また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833741 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

山伏〜大谷嶺〜八鉱嶺(赤水BS〜梅ヶ島温泉BS)

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:静岡駅 〜バス 赤水(¥1,500)
復路:梅ヶ島温泉 〜 バス 静岡駅(¥1,600)
※往路は、小田原駅〜静岡駅まで新幹線利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
30分
合計
6時間22分
S赤水バス停08:3909:12山伏登山者用駐車場09:17山伏 登山口09:34大岩/ワサビ小屋09:3510:12蓬峠10:59西日影沢分岐11:05山伏11:0811:44大平沢ノ頭11:4511:54新窪乗越11:5512:19大谷嶺12:3712:48アザミ次郎の頭12:58五色の頭13:30八紘嶺13:3413:43八紘沢の頭14:04富士見台14:17八紘嶺登山道入口14:1814:34八紘嶺安倍峠登山口14:3515:01梅ヶ島温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※山伏
 登山口から蓬峠あたりまで道が付け替えられている箇所が多くルートが錯綜気味のところもありますが、道標等を注視すれば問題かと思います。私は1箇所ロープ見落として間違えました。

※山伏〜大谷嶺
 特に問題ありませんでした。
 山伏頂からの下り部分に残雪ありましたがアイゼン付けるほどではありませんでした。

※大谷嶺〜八鉱嶺
 倒木箇所がいくつかありましたが、跨ぐ、くぐるでほとんどすみました。迂回が必要な個所もありましたが、少しの迂回で済みました。

装備

個人装備 ザック:mountain dax freedom 30 靴:C1-02

写真

今日はここからスタート
ここから赤線延ばします
2019年05月05日 08:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここからスタート
ここから赤線延ばします
ここを左折
2019年05月05日 08:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左折
今日はじめに目指す山伏が見えてきました
2019年05月05日 08:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はじめに目指す山伏が見えてきました
2
大谷川渡ります
2019年05月05日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷川渡ります
この分岐は左へ
2019年05月05日 09:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は左へ
道標あり
2019年05月05日 09:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標あり
麓の新緑もすばらしかったです
2019年05月05日 09:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の新緑もすばらしかったです
山伏堂々
2019年05月05日 09:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏堂々
1
登山口駐車場通過
2019年05月05日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口駐車場通過
水の勢いがありどうやって通過しようと思いましたが、板が渡されてました(写真中央右)
2019年05月05日 09:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の勢いがありどうやって通過しようと思いましたが、板が渡されてました(写真中央右)
苔むした沢沿い行きます
2019年05月05日 09:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした沢沿い行きます
モノレールとほんの少し並走
2019年05月05日 09:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールとほんの少し並走
何回が渡渉
2019年05月05日 09:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回が渡渉
1
最初の水場
勢いよく水出てました
2019年05月05日 09:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の水場
勢いよく水出てました
ここのにはロープ渡されてました
2019年05月05日 09:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのにはロープ渡されてました
ところどころにこの道標
2019年05月05日 09:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころにこの道標
植林帯通過
2019年05月05日 09:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯通過
また渡渉
ここは飛び石伝い
2019年05月05日 09:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また渡渉
ここは飛び石伝い
大岩通過
2019年05月05日 09:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩通過
1
また渡渉
写真左下の丸太で渡りました
2019年05月05日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また渡渉
写真左下の丸太で渡りました
二つ目の水場
ここも豊富に出てました
コップ一杯いただきました
冷たくて美味
2019年05月05日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の水場
ここも豊富に出てました
コップ一杯いただきました
冷たくて美味
1
う回路通過
2019年05月05日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う回路通過
この小屋通過後道間違えました
2019年05月05日 09:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小屋通過後道間違えました
ルート復帰
2019年05月05日 10:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート復帰
ザレ場通過
ここはロープ渡されてました
2019年05月05日 10:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場通過
ここはロープ渡されてました
樹間から今日最後に目指す八鉱嶺方面
2019年05月05日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から今日最後に目指す八鉱嶺方面
蓬峠からはしばらく登りやすいジグザグ道でした
2019年05月05日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬峠からはしばらく登りやすいジグザグ道でした
出発した登山口駐車場辺りが眼下に見えました
2019年05月05日 10:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発した登山口駐車場辺りが眼下に見えました
笹帯に変化してきました
2019年05月05日 10:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹帯に変化してきました
ベンチ通過
2019年05月05日 10:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチ通過
十枚山方面
2019年05月05日 10:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十枚山方面
残雪
ルート上にはほとんどなし
2019年05月05日 10:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪
ルート上にはほとんどなし
西日影沢分岐
2019年05月05日 10:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日影沢分岐
頂上直前
良い感じ
2019年05月05日 11:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直前
良い感じ
富士山
頂のみ見せてもらいました
2019年05月05日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
頂のみ見せてもらいました
山伏頂俯瞰
2019年05月05日 11:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏頂俯瞰
南ア展望
2019年05月05日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア展望
布引、笊
2019年05月05日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引、笊
2
とても広々とした頂でした
2019年05月05日 11:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても広々とした頂でした
さあ次は大谷嶺目指します
2019年05月05日 11:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ次は大谷嶺目指します
ルート上に残雪あり
2019年05月05日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート上に残雪あり
この辺でルート上残雪消失しました
2019年05月05日 11:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でルート上残雪消失しました
良い感じです
2019年05月05日 11:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じです
蓬沢の頭通過
2019年05月05日 11:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬沢の頭通過
蓬沢の頭俯瞰
2019年05月05日 11:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬沢の頭俯瞰
ワイヤーが数本渡されてる箇所を通過
この辺少し残雪あり
2019年05月05日 11:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤーが数本渡されてる箇所を通過
この辺少し残雪あり
ここ倒木で迂回
2019年05月05日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ倒木で迂回
樹間から大谷嶺
2019年05月05日 11:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から大谷嶺
新窪乗越俯瞰
2019年05月05日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新窪乗越俯瞰
扇の要への下山方向
向こうは十枚山方面
2019年05月05日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇の要への下山方向
向こうは十枚山方面
大谷崩れ上部を通過
2019年05月05日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷崩れ上部を通過
なかなかの迫力
吸い込まれそう
2019年05月05日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの迫力
吸い込まれそう
頂が近づく
2019年05月05日 12:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂が近づく
1
林道への下山道分岐
2019年05月05日 12:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道への下山道分岐
頂へ最後の登りに入りました
2019年05月05日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂へ最後の登りに入りました
途中で大谷崩れ俯瞰
後ろは先ほど訪れた山伏
2019年05月05日 12:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で大谷崩れ俯瞰
後ろは先ほど訪れた山伏
1
なかなかの登りでした
2019年05月05日 12:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの登りでした
大谷嶺頂俯瞰
2019年05月05日 12:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷嶺頂俯瞰
大谷嶺頂からも南アの大展望
2019年05月05日 12:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷嶺頂からも南アの大展望
1
北岳と間ノ岳も見えました
2019年05月05日 12:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳と間ノ岳も見えました
頂で昼食摂りました
2019年05月05日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂で昼食摂りました
頂の崩れ側先端から山伏
2019年05月05日 12:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂の崩れ側先端から山伏
こちらは十枚山方面
2019年05月05日 12:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは十枚山方面
さあ次は五色の頭から八鉱嶺目指します
2019年05月05日 12:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ次は五色の頭から八鉱嶺目指します
こちらも良い感じの道でした
2019年05月05日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも良い感じの道でした
何て書いていあるのか読めません
2019年05月05日 12:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何て書いていあるのか読めません
樹間から次に向かう八鉱嶺の頂の上に秀麗
2019年05月05日 12:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から次に向かう八鉱嶺の頂の上に秀麗
異空間にいるようなルートが続きます
2019年05月05日 12:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
異空間にいるようなルートが続きます
八鉱嶺が近づきます
2019年05月05日 12:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八鉱嶺が近づきます
倒木のオブジェ
2019年05月05日 12:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木のオブジェ
五色の頭俯瞰
2019年05月05日 13:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色の頭俯瞰
八鉱嶺へ向けて何回か下降しました
2019年05月05日 13:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八鉱嶺へ向けて何回か下降しました
この辺も私好みの良い感じの道
2019年05月05日 13:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺も私好みの良い感じの道
振り返って大谷嶺
2019年05月05日 13:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大谷嶺
こちらは丁度一か月前に歩いた八鉱嶺から七面山への稜線
2019年05月05日 13:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは丁度一か月前に歩いた八鉱嶺から七面山への稜線
希望峰と後ろに七面山
2019年05月05日 13:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
希望峰と後ろに七面山
再び北岳と間ノ岳
2019年05月05日 13:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び北岳と間ノ岳
最後の下りかな
2019年05月05日 13:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の下りかな
キレット付近の巻道
ここも4月末(1週間前)は凍結していたようですが今日は全く問題ありませんでした。
2019年05月05日 13:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット付近の巻道
ここも4月末(1週間前)は凍結していたようですが今日は全く問題ありませんでした。
八鉱嶺頂が近づく
2019年05月05日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八鉱嶺頂が近づく
最後の登り
2019年05月05日 13:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
振り返って大谷嶺
2019年05月05日 13:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大谷嶺
1
安倍奥最深部から峪俯瞰
2019年05月05日 13:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍奥最深部から峪俯瞰
こちらは十枚山方面
2019年05月05日 13:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは十枚山方面
登って来ました
振り返って
2019年05月05日 13:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来ました
振り返って
八鉱嶺頂
残雪は消失してました
2019年05月05日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八鉱嶺頂
残雪は消失してました
ここで1か月前の赤線とつながりループを形成できました
2019年05月05日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで1か月前の赤線とつながりループを形成できました
2
今日は頂でいただきました
2019年05月05日 13:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は頂でいただきました
さあ富士見台へ下山です
2019年05月05日 13:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ富士見台へ下山です
安倍奥の峪をもう一度俯瞰
2019年05月05日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍奥の峪をもう一度俯瞰
富士見台に向けて
この辺も本当に私好みの素晴らしい道でした
2019年05月05日 13:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台に向けて
この辺も本当に私好みの素晴らしい道でした
大谷嶺と後ろに山伏
2019年05月05日 13:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷嶺と後ろに山伏
1
下降してきました
振り返って八鉱嶺頂
2019年05月05日 13:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降してきました
振り返って八鉱嶺頂
こちらは樹間から七面山方面
2019年05月05日 13:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは樹間から七面山方面
富士見台から秀麗
2019年05月05日 14:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から秀麗
こちらは七面山方面
2019年05月05日 14:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは七面山方面
富士見台俯瞰
2019年05月05日 14:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台俯瞰
1
富士山(右上)と毛無山の稜線
2019年05月05日 14:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山(右上)と毛無山の稜線
立派なブナ林
2019年05月05日 14:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なブナ林
安倍峠分岐通過
2019年05月05日 14:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍峠分岐通過
この辺から見えだしました
2019年05月05日 14:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から見えだしました
登山口(上部)通過
2019年05月05日 14:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(上部)通過
この辺群落で見えました
2019年05月05日 14:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺群落で見えました
登山口(下部)
2019年05月05日 14:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(下部)
今日も無事下山出来ました
2019年05月05日 14:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事下山出来ました
梅ヶ島温泉街
2019年05月05日 14:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ヶ島温泉街
今日のゴール
2019年05月05日 14:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のゴール
1
本日の温泉
バス待ち時間でなんとかぎりぎりセーフ
2019年05月05日 14:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の温泉
バス待ち時間でなんとかぎりぎりセーフ
撮影機材:

感想/記録
by poohta

 今日は安倍奥に向かいました。GWの期間中の何時行くのか迷ってましたが、4月27日の雪の影響や残雪の状況も気がかりだったのでGW後半の好天が望める日ということで今日にしました。
 
 休日の静岡駅から梅ヶ島温泉へのバスは7:03発なので、これに乗車するために小田原駅で東海道線から新幹線に乗り換えました。しかし新幹線は本当に早いですね(当たり前ですが)! 20分強で静岡駅に着きました。因みに復路は在来線でしたが、同じ行程を2時間程度要しました。静岡駅から梅ヶ島温泉へは所要時間約1時間半と非常に長いのですが、安倍奥と言われる「奥」に入って行くぞ感があり、周囲の山々や麓の茶畑などを眺めていると飽きることはありませんでした(復路は半分以上寝てましたが・・・)。

 今日は半袖で臨みましたが、山伏頂までですっかり汗びっしょりになり、頂付近では風で身体が冷やされる状態でしたが、日光にも助けられてそのまま縦走を続けられました。

 今日の登りの道も山伏から八鉱嶺の縦走路もとても素晴らしく私好みの道でした。各頂から望む南アの眺望や大谷崩れの迫力も圧巻でした。何より安倍奥最深部から太平洋方面を望む峪の深さと陰影に感激・感動しました。今回で安倍奥の山梨百名山は全て訪れることが出来ました。次は十枚峠から南の青笹山、竜爪山の稜線を海岸まで繋げて行ければと考えております。

 麓から山々の中腹部にかけての新緑も本当に素晴らしく、最後には短時間でしたが温泉付きで、一人待つ梅ヶ島温泉バス停で今日の一日を邂逅しながら傾ける缶ビールは最高で至福の時間でした。いろなことに満喫・満足できた一日でした。

本日の温泉:梅ヶ島温泉 湯元屋 虹乃湯(¥700)

本日出合った人:
・大岩:追い抜いた人4名
・蓬峠〜西日影沢分岐
  すれ違った人:1名
  追い抜いた人:2名
  西日影沢分岐:4名
・西日影沢分岐〜山伏
  すれ違った人:2名
  山伏頂:11名
・山伏〜新窪乗越
  すれ違った人:3名
  休んでいた人:1名
・新窪乗越〜大谷嶺
  すれ違った人:4名
  休んでいた人:1名
  大谷嶺頂:2名
・八鉱嶺頂:5名
・八鉱嶺〜富士見台:すれ違った人4名
・富士見台〜登山口:追い抜いた人2名

GPS記録から
※時刻  経過時間 6:22:02 / 移動時間 5:32:28 / 停止時間 0:49:34
※スピード 平均 3.07km/h / 移動平均 3.53km/h
※標高 上り 2143m / 下り 1871m
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ