ろうとすると体幹が伸び切ってしまい、体が振られる可能性があります。登る前にきちんと状況を把握し、装備を検討し、コース取りを考えてからイメージできない方は登るべきではありません。当日は鎖が全面凍結していただけでなく、足場の崖もすべて完全に凍っていました。私はここではチェーンアイゼンをはきましたので、特に問題ありませんでしたが、トレッキングブーツでも滑る可能性が高いです。
二の鎖からは、趣味のボルダリングの足上げや体重移動も多少使い、特に苦も無く登れましたが、当日の状況では、装備や体力、経験値が少ない方は、ちょっと危ないのでは?と感じました。
三の鎖は、当日の状況では、ボルダリングをやっていなかったり、チェーンアイゼンを持参していないかたは登るべきではないと感じました。とても危険です。個人的には、だれでも登って良いような鎖場ではないとおもいます。「自分の技量を図ることができない方」もいるとおもいますので、鎖場の前にかなりしっかりとした注意書きを大きく設けるなり、第三者が何かしらのチェックをするなり、あるいは年配者や子供などは登るのを禁止させても良いような気がします。特に凍結しているときは、登ること自体を禁止させるべきだとおもいます。
鎖は、軍手や毛糸の手袋など滑る手袋は厳禁です。素手か、薄手でグリップが良い手袋が良いです。運動靴は氷で特に滑るとおもいます。おもいザックも危険です。ザックの重量で体が振られ、より多くの筋力と持久力が必要となります。
ボルダリングならば、5級程度を簡単に登れて、しっかりとした装備をした方ならば、大丈夫だとおもいます。
鎖場の斜度、高さ、岩盤は、落ちたら簡単に命を落とすレベルです。楽しく登るためにも、無理は禁物だとおもいます。
その他周辺情報石鎚山温泉、500円。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 スーパーグリップ手袋 防寒着 雨具 トレッキングブーツ トレラン用ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス ツェルト カメラ テムレス手袋

写真

試しの鎖
2019年04月27日 09:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試しの鎖
地面の鎖は地面とつながってはいません。ぶら下がっているだけです。つまり、横に振れます。絶対に1人づつ登るべきです。複数人が同時に登った場合、上の方は下の方の動きで振られますし、下の方は、上の方が落ちた場合、巻き添えを食います。
2019年04月27日 09:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面の鎖は地面とつながってはいません。ぶら下がっているだけです。つまり、横に振れます。絶対に1人づつ登るべきです。複数人が同時に登った場合、上の方は下の方の動きで振られますし、下の方は、上の方が落ちた場合、巻き添えを食います。
1
鎖の強度は十分だとおもいますが、根本の固定具合は不明です。
2019年04月27日 09:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖の強度は十分だとおもいますが、根本の固定具合は不明です。
上からのぞこうとしても、覗けない位の斜度です。
2019年04月27日 09:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からのぞこうとしても、覗けない位の斜度です。
1
二の鎖。私は先の方が登り終えるのを待ってから登り始めました。1人づつ登るようルール作りをした方がよいとおもいます。
2019年04月27日 09:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の鎖。私は先の方が登り終えるのを待ってから登り始めました。1人づつ登るようルール作りをした方がよいとおもいます。
2
雪も残っています。
2019年04月27日 10:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も残っています。
三の鎖です。凍っています。
2019年04月27日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の鎖です。凍っています。
1
こんな感じです。
2019年04月27日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
足場がしっかりしている箇所で一休み。
崖から見える霧氷が美しいです
2019年04月27日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場がしっかりしている箇所で一休み。
崖から見える霧氷が美しいです
美しい!!まさかGWに、しかも四国でこんなに立派な霧氷が見えるとは・・・
2019年04月27日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい!!まさかGWに、しかも四国でこんなに立派な霧氷が見えるとは・・・
1
山頂です。
2019年04月27日 10:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です。
天狗岳へ向かいます。足場は凍っておらず、安全でしたが、1、2箇所、ナイフリッジのような場所もあります。少し風が強いですが、ちょうど風裏を通る形になりました。ナイフリッジのような場所のみ、強風ですので注意です。
2019年04月27日 10:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳へ向かいます。足場は凍っておらず、安全でしたが、1、2箇所、ナイフリッジのような場所もあります。少し風が強いですが、ちょうど風裏を通る形になりました。ナイフリッジのような場所のみ、強風ですので注意です。
1
天狗岳です
2019年04月27日 10:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳です
2
頂上山荘から土小屋へ向かいます。周回コースです。
2019年04月27日 11:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘から土小屋へ向かいます。周回コースです。
途中で見える霧氷が美しいです。
土小屋までは、基本、樹林帯のトラバースで、ところどころ展望が良いところがあります。
2019年04月27日 11:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見える霧氷が美しいです。
土小屋までは、基本、樹林帯のトラバースで、ところどころ展望が良いところがあります。
あなたは、なんちゅー名前?
2019年04月27日 11:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなたは、なんちゅー名前?
1
ヤマカガシ2尾!!寒の戻りで動けないようです。
2019年04月27日 12:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマカガシ2尾!!寒の戻りで動けないようです。
戻りました
2019年04月27日 14:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りました
撮影機材:
訪問者数:312人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ