また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867864 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳〜高校生たちに力をもらって新緑の尾根歩き

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・朝明渓谷駐車場(トイレあり、駐車料金500円)
・水無公衆トイレの駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
39分
合計
5時間35分
S水無06:1406:18松尾尾根登山口06:1907:06松尾尾根07:0707:46松尾尾根の頭07:4808:05釈迦の白毫08:20大蔭08:23釈迦ヶ岳08:3108:34大蔭08:53猫岳08:5609:28白滝谷分岐09:3309:39羽鳥峰09:41ハト峰峠09:4310:07金山10:2110:33中峠11:00根の平峠11:0311:05旧千種街道・伊勢谷登山道(ブナ清水)分岐11:39千種街道分岐11:49朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
踏み跡明瞭、テープや案内板も多く、道迷いの心配はないと思います。
危険箇所も特になし。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 携帯 タオル ツェルト ストック カメラ ガスストーブ ガスカートリッジ クッカー 長袖シャツ

写真

松尾尾根の登り口。
2019年05月26日 06:17撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾尾根の登り口。
1
歩きやすい尾根道が続く。
2019年05月26日 06:28撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい尾根道が続く。
1
新緑が気持ちいい。
2019年05月26日 06:53撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が気持ちいい。
1
尾高山からのルートに合流。いいペースで歩けてる。
2019年05月26日 07:46撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾高山からのルートに合流。いいペースで歩けてる。
1
急登から解放されてほっと一息。
2019年05月26日 07:48撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から解放されてほっと一息。
1
山ツツジの蕾?
2019年05月26日 07:49撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ツツジの蕾?
2
暑いけど晴れてる方がいいね。
2019年05月26日 07:53撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いけど晴れてる方がいいね。
3
左端に御在所岳、真ん中は雨乞岳とイブネの台地、右端に銚子ヶ口
2019年05月26日 07:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端に御在所岳、真ん中は雨乞岳とイブネの台地、右端に銚子ヶ口
3
イワカガミ、たくさん咲いていました。
2019年05月26日 07:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ、たくさん咲いていました。
4
釈迦の白毫。ここからはいつものルート。
2019年05月26日 08:04撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦の白毫。ここからはいつものルート。
1
釈迦ヶ岳最高点直下の急登。
2019年05月26日 08:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳最高点直下の急登。
3
白い可憐な花。名前が分からない。
2019年05月26日 08:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い可憐な花。名前が分からない。
2
こちらも。
2019年05月26日 08:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも。
1
釈迦ヶ岳最高点到着。
2019年05月26日 08:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳最高点到着。
3
三角点のある山頂。
2019年05月26日 08:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある山頂。
4
一番手前が三池岳。真ん中は竜ヶ岳と静ヶ岳。奥に藤原岳と御池岳が見えてる。
2019年05月26日 08:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番手前が三池岳。真ん中は竜ヶ岳と静ヶ岳。奥に藤原岳と御池岳が見えてる。
3
シロヤシオ。今年は裏年だそうで、花はほんと少なかった。
2019年05月26日 08:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。今年は裏年だそうで、花はほんと少なかった。
2
ハト峰に向かいます。
2019年05月26日 08:33撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハト峰に向かいます。
1
シロヤシオと猫岳
2019年05月26日 08:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオと猫岳
2
木陰がないと暑くてたまりません。
2019年05月26日 08:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木陰がないと暑くてたまりません。
2
釈迦ヶ岳を見上げる。中央のキレット状のところは大蔭のガレ。
2019年05月26日 08:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳を見上げる。中央のキレット状のところは大蔭のガレ。
歩きやすいんだけど、暑い💦
2019年05月26日 09:00撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいんだけど、暑い💦
4
左イブネの台地から銚子ヶ口へと続く稜線。今年はつないでみたい。
2019年05月26日 09:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左イブネの台地から銚子ヶ口へと続く稜線。今年はつないでみたい。
2
釈迦ヶ岳からハト峰峠まで、アップダウンを繰り返しながら緩やかに下っていく。
2019年05月26日 09:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳からハト峰峠まで、アップダウンを繰り返しながら緩やかに下っていく。
1
白滝谷への分岐。いつかこちらも歩いてみたい。
2019年05月26日 09:30撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝谷への分岐。いつかこちらも歩いてみたい。
1
ハト峰峠から金山へと続く道の途中に大きなハートマーク。
2019年05月26日 09:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハト峰峠から金山へと続く道の途中に大きなハートマーク。
ハト峰峠
2019年05月26日 09:41撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハト峰峠
2
次の目標は金山。振り返ると羽鳥峰があんなに低く見える。
2019年05月26日 09:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の目標は金山。振り返ると羽鳥峰があんなに低く見える。
金山到着!
2019年05月26日 10:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山到着!
3
北側に展望が開けています。
2019年05月26日 10:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側に展望が開けています。
心地よい風に吹かれてしばし休憩。想像以上に気持ちの良い山頂でした。
2019年05月26日 10:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地よい風に吹かれてしばし休憩。想像以上に気持ちの良い山頂でした。
ルートの向こうにハライドとブナ清水。
2019年05月26日 10:22撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートの向こうにハライドとブナ清水。
1
朝明渓谷。
2019年05月26日 10:31撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝明渓谷。
1
水晶岳はこの分岐からすぐのところ。今日はパス。
2019年05月26日 10:49撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳はこの分岐からすぐのところ。今日はパス。
1
根の平峠。もう登らなくていいんだ。
2019年05月26日 11:02撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠。もう登らなくていいんだ。
お疲れ様でした。
2019年05月26日 11:48撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。

感想/記録
by yasua

 雪のあるうちに登ろうと思っていたのに、タイミングを外してしまい、今年になって初めての釈迦ヶ岳。まだ歩いてない松尾尾根と金山をからめて登ってきました。
松尾尾根の登山口近くに高校生が集まってたので、朝明渓谷駐車場の管理人さんに尋ねると、インターハイの練習ではないか、とのこと。
 先行する高校生たちに会うことはないと思っていたのに、季節外れの暑さの上に皆大型のザックを背負っていて、中年ハイカーが追い越してしまいました。高校生たちに刺激されて、前半かなりいいペースで登れたような気がします。
 9時を過ぎたあたりからかなり暑くなってきて、細かいアップダウンが体に応えるようになってきたけど、鮮やかな新緑に囲まれて、ときおり谷筋から上がってくる風が爽やか。天気も良くてピークからの展望も楽しめたし、中峠から下ろうかとも思ったけど、もう少し稜線歩きを楽しみたくて根の平峠まで足を伸ばしました。
 でも、今日暑い中頑張れたのは、なんと言っても高校生たちのおかげですね。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ