また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2175255 全員に公開 ハイキング 丹沢

棚沢ノ頭南西尾根:鍋割山〜熊木沢出合〜棚沢ノ頭〜丹沢山〜塔ノ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月09日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森駐車場(10台位)。二俣方面は通行止めでゲート前まで行けない。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間49分
休憩
1時間9分
合計
11時間58分
S表丹沢県民の森駐車場06:3407:15櫟山07:2007:36栗ノ木洞07:55後沢乗越08:56鍋割山09:0309:10オガラ沢分岐09:24旧鍋割峠(オガラ沢ブッコシ)09:29オガラ沢ノ頭10:02オガラ沢出合10:18熊木沢出合10:2512:05弁当沢ノ頭12:3313:46棚沢ノ頭13:4814:07不動ノ峰休憩所14:1314:50丹沢山14:5916:00塔ノ岳16:0516:19金冷シ16:31花立山荘17:02堀山の家17:24駒止茶屋17:55見晴茶屋18:00水無堀山林道18:17西山林道18:32表丹沢県民の森G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場〜櫟山:
遊歩道となっていて分岐には道標があるので迷うことはない。

鍋割山〜北尾根〜オガラ沢出合:
踏み跡は明確で歩き易い。下りでも注意すれば迷うようなことはない。

熊木沢出合〜棚沢ノ頭:
一般道となっているが、道が不明瞭な個所も多く、道標もないが、登りではまず迷うようなことはない。弁当沢ノ頭までは急坂の連続だが、弁当沢ノ頭付近はなだらかで気持ちの良い場所。棚沢ノ頭への詰めも急坂で茨の刺に注意が必要。

見晴茶屋〜水無堀山林道:
見晴茶屋の少し先に明瞭な踏み跡があって5分程度で水無堀山林道に下りられる。林道を20分程で西山林道に合流する。
その他周辺情報湯花楽秦野店、720円(JAF割引)。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場にある案内図。
2020年01月09日 06:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にある案内図。
駐車場に櫟山の登山口がある。
2020年01月09日 06:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に櫟山の登山口がある。
櫟山の象徴的な松。
2020年01月09日 07:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫟山の象徴的な松。
3
栗ノ木洞。展望はない。
2020年01月09日 07:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗ノ木洞。展望はない。
後沢乗越。
2020年01月09日 07:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢乗越。
鍋割山頂は工事中で立ち入り禁止。
2020年01月09日 08:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山頂は工事中で立ち入り禁止。
1
いろいろ工事している。
2020年01月09日 08:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろいろ工事している。
富士山が素晴らしい。
2020年01月09日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が素晴らしい。
3
朝日を浴びた駿河湾。
2020年01月09日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びた駿河湾。
1
大島の横に利島と新島も見える。
2020年01月09日 09:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大島の横に利島と新島も見える。
鍋割山の西の肩からの富士と南アルプス。
2020年01月09日 09:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山の西の肩からの富士と南アルプス。
2
塩見岳。
2020年01月09日 09:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳。
荒川三山、赤石岳、聖岳。
2020年01月09日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山、赤石岳、聖岳。
ここから北尾根に入る。
2020年01月09日 09:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北尾根に入る。
気持ちの良い尾根。
2020年01月09日 09:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根。
鍋割峠から旧鍋割峠へのトラバース道。ロープがあるがかなり危なそう。
2020年01月09日 09:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割峠から旧鍋割峠へのトラバース道。ロープがあるがかなり危なそう。
オガラ沢ノ頭。
2020年01月09日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オガラ沢ノ頭。
気持ちの良い尾根。
2020年01月09日 09:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根。
小さなコブの手前で左側に下りる。右側に尊仏ノ土平に下りる踏み跡もある。
2020年01月09日 09:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなコブの手前で左側に下りる。右側に尊仏ノ土平に下りる踏み跡もある。
ここに下りてくる。昨年末に登った時はここを見逃してずっと先まで沢を詰めてしまった。
2020年01月09日 09:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに下りてくる。昨年末に登った時はここを見逃してずっと先まで沢を詰めてしまった。
玄倉林道の崩壊地。結構厄介。
2020年01月09日 10:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉林道の崩壊地。結構厄介。
熊木沢出合の橋。脚立はしっかり固定されている。
2020年01月09日 10:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢出合の橋。脚立はしっかり固定されている。
1
熊木沢出合から蛭ヶ岳。堂々としていて立派。
2020年01月09日 10:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢出合から蛭ヶ岳。堂々としていて立派。
2
橋を渡ってすぐ先に古い道標があるので、ここから尾根に取り付く。踏み跡は途中から不明瞭になるので、とにかく尾根に上がる。
2020年01月09日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ってすぐ先に古い道標があるので、ここから尾根に取り付く。踏み跡は途中から不明瞭になるので、とにかく尾根に上がる。
こんな急登が続いて、大幅にペースダウン。
2020年01月09日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急登が続いて、大幅にペースダウン。
弁当沢ノ頭付近はなだらかな気持ちの良い所。
2020年01月09日 11:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁当沢ノ頭付近はなだらかな気持ちの良い所。
1
ここで昼食。すでに時間オーバーで日没前の下山は諦めた。
2020年01月09日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼食。すでに時間オーバーで日没前の下山は諦めた。
1
それにしてもこの付近は気持ちの良い尾根だ。
2020年01月09日 12:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもこの付近は気持ちの良い尾根だ。
蛭ヶ岳南陵。とても登れるとは思えない。
2020年01月09日 12:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳南陵。とても登れるとは思えない。
ふたたび急登となる。茨も出てきて刺が痛い。
2020年01月09日 13:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたたび急登となる。茨も出てきて刺が痛い。
大分登って来た。南アルプスの白峰三山や仙丈がハッキリ見える。
2020年01月09日 13:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分登って来た。南アルプスの白峰三山や仙丈がハッキリ見える。
棚沢ノ頭まであと一息。
2020年01月09日 13:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭まであと一息。
ここに出てきた。古い道標もある。
2020年01月09日 13:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに出てきた。古い道標もある。
2
蛭ヶ岳が立派だ。
2020年01月09日 13:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が立派だ。
横浜のランドマークタワーがハッキリ見えた。アクアラインや海ほたるも。
2020年01月09日 14:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横浜のランドマークタワーがハッキリ見えた。アクアラインや海ほたるも。
丹沢山〜塔ノ岳の稜線。
2020年01月09日 14:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山〜塔ノ岳の稜線。
ようやく丹沢山。
2020年01月09日 14:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく丹沢山。
雪がまだ少し残っていた。
2020年01月09日 14:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がまだ少し残っていた。
2
塔ノ岳。
2020年01月09日 16:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。
1
夕暮れの尊仏山荘。このとき午後4時。日没まで僅か。
2020年01月09日 16:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの尊仏山荘。このとき午後4時。日没まで僅か。
2
大山と表尾根。
2020年01月09日 16:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山と表尾根。
1
夕焼けの愛鷹山。このあと堀山の家の先で真っ暗に。ヘッドライトで歩く。
2020年01月09日 16:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けの愛鷹山。このあと堀山の家の先で真っ暗に。ヘッドライトで歩く。
3
何とか西山林道に下りてきたときは午後6時過ぎ。真っ暗だ。
2020年01月09日 18:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか西山林道に下りてきたときは午後6時過ぎ。真っ暗だ。
2

感想/記録
by tat7

気になっていた棚沢ノ頭南西尾根に県民の森駐車場から長い周回ルートで行ってきた。

鍋割山を越えて熊木沢出合までは、はぼ順調だったが、弁当沢ノ頭への急登でバテてしまい大幅に予定時間をオーバーしてしまった。弁当沢ノ頭付近はなだらかな尾根で本当の気持ち良い所だ。

何とか棚沢ノ頭に辿りついた後は、泥んこ道を丹沢山へ。そして塔ノ岳へ着いた時は午後4時。予定していた小草平〜二俣に下りる道は初めてでもあり日没後にヘッドライトでは無理と判断し、見晴らし茶屋から水無堀川林道に下りることに。このごく短いルートは以前歩いたこともあり踏み跡もハッキリしていたのでヘッドライトで何とか下りることができた。

体力/時間的にかなり厳しいルートではあったが、天気にも恵まれとても充実した今年の初山行となった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:463人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ