また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1821471 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峯奥駈道(順峰)

日程 2019年04月27日(土) 〜 2019年05月02日(木)
メンバー
天候晴晴曇雨雨晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間3分
休憩
0分
合計
4時間3分
S熊野本宮大社12:2312:43七越峰14:14吹越峠14:50吹越宿跡15:08吹越山15:17山在峠16:14大黒天神岳16:26金剛多和
2日目
山行
7時間44分
休憩
58分
合計
8時間42分
金剛多和06:2007:23五大尊岳07:40五大尊岳(北峰)07:5808:25切畑辻09:18大水ノ森09:27大森山10:27玉置辻11:25玉置神社駐車場 店12:0512:25玉置神社12:40玉置山12:55玉置山展望台13:15花折塚13:51水呑金剛14:07稚児ノ森14:17蜘蛛ノ口14:41古屋の辻14:5221世紀の森 南奥駆登山口15:02宿泊地
3日目
山行
9時間18分
休憩
1時間4分
合計
10時間22分
宿泊地05:2005:51古屋の辻06:40塔ノ谷峠07:38香精山07:4808:04檜之宿跡08:16拝み返し08:28四阿之宿09:05地蔵岳09:52葛川辻10:30笠捨山10:4012:00行仙宿山小屋12:4413:05行仙岳13:12怒田宿跡14:14倶利伽羅岳14:47転法輪岳15:00平治ノ宿15:16両又分岐15:34持経千年檜15:42持経の宿
4日目
山行
9時間38分
休憩
26分
合計
10時間4分
持経の宿06:1506:48阿須迦利岳07:22証誠無漏岳07:55涅槃岳08:11乾光門08:40滝川辻09:51地蔵岳09:57天狗の稽古場10:09嫁越峠10:36奥守岳10:57天狗山11:26石楠花岳11:50仙人舞台石11:58太古の辻12:12大日岳12:27深仙ノ宿12:5313:53釈迦ヶ岳14:04馬の背14:35橡の鼻14:43両部分け15:01孔雀岳16:19楊子ノ宿
5日目
山行
11時間9分
休憩
1時間29分
合計
12時間38分
楊子ノ宿05:1806:06舟ノ垰07:32五鈷峰07:37禅師ノ森08:10明星ヶ岳08:29八経ガ岳08:54弥山小屋09:4810:20聖宝ノ宿跡10:42弁天ノ森10:55奥駈道出合11:17一ノ垰11:45R309 90番分岐12:18天川辻12:20行者還小屋12:5513:00行者の水場14:10無双洞・和佐又山分岐14:15七曜岳14:31七つ池14:39稚児泊15:05国見岳15:17サツマコロビ(薩摩転び)15:37弥勒岳15:49水太覗16:10大普賢岳17:11阿弥陀ヶ森17:56小笹ノ宿
6日目
山行
8時間2分
休憩
1時間4分
合計
9時間6分
小笹ノ宿07:2108:04山上ヶ岳08:32西の覗岩10:01五番関10:51大天井ヶ岳11:30二蔵宿小屋12:20足摺の宿跡12:38四寸岩山12:4313:50青根ヶ峰14:04金峯神社14:07奥千本口バス停14:16高城山14:24吉野水分神社14:50太鼓判花夢亭15:4916:07金峯山寺16:15吉野山駅16:27近鉄吉野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

行仙の宿で新宮山彦くらぶさんに、サンドイッチ、バームクーヘン、ビールを御馳走になりました。ありがとうございました。
2019年04月29日 11:59撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行仙の宿で新宮山彦くらぶさんに、サンドイッチ、バームクーヘン、ビールを御馳走になりました。ありがとうございました。
1
森で見つけたアートです。
2019年04月29日 14:44撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森で見つけたアートです。
平治の宿はこの春消火器をまかれたそうです。それを新宮山彦くらぶさんが掃除いただいたそうです。感謝
2019年04月29日 15:01撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平治の宿はこの春消火器をまかれたそうです。それを新宮山彦くらぶさんが掃除いただいたそうです。感謝
持経の宿では天ぷら、ミカンを御馳走になりました。また、綺麗に管理していただいていました。ありがとうございました。
2019年04月29日 15:42撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持経の宿では天ぷら、ミカンを御馳走になりました。また、綺麗に管理していただいていました。ありがとうございました。
無人の管理ですが、綺麗です。2階の床は隙間があります。水やごみを落とさないように注意しました。
2019年05月01日 05:15撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無人の管理ですが、綺麗です。2階の床は隙間があります。水やごみを落とさないように注意しました。
楊枝の宿の主かな
2019年05月01日 05:20撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楊枝の宿の主かな
倒木が道を塞いでいて迂回が必要。
2019年05月01日 17:29撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が道を塞いでいて迂回が必要。
昨年には無かった倒木。昨年の台風によるもの?
2019年05月01日 17:36撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年には無かった倒木。昨年の台風によるもの?
素敵なオジサマがいらっしゃいました。
2019年05月02日 14:50撮影 by arrowsM04-PREMIUM, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なオジサマがいらっしゃいました。

感想/記録

 大峯奥駈道は一昨年に逆峰で4泊5日で計画してくれたhiro-sanについて行って初めて歩きました。1日多い5泊6日で熊野本宮に着き温泉に入り、その日の内に帰宅できました。昨年は4泊5日のリベンジで挑戦しました。hiro-sanは体調不良で前鬼で下山。その後一人で熊野本宮まで歩き、温泉に入り帰宅しました。予定のバスに乗り遅れたため帰宅出来たのは24時を回ってましたが、少しおまけの4泊5日で歩き通しました。
 一昨年、行仙の宿で一緒だった東京の方が百名山達成よりここが面白いから13回来ていると言っておられました。また、逆峰より順峰が面白いから11回は順峰しているとのことでした。そこで、今年は順峰に挑戦しました。計画すると6泊7日になりました。どこかで13時間歩かないと5泊6日にならないと思い歩きました。
 天王寺から特急くろしおで紀伊田辺まで行き、バスで熊野本宮まで来て、参拝の後の正午すぎスタートです。天気もよく気持ちよく歩き、目的の金剛多和まで歩きテント泊していると、同じ吉野を目指す方が隣にテントを張ってきました。話をすると翌日の泊は同じところを目指すことになり、それ以後同じ計画で歩きました。(お世話になりありがとうございました。)しかし、6日間でなんとか歩けないかと考えていたので、5日目12時間歩き6日間で歩いてきました。4日目、5日目は雨だったので、後半3日間は濡れた靴、靴下で歩いたので、足首よりしたが炎症をおこし、足裏が4日間しびれていました。今後の対策が必要と感じました。
 今年は10連休と言うことで、昨年とは比べようにないくらい人が多かったです。持経の宿では新宮山彦くらぶさんがボランティアで管理されているので、1畳に2人くらいの宿泊者でしたが、詰める様に支持され、20時頃に来られた方も宿泊できました。その宿泊者は誰も管理していない深仙の宿で一杯と言われ歩いてこられた方でした。この方はテントもコップも持ってなく、新宮山彦くらぶさんがいなかったらどうなっていたのでしょうと不安を感じた出来事でした。また、若い女性だけで大峰山を迂回しながら挑戦する登山者や外国人3人組などいろいろな方が挑戦されていました。
 大峯奥駈道は苔など自然が素晴らしく新緑もよく、この時期に歩くにはとてもいい山です。しかし、その大峯奥駈道は昨年と比べ倒木が多くなっており、昨年の台風の影響を感じました。南大峯奥駈道は新宮山彦くらぶさんが倒木の処理や道の整備をボランティアでしていただいているので歩きやすいのですが、北はそのような団体がないため倒木がそのままになっていました。迂回するのに苔の上を歩いたりして自然を壊しながら歩いていることに申し訳なく歩いてきました。なんとか整備する団体の必要性を感じるとともに、歩く我々も歩かせていただく費用を負担しないといけないと感じながら歩いていました。
 吉野では太鼓判花夢亭という田舎の縁側でビールを頂き、話をさせていただいていると、そこの主人は80歳くらいの方ですが、外国人に挨拶をされていました。聞くと挨拶は10か国語、英語はだいたいわかるようになったとの事。独学で勉強し話かけているうちに出来るようになったと言うことで、努力と姿勢に感銘を受けました。
訪問者数:446人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/5
投稿数: 27
2019/5/13 19:17
 お疲れ様
凄いなぁ!予定通りで、しかも雨の中をテン泊で歩きとうしたなんて、脱帽です。機会があれば、また、連れて行って下さい(^^)/

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 特急 倒木 テン 火器 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ