また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2040350 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

草紅葉見頃(帝釈山〜田代山〜台倉高山)

日程 2019年09月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西那須野塩原IC〜馬坂峠駐車場
・馬坂峠へは檜枝岐から未舗装道路約10kmありますが、(+舗装5km)
 比較的走りやすい状態でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
46分
合計
5時間42分
S馬坂峠駐車場07:1907:45帝釈山07:5708:34田代山08:3508:54田代山湿原08:5709:09田代山09:1609:58帝釈山10:0010:19馬坂峠駐車場10:2311:38台倉高山11:5513:00馬坂峠駐車場13:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口の馬坂峠、ここまで4時以上かかり一仕事終えた気分
2019年09月28日 07:21撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の馬坂峠、ここまで4時以上かかり一仕事終えた気分
1
30分もかからず帝釈山、ようやく二百名山は折り返し地点
2019年09月28日 07:57撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分もかからず帝釈山、ようやく二百名山は折り返し地点
1
日光が近い、登山道があれば一日で行けそうな距離感でした
2019年09月28日 07:50撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光が近い、登山道があれば一日で行けそうな距離感でした
1
左に日光白根山、右端は後程登る台倉高山
2019年09月28日 07:53撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に日光白根山、右端は後程登る台倉高山
1
すっかりご無沙汰の高原山
2019年09月28日 07:52撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかりご無沙汰の高原山
1
見事にのっぺりとした会津駒ケ岳
2019年09月28日 07:52撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事にのっぺりとした会津駒ケ岳
2
正面の田代山に向かいます、湿原はこちらからは全く見えず
2019年09月28日 08:02撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の田代山に向かいます、湿原はこちらからは全く見えず
1
田代湿原手前にある避難小屋、小屋の中に祠がありました
2019年09月28日 08:36撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代湿原手前にある避難小屋、小屋の中に祠がありました
2
小屋から1分歩くと突然湿原が登場
2019年09月28日 08:38撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から1分歩くと突然湿原が登場
5
湿原の主役はキンコウカ
2019年09月28日 08:41撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の主役はキンコウカ
1
木々の紅葉も始まってました
2019年09月28日 08:42撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の紅葉も始まってました
1
湿原と会津駒ケ岳
2019年09月28日 08:47撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原と会津駒ケ岳
2
日が差すとキンコウカが黄金色に輝きます
2019年09月28日 08:48撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差すとキンコウカが黄金色に輝きます
5
高原山バックに
2019年09月28日 08:49撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原山バックに
3
人も少なくて快適
2019年09月28日 08:50撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人も少なくて快適
2
晴れればもっときれいだったでしょうが、遠望が利いただけでもラッキー
2019年09月28日 08:51撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れればもっときれいだったでしょうが、遠望が利いただけでもラッキー
1
一番大きな池塘
2019年09月28日 08:52撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番大きな池塘
3
木道の途中に突然田代山山頂のサイン、三角点は木道から外れているので自粛
2019年09月28日 08:53撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の途中に突然田代山山頂のサイン、三角点は木道から外れているので自粛
1
逆光もいいですね
2019年09月28日 08:54撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光もいいですね
3
広々してますが、鬼怒沼よりは一回り小さい
2019年09月28日 08:56撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々してますが、鬼怒沼よりは一回り小さい
3
もう一つの主役はイワショウブ
2019年09月28日 09:00撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つの主役はイワショウブ
3
ツツジの紅葉
2019年09月28日 09:02撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの紅葉
1
帝釈山へ戻ります
2019年09月28日 09:18撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山へ戻ります
1
台倉高山へ向かいます、小湿原の三段田代
2019年09月28日 11:02撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台倉高山へ向かいます、小湿原の三段田代
1
左端が台倉高山、右端は双耳峰の北峰
2019年09月28日 11:18撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端が台倉高山、右端は双耳峰の北峰
カエデの紅葉
2019年09月28日 11:22撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエデの紅葉
1
左から女峰山、大真名子山、右は太郎山と男体山が重なってます
2019年09月28日 11:29撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から女峰山、大真名子山、右は太郎山と男体山が重なってます
1
三角の山頂が近づいてきました
2019年09月28日 11:32撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角の山頂が近づいてきました
栃木百名山の台倉高山、バックは燧ケ岳
2019年09月28日 11:51撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃木百名山の台倉高山、バックは燧ケ岳
1
尾瀬沼へは尾根続きですが、道はありませんでした(激藪)
2019年09月28日 11:49撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼へは尾根続きですが、道はありませんでした(激藪)
1
奥には左から中ノ岳、越後駒ケ岳、ギザギザの荒沢岳
2019年09月28日 11:50撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には左から中ノ岳、越後駒ケ岳、ギザギザの荒沢岳
1
左端に帝釈山、中央奥が田代山
2019年09月28日 11:57撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端に帝釈山、中央奥が田代山
1
何とか天気もって馬坂峠に到着
2019年09月28日 13:01撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか天気もって馬坂峠に到着
恒例ですが桧枝岐の「まる家」で裁ちそば、とてもおいしいのですが大盛にできないのが残念
2019年09月28日 13:46撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例ですが桧枝岐の「まる家」で裁ちそば、とてもおいしいのですが大盛にできないのが残念
5
舘岩の前沢曲家集落に立ち寄ります、清流の舘岩川
2019年09月28日 14:36撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舘岩の前沢曲家集落に立ち寄ります、清流の舘岩川
1
20軒ほどの曲家、大内宿のような賑わいはなく静かに観光できます
2019年09月28日 14:43撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20軒ほどの曲家、大内宿のような賑わいはなく静かに観光できます
5
帰りは鬼怒川経由、鹿沼の「正嗣」で焼餃子&水餃子、とてもおいしかった
2019年09月28日 17:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは鬼怒川経由、鹿沼の「正嗣」で焼餃子&水餃子、とてもおいしかった
4

感想/記録
by hirok

この週末も悩ましい天気。
先週はトレーニング山行だったので、何とか行ける場所を探します。
といっても予報はあまりよくないので近場を本命としますが、
朝起きて雨の降り出しが遅ければ、帝釈山を狙います。

帝釈山は以下の理由で関東で最後に残った200名山。
・登山口まで空いていても4時間以上と、関東で屈指のアクセス難
・遠い割には山はあっさりと登れてしまい、しかもピストンのみ
・シーズンはオサバグサor草紅葉だが、梅雨&秋雨で晴れにくい上に、
 どちらの季節も他に行きたい山がたくさんあり、順番が回ってこない

朝起きてSCWをチェックすると、午前中は比較的雲は薄く、
雨の降り出しは14〜15時ぐらいか。
行程時間は短いので、何とか間に合いそう。
近場の山行用に車に積んでいた自転車を下して、帝釈山を目指すことに。
この山は高速を下りてから100km以上、所要時間約2時間半と、
高速道路網が発達した今日で、最も一般道の運転が長い山ではないでしょうか。

登山口の馬坂峠は既に標高1800m、ちょっとずるをした感じです。
帝釈山までは30分もかからず登頂。
目論み通り高曇りで展望ばっちり、日光がとても近いのが印象的でした。
帝釈山からは田代湿原は全く見えないのですが、
樹林帯を抜けると突然湿原が現れます。
キンコウカが黄金色に輝いており、それでこの名前なのかと想像してしまいます。
見頃を迎えた草紅葉の向こうに高原山や那須、会津駒ヶ岳などが見渡せ、
この時期に来てよかったと思える瞬間でした。

一度馬坂峠まで戻り、天気も問題なさそうなので、台倉高山を目指します。
こちらも樹林帯が続く登山道でしたが、山頂は展望良好。
日光が近づいた感じがしますし、燧ヶ岳や中ノ岳など越後方面の山が望めます。
結局、最後までまずまずの登山日和で、遠征成功でした。

檜枝岐ではいつもの蕎麦屋でおやつを食べ、前沢曲屋集落を見学し、
鹿沼で餃子を食べて帰路へ。
運転時間は10時間を超えましたが、山歩きはその半分、
山よりもドライブ&観光の印象が強かった感はぬぐえませんが、
ようやく関東最後の200名山に行って来れました。
訪問者数:483人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/10
投稿数: 2570
2019/9/29 22:45
 田代湿原
hirokさん、こんばんは。

キンコウカやイワショウブ、草紅葉の主役なんですね。
秋はまだか、とおもっていましたが、着実に来ているようです。

土曜日は、妻が仕事がない予定で、天気さえ合えば田代湿原もありだと考えていました。(馬坂でなくて猿倉からの往復ですけれど)
しかし、妻が仕事が入ったうえに、天気に悩んで結局のところ,私だけヒガンバナとなった次第です。

遠いけれど、とても、いいところに見えます。
オサバグサの時期より、草紅葉の時期のほうがいいですかね。
登録日: 2014/8/1
投稿数: 3217
2019/9/30 0:19
 ロングドライブお疲れ様です。
hirokさん こんばんは

関東から決して遠くない距離ですが、自動車で行くと時間がかかりますね。
北アルプスの方が近い位なので、なかなか登りに行く機会がありません!
いつか自分も登ってみたい山にしたいと思います。それに、重伝地区の前沢
曲家集落にも立ち寄りたいです。お疲れ様でした。
                             埼玉のchii   
登録日: 2011/6/12
投稿数: 4461
2019/9/30 20:54
 福島県ですか
hirokさん、こんばんは!

福島遠征とは、恐れ入りました。
冒頭での説明に納得しましたが、片道4時間超とは大変
まだまだお若いですね
私、もはや、片道2時間が限界であります
山行時間より、総移動時間の方が長いとは、お疲れさまでした。
そのかいあって、200名山も折り返し点に到達!
おめでとうございます

この時期の高層湿原、広範囲に草紅葉が広がり、見応え十分。
人影が映っていないところをみると、静かな歩きを楽しめたようですね。
このような風景を見ながら歩けたとは、労力と成果の損益計算書は、バッチリ黒字でしたね
このような風景を見せつけられると、山に対する情熱が失せた心にも響くものがあります。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3537
2019/9/30 21:14
 キンコウカ
satfourさん、こんばんは

イワショウブは湿原でよく見かけますが、
キンコウカが主役になっているのは初めてだったかもしれません。
光を浴びるとまさに黄金色に輝いて、感動でした。
今年の秋は遅い進行ですが、標高2000m付近では確実に進んでいました。

こんな予報で往復10時間もかけて行くべきか、と悩みましたが、
こういう天気でもないと、いつまでも行くチャンスがなさそうなエリアだったので、
気合を入れて行ってきました。
樹林帯がほとんどなので、曇りでも遠望が利けばOKだったかと思います。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3537
2019/9/30 21:19
 すごい遠回り
chii1961さん、こんばんは

そうなんです、日光と目と鼻の距離なのですが、
林道が栃木県側からが通行止めになっているので、
果てしなく遠回りをしています。
北アルプスよりもはるかに遠く、一日中ドライブをしている感じでした。
一般道をこれだけ運転する山はないですね。

前沢曲家集落は休憩がてら立ち寄りましたが、静かに観光できます。
豪雪かつ馬が必須ということで、合理的に曲家ができたそうです。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3537
2019/9/30 21:26
 往復10時間
tailwindさん、こんばんは

栃木県境の山ですが、福島県に入ってからの道路が長く、
あまり関東の山という実感がありません
高速よりも一般道の運転の方が楽しいのですが、それにしても遠いですね。

200名山、300名山となると関東近郊の山が少なくて、
なかなかカウントアップしませんね。
そのうちまとめて遠征したいものです

尾瀬と異なって、アクセス難が影響してか、ほとんど湿原には人はいませんでした。
天気予報も多分に影響していると思いますが。
この日は遠望が利くかが損益分岐点だったのですが、
問題なく日光、尾瀬、那須、越後と見渡せ、収支は黒字になりました

最後の一行、とても気になるコメントですが。。。
登録日: 2013/11/8
投稿数: 1066
2019/10/1 22:40
 おしい〜
hirokさん、こんばんは。
帝釈山と田代山、なんと1日違いでした。ずれていたら4度目のバッタリだったかもですね(^^)

田代山の湿原、開けて気持ち良い所でしたね。あのオレンジの花はキンコウカですか。曇りだったのですが、そこだけ明るいようでした✨

帰りは正嗣に寄られたのですね。いいなぁ😋
miruru
登録日: 2009/5/12
投稿数: 7183
2019/10/2 18:39
 田代湿原へ
hirokさん、こんばんは。

遠い山ですよね。
tailwindさんのコメントとかぶるところがありますが
私も今のテンションですと(情熱は消えてませんが。。)、
なかなか計画出来ないお山です。
やはり、登山口からピストンで行程は短いのに運転は長い
がネックですね。
しかし、かなり前から田代湿原へ行きたい気持ちは
強いので、なんとかしないとなあとあらためて思います、
と書いていて、、
前沢曲屋集落ですか、考えてみるとお山への行程も短いし
観光を絡めて相方と行くのが一番だなあと今思い至りました
今度計画してみます
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3537
2019/10/2 22:21
 この場所で!
miruruさん、こんばんは

4度目のバッタリだったら、ヤマレコユーザーのタイ記録だっただけに、残念でした。
公共交通機関利用の多いmiruruさんがまさかこの山にいるとは夢にも思わなかっただけに、
バッタリだったらさぞかしビッグサプライズだったかと思います。

田代湿原は樹林帯から突然現れるので、感動でした。
キンコウカは尾瀬でもたくさん咲く花ですが、
草紅葉に混ざって輝いているのは初めて見たので、思わずガッツポーズ。
収穫前の稲穂を思い浮かべてしまいました。

正嗣をご存じなのですか!
ひっきりなしに持ち帰りのお客様が訪れる大人気店でした。
登山の後に美味しいものを食べると、幸せ気分になれます。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 3537
2019/10/2 22:27
 観光気分で
youtaroさん、こんばんは

これほど遠い登山口は新穂高温泉とか数えるほどしかありません。
関東ではおそらく一番時間のかかる登山口かと。
この曇り予報で10時間もかけて行くのか、という葛藤がありましたが、
結果的には行って正解でした
youtaroさんご指摘の通り、前沢曲家集落を見たり、
桧枝岐で裁ちそばを食べ、鹿沼で餃子を食べ、
半分観光気分で福島県と栃木県を満喫でした旅でした
馬坂峠まで車で行けば、標高差はいくらもないので、
奥様とのんびり行かれるのがいいかもしれませんね。
もちろん晴れに勝るものはありませんが、樹林帯がメインなので高曇りであればOKかと。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ