また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1900085 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

日程 2019年06月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車にて猿倉荘駐車場まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
1時間48分
合計
8時間58分
S猿倉登山口駐車場04:3304:36猿倉荘04:4005:40白馬尻荘06:0009:25白馬頂上宿舎09:4010:25白馬岳山頂11:3012:02避難小屋12:0312:08岩室跡12:58白馬尻荘13:0013:27猿倉登山口駐車場13:2813:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

駐車場より。
2019年06月21日 04:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場より。
2
登山口から山頂が見える山も珍しい気がする。
2019年06月21日 04:17撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から山頂が見える山も珍しい気がする。
1
猿倉荘で登山届けを提出。
2019年06月21日 04:37撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉荘で登山届けを提出。
樹林帯から稜線が見える。
2019年06月21日 04:50撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯から稜線が見える。
2
整備された気持ちの良い道。
2019年06月21日 05:05撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された気持ちの良い道。
雪渓手前で一気に展望が開ける。
2019年06月21日 05:23撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓手前で一気に展望が開ける。
2
さて行くか!
2019年06月21日 05:30撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて行くか!
1
白馬尻小屋。
2019年06月21日 05:40撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋。
疲れるのはこれからでした。
2019年06月21日 05:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れるのはこれからでした。
2
ここからはアイゼン、ヘルメットを装着!
2019年06月21日 05:55撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはアイゼン、ヘルメットを装着!
1
迫力ある雪渓。
2019年06月21日 06:01撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力ある雪渓。
1
稜線まで先は長い。
2019年06月21日 06:17撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まで先は長い。
2
時々振り返るも、あまり登った気がしない。
2019年06月21日 06:43撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々振り返るも、あまり登った気がしない。
先は長い。
2019年06月21日 06:57撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は長い。
2
杓子岳の岩峰。
2019年06月21日 06:57撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳の岩峰。
1
アップで。
2019年06月21日 07:39撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
また振り返る。
2019年06月21日 07:55撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返る。
1
分かりにくいけど、雪渓上部はかなりの傾斜。
2019年06月21日 08:33撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいけど、雪渓上部はかなりの傾斜。
1
白馬頂上宿舎が見えた。
2019年06月21日 08:48撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬頂上宿舎が見えた。
頂上宿舎に到着。
2019年06月21日 09:26撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上宿舎に到着。
稜線は完全に夏道。
2019年06月21日 09:49撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は完全に夏道。
特徴的な白馬岳の山頂。
2019年06月21日 09:52撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な白馬岳の山頂。
直下には巨大な白馬山荘が。
2019年06月21日 09:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下には巨大な白馬山荘が。
3
白馬山荘に到着。
2019年06月21日 10:08撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘に到着。
2
あと少し!
2019年06月21日 10:09撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し!
ビクトリーロード的な。
2019年06月21日 10:10撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビクトリーロード的な。
2
見えた〜。
2019年06月21日 10:23撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた〜。
白馬岳山頂に到着!!
2019年06月21日 10:24撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂に到着!!
6
三角点タッチ!
2019年06月21日 10:25撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ!
2
いやー、疲れたぁ。
2019年06月21日 10:37撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー、疲れたぁ。
8
鉢ヶ岳、雪倉山。
2019年06月21日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢ヶ岳、雪倉山。
1
間近に見える旭岳。
2019年06月21日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間近に見える旭岳。
3
毛勝山、剱岳、立山など。
2019年06月21日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝山、剱岳、立山など。
2
白馬三山、残りの杓子岳、白馬鑓。
2019年06月21日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山、残りの杓子岳、白馬鑓。
1
山頂からのパノラマ。
2019年06月21日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ。
2
やはり剱、立山に目が行く!
2019年06月21日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり剱、立山に目が行く!
4
水晶、鷲羽など、黒部源流の山々。
2019年06月21日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶、鷲羽など、黒部源流の山々。
1
山頂の縁から雪渓を覗き込む。
2019年06月21日 10:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の縁から雪渓を覗き込む。
3
ちっちゃく白馬尻小屋が見える。
2019年06月21日 10:41撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちっちゃく白馬尻小屋が見える。
2
静かな山頂を満喫。
2019年06月21日 10:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな山頂を満喫。
5
白馬山荘にて。下山に備えて腹ごしらえ。
2019年06月21日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘にて。下山に備えて腹ごしらえ。
4
下からドンドンとガスが湧いてくる。
2019年06月21日 12:00撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下からドンドンとガスが湧いてくる。
1
人がゴマ粒のよう。
2019年06月21日 12:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がゴマ粒のよう。
1
上部を振り返る。
2019年06月21日 12:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部を振り返る。
これから登って行く人達も。
2019年06月21日 12:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登って行く人達も。
2
快適に降って、白馬尻小屋に到着。
2019年06月21日 12:44撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適に降って、白馬尻小屋に到着。
この景色も見納め。
2019年06月21日 12:58撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色も見納め。
1
無事に駐車場に帰着。
2019年06月21日 13:30撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に駐車場に帰着。
2
ガスって山頂はもう見えませんでした。
2019年06月21日 13:30撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスって山頂はもう見えませんでした。
下山後は倉下の湯へ。源泉掛け流し、露天のみで雰囲気のある温泉です。
2019年06月21日 14:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後は倉下の湯へ。源泉掛け流し、露天のみで雰囲気のある温泉です。
4
39座目の百名山でした。
2019年06月21日 20:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
39座目の百名山でした。
3

感想/記録

ずっと行きたかった、白馬岳の大雪渓を歩いて来ました。
登山口からわずか1時間で、大雪渓の入り口である白馬尻小屋に到着。大雪渓の雄大な景観に感動しました。雪渓ではアイゼンとピッケルを使った直登を楽しめましたが、脚が非常に辛い...。稜線は完全に夏道となっており、快適に歩けました。山頂からは周囲の山々の大展望が。ガスで遠望は効きませんでしたが、剱岳や立山、黒部源流の山々、遠くには槍穂高連峰を望めました。美しい景色の中、しばし一人だけの山頂を堪能しました。雪渓の下山は非常にスムーズで、山頂から2時間で登山口まで戻れました。雪渓の直登は疲れましたが、日帰りでも手軽に大展望を楽しめる素晴らしい山でした!!
訪問者数:1386人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ