また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828658 全員に公開 山滑走剱・立山

扇沢〜(マヤクボ沢)〜針ノ木岳〜蓮華岳〜(蓮華大沢右俣BC)〜扇沢

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
 tachibana(記録)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
信濃大町駅から扇沢行きの始発バスに乗車(5時35分〜6時10分位着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間41分
休憩
1時間7分
合計
8時間48分
S扇沢駅06:5007:42大沢小屋10:00マヤクボ沢出会11:36針ノ木岳12:17針ノ木峠13:45蓮華岳14:1214:40大沢小屋15:2015:38扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログはかなり飛んでいます。

前半の槍穂高スキー滑走(上高地〜槍ヶ岳〜槍沢BC〜奥穂高岳〜涸沢BC~上高地)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1838349.html
コース状況/
危険箇所等
・スバリ岳方面から針ノ木岳山頂に向かう少し下箇所に雪壁あり(前爪のアイゼンとピッケルが必要)
・蓮華大沢右俣は雪が緩んで滑りやすいが、かなりのデブリ地帯

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 ガス大とコンロ

写真

槍穂高の山行を終え、上高地から扇沢に移動します
上高地から新島々駅にバスで移動後、電車に乗り換えます。
2019年05月02日 19:22撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高の山行を終え、上高地から扇沢に移動します
上高地から新島々駅にバスで移動後、電車に乗り換えます。
新島々駅から松本駅に移動。
食事や買い出しをして翌日の山行に備えます。
2019年05月02日 20:03撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新島々駅から松本駅に移動。
食事や買い出しをして翌日の山行に備えます。
松本駅から信濃大町駅まで19駅
2019年05月02日 21:39撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本駅から信濃大町駅まで19駅
始発の5時35分の扇沢行きのバスに乗る為、ここのベンチで夜を明かします。
トイレは駅の外にあり、ベンチの横に飲料水も提供されている。
直近の3日間で一番しっかり眠れました。
2019年05月02日 23:18撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発の5時35分の扇沢行きのバスに乗る為、ここのベンチで夜を明かします。
トイレは駅の外にあり、ベンチの横に飲料水も提供されている。
直近の3日間で一番しっかり眠れました。
6時過ぎに扇沢に到着。
待ち行列が凄い。折り返して、バスの後ろまで続いている。
間もなく始発の次の7時の便まで室堂行きバスの定員が埋まったとこと。
2019年05月03日 06:12撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時過ぎに扇沢に到着。
待ち行列が凄い。折り返して、バスの後ろまで続いている。
間もなく始発の次の7時の便まで室堂行きバスの定員が埋まったとこと。
ロッカーは埋まっていることを覚悟していましたが、結構、空いていました。
300円で大きいロッカーが使えます。
不要な物は置いていきます。
2019年05月03日 06:12撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッカーは埋まっていることを覚悟していましたが、結構、空いていました。
300円で大きいロッカーが使えます。
不要な物は置いていきます。
室堂に行くBC系の人達はヤマト運輸で道具を送るんだ。次からそうしよう。
2019年05月03日 06:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に行くBC系の人達はヤマト運輸で道具を送るんだ。次からそうしよう。
扇沢駐車場の横の目立たないゲート(登山口)から入ります。
山行届けを記載しました。
2019年05月03日 06:54撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駐車場の横の目立たないゲート(登山口)から入ります。
山行届けを記載しました。
1
チェーンスパイク到着。
ブーツを履くと、右足のサイドがあたるので、ツボ足で頑張ります。
営業は足が命
2019年05月03日 07:07撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイク到着。
ブーツを履くと、右足のサイドがあたるので、ツボ足で頑張ります。
営業は足が命
後ろは爺ヶ岳かな
2019年05月03日 08:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろは爺ヶ岳かな
左右からデブっています
2019年05月03日 08:38撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右からデブっています
デブリを避けつつ、最短を行きます
2019年05月03日 09:01撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリを避けつつ、最短を行きます
1
写真では伝わらないが、なかなかの急斜面
2019年05月03日 09:32撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では伝わらないが、なかなかの急斜面
シールでは登れない。
2019年05月03日 09:57撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールでは登れない。
1
一旦の急斜面を終えて、マヤクボカールに到着
2019年05月03日 10:00撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦の急斜面を終えて、マヤクボカールに到着
蓮華岳、あとで行きます
2019年05月03日 10:01撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳、あとで行きます
その前に針ノ木岳を目指します
2019年05月03日 10:03撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に針ノ木岳を目指します
マヤクボ沢を登ります。
見えているのは右のスバリ岳かな。
2019年05月03日 10:05撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢を登ります。
見えているのは右のスバリ岳かな。
さて、針ノ木岳を何処から登ろうか
2019年05月03日 10:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、針ノ木岳を何処から登ろうか
凄い急斜面、スバリ岳からの滑走は上級者のみ(山スキールート212のコメントによる)
う〜ん、自分はまだまだ無理だなぁ
2019年05月03日 10:29撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い急斜面、スバリ岳からの滑走は上級者のみ(山スキールート212のコメントによる)
う〜ん、自分はまだまだ無理だなぁ
1
雪が繋がっていたので最短を目指しますが、これが失敗。
もっと右側に在る針ノ木岳とスバリ岳のコルを目指すべきでした。
2019年05月03日 10:35撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が繋がっていたので最短を目指しますが、これが失敗。
もっと右側に在る針ノ木岳とスバリ岳のコルを目指すべきでした。
一部雪の下は氷で、無駄な集中力を使う
2019年05月03日 10:43撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部雪の下は氷で、無駄な集中力を使う
コルに詰めた方が早かったな
2019年05月03日 10:48撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに詰めた方が早かったな
針ノ木岳山頂方面
2019年05月03日 10:49撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳山頂方面
夏道が出ているので、このまま行けるのかと思っていたが、この先でアイゼンとピッケルを装着
2019年05月03日 11:00撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道が出ているので、このまま行けるのかと思っていたが、この先でアイゼンとピッケルを装着
カチカチの雪壁、針ノ木岳に向かう核心部
2019年05月03日 11:30撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カチカチの雪壁、針ノ木岳に向かう核心部
中央手前が爺ヶ岳、次いで左奥が鹿島槍ヶ岳かな
2019年05月03日 11:33撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央手前が爺ヶ岳、次いで左奥が鹿島槍ヶ岳かな
次に目指す蓮華岳、マヤクボカールに登るBC2名
2019年05月03日 11:34撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す蓮華岳、マヤクボカールに登るBC2名
1
針ノ木岳山頂
2019年05月03日 11:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳山頂
立山方面かな
2019年05月03日 11:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面かな
黒部ダムかな
2019年05月03日 11:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダムかな
スバリ岳から赤沢岳、鳴沢岳に続く稜線
2019年05月03日 11:38撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳から赤沢岳、鳴沢岳に続く稜線
針ノ木峠(針ノ木岳と蓮華岳のコル)を目指します。
目の前が雪壁です
2019年05月03日 11:42撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠(針ノ木岳と蓮華岳のコル)を目指します。
目の前が雪壁です
べしゃ雪だが、斜度70度以上の雪壁
2019年05月03日 11:46撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
べしゃ雪だが、斜度70度以上の雪壁
雪壁を降りた後、斜滑降で降りてきました
2019年05月03日 12:11撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁を降りた後、斜滑降で降りてきました
針ノ木小屋が見えます
2019年05月03日 12:11撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木小屋が見えます
小屋前の岩を右から巻きます
2019年05月03日 12:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の岩を右から巻きます
針ノ木峠から南斜面
2019年05月03日 12:16撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠から南斜面
小屋前にテント1張り
2019年05月03日 12:17撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前にテント1張り
振り返って、右(写真左)から巻いて良かった。
左は雪庇ありの急斜面
2019年05月03日 12:25撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、右(写真左)から巻いて良かった。
左は雪庇ありの急斜面
針ノ木峠を後にします
2019年05月03日 12:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠を後にします
天気が良くて、雪も緩んでいます
2019年05月03日 12:36撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くて、雪も緩んでいます
蓮華岳(実は偽ピーク)も夏道が所々出ています
2019年05月03日 12:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳(実は偽ピーク)も夏道が所々出ています
振り返って、マヤクボカールと針ノ木岳。
カールに登る人が点です
2019年05月03日 12:40撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、マヤクボカールと針ノ木岳。
カールに登る人が点です
1
偽ピーク登頂、先に蓮華岳が見えます。
2019年05月03日 13:20撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
偽ピーク登頂、先に蓮華岳が見えます。
左の斜面が蓮華大沢右俣
2019年05月03日 13:27撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の斜面が蓮華大沢右俣
振り返る。
蓮華大沢右俣を2名のBCが滑走していきました
2019年05月03日 13:39撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
蓮華大沢右俣を2名のBCが滑走していきました
蓮華岳に到着
2019年05月03日 13:45撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳に到着
北葛岳、七倉岳方面
2019年05月03日 13:45撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北葛岳、七倉岳方面
蓮華岳の道標
2019年05月03日 13:45撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳の道標
大町方面かな
2019年05月03日 13:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大町方面かな
爺ヶ岳、鹿島槍の稜線
2019年05月03日 13:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳、鹿島槍の稜線
蓮華岳から針ノ木岳を振り返る
2019年05月03日 13:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳から針ノ木岳を振り返る
さぁ、行きますか。
品行方正な自分が遭難なんてしないよね、と神頼みしておきました
2019年05月03日 13:55撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、行きますか。
品行方正な自分が遭難なんてしないよね、と神頼みしておきました
1
先のBC2名の跡を追って、傾斜の緩い部分を選びます。
とは言え、上部は40度程ありそう
2019年05月03日 14:13撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先のBC2名の跡を追って、傾斜の緩い部分を選びます。
とは言え、上部は40度程ありそう
1
ドロップイン
2019年05月03日 14:14撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロップイン
1
少し傾斜が落ち着きました
2019年05月03日 14:19撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し傾斜が落ち着きました
デブリの障害物走が始まります
2019年05月03日 14:29撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの障害物走が始まります
ここからは、かっ飛んで行けました
2019年05月03日 14:37撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、かっ飛んで行けました
1
滑りやすいトレースがしっかりと出来ています
2019年05月03日 14:47撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすいトレースがしっかりと出来ています
行き過ぎた、対岸に渡る為に無駄なアルバイトを強いられる
2019年05月03日 14:59撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き過ぎた、対岸に渡る為に無駄なアルバイトを強いられる
1
快適なゲレンデの初級林道コースの様な道路を滑るが
2019年05月03日 15:26撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なゲレンデの初級林道コースの様な道路を滑るが
1
関電の私有地?に出てしまい、ゲートを出る際に門番に怒られる。(登山道で戻るべし)

2019年05月03日 15:29撮影 by RICOH WG-50, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関電の私有地?に出てしまい、ゲートを出る際に門番に怒られる。(登山道で戻るべし)

1
撮影機材:

感想/記録

終日天気も良く、雪も緩んでいて快適なピークハントおよび山スキーが楽しめました。
針ノ木岳を目指すのであれば、スバリ岳方面はなく、針ノ木峠方面からの方が安全です。



訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ