また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1851770 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

シャクナゲとイワカガミ 堂満岳−武奈ヶ岳−釈迦ガ岳

日程 2019年05月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
JR比良駅前で自家用車に拾ってもらってイン谷口駐車場へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
堂満岳東陵は山頂近くがザレの急傾斜で滑りやすく危険。
北比良峠とカラ岳の間に斜面崩壊のため道が極めて細くなっているところが2ヶ所ある。
大津ワンゲル道の上部は急傾斜で3点支持が必要な斜面が続くが、手がかり足がかりは多数ある。下部の倒木地帯は、処理されていてほぼ歩行に問題は無い。
そのほかに危険箇所はない。

写真

イン谷口駐車場
さすが平日です
2019年05月17日 07:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イン谷口駐車場
さすが平日です
橋を渡って少し下ります
2019年05月17日 07:46撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って少し下ります
ここから堂満岳へ登行開始
2019年05月17日 07:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから堂満岳へ登行開始
橋を渡ります
2019年05月17日 07:52撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ります
倒木が多いけれど処理されています
2019年05月17日 08:10撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が多いけれど処理されています
ノタリホリ 山の中腹にある池です
2019年05月17日 08:22撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタリホリ 山の中腹にある池です
1
イワカガミが登場
ピークは過ぎていますが、なんとか…
2019年05月17日 09:28撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが登場
ピークは過ぎていますが、なんとか…
スミレのなかま
2019年05月17日 10:16撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレのなかま
琵琶湖が見えました
少し靄っています
2019年05月17日 10:22撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が見えました
少し靄っています
シャクナゲは終わりかけですが
なんとか間に合いました
2019年05月17日 10:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲは終わりかけですが
なんとか間に合いました
3
オオイワカガミ
2019年05月17日 11:13撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオイワカガミ
オオイワカガミ
2019年05月17日 11:25撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオイワカガミ
2
ムラサキヤシオ
2019年05月17日 11:41撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ
1
ムラサキヤシオ
2019年05月17日 11:41撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ
1
オオバクロモジ
2019年05月17日 11:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバクロモジ
1
このあたりは杉の巨木が目立ちます
2019年05月17日 12:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは杉の巨木が目立ちます
ブナの巨木も登場
2019年05月17日 12:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木も登場
いい感じの森の中を登っていきます
2019年05月17日 12:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの森の中を登っていきます
ブナの新緑がきれいです
2019年05月17日 12:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの新緑がきれいです
倒木もあります
2018年21号台風 恐るべし!
2019年05月17日 12:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もあります
2018年21号台風 恐るべし!
コヤマノ岳 山頂
近くにもっと高い場所がありますが、山頂標識はここしか見つけられませんでした
2019年05月17日 13:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳 山頂
近くにもっと高い場所がありますが、山頂標識はここしか見つけられませんでした
1
オオカメノキ
2019年05月17日 13:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
1
朝は靄っていましたが、昼を過ぎるとスッキリしてきました
2019年05月17日 13:06撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は靄っていましたが、昼を過ぎるとスッキリしてきました
オオカメノキ
2019年05月17日 13:07撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
3
武奈ヶ岳山頂が見えました
右側の棒が立っているところです
2019年05月17日 13:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳山頂が見えました
右側の棒が立っているところです
坊村からの道と合流
2019年05月17日 13:28撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊村からの道と合流
山頂まであと少し
2019年05月17日 13:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し
武奈ヶ岳 山頂
2019年05月17日 13:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳 山頂
ヤクモ池のヤモリ
2019年05月17日 14:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤクモ池のヤモリ
1
シャカ岳山頂
2019年05月17日 15:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャカ岳山頂
大人のアスレチックコース
大津ワンゲル道を下ります
2019年05月17日 16:04撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大人のアスレチックコース
大津ワンゲル道を下ります
なかなかの急斜面を下ります
手がかり足がかりはたくさんあります
2019年05月17日 16:21撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの急斜面を下ります
手がかり足がかりはたくさんあります
大津ワンゲル道は序盤に一気に下ります
2019年05月17日 16:22撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津ワンゲル道は序盤に一気に下ります
1

感想/記録
by omurat

シャクナゲとイワカガミはどちらも終わりかけですが、なんとか間に合いました。
青空と涼しい風、きれいな花たちに癒された一日になりました。

堂満岳への登りは、途中に池があったり、ゆるゆると続きます。最後の登りはザレの急登で滑りやすいので注意です。(下りは要注意ですね)頂上近くのシャクナゲはほぼ終了。花はほとんど落ちていました。山頂の北西にきれいなシャクナゲが残っていて、たくさん撮影 (^_^)v 下りもシャクナゲは続きます。日当たりの良いところは終わっていて、日陰のが今咲いている感じでした。尾根道で金糞峠まで行くつもりが、気がついたら巻き道に下りていました。これは失敗!

ヨキトウゲ谷は「芦生杉」の巨木が多数。素晴らしい!
途中からコヤマノ岳南尾根に取り付きました。登るにつれて杉の巨木から、ブナの巨木が登場。上部は新緑の爽やかなブナ林になります。さらに倒木地帯を過ぎて、山頂へ。コヤマノ岳山頂ははっきりしません。山頂標識の近くにもっと高い場所があるし、そこには何の標識もありませんでした。

少し下ってから、武奈ヶ岳への登りです。木のない山頂が時々見えつつ、次第に傾斜を強めて、登り切ったら坊村からの登山道と合流。あと100m弱で武奈ヶ岳山頂です。山頂は晴天の360°の展望\(^_^)/

時間も押しているので、下山開始。八雲ヶ原から釈迦岳へ。途中、シャクナゲを求めて、GPSログはウロウロしています。道の端が崩壊しているヶ所を越えて、カラ岳、釈迦岳到着。

下山は大津ワンゲル道。上部はかなりの急下降が続きます。手がかり、足がかりはたくさんあるので、慎重に3点支持を守れば問題ありません。ここの上部のオオイワカガミは想像を絶する面積・密度で群落を作っていました。あのオオイワカガミのピークを一度は見てみたいものです。しかし、けっこう危険な場所にも咲いているので、撮影はかなり危険ですね。次第に傾斜が緩くなり、ふつうの登山道になりますが、時々緊張する場所が登場します。下部に倒木地帯がありますが、処理されていて、ほぼ問題ありません。

シャクナゲはほとんどがピークを過ぎていましたが、堂満岳山頂近くなど一部にきれいなものが残っていました。イワカガミ(オオイワカガミ)もほぼ同様でした。

2018年の台風21号の暴風はものすごく、この山の被害も強烈だったようです。数十年に一度の強風をもたらしたこの台風は、室戸台風、第2室戸台風とほぼ同じコースを辿ったので、第3室戸台風と呼ぶとわかりやすいのですが、室戸岬付近に上陸しなかったので、そう呼べないのでしょう。

訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ