また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868522 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木岳:長きに亘るシーズンが終了し、板を納める

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢の無料駐車場。
スタート時は半分ほどの埋まり具合。
下山時はほぼ満車。(有料駐車場はガラガラ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
1時間2分
合計
7時間41分
S扇沢駅05:1609:59針ノ木岳11:0112:50扇沢駅12:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
大沢出合は藪を漕ぐ。
マヤクボ沢滑走時は、下部に登山者がいないことを注意する。(スラフが大きく流れる)
その他周辺情報くるまやの「気狂いざる蕎麦」(5人前)を3人で食す。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(mhmパウダーケグ32) スキー板(ディナフィットバルトロ 158cm) ビンディング(G3タルガアッセント) クトー(G3アッセントクランポン) テレマークブーツ(スカルパT2X) セルフアレストピック(BDウィペット×2) ヘルメット(ベアールアトランティス) ビーコン(マムートエレメントバリーボックス) プローブ(オルトボックス320cm) スコップ(BDディプロイ) ヘッドランプ(ペツルアクティック) クランポン(BDセラッククリップ) サングラス(オークリーレーダーパス) 日焼け止め リップクリーム ヘッドバンド(マムート) テムレス インナーグローブ スキーシール(BDグライドライトモヘアミックスカスタムSTS) シールワックス スキーワックス カメラ(CANON IXY32S) GPS(ガーミンeTrex20J) スマホ 予備電池(単3 単4 モバイル用) 予備ランプ ドライバー(+ -) コンパス ナイフ(ビクトリノックススイスチャンプ) 飲料 行動食 非常食 防寒着(ユニクロウルトラライトダウンジャケット) ファーストエイドキット

写真

針ノ木雪渓の雪はまだ健在
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木雪渓の雪はまだ健在
1
大沢出合は藪漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢出合は藪漕ぎ
1
大沢小屋を過ぎた辺りからシールで進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋を過ぎた辺りからシールで進む
1
デブリもあるが、大したことはない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリもあるが、大したことはない
爺ヶ岳をバックに登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳をバックに登る
1
マヤクボ沢へルートを取る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢へルートを取る
1
若干のハイマツ漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干のハイマツ漕ぎ
1
振り向くと鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと鹿島槍
2
山頂手前の稜線を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の稜線を目指す
1
この頃から夏の日差しが照りつける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃から夏の日差しが照りつける
2
蓮華岳は黒々している
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳は黒々している
1
稜線手前の急斜を登る雪豹さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線手前の急斜を登る雪豹さん
2
稜線からは北ア南部がお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線からは北ア南部がお出迎え
2
ここまで頑張ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで頑張ってきました
1
穂高周辺も雪が減りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高周辺も雪が減りました
2
稜線に出るとあとはシートラで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出るとあとはシートラで
2
するとほぼ同時にmaoさんも
(m)あっしはマヤクボのコルに出てから登山道で・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとほぼ同時にmaoさんも
(m)あっしはマヤクボのコルに出てから登山道で・・・
1
登頂、やったね! 撮影はmao
2019年05月26日 10:56撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂、やったね! 撮影はmao
6
黒部湖の水がブルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖の水がブルー
3
立山周辺はまだ雪が豊富のようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山周辺はまだ雪が豊富のようだ
3
山頂直下の急斜はトラバースで一段落とす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急斜はトラバースで一段落とす
1
ここからエントリー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからエントリー
一気に大斜面を落とす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に大斜面を落とす
2
蓮華を背景に行きます
2019年05月26日 11:19撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華を背景に行きます
1
大きくスラフが流れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きくスラフが流れる
2
海外から帰ってきたばかりとは思えないタフさ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海外から帰ってきたばかりとは思えないタフさ
2
吸い込まれていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれていく
1
灌木帯をぬって行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木帯をぬって行く
1
マヤクボ沢出合すぐ上の斜面
ここが一番美味しかったかも・・・
2019年05月26日 11:30撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢出合すぐ上の斜面
ここが一番美味しかったかも・・・
1
変わったモニュメント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わったモニュメント
3
あとは斜面を選びながら滑っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは斜面を選びながら滑っていく
2
雪豹さんもこれで板納めのようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪豹さんもこれで板納めのようだ
今シーズンこのお二人には大変お世話になった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズンこのお二人には大変お世話になった
3
maoさんんはまだもう少し粘るとのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
maoさんんはまだもう少し粘るとのこと
2
また来シーズンもよろしくお願いいたします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来シーズンもよろしくお願いいたします
2
デブリの消化試合だが、緩んでいたので然程苦労はない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの消化試合だが、緩んでいたので然程苦労はない
2
赤石沢は綺麗に雪が繋がっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石沢は綺麗に雪が繋がっている
1
今シーズンのフィナーレが近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズンのフィナーレが近い
2
お疲れ様でした
2019年05月26日 12:50撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
扇澤 暑チィ〜!
2019年05月26日 12:50撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇澤 暑チィ〜!
扇沢のターミナル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢のターミナル
これにて今シーズン終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これにて今シーズン終了
【くるまや】へ移動し”気狂いざる蕎麦”をいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【くるまや】へ移動し”気狂いざる蕎麦”をいただく。
1

感想/記録
by ktn92

今週も好天予報(真夏の様相)で、毎度の松本コンビと出掛けるが、雪豹さんは海外遠征から帰国してすぐの山行とは恐れ入ります。
下界は30℃超と夏の暑さの中、スキーの板を担ぐ変態は数少ない希少種でしょう。
でも元気に出発する。
蓮華が針ノ木かは雪の状況を見ての判断であったが、大沢出合に着くと、大沢の雪は繋がっているものの、上部の雪は少なそう。
今シーズン最終滑走とするならば、距離を滑れる針ノ木にしましょうと、雪渓に歩みを進める。
デブリがあるものの、朝の気温も高く、それほど難儀せずにマヤクボの出合へ。
ここからは、クトーのないmaoさんはマヤクボのコルから夏道で目指すとのこと。
自分と雪豹さんは、頂上の左側稜線に向けてシールで登る。
一段上に上がるためにはルート取りが難しいが、結局少々のハイマツ漕ぎになってしまった。
そこからは一面大斜面のカールを進み、稜線に出ると北アの盟主たちがお出迎え。
頂上直下の急斜面は板を担いでツボ足でキックステップして登り上げる。
頂上に着いたところでタイミング良くmaoさんも到着した。
山頂から見た蓮華岳は青々としてたので、こちらの選択が正解だったようです。
360度のパノラマを見ながらまったりと山頂で過ごし、今シーズンラストの滑走に入る。
雪が繋がるところを探しながら、針ノ木峠側へトラバース気味にシュプールを付ける。
スラフが大きく流れるので、下部に登山者がいないことを確認しながら慎重に進む。
雪は重いがまあまあ滑るので、楽しみながら緩いデブリも熟してなるべく綺麗な右岸、左岸を拾って落としていく。
大沢小屋を過ぎた辺りで滑走は終了。大沢出合の藪を漕いで後はおしゃべりしながら扇沢へと下っていく。
下界はむんむんと暑い。この気温の中、あれだけの雪渓は涼しげでした。
約半年間の今シーズンでしたが、振り返ると36日間の滑走結果となりました。
maoさん、雪豹さん、今シーズンは度々遠征に連れて行っていただきありがとうございました。
夏山もですが、また次のシーズンもよろしくご指導ください。
次週からはもう沢しかない!
訪問者数:594人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/20
投稿数: 66
2019/5/27 21:22
 雪豹です。ありがとうございました。
板納め、ご一緒いただきありがとうございました。
天気も景色も良く会話も弾み、楽しい板納めになりました!
今シーズンは、ヒヤリハット等いろいろありご負担おかけしました。元気で板納めができたことが嬉しく思います。これも、ご一緒いただいている皆さんのおかげと感謝しています。
ご一緒しながらいろんな話して、次から次へと一緒に登りたい山が増えていきました、来季も是非、よろしくお願いいたします。
オフ会がてら、夏山や沢もご一緒したいですね、よろしくおねがいしま〜す!
登録日: 2012/1/12
投稿数: 248
2019/5/28 6:38
 Re: 雪豹です。ありがとうございました。
今シーズンいろんなことがありましたが、何とか平穏に板を納めることができました。
来シーズンもまたお付き合い願います。
また、海外遠征は気を付けて行ってきてくださいね。
帰国の合間を縫って楽しい珍道中お聞かせください。(笑)
登録日: 2012/2/20
投稿数: 66
2019/5/28 19:55
 シーズン終了 お疲れさまでした!
いろいろあったシーズンでしたね。
来シーズンもよろしくです。
山スキー万歳!、チーム天国バンザイ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ