また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2171663 全員に公開 沢登り丹沢

水無川水系 沖ノ源次郎沢 沢登り講習

日程 2020年01月03日(金) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ★
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新茅周辺
・朝8時過ぎで戸沢は満車状態、上のバンガロー下部も一杯でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■沖ノ源次郎沢
  この沢出合にあるF1、F2は古くからクライミング(というより岩トレか)
  の練習ゲレンデとして登られていますが、支点、終了点(特にF2)はリング
  ボルトやハーケンで落下係数を伴うテンションは掛けられません。
  ※クライミングシューズ携行が望ましいです。
  F1−20mは一番登られているのが左凹角で掘棔銑検歡度。
  ランニング支点は数カ所取れ、終了点はテラス中央に昔からある大きな輪環か
  そのすぐ上にアンカーが2つあります。
  F2−20mは落ち口右手にでる小チムニー状を抜けます。真下からダイレクト
  に登ってもよいし、やや左側から右上するバンドを登ってチムニーに合流するも
  よし。(検棔
  その他左壁や中央壁にもルートがありますが、支点は古く終了点も古いリング
  ボルトで一部欠落しています。
  F1の高巻きは右手ガレルンゼを少し上がってから右尾根でしたが、出だしが
  崩れテイクオフが難しくなっています。F2はF1とのテラスからやはり右を
  巻いて落ち口に出ることができます。

  ガレゴーロを登っていくと左側が大岩や壁状になって、涸れ棚が連続します。
  いずれも慣れた方なら快適なクライミングができます。(掘棔銑検篠度)
  ただし支点などはなく、一部バランシーで細かいのでクライミングを普段
  していない方は主に右側から巻くことです。

  最後は大倉尾根の金冷シに出るか、適当な箇所から地形図を読んで源次郎尾根
  に詰められます。

  遡行グレード 2級(F1、F2を直登した場合)

  『丹沢の谷200ルート』P15〜17

■マウントファーム登山学校(JMIA認定)
 http://mt-farm.info/
 ※冬期でも沢登り講習を実施しています。

写真

廃道となった書策新道へ源次郎沢を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道となった書策新道へ源次郎沢を渡る
水無川徒渉点手前の崩壊地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川徒渉点手前の崩壊地
水無川本谷徒渉点に長年立っていた標識はとうとう台風で跡形もなく流されてしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷徒渉点に長年立っていた標識はとうとう台風で跡形もなく流されてしまった
F2 今日は右上バンドから登ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2 今日は右上バンドから登ってみる
トラバース終了あたり泥が腹にまとわりつく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース終了あたり泥が腹にまとわりつく
すぐ上に石積み堰堤
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上に石積み堰堤
ここからkamog版
2020年01月03日 08:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからkamog版
書策新道前半に鎮座する岩
いつも通る度に挨拶します
2020年01月03日 09:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道前半に鎮座する岩
いつも通る度に挨拶します
朽ちた木橋
昔は渡ったのにな
2020年01月03日 09:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた木橋
昔は渡ったのにな
水無川に下りる箇所も派手にえぐられている
2020年01月03日 09:52撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川に下りる箇所も派手にえぐられている
右岸の崩落地
台風の影響をまざまざと見せつけられる
2020年01月03日 09:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の崩落地
台風の影響をまざまざと見せつけられる
本谷徒渉点の標識がとうとう流失してしまった
長年ありがとうございました
2020年01月03日 09:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷徒渉点の標識がとうとう流失してしまった
長年ありがとうございました
これは最近の物だが矢印方向に行っても道が崩れてわからないかもしれないね。とにかく沢を下りないように。
2020年01月03日 09:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは最近の物だが矢印方向に行っても道が崩れてわからないかもしれないね。とにかく沢を下りないように。
本谷を少しの間遡行する
2020年01月03日 09:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷を少しの間遡行する
沖ノ源次郎沢F1
2020年01月03日 10:05撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖ノ源次郎沢F1
Iさんリード
2020年01月03日 10:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iさんリード
policeさん親子がいらしていた
2020年01月03日 11:45撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
policeさん親子がいらしていた
左チムニー状3段棚
2020年01月03日 12:19撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左チムニー状3段棚
ちょっと細かいが登れる
2020年01月03日 12:26撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと細かいが登れる
ステミングで突破
2020年01月03日 13:02撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステミングで突破
1170mから源次郎尾根目指して
2020年01月03日 13:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1170mから源次郎尾根目指して
上部で左の尾根に乗り換える
2020年01月03日 13:39撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部で左の尾根に乗り換える
源次郎尾根に出た
2020年01月03日 14:04撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根に出た
仮称、上の草原
2020年01月03日 14:07撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮称、上の草原
上の草原から土ザレの左岸を下りて
2020年01月03日 14:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の草原から土ザレの左岸を下りて
少し下りてから右岸へ少しトラバース
2020年01月03日 14:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りてから右岸へ少しトラバース
仮称 中の草原
2020年01月03日 14:19撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮称 中の草原
仮称 下の草原
2020年01月03日 14:48撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮称 下の草原
ここはモフモフがたくさんいらっしゃる
2020年01月03日 14:48撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはモフモフがたくさんいらっしゃる
植林帯に入る
2020年01月03日 15:05撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯に入る

感想/記録
by kamog

2020年2本目の渓は沖ノ源次郎沢講習です。
おそらくこの沢に水が流れているのは年に数日でしょう。
冬のこの時期の方が快適な沢登り&クライミングが楽しめます。
出合のF1・F2が表だっていますが、中流部の棚もチムニー、フェイスクライミングが面白い。
RCCグレードで掘銑検椶曚鼻
受講者さんはクライミング旨いので、どんどん登ってもらいました。
詰めは金冷シに出ると大倉尾根ハイカーの喧噪に巻き込まれるので、源次郎尾根上部に出ました。

戸沢駐車場は三が日のお蔭か朝から満車。バンガロー下も一杯だったので新茅まで戻って停めました。
10月も台風で戸沢の河原も崩れたため、戸沢駐車場はだいたい12台程度しか停められません。
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ