また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2166599 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

荒船山スノトレ(内山峠in/out)

日程 2020年01月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝6時に、和光市駅前でレンタカーを借り、高速道路を使って(所沢IC→下仁田IC)、内山峠まで乗りつけ。内山峠までのアクセス道は、早朝の道路凍結がないか心配していたが、1/3現在は凍結はなく、ノーマルタイヤで行き来できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
48分
合計
3時間50分
S荒船山登山道路入口荒船駐車場08:2309:01鋏岩修験道場跡09:0309:16一杯水09:31荒船山避難小屋09:33艫岩10:0010:20経塚入口10:30荒船山10:3210:37経塚入口10:53相沢分岐10:57艫岩11:0811:21一杯水11:2311:37鋏岩修験道場跡11:4112:13荒船山登山道路入口荒船駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1/2現在、北斜面は凍った雪の上に新雪が積もり、かなりの長きに渡り、雪道が続くため、駐車場からチェーンスパイクを装着することをお勧めします。早朝は雪が途切れても、土も氷り気味なため、チェンスパを一度も外さず、山頂(経塚山)まで行けました。

山頂(経塚山)直下のみ、そこそこの急登ですが、ここの「下り」は絶対にチェンスパか軽アイゼンをつけたほうが安全です。ツルツル滑る箇所数多。でも・・・、すれ違った人のうち半分はチェンスパ、残り半分はツボ足でした。ツボ足組が下りで転倒・滑落しないことを願うのみ。。。
その他周辺情報「日本秘湯を守る会」下仁田温泉・清流荘(800円)にて。
※内山峠までの道中にあった「荒船の湯」は2019年9月で閉店したようです

写真

下仁田ICから下り、荒船山へ向かう途上、荒船山の全景が!
2020年01月03日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下仁田ICから下り、荒船山へ向かう途上、荒船山の全景が!
荒船山、本当に軍艦みたい!右が船尾(艫岩)、左が船首(経塚山)!
2020年01月03日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒船山、本当に軍艦みたい!右が船尾(艫岩)、左が船首(経塚山)!
内山峠へ向かう最終盤、すでに霧氷がすごいことに!
2020年01月03日 08:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内山峠へ向かう最終盤、すでに霧氷がすごいことに!
ついつい車を止めて撮影タイム!
2020年01月03日 08:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついつい車を止めて撮影タイム!
心配していた道路凍結の影響もなく、普通車で内山峠までアクセスできました!
2020年01月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた道路凍結の影響もなく、普通車で内山峠までアクセスできました!
内山峠駐車場。私が来た時は6番目。帰る時はもう7,8台増えてた!
2020年01月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内山峠駐車場。私が来た時は6番目。帰る時はもう7,8台増えてた!
朝8時半前、出発!
2020年01月03日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝8時半前、出発!
登山口すぐに雪道が!ただ、しばらくはツボ足で通過。
2020年01月03日 08:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口すぐに雪道が!ただ、しばらくはツボ足で通過。
霧氷祭、スタート♪♪
2020年01月03日 08:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷祭、スタート♪♪
霧氷アート 1/5
2020年01月03日 08:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アート 1/5
霧氷アート 2/5
2020年01月03日 08:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アート 2/5
青空の下、霧氷街道!
2020年01月03日 08:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、霧氷街道!
昨年末(12/29)、巻機山で見た霧氷と似ている!
2020年01月03日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年末(12/29)、巻機山で見た霧氷と似ている!
霧氷アート 3/5
2020年01月03日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アート 3/5
霧氷アート 4/5
2020年01月03日 08:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アート 4/5
霧氷の奥に目指す艫岩が!
2020年01月03日 08:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の奥に目指す艫岩が!
入山から20分過ぎ、チェンスパを装着。以降、山頂から折り返して、ある程度下るまでつけっぱなし!
2020年01月03日 08:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山から20分過ぎ、チェンスパを装着。以降、山頂から折り返して、ある程度下るまでつけっぱなし!
霧氷アート 5/5
2020年01月03日 08:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アート 5/5
でっかい一枚岩と思われる鋏岩(はさみいわ)!
2020年01月03日 09:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい一枚岩と思われる鋏岩(はさみいわ)!
木々の奥に、目指す船首(経塚山)が見えた!
2020年01月03日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の奥に、目指す船首(経塚山)が見えた!
浅間山が初めてきれいにお目見え!
2020年01月03日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山が初めてきれいにお目見え!
浅間山、ドーン!
2020年01月03日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、ドーン!
1
外輪山・黒斑山(左)、ドーン!
2020年01月03日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山・黒斑山(左)、ドーン!
木々の奥に、目指す船尾(艫岩)が見えた!すごい断崖絶壁だ!
2020年01月03日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の奥に、目指す船尾(艫岩)が見えた!すごい断崖絶壁だ!
艫岩到着!すぐにドローン(Tello)を飛ばしてみるも、強風につきフライト断念。これが唯一のショット!奥は艫岩の東屋。
2020年01月03日 09:34撮影 by TelloFPV 1.6a T,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩到着!すぐにドローン(Tello)を飛ばしてみるも、強風につきフライト断念。これが唯一のショット!奥は艫岩の東屋。
影荒船(影艫岩)の遥か奥に浅間山!
2020年01月03日 09:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影荒船(影艫岩)の遥か奥に浅間山!
あの霧氷の森(内山峠)から登ってきたのだ!
2020年01月03日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの霧氷の森(内山峠)から登ってきたのだ!
1
霧氷は上から見ても、中を通っても、キレイだなぁ!
2020年01月03日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷は上から見ても、中を通っても、キレイだなぁ!
艫岩の突端から自撮り棒を伸ばし眼下を撮ってみた。ここで覗き込んで墜落(死)する人が、後をたたない模様・・・。
2020年01月03日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩の突端から自撮り棒を伸ばし眼下を撮ってみた。ここで覗き込んで墜落(死)する人が、後をたたない模様・・・。
浅間山、ドーン!
2020年01月03日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、ドーン!
ガスっているけど、浅間山のお隣・草津白根山、ドーン!
2020年01月03日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっているけど、浅間山のお隣・草津白根山、ドーン!
中央奥は、未踏の二百名山・浅間隠山!
2020年01月03日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥は、未踏の二百名山・浅間隠山!
中央部は未踏の二百名山・妙義山地。
奥は榛名山地で、中央右の優しいフォルムが榛名富士!
2020年01月03日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央部は未踏の二百名山・妙義山地。
奥は榛名山地で、中央右の優しいフォルムが榛名富士!
奥は谷川連峰!
2020年01月03日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は谷川連峰!
谷川岳(オキノ耳・トマノ耳)かと思ったけど、facebookの山好きには谷川岳より少し南の「小出俣山(おいずまたやま)」では、と言われました。
2020年01月03日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳(オキノ耳・トマノ耳)かと思ったけど、facebookの山好きには谷川岳より少し南の「小出俣山(おいずまたやま)」では、と言われました。
妙義山の少し北西にある高岩!
2020年01月03日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義山の少し北西にある高岩!
妙義山と高岩の位置関係がわかるように一帯を望遠!
2020年01月03日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義山と高岩の位置関係がわかるように一帯を望遠!
影荒船(影艫岩)が格好いい!
2020年01月03日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影荒船(影艫岩)が格好いい!
船尾(艫岩)にて!これから船首(経塚山)に向かうゾ!
2020年01月03日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船尾(艫岩)にて!これから船首(経塚山)に向かうゾ!
船上(山頂部)は、本当に平ら。チェンスパつけながら、トレランしちゃいました!
2020年01月03日 10:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船上(山頂部)は、本当に平ら。チェンスパつけながら、トレランしちゃいました!
船上で踊っている乗客を2名ほど発見♪
2020年01月03日 10:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船上で踊っている乗客を2名ほど発見♪
ここを数分かけて登ると船首(山頂)!
2020年01月03日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを数分かけて登ると船首(山頂)!
船首、いな荒船山、別名、経塚山へ到着!でっかい軍艦の船長になった気分!
2020年01月03日 10:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船首、いな荒船山、別名、経塚山へ到着!でっかい軍艦の船長になった気分!
2
山頂は眺望もなく、長居無用。即下山開始。山頂直下の凍った雪の斜面はチェンスパが大いに役立つ!(すれ違いハイカーの半数はツボ足でしたが、本当に怪我なく下りれるのだろうか・・・)
2020年01月03日 10:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は眺望もなく、長居無用。即下山開始。山頂直下の凍った雪の斜面はチェンスパが大いに役立つ!(すれ違いハイカーの半数はツボ足でしたが、本当に怪我なく下りれるのだろうか・・・)
「うひょー!!」と叫びながら、走りたくなる船上!実際に走りました!
2020年01月03日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「うひょー!!」と叫びながら、走りたくなる船上!実際に走りました!
再び、船尾(艫岩)まで戻ってきました!やはり風が強く、ドローン空撮は断念。
2020年01月03日 11:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、船尾(艫岩)まで戻ってきました!やはり風が強く、ドローン空撮は断念。
左奥は浅間隠山で、往路は見えなかった雪山が右奥に見えた!
2020年01月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥は浅間隠山で、往路は見えなかった雪山が右奥に見えた!
自宅で地図とにらめっこしながら山座同定する限り、中央の白いのが未踏の二百名山・白砂山ではないか、と思われる。
2020年01月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅で地図とにらめっこしながら山座同定する限り、中央の白いのが未踏の二百名山・白砂山ではないか、と思われる。
艫岩から下山開始。雪は凍結しており、しばらくチェンスパをつけっぱなし!
2020年01月03日 11:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩から下山開始。雪は凍結しており、しばらくチェンスパをつけっぱなし!
一杯水(唯一の水場)は凍結してました。
2020年01月03日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水(唯一の水場)は凍結してました。
12時頃、ほとんどの霧氷はなくなってましたが、一部残っている木々もありました!
2020年01月03日 12:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時頃、ほとんどの霧氷はなくなってましたが、一部残っている木々もありました!
途中でチェンスパを外した後は、再装着が面倒で、下りの凍結雪斜面はゆっくりツボ足で通過。無事下山!
2020年01月03日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でチェンスパを外した後は、再装着が面倒で、下りの凍結雪斜面はゆっくりツボ足で通過。無事下山!
車で下りる際、改めて艫岩を見上げる!
2020年01月03日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で下りる際、改めて艫岩を見上げる!
さっきまで、あそこの端っこにいたんだなぁ・・・。
2020年01月03日 12:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまで、あそこの端っこにいたんだなぁ・・・。
道中の「荒船の湯」が昨秋閉館したので、下仁田中心部から少し外れた下仁田温泉・清流荘へ!
2020年01月03日 13:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中の「荒船の湯」が昨秋閉館したので、下仁田中心部から少し外れた下仁田温泉・清流荘へ!
日本秘湯を守る会の温泉は久しぶり!途中まで、貸し切りでした!
2020年01月03日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本秘湯を守る会の温泉は久しぶり!途中まで、貸し切りでした!
一部高速道路も使いつつ、基本は下道をのろのろドライブ。川越あたりで見えた富士の夕暮れ!
2020年01月03日 16:59撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部高速道路も使いつつ、基本は下道をのろのろドライブ。川越あたりで見えた富士の夕暮れ!
地元に戻ってから、ガストで乾杯!
2020年01月03日 19:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元に戻ってから、ガストで乾杯!

感想/記録

昨年末、再放送をしていた田中陽希さんの2015年の挑戦、グレートトラバース2(二百名山)。それを見てて初めて知った山、荒船山。TVで放映された軍艦ぽい山容に一目惚れし、是非一度行きたいと思ったのは昨12月。前日(1/2)、神奈川・大山を下山した後、翌日(1/3)も関東一帯は好天なので、どこか連登したいなーと思い、新年早々、初心貫徹ということで、ソロで行ってきました。

朝6時に、和光市駅前でレンタカーを借り、高速を使って8時過ぎに登山口となる内山峠へ。ノーマルタイヤで、内山峠まで上がれるか心配で、もしダメなら相沢登山口から登る覚悟で行きましたが、1/3時点では問題なく上がれました。それにしても、高速道路の下仁田ICが近づくに連れ、荒船山と妙義山の特徴的な山容がガンガン目に入ってきて、とっても刺激的。下仁田IC下りて、内山峠へ向かう途中、青空の下、軍艦(荒船山)の全容がきれいに撮れ、モチベーションあげあげ。しかも、内山峠目前から、車道がすでに霧氷祭で、ついつい車を停めて撮影タイムでした♪

かれこれ、8時半前に、内山峠登山口から入山。このルートは北から南下するため、道中「北面」が多く、「雪が溶けて氷化した後、また新雪が乗って」的な道が多く、滑りやすく結構危険。登り基調なので、最初はツボ足で進みましたが、早々に危険を感じ、チェーンスパイクに。その後、南面を通る時は夏道なんですが、早朝は土も氷り気味で、チェンスパのまま効率よく進んでいきます。

コースタイム60分とあった鋏岩まで半分の30分で到着。道中、霧氷や浅間山をガシガシ撮影していたので、我ながらいいペースです。その後も、所々で雪が途切れますが、チェンスパしたまま一気に艫岩まで。

艫岩に着いた時、誰もいなかったので、ドローン(Tello)で断崖絶壁の上を飛ばし、空撮しようとしましたが、風が強く、ロストが怖いのですぐに断念しました。噂に違わぬ断崖絶壁でしたが、浅間山や妙義山(表・裏)、榛名山地はとってもクリアに見えました。反面、谷川連峰や赤城山地、北アルプスや八ヶ岳などは、この日はほぼ見えませんでした。残念。

さて、やっと軍艦に乗り込んだので、船尾(艫岩)から船上(山頂台地)を通って船首(経塚山)を目指します!本当に平らな雪原で、チェンスパ装着したまま、ガシガシ走って進みます。上空は雲ひとつない太陽が見え、暖かい!寒くないし、平らだし、とても雪山とは思えない快適度。雪山初心者にもお勧めの山です。

平らな山頂台地をザクザクと雪上を進むこと30分、最後だけわずかばかりの急登を登ると荒船山の山頂・経塚山!山頂は眺望もなく、撮影したら即下山開始。山頂直下は凍った雪道なので、チェンスパがあると安心・安全です。再びチェンスパをつけたまま走り、艫岩へ。やはり強風のため、ドローン空撮は断念。

下山は、チェンスパ外すタイミングが難しいですね。行きは凍っていた土道も、帰りは普通に泥々で、チェンスパを外しますが、定期的に北面の凍結した下り雪道がやってくる。でも結局・・・、一度チェンスパを外して以降は、ツボ足でそろーりそろーり進み、一度も再装着しませんでした。本当は付けたり外したりしたほうが、結果、雪道を安全に、しかも「早く」通過できたかなー、と思いました。中々、泥々になったチェンスパって管理が大変で、頻繁な付け外しは気乗りしないもんですが・・・。

今回の荒船山は、前夜、レンタカーを手配し、急転直下行くことにしましたが、ノーマルタイヤで無事に内山峠までアクセスでき、早朝は霧氷街道が神秘的で、艫岩〜経塚山間のいわゆる軍艦船上は、青空の下、真っ白な雪原が広がり、パラダイスでした。この特徴的な山容は、鋭鋒・槍ヶ岳、台形・立山に負けず劣らず、印象に残る名峰だと思いました。是非皆さんも、一度己の目で、軍艦を眺め、そして操縦席(経塚山)に立ってほしいです!
訪問者数:100人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ