また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2023353 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

聖岳〜芝沢ゲートからピストン・聖平小屋一泊〜

日程 2019年09月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芝沢ゲート駐車場:4時ころ着でほぼ満車状態でした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間1分
休憩
33分
合計
9時間34分
S芝沢ゲート04:4605:45易老渡06:08便ヶ島06:0907:00西沢渡07:0808:55大木の広場08:5609:28苔平10:42薊畑分岐10:4711:39小聖岳12:31聖岳12:4413:28小聖岳13:3214:03薊畑分岐14:0414:18聖平小屋分岐14:20聖平小屋G
日帰り
山行
5時間4分
休憩
12分
合計
5時間16分
聖平小屋05:0205:06聖平小屋分岐05:0705:26薊畑分岐05:2706:21苔平06:43大木の広場07:58西沢渡08:0708:49便ヶ島08:5009:13易老渡10:18芝沢ゲート
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
便ヶ島までの林道は所々土砂が崩れてきてます。
その他周辺情報下山後の温泉:かぐらの湯(620円)

写真

ヘッドライトを付けて出発
2019年09月15日 04:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドライトを付けて出発
すぐに崩落個所を迂回します
2019年09月15日 04:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに崩落個所を迂回します
崩れたところは速足で通りました
2019年09月15日 05:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れたところは速足で通りました
易老渡。ここからさらに林道歩き
2019年09月15日 05:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡。ここからさらに林道歩き
トンネルを抜けて沢沿いの道へ
2019年09月15日 06:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けて沢沿いの道へ
滝の沢橋。コンパクトな滝が眺められます
2019年09月15日 06:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の沢橋。コンパクトな滝が眺められます
所々崩落してましたが、歩くのには問題ありませんでした
2019年09月15日 06:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々崩落してましたが、歩くのには問題ありませんでした
西沢渡に到着。ゴンドラを引っ張ってみましたが重いわりに全然進まないので、岩づたいになんとか渡渉。
2019年09月15日 07:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡に到着。ゴンドラを引っ張ってみましたが重いわりに全然進まないので、岩づたいになんとか渡渉。
2
沢を渡ってからは急な斜面を登ってゆきます
2019年09月15日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ってからは急な斜面を登ってゆきます
1,800、2,000、2,200mの標高板があって参考(励み)になりました。
2019年09月15日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,800、2,000、2,200mの標高板があって参考(励み)になりました。
苔平。この辺りは名前の通り苔むした良い雰囲気の場所でした。
2019年09月15日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔平。この辺りは名前の通り苔むした良い雰囲気の場所でした。
薊畑の分岐に到着。ここから聖岳へ向かいます。
2019年09月15日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薊畑の分岐に到着。ここから聖岳へ向かいます。
2
トリカブトはたくさん咲いてました
2019年09月15日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトはたくさん咲いてました
聖岳も少しだけ見えてきました
2019年09月15日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳も少しだけ見えてきました
上河内岳&茶臼岳
2019年09月15日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳&茶臼岳
小聖岳、ここからさらに登っていくので無駄に重いザックをデポ。
2019年09月15日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小聖岳、ここからさらに登っていくので無駄に重いザックをデポ。
3
上河内岳方面
2019年09月15日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳方面
ガレ場を登ってゆきます
2019年09月15日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を登ってゆきます
山頂が見えてきました
2019年09月15日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきました
山頂に到着
2019年09月15日 12:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着
4
赤石岳方面
2019年09月15日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳方面
富士山も雲の上に浮かんでます
2019年09月15日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も雲の上に浮かんでます
来た道を下って、ガスが上ってきました
2019年09月15日 13:10撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を下って、ガスが上ってきました
振り返って、こちらもガスが
2019年09月15日 13:27撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、こちらもガスが
マツムシソウ、淡い色できれいでした
2019年09月15日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウ、淡い色できれいでした
まっすぐ伸びた木道の先に聖平小屋
2019年09月15日 14:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ伸びた木道の先に聖平小屋
小屋に到着。手続きを済ませてフルーツポンチいただきました。
2019年09月15日 14:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。手続きを済ませてフルーツポンチいただきました。
3
賞味期限が切れているので300円(350ml)でした。
2019年09月15日 14:53撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賞味期限が切れているので300円(350ml)でした。
1
テント場は段々になっていて張りやすそうでした。
2019年09月15日 15:01撮影 by SOV37, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は段々になっていて張りやすそうでした。
1
夕方の上河内岳
2019年09月15日 17:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の上河内岳
翌朝、霧雨程度だったので特に雨対策もせず出発
2019年09月16日 05:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、霧雨程度だったので特に雨対策もせず出発
1
トリカブト
2019年09月16日 05:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
苔平近辺。空気がしっとりとしていたので苔がよりきれいに見えました。
2019年09月16日 06:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔平近辺。空気がしっとりとしていたので苔がよりきれいに見えました。
西沢渡。昨日より水量が増えていて渡渉は難しそうなので仕方なくゴンドラを使うことに…。
2019年09月16日 08:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡。昨日より水量が増えていて渡渉は難しそうなので仕方なくゴンドラを使うことに…。
1
運よく対岸に2人組が来てくれたので、互いにロープを引っ張り合ってたいして苦労もせずに渡ることができました、助かった〜
2019年09月16日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運よく対岸に2人組が来てくれたので、互いにロープを引っ張り合ってたいして苦労もせずに渡ることができました、助かった〜
2
コンパクトにまとまった小さな滝
2019年09月16日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンパクトにまとまった小さな滝
最後はダラダラと林道歩き
2019年09月16日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はダラダラと林道歩き
良い天気になりました、空が秋っぽい。
2019年09月16日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気になりました、空が秋っぽい。
2
芝沢ゲートに戻ってきて山歩き終了です。
2019年09月16日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲートに戻ってきて山歩き終了です。

感想/記録
by naosu

芝沢ゲートから聖岳へ。
朝早くに駐車場に到着するも連休の中日のためかほぼ満車で、道路脇にギュウギュウと車を押し込んで出発。便ヶ島までの林道は所々崩落して大きな岩がゴロゴロしてましたが歩くには問題ありませんでした。ただ、完全復旧は無理そうな感じでした。
西沢渡を過ぎてからはひたすらの登り。斜面も急なところが多くてかなり疲れてしまい、薊畑の分岐手前で、聖岳の山頂は次の日にしようかと本気で考えてしまうほどでした。それでも何とかもうひと踏ん張りし、ガレた斜面を登って聖岳の山頂に到着。
目の前には大きな赤石岳やさらに北に連なる山々。富士山や南の山々など遮るものなく周囲の山々を眺めることができました。赤石や悪沢などは来年以降のお楽しみということで…。
 聖平小屋は7人スペースのところを6人で使用と、けっこうな込み具合でしたがお隣さんとしばし話などして情報収集。シュラフ持参したのですが、スペースが狭いというより床が固いせいで夜はあまり眠れませんでした。
 翌日は朝こそ霧雨でしたがすぐにお天気も回復して、けっこうな量の汗をかきながら山を下りました。西沢渡の水量が増えていて歩いて渡るのは無理そうだったのでゴンドラを使いましたがちょうど良いタイミングで対岸に二人組の登山者が来て、お互いにロープを引き合って渡ることができだいぶ助かりました。
下山後はかぐらの湯で汗を流してから帰路へ。
 来年はもう少し長い時間をかけて南アルプスを歩いてみようかと。
 
訪問者数:412人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ