また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867970 全員に公開 トレイルラン霊仙・伊吹・藤原

鈴鹿セブンマウンテン

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴の灼熱地獄 (麓でも35度近く)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
近鉄富田駅近くのコインパーキングに駐車
三岐線で西藤原駅へ
帰りは、鈴鹿市のコミュニティバスでJR加佐登駅に行き、JR富田駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間45分
休憩
1時間45分
合計
15時間30分
S藤原岳大貝戸休憩所23:1500:45藤原岳01:25迷い尾根03:00竜ヶ岳03:30石博峠03:4505:35釈迦ヶ岳05:4507:15根の平峠08:35杉峠08:4509:05雨乞岳10:00クラ谷分岐10:45御在所岳11:00御在所山上公園駅11:4012:15武平峠12:50鎌ヶ岳13:2014:05水沢岳15:45入道ヶ岳16:15椿大神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
御在所岳以降は、疲労と猛暑でペースダウン。休憩も多かった。
このコースを安全な時間に終わるには、奥三河パワートレイルなどのキツイ70禅藉袷の総力かつ山での判断力が必要だと実感。
ガーミンでは、累積5000
コース状況/
危険箇所等
藤原岳〜治田峠 ⇒ 藤原岳からの降り口は急坂かつややザレて滑りやすい、またコーステープも多くない(夜間のため、蛍光テープが少ないかも)。迷い尾根は、遭難防止用の番号標識があり、確認を怠らなければ逆に迷いづらい。
治田峠〜石榑峠 ⇒ 稜線沿いは、道明瞭だが、稜線を外れるトラバース道もあるので、そちらに流れないよう注意が必要。竜ヶ岳山頂は鹿が占拠しており、光る眼がやや怖い。笑 
石榑峠〜根ノ平峠 ⇒ 三池岳から釈迦が岳がすごく長く感じた。概ね、整備された道。
根ノ平峠〜雨乞岳 ⇒ 杉峠への取り付きは渡渉かつ崖のロープ場、渡渉ポイントは標識から30辰阿蕕ぞ緡部(水流も割と多く、雨の後は濡れずに渡れないかも)。甘雨乞岳の手前は、登山道を笹が覆いつくしてる。
雨乞岳〜御在所岳 ⇒ 雨乞岳からは谷ルートを選択、沢沿いの道はやや荒れてる、ヒルは見かけず。御在所岳へは県境尾根を利用、遭難防止の看板が登り口の印となる。
御在所岳〜鎌ヶ岳 ⇒ 所々の岩場は、日光の照り返しが強く、体感温度はかなり高い。ザレ場も多い。
鎌ヶ岳〜椿大神社 ⇒ 鎌ヶ岳から鎌尾根への降り口は、崩壊した岩場をトラバースしてからで、山頂から鎌尾根方面へは行けない。入道ヶ岳まで、細かいアップダウンの繰り返し、急登かつザレ場。
その他周辺情報伊勢湾岸道IC近くのあさひの湯
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス

写真

竜ヶ岳からの夜景
2019年05月25日 02:56撮影 by ASUS_X00TDB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳からの夜景
2
杉峠への取り付き部分
2019年05月25日 07:54撮影 by ASUS_X00TDB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉峠への取り付き部分
1
午後からは、灼熱地獄
2019年05月25日 10:46撮影 by ASUS_X00TDB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後からは、灼熱地獄
アイス、2つも食べちゃった
2019年05月25日 11:02撮影 by ASUS_X00TDB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイス、2つも食べちゃった
1

感想/記録

1年前から計画していた、鈴鹿セブンマウンテンのぶっとうし縦断。
本当は、ゴールデンウイークにやりたかったけど、UTMFもあり出来なかった。
暑さ、ヒル、日照時間の問題から、これをやるなら5月しかないと決めてたけど、結果的には真夏並みの猛暑だった。苦笑
スタート時、3リットルの水分を持っていたが、夜間でも暑く、体感は20度以上で、水分の消費が早かった。
水切れでエスケープも考えだした頃、ハト峰で休憩中のおじさんと、少しばかり談笑し、『藤原から来てて、御在所まで持つか心配』と言うと、ポカリ1本をあげるって言ってもらえた。迷ったけど、お言葉に甘えて、頂きました!
あの時のおじさん、ホントにありがとうございます!!!
御在所到着時、水分の残量は500mlで、計算上は頂かなくとも行けたけど
あの時、頂いてなかったら、節約のために飲む量を抑えてて、脱水でバテて戦意喪失し、御在所で下山してたはず。
訪問者数:313人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/3/10
投稿数: 71
2019/5/28 8:09
 走破おめでとうございます
お疲れ様でした。
9:30頃七人山コル辺りですれ違った方かしら?(私は男性3人と同行してた者です)。
山でも暑すぎましたね。
登録日: 2014/6/7
投稿数: 2
2019/5/28 12:47
 Re: 走破おめでとうございます
ありがとうございます!
1分ほど、お話したグループの方ですね!?
あの時、『この時間で、ここまで来てるなら大丈夫』と言ってもらえて、暑さでバテバテでしたけど、元気になりました。笑
登録日: 2010/3/10
投稿数: 71
2019/5/29 22:29
 Re[2]: 走破おめでとうございます
そうです、たぶん(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ