また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1901229 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

2019/6/22 小同心クラック

日程 2019年06月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
3時間33分
合計
9時間2分
Sやまのこ村04:3604:37赤岳山荘04:42美濃戸山荘04:4305:18堰堤広場05:2006:01赤岳鉱泉06:2106:25大同心沢(大同心ルンゼ)分岐07:24大同心07:2507:51小同心09:1709:27横岳10:1710:41大同心11:0011:41大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:52赤岳鉱泉12:2613:06堰堤広場13:34美濃戸山荘13:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報パノラマ温泉
やまの時間
野辺山駅
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

意外と晴れてる
2019年06月22日 04:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と晴れてる
赤岳鉱泉。土曜の朝だけど、既にテントもちらほら
2019年06月22日 06:16撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。土曜の朝だけど、既にテントもちらほら
大同心が見えてきた
2019年06月22日 07:01撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心が見えてきた
1
小同心と大同心!かっこいい
2019年06月22日 07:15撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小同心と大同心!かっこいい
3
晴れてきた!!
2019年06月22日 07:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきた!!
3
小同心基部から大同心
2019年06月22日 07:51撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小同心基部から大同心
2
1P目終了点
2019年06月22日 08:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目終了点
2P目終了点
2019年06月22日 09:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目終了点
山頂へ抜ける
2019年06月22日 10:00撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ抜ける
大同心ルンゼを下降し、大同心稜を下る
2019年06月22日 10:41撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心ルンゼを下降し、大同心稜を下る
鉱泉でカレー休憩
2019年06月22日 11:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱泉でカレー休憩
1
帰る頃にはいい天気
2019年06月22日 12:31撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰る頃にはいい天気
2
やまの時間にてハンバーグ
2019年06月22日 18:01撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまの時間にてハンバーグ
1

感想/記録

ピッチ1 Fリード
取り付きは非常に風が強く、インサレーションを着て登攀スタート。
階段状を10mほど登る。岩がとっても冷たく感覚がなくなる。もう6月なのに。指を温めながら登り、左上のチムニーに入る。終了点のペツルは3箇所ほど打ってあり、下から3番目のところまでロープを伸ばしてピッチを切る。
全体的に岩は固く、ホールドはガバガバ。

ピッチ2 Yリード
チムニーを20mほど登り、左上のリッジへ。
一部立ってる箇所を登ったが、硬いガバで不安なく越えられる。右側を巻いて回避もできそう。
終了点は2018年10月に来た時にはペツルがひとつ抜けていたが、今回は新しく打たれて2つあった。

3ピッチ目…にもならない程度の5mの登りでトップにでる。そこから横岳に向かって歩き、最後の岩場も練習兼ねてロープを出すことに。

ピッチ3 Fリード
Ⅲ-程度の岩場。快適なホールドを拾いながら20mほど登ったらあっという間に山頂に出てしまった。カムで支点を取りビレイ。

下山は大同心と小同心間のルンゼをくだり、あっという間に大同心基部へ。
大同心稜をおしゃべりしながら赤岳鉱泉に戻り、お昼にカレーを食べて帰路へ。

クライミング自体は優しかったが、夏のアルパインに向けてパートナーと楽しくいい練習ができた。

感想/記録

パートナーと北アルプスバリエーションに向けたトレーニングへ。
今回は小同心クラックと稲子南壁左カンテを選択。
ルート選択の意図としては、登攀グレードが優しめであること、標高が高い場所でクライミングができること、岩が脆いルートであることなど。
また、梅雨時であること、しっかり歩いておきたいことからどちらも日帰りで計画。
天候的に、どちらもいけないかなと危惧していたが、直前で八ヶ岳の天気は回復傾向となり、少なくとも午前中にクライミングパートを抜けられれば大丈夫そうだということで実施した。

朝、美濃戸山荘まで車でアクセス。
途中でスタックしている車がいて、すこし足止めを食らう。
その後、駐車場で準備し、4:30過ぎにスタート。
ペース早めで進み、6:00には赤岳鉱泉へ。
休憩して、取り付きへ向かう。

取り付きへのアプローチ
赤岳鉱泉から硫黄岳方面へ少し登山道を歩くと、大同心沢につく。そこから大同心沢沿いに歩いて、それから左の尾根に乗る。踏み跡は明瞭にあるので比較的わかりやすい。大同心稜を歩くと基部につく。
大同心基部についたら、小同心方面へトラバースしていく。こちらも踏み跡が明瞭にある。その後、小同心を回り込んでいくと取り付きにでる。
8:00登攀開始。
登攀開始した頃は風が強くて寒かった。

1ピッチ目
フォロー
階段状の優しいフェイスからチムニーに入る。フェイスが終わったところで終了点あり。チムニーの先で切る。ロープスケール35Mくらい。

2ピッチめ
自分リード
右のチムニーに入り登っていく。傾斜はあるが、ステミングの要領で登っていけるので難しくない。20mくらい登ったところで一度チムニーから出る。そこに終了点あり。そこからフェイス(チムニー?)を左上する。乗り越えたあたりでペツルがあったのでそこで切る。ロープスケール35Mくらい。

その後、小同心の頭までロープ出して登るが、短すぎてフリーでも良かったぐらいだった。

その後、山頂直下までコンテで移動する。

3ピッチ目
フォロー
2級ぐらいの登り。20mくらいで山頂へ。ロープはいらないグレード感だった。

10時くらいに登攀終了。
少し休んで、大同心ルンゼから大同心稜に下りて、鉱泉へ下山。
ガレガレだが、こちらの方が下山は早い。
鉱泉でカレー休憩して、下山。
お疲れ様でした。

小同心クラックは高度感あるが、登攀は易しい感じで初心者向けのルートにピッタリとした印象だった。慣れたメンバーなら早く終わりすぎるので、大同心南稜と継続でも良さそう。
あと、大同心雲稜ルートがかっこよかった。登ってみたいな。

その日は下山して、パノラマ温泉で入浴し、気になってたやまの時間で打ち上げ。美味しかった。
そして、次の日の稲子に向けて、早めに就寝した。
訪問者数:303人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ