また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1830255 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木岳

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
54分
合計
8時間23分
Sスタート地点06:4011:19針ノ木小屋11:4613:42針ノ木岳14:0915:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2時の時点で無料駐車場は、ほぼ満車でした。
4時30分に目覚ましをセットしたが、起きたら周りが明るい。なんと6時になっていた…。急ぎ用意を済ませて行動開始。ゲート脇の登山道入口からシール登行出来る。
左岸を1540m地点まで進み沢を渡り、右岸のトレースに乗りあげ大沢小屋付近まで延々と高巻き気味に堰堤をかわして行く。エッジをしっかりと立てないと谷足側がズリ落ちる。

大沢小屋付近からは左右のデブリをかわして針ノ木雪渓を詰めて行く。風も日陰も無く暑い。暫くは半袖で行動する。途中に一部急登がありデブリが邪魔だ。
マヤクボ出合から進路を正面に針ノ木峠を目指す。シールのまま稜線まで乗り上げようと思ったが、途中からクトーを装着する。

稜線に到着し暫く休憩後、アイゼン&シートラに換装し山頂をめざし尾根歩き。出だしの岩稜帯を登り上げたら快適な稜線歩きとなる。ポコが出てきたら右側から巻いて行くが、右下は結構な急斜面で滑落したら大変だ。アイゼンの爪をしっかり蹴り込み進んでいく。ポコの巻きが終わってもトラバースは続く。精神的に疲れる。
マヤクボ沢上部のコルに到着したら正面に急斜面の登りだ。スキーをデポして行こうかとも思ったが山頂まで担ぎ上げる事に。
この急登は行動中一番の急斜面だと思う。わずか30m程度だが垂直にしか見えない。一気に登りあげ安全地帯でひっくり返って息を整え山頂へ。

針ノ木岳登頂。
山頂からは360°の絶景だ。遠く頸城山塊や乗鞍岳まで見える。一通り景色を堪能したら、山頂からスキー滑走。先ずは来たルートをマヤクボ沢上部のコルまで戻る。そこから本格滑走だ。フィルムクラストの斜面を一気に落す。この瞬間の快適の為に登り上げてきた。2530mの台地付近は中央部では雪切れる。上部から繋げて滑走する場合は左右どちらかに寄って下部に落した方がいい。
自分は雪切れの下部に面ツルバーンがあるのを見つけていたので、一度スキーを外し少しだけ歩く。やはりそこには滑走痕のないスベスベ斜面があった。距離は短いが美味しくいただいた。

マヤクボ沢下部からはデブリが現れる為、スキーをコントロールして針ノ木雪渓も落として行く。途中で右からアンモナイトが転がってきて、危うく衝突するところだった。左右の斜面にも注意が必要だ。

大沢小屋付近からは右岸のトレースに沿って戻る。これが太腿にジワジワときいてくる。最後は沢筋を高度を下げ過ぎないように総合案内センター裏手の橋まで疎林を滑ってゴール。
初の針ノ木岳は楽しかった。自宅からは乗鞍岳に行くよりも近く、来シーズンからは何度か来よう。パウダーの時期も滑ってみたいが、あのデブリを見ると安定してからでないと入山は出来ないかな。
コース状況/
危険箇所等
登山口から山頂まで雪は繋がっている。
【登行】
針ノ木峠下2350m付近から針ノ木峠までクトー装着。
※マヤクボ出合からクトー装着の方がストレスなく登れる。
針ノ木岳山頂までシートラ&アイゼン。
※峠から山頂までマヤクボ沢上部のトラバースは斜度もあり滑落注意。
【滑走】
マヤクボ沢カール下部2530mの台地で一部雪切れあり。沢状地形に入る手前の左右は下部まで雪が繋がってる。
針ノ木雪渓から大沢小屋付近はデブリだらけ。
大沢小屋付近から登山口までは延々とトラバース滑走です。

写真

おはようございます。
登山道入り口から左岸を登行します。
2019年05月04日 06:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
登山道入り口から左岸を登行します。
針ノ木雪渓下部 既に暑いので半袖に。
2019年05月04日 08:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓下部 既に暑いので半袖に。
1
快調にハイクアップ。振り返ると爺ヶ岳?
2019年05月04日 08:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快調にハイクアップ。振り返ると爺ヶ岳?
1
デブリだらけ。
2019年05月04日 08:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリだらけ。
マヤクボ出合手前で少し急登になり難儀する。
2019年05月04日 09:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ出合手前で少し急登になり難儀する。
マヤクボ沢方面から針ノ木岳山頂。
2019年05月04日 09:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢方面から針ノ木岳山頂。
1
針ノ木峠方面から山頂を目指します。
2019年05月04日 09:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠方面から山頂を目指します。
1
シールのみで稜線を目指したが、途中でクトー装着。
2019年05月04日 10:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールのみで稜線を目指したが、途中でクトー装着。
稜線直下の雪庇。
2019年05月04日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下の雪庇。
手前左から赤沢岳、鳴沢岳、爺ヶ岳。
後方左から白馬岳、杓子岳、白馬鑓、鹿島槍ヶ岳。
あってるかな?
2019年05月04日 11:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前左から赤沢岳、鳴沢岳、爺ヶ岳。
後方左から白馬岳、杓子岳、白馬鑓、鹿島槍ヶ岳。
あってるかな?
針ノ木峠到着。針ノ木小屋は休業中。
左足の靴擦れをテーピングで処置。
2019年05月04日 11:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠到着。針ノ木小屋は休業中。
左足の靴擦れをテーピングで処置。
山頂までアイゼン&シートラ。
先ずは正面の岩稜帯を登りあげる。
2019年05月04日 11:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までアイゼン&シートラ。
先ずは正面の岩稜帯を登りあげる。
快適な稜線歩き。
2019年05月04日 12:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な稜線歩き。
正面のポコは巻いていく。
急斜面トラバースなので慎重に行こう。
2019年05月04日 12:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面のポコは巻いていく。
急斜面トラバースなので慎重に行こう。
雪が緩み過ぎていて足元が少し不安。爪を確実に蹴り込む。
振り返って一安心。
2019年05月04日 12:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が緩み過ぎていて足元が少し不安。爪を確実に蹴り込む。
振り返って一安心。
1
まだトラバースです。
先程に比べたら余裕ですが油断は禁物。
2019年05月04日 12:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだトラバースです。
先程に比べたら余裕ですが油断は禁物。
山頂手前の急登 写真で見るより壁です。
2019年05月04日 13:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の急登 写真で見るより壁です。
1
登った。
風が強かったらシートラで登るのは、煽られて辛いかもしれない。
2019年05月04日 13:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った。
風が強かったらシートラで登るのは、煽られて辛いかもしれない。
1
山頂ゲット。
2019年05月04日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ゲット。
1
高瀬ダム湖の奥に槍穂、大天井岳。
2019年05月04日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダム湖の奥に槍穂、大天井岳。
1
薬師岳、野口五郎岳、水晶岳・・・豪華。
2019年05月04日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳、野口五郎岳、水晶岳・・・豪華。
白馬、小谷方面の北ア。
2019年05月04日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬、小谷方面の北ア。
爺が岳。薄っすら頸城山塊も見える。
2019年05月04日 13:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺が岳。薄っすら頸城山塊も見える。
黒部湖、雄山、大汝山。
2019年05月04日 13:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖、雄山、大汝山。
1
いい天気だ。
2019年05月04日 14:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気だ。
山頂から2750mまでまったりと滑ります。
2019年05月04日 14:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から2750mまでまったりと滑ります。
ドロップポイント。
2019年05月04日 14:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロップポイント。
気持ち良すぎ・・・一気に落した。
2019年05月04日 14:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良すぎ・・・一気に落した。
2
上方から見えていた面ツルバーンを頂く。
2019年05月04日 14:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上方から見えていた面ツルバーンを頂く。
フィルムクラストでスキーが良く走る。
2019年05月04日 14:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フィルムクラストでスキーが良く走る。
中央に単独シュプール残せた。
2019年05月04日 14:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に単独シュプール残せた。
まだまだ快適。
2019年05月04日 14:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ快適。
ここまで快適に落してきた。
2019年05月04日 14:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで快適に落してきた。
デブリを避けながら。
2019年05月04日 14:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリを避けながら。
下部のトラバースラインが延々続く…きつい。
2019年05月04日 14:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部のトラバースラインが延々続く…きつい。
最後は樹林帯を縫って。高度下げ過ぎないように。
2019年05月04日 14:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は樹林帯を縫って。高度下げ過ぎないように。
お疲れ様でした。
2019年05月04日 15:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
撮影機材:
訪問者数:366人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ