また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2073337 全員に公開 ハイキング十勝連峰

十勝岳–美瑛岳-美瑛富士

日程 2019年10月24日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
31分
合計
5時間50分
S望岳台04:4506:25十勝岳06:3407:55美瑛岳08:0308:50美瑛富士09:0309:10美瑛富士分岐09:1110:35望岳台G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
稜線上は所々カッチカチに氷化しているので爪系の装備は必須。
十勝岳の登山道より美瑛岳側の方が雪が多い。特に美瑛岳の東面トラバースと山頂直下が完全アイスバーンなので油断せずに。
その他周辺情報望岳台〜白金ゲートは本日より閉鎖です。
温泉:白銀荘
飯:山岡家 富良野店
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

月明かりに浮かぶ十勝連峰のシルエットが幻想的だった
2019年10月24日 05:02撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりに浮かぶ十勝連峰のシルエットが幻想的だった
14
久しぶりの摺鉢
2019年10月24日 05:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの摺鉢
2
十勝岳まではここが1番雪が多い
2019年10月24日 06:04撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳まではここが1番雪が多い
5
日の出と共に
2019年10月24日 06:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出と共に
6
富良野岳は神々しかった
2019年10月24日 06:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳は神々しかった
17
雲海に影十勝連峰が写っていた
2019年10月24日 06:29撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に影十勝連峰が写っていた
5
息を飲む美しさ
2019年10月24日 06:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息を飲む美しさ
7
朝日は元気をくれる
2019年10月24日 06:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日は元気をくれる
6
次はあそこまで行こう
2019年10月24日 06:47撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はあそこまで行こう
8
ここの雪はグズグズで見た目ほど危なくない
2019年10月24日 06:52撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの雪はグズグズで見た目ほど危なくない
5
ここまでシートラすれば滑れます
2019年10月24日 06:52撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでシートラすれば滑れます
1
今までグズグズだったくせに突然ブルーアイスのカッチカチ。
ここはマジで1番危ない箇所だった
2019年10月24日 07:38撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までグズグズだったくせに突然ブルーアイスのカッチカチ。
ここはマジで1番危ない箇所だった
10
美瑛岳直下も油断できないカチカチ山になっていた
2019年10月24日 08:04撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳直下も油断できないカチカチ山になっていた
2
美瑛岳は20数年ぶりか!?
2019年10月24日 07:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳は20数年ぶりか!?
5
雪化粧の十勝岳。
もう少し白い方が綺麗だが贅沢は言うまい。
2019年10月24日 07:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪化粧の十勝岳。
もう少し白い方が綺麗だが贅沢は言うまい。
26
行くならどちらか1つ
2019年10月24日 07:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くならどちらか1つ
2
美瑛富士分岐から少しオプ側に行ってみたが面倒な感じ…
ヤメだヤメだ!
2019年10月24日 08:33撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛富士分岐から少しオプ側に行ってみたが面倒な感じ…
ヤメだヤメだ!
6
東大雪は水墨画みたい
2019年10月24日 08:34撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大雪は水墨画みたい
3
試合終了のゴングを鳴らす
2019年10月24日 08:54撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試合終了のゴングを鳴らす
19
本日のチグハグな装備
2019年10月24日 08:59撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のチグハグな装備
13
美瑛岳はどちらから見てもカッケー
2019年10月24日 08:57撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳はどちらから見てもカッケー
7
表大雪も雪化粧
2019年10月24日 08:55撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表大雪も雪化粧
5
今日もありがとうございました
2019年10月24日 10:38撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もありがとうございました
4
ゲート閉鎖10分前にギリギリ通過
2019年10月24日 10:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート閉鎖10分前にギリギリ通過
3

感想/記録

1029hPaの高気圧様が来道されるので有給を放り込んだ。雪がパラっと付いた十勝連峰が無性に見たくなったので十勝岳に行くことにした。
色々とルートを考えたが11時にはゲートが閉鎖されるので面倒臭くなり、とりあえず十勝岳まで行って天気と気持ち次第の成り行き任せにした。
満点の星空と月に見送られながら望岳台から出発、1℃と体が慣れていないので寒いが、冬の訪れを感じワクワクする。ここから登るは10年ぶりくらいだ。摺鉢火口の辺りで明るなり周囲が見えるようになるが思ったより雪は少なかった。山頂に着くとさすがに風が冷たいが寒い分景色は美しかった。

砂漠も見えているので次は美瑛岳まで進むことにした。雪が多くなるが残雪期の様な表面が柔らかいグズグズの雪質だったのでチェーンは履かずに進む。6月の事を思い出しながら歩き美瑛岳の東斜面に差し掛かると、雪は突然アイスバーンに変わり肝を冷やした。東面だから昼に緩んで夜に凍るのだろう、やはりこの時期は油断ならん。
山頂直下もシビれる硬さだったが無事に美瑛岳に到着、高校の登山部以来なので20数年ぶりと感慨深い。

美瑛富士分岐に降りて富士るかオプるか考えたが雪もさらに増えてきたし、オプまでピストンするモチベは完全に消えてしまったし、富士って降りればゲート閉鎖に間に合いそうなので美瑛富士で終わることにした。ここも同じく高校の時以来の登頂。
あとは望岳台まで一気に駆け下りる。ポンピ沢と勝瑛の滝の沢は初めて通るのでどんなもんかと思っていたが特に問題なく通過できた。

久しぶりの雪の感触を感じながら静かな初冬の十勝連峰の稜線を歩けて、充実した休日となりました。いよいよ僕たちのシーズンが近づいているので装備も体もしっかりと準備していこう。
訪問者数:636人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ