また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1869532 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木大雪渓

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料の市営第一。0時到着で4割程度埋まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
1時間18分
合計
7時間5分
S扇沢駅04:5505:39大沢小屋06:06標高1850m付近06:2006:56マヤクボ沢出合07:48マヤクボノコル07:5308:10針ノ木岳08:2908:57針ノ木小屋09:0309:43蓮華岳09:5810:37針ノ木小屋10:5612:00扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

いつもの扇沢からスタート。
2019年05月26日 04:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの扇沢からスタート。
予報どおりのいい天気。稜線が楽しみだ。
2019年05月26日 05:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報どおりのいい天気。稜線が楽しみだ。
右岸の道を行く予定だったが左岸の登山口へ来てしまった。来たことあるから大丈夫と調べるのを怠った。
2019年05月26日 05:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の道を行く予定だったが左岸の登山口へ来てしまった。来たことあるから大丈夫と調べるのを怠った。
大沢小屋を過ぎた辺りで雪渓に出る。帰りは右岸の道で下ろう。
2019年05月26日 05:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋を過ぎた辺りで雪渓に出る。帰りは右岸の道で下ろう。
上を見上げると日曜日の6時前なのに誰もいない。何でだろう。
2019年05月26日 05:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見上げると日曜日の6時前なのに誰もいない。何でだろう。
ちょっと不安になりながらも進む。下部は日差しとそよ風のバランスがちょうどいい。上部は無風で、日差しが暑かった。
2019年05月26日 05:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと不安になりながらも進む。下部は日差しとそよ風のバランスがちょうどいい。上部は無風で、日差しが暑かった。
振り返ると爺の高さに徐々に近づいてくる。勾配の変化で下が見えない。この辺りまでつぼ足、この後でアイゼン装着。
2019年05月26日 05:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると爺の高さに徐々に近づいてくる。勾配の変化で下が見えない。この辺りまでつぼ足、この後でアイゼン装着。
デブリ跡でボコボコ。
2019年05月26日 06:22撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ跡でボコボコ。
もっとボコボコしてきた。
2019年05月26日 06:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっとボコボコしてきた。
1
マヤクボ沢との分岐。こちらは針ノ木峠方面。既に急だが上部はさらに急になっている。
2019年05月26日 06:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢との分岐。こちらは針ノ木峠方面。既に急だが上部はさらに急になっている。
マヤクボ沢側。上部の斜度が凄まじい。これ、登れるのか。
2019年05月26日 06:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢側。上部の斜度が凄まじい。これ、登れるのか。
少しずつ登っていく。針ノ木の斜面は多くのシュプールが目立つ。ここを滑降したら気持ち良さそうだ。
2019年05月26日 07:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ登っていく。針ノ木の斜面は多くのシュプールが目立つ。ここを滑降したら気持ち良さそうだ。
稜線到着!きつい登りだった。
2019年05月26日 07:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線到着!きつい登りだった。
立山、剱大きい。
2019年05月26日 07:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、剱大きい。
蓮華にも多くの雪が残っている。
2019年05月26日 07:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華にも多くの雪が残っている。
こんな斜面を登ってきた。
2019年05月26日 07:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな斜面を登ってきた。
アイゼンを外して山頂へ出発。
2019年05月26日 07:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを外して山頂へ出発。
2
山頂までほぼ夏道、1ヶ所凍結斜面。写真の左端よりも左側の浮石地帯をキックステップで少しずつ進みました。
2019年05月26日 08:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までほぼ夏道、1ヶ所凍結斜面。写真の左端よりも左側の浮石地帯をキックステップで少しずつ進みました。
誰もいない山頂。
2019年05月26日 08:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂。
2
針ノ木峠へ下ります。
2019年05月26日 08:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠へ下ります。
何だ、この壁の下りは・・・・。シリセードで。
2019年05月26日 08:32撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だ、この壁の下りは・・・・。シリセードで。
まだ埋まりかけの針ノ木小屋。テラスは雪が溶けていて休憩できます。
2019年05月26日 09:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ埋まりかけの針ノ木小屋。テラスは雪が溶けていて休憩できます。
小屋前の景色。いい立地だ。
2019年05月26日 09:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の景色。いい立地だ。
蓮華は遠くから見ると残雪がたくさんあったけど、実際に歩くと夏道が出ていて雪はほとんどなかった。小屋から山頂までつぼ足で進む。
2019年05月26日 09:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華は遠くから見ると残雪がたくさんあったけど、実際に歩くと夏道が出ていて雪はほとんどなかった。小屋から山頂までつぼ足で進む。
雪道を進むトレースもありますが崩れてきているので注意。
2019年05月26日 09:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を進むトレースもありますが崩れてきているので注意。
なかなか着かない山頂。
2019年05月26日 09:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか着かない山頂。
1
あとちょっと。
2019年05月26日 09:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとちょっと。
1
誰もいない蓮華岳。
2019年05月26日 09:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない蓮華岳。
1
×印が付いているけど、そそられる。
2019年05月26日 09:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
×印が付いているけど、そそられる。
2
後立山。
2019年05月26日 09:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山。
裏銀座。
2019年05月26日 09:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座。
1
蓮華で一番急なところ。もう溶けてすぐ下の夏道が現れるでしょう。
2019年05月26日 10:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華で一番急なところ。もう溶けてすぐ下の夏道が現れるでしょう。
針ノ木峠から下山開始。斜度がきつく、最初の一歩が緊張する。
2019年05月26日 10:56撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠から下山開始。斜度がきつく、最初の一歩が緊張する。
歩き出すと靴スキー状態。10分で300m近くも下った。絶妙な雪質が快適すぎる。
2019年05月26日 11:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出すと靴スキー状態。10分で300m近くも下った。絶妙な雪質が快適すぎる。
1
マヤクボ沢出合まであっという間だった。あれだけ苦労して登ったのに。
2019年05月26日 11:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マヤクボ沢出合まであっという間だった。あれだけ苦労して登ったのに。
1
テーブルみたい。
2019年05月26日 11:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルみたい。
お口ポッカリ。この後、右岸の道で踏み跡を辿ったはずなのに迷ってしまった。
2019年05月26日 11:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お口ポッカリ。この後、右岸の道で踏み跡を辿ったはずなのに迷ってしまった。
翌日は経ヶ岳に登り出すも体調とやる気と相談した結果、20分で下山。時間が出来たので長野市の善光寺に。
2019年05月27日 09:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は経ヶ岳に登り出すも体調とやる気と相談した結果、20分で下山。時間が出来たので長野市の善光寺に。
大部分が朽ちているのに力強く生きている。
2019年05月27日 09:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大部分が朽ちているのに力強く生きている。
1
おしゃれー。
2019年05月27日 09:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしゃれー。
外国人観光客が多かった。
2019年05月27日 09:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外国人観光客が多かった。
通りの郵便局。
2019年05月27日 10:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通りの郵便局。

感想/記録

予定になかったけど、レコを見て無性に行きたくなったので針ノ木へ。

7年ぶり3度目の針ノ木岳。
以前は2回とも9月の無雪期だったので雪渓歩きは今回が始めて。

白馬大雪渓は昨年に歩いたので今度は剱沢か!?
訪問者数:622人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/8
投稿数: 1866
2019/5/31 6:04
 だいぶ雪が減った!
我々が行ったのはちょうど2週間前だったけど随分雪が減ったね〜。
先週の晴天・高温続きじゃ、そうなるわけだ。
マヤクボから登ったんだね。
しかし針ノ木山頂まで3時間少々とは、さすがlasting。
蓮華の東尾根も気になるよね〜!
登録日: 2010/6/12
投稿数: 64
2019/6/1 11:35
 Re: だいぶ雪が減った!
>yokoさん

下山したらとんでもない暑さでした。
今年は4月に降って雪が多くても暑い日が多いから溶けるのが早いですね。

雪が適度に締まっていると案外速く歩けるものですね。
荷物がもっと少ない無雪期よりも早く山頂に着いちゃいました。
夏道によくある「登り途中での小さな下り」の類は全部埋まっていて、無駄のない登り道って感じでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ