また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1933833 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山富士宮口〜プリンスルート

日程 2019年07月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨・強風 とても寒い
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天気予報は曇りも、ほぼ全行程を通して強風と豪雨。気温も下がり厳しい登山になった。

装備

備考 富士山で雨の場合、手袋は防水のものをしないと、手が冷たくなって耐えきれなくなる。結局手袋は外した。

写真

朝、水ヶ塚駐車場。どんより。
これから晴れることになっている。
2019年07月20日 05:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、水ヶ塚駐車場。どんより。
これから晴れることになっている。
五合目、既に結構な雨が降っている。
2019年07月20日 06:58撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目、既に結構な雨が降っている。
登山者はそこそこいる。
2019年07月20日 07:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者はそこそこいる。
新七合目手前。団体も多く、登りで渋滞も発生していた。
このあたりではまだ気温も高く、半袖の人も。レイヤーの調整に苦労する。
2019年07月20日 07:45撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新七合目手前。団体も多く、登りで渋滞も発生していた。
このあたりではまだ気温も高く、半袖の人も。レイヤーの調整に苦労する。
下界は割とよく見えている。
2019年07月20日 07:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は割とよく見えている。
新七合目から。雨は降り続いている。
2019年07月20日 08:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新七合目から。雨は降り続いている。
元祖七合目。この辺りから風雨強まる。
2019年07月20日 08:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖七合目。この辺りから風雨強まる。
1
元祖七合目から見下ろす。
写真では分からないが、途中リタイアの人も結構いたとも思われる、すごい強風と雨だった。何よりも寒い。これ以降苦行となる。
2019年07月20日 08:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖七合目から見下ろす。
写真では分からないが、途中リタイアの人も結構いたとも思われる、すごい強風と雨だった。何よりも寒い。これ以降苦行となる。
2
どうにも寒さに耐えきれなくなり、9合目萬年雪山荘でうどんとコーヒーを頂く。うどんに七味をしこたま入れる。
2019年07月20日 10:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにも寒さに耐えきれなくなり、9合目萬年雪山荘でうどんとコーヒーを頂く。うどんに七味をしこたま入れる。
2
何とか到着。9合五勺から上は強風でふらつく中を歩く。
2019年07月20日 11:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか到着。9合五勺から上は強風でふらつく中を歩く。
記念撮影。撮っていただきました。ありがとうございました。
2019年07月20日 11:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。撮っていただきました。ありがとうございました。
3
剣ヶ峰。自分が着いた時には他に誰も人がいかなかった。
2019年07月20日 11:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。自分が着いた時には他に誰も人がいかなかった。
ここまで来るのも一種のサバイバルゲームみたいな感覚。
2019年07月20日 11:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来るのも一種のサバイバルゲームみたいな感覚。
2
その後、しばらくして人が来たので撮ってもらいました。
ありがとうございました。
2019年07月20日 11:45撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、しばらくして人が来たので撮ってもらいました。
ありがとうございました。
4
早々に下山。下りはプリンスルートで。
2019年07月20日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に下山。下りはプリンスルートで。
宝永山見えてきた。この辺りで少し小降りになる。
2019年07月20日 12:46撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山見えてきた。この辺りで少し小降りになる。
1
山中湖でかくなってきた。
2019年07月20日 13:00撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖でかくなってきた。
駿河湾も見えるようになり。
2019年07月20日 13:02撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾も見えるようになり。
宝永山。方位盤の台座が壊れている。
2019年07月20日 14:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山。方位盤の台座が壊れている。
2
宝永山の先端から。愛鷹山の先に伊豆半島。
2019年07月20日 14:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山の先端から。愛鷹山の先に伊豆半島。
富士山を振り返ってみる。もう風雨は弱まっているだろうか。
2019年07月20日 14:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を振り返ってみる。もう風雨は弱まっているだろうか。
1
宝永第一火口縁まで来た。あとわずか。
2019年07月20日 14:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第一火口縁まで来た。あとわずか。
オールコック氏に無事帰還のご挨拶。
2019年07月20日 15:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オールコック氏に無事帰還のご挨拶。
水ヶ塚に戻って。荒天は収まってる様子。
2019年07月20日 16:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ塚に戻って。荒天は収まってる様子。
今日の歩数29,100歩。きつかったですが、何とか無事に戻りました。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の歩数29,100歩。きつかったですが、何とか無事に戻りました。ありがとうございました。

感想/記録

2週間前に高度順応を済ませ、今日は高山病がないとどのくらいの時間で富士山に登れるのか、試してみることにした。出来るだけ休憩時間を少なくしてサクサク登るのが今日のテーマ。

珍しく朝早い時間に、水ヶ塚駐車場に到着。シャトルバスで五合目に着いたときにはすでに結構な勢いで雨が降っていた。土曜日でもあり、団体さん含め割とたくさんの登山者がいたが、てんきとくらすでは登山指数B→Aだったので、私を含めほとんどが、そのうちに止んで薄日が差すだろうと期待していたと思う。

登りでは結構な渋滞もあり、山小屋ではカッパの着脱やインナーの調整もあり、時間がかかる。雨は予想に反して止むことは無く、山頂に近づくにつれ風も強まり、暴風雨と言っていいレベルに悪化。なにより気温が下がって体感気温は氷点下。途中からは苦行の様相を呈す。

私は単独行だし今日は絶対剣ヶ峰までは行く、と決めていたので迷いが無かったが、途中家族連れなどではリタイアした人も多かったのでは?
あまりの寒さに各山室の食堂がごった返すという事態となり、私も寒さに耐えきれずに8合目の万年雪山荘に飛び込み、ホットコーヒーとうどんを食す。美味しかった〜。

結局富士宮口頂上までの所要時間は休憩込みで4時間10分。今までとあまり変わらなかった。

強風、豪雨、気温の低下で、とんでもなく厳しい山行になってしまったけど、その分うどんを美味しく食べられたのは良かったかな。

やっぱり山は天気のいい日に登りたいな〜。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/11
投稿数: 581
2019/7/22 7:40
 ニアミスなのかな?
荒天の富士山お疲れ様でした。夕方から天気が良くなるんじゃあないかと弾丸登山に切り替えました。風は少々吹きましたが雨には振られずに済みました。
登録日: 2013/11/20
投稿数: 123
2019/7/22 20:25
 Re: ニアミスなのかな?
MaxJさん こんばんは
コメントありがとうございます。

夕方以降は雨降らなかったんですね。
20日の出発前にてんくらが午前中Cになっていたので
21日にしようか迷ったのですが・・・。

実はMaxJさんとは、7月6日に9合目付近ですれ違っているようです。
私の方はたいした内容でないので、まだレコ上げてませんが
そのうち時間があれば上げようかと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ