ヤマレコ

最終更新:2015-11-30 23:26 - pipiy
基本情報
バーナー、ストーブ、トーチ、燃焼式のランタンなど、火気を発する道具の総称。
狭義にはこれらのうち調理用の道具を指す。
火災警戒を強化している山域などでは『火器使用禁止』などの表示が見られる。

関連する写真リスト

火器はオプティマス123R
チタンのコッヘルと、バーナーヘッドはEPIのREVO-3700。ガスは110gOD缶にカセットボンベのブタンを詰めてあります(メーカー保証外につき自己責任です)。ガス缶が160gで合計427g。空の110gOD缶は85gなのでガスは75g入っていた計算です。 4食で火器を使って37gのガスを使ったので1食平均10gくらい。残りは38g。余裕を考えてもあと1泊は出来そうです。
今回の装備。二泊三日で水を入れないで10kg弱になりました。テントをモンベルのULシェルター1に、火器やコッヘルを軽量のものにしました。 駅で水を1リットル汲みました。
いつもの通り、マルタイ。 火器OKでした。
最近はコンロを公園内で使用していますが、延焼の危険がない場所でお願いします。寒くなると暖かいお昼が楽しみなのは理解できますので火器の管理をよろしくお願いします

「火器」 に関連する記録(最新3件)

六甲・摩耶・有馬
  76    31 
2017年07月30日(日帰り)
鳥海山
  85     179  8 
2017年07月27日(2日間)
ページの先頭へ