また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2178130 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳 地蔵尾根-天望荘-文三郎道

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月12日(日) 〜 2020年01月13日(月)
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り-雪 稜線上はやや強い風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口の駐車場 500円/日(下山時に請求書が置いてありました)
12日の5時ころ、美濃戸口から赤岳山荘を目指しましたが、最初の下り坂で車(4WD+スパイクレスタイヤ)のお尻が振れ、危ないと判断して、美濃戸口へチェーン装着後戻りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間34分
休憩
41分
合計
6時間15分
S美濃戸口05:5806:00八ヶ岳山荘06:0407:05やまのこ村07:12赤岳山荘07:18美濃戸山荘08:44中ノ行者小屋跡09:53行者小屋10:3012:08地蔵の頭12:13赤岳天望荘
2日目
山行
4時間15分
休憩
53分
合計
5時間8分
赤岳天望荘07:2308:06赤岳頂上山荘08:1308:19赤岳08:28竜頭峰分岐08:3408:42キレット分岐08:50文三郎尾根分岐08:5609:30阿弥陀岳分岐09:51行者小屋10:0510:12中山尾根展望台10:25赤岳鉱泉10:3811:16堰堤広場11:2311:51美濃戸山荘11:56やまのこ村12:31美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
12日:美濃戸口〜行者小屋:凍結しているところあり、チェーンスパイクを装着。行者小屋〜天望荘:地蔵尾根は梯子、鎖がほぼ出ていました。新雪あり凍結はありませんでした。アイゼンとピッケル。
13日:天望荘〜赤岳〜行者小屋:文三郎は、ほぼ階段が埋まっていました。新雪あり。アイゼンとピッケル。行者小屋〜赤岳鉱泉〜美濃戸口:歩きやすかったです。チェーンスパイクを装着。
その他周辺情報赤岳天望荘:一泊二食で暖房費含め9500円、モンベル、JRO他カード提示で500円引き。美濃戸口の八ヶ岳山荘でのコーヒー券と入浴券も頂けます。下山時にコーヒーは頂く。

もみの湯で入浴@650円
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ソフトシェル ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ ゴーグル

写真

夜明け前に美濃戸口を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前に美濃戸口を出発。
1
最初の林道は凍結。
2020年01月12日 06:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の林道は凍結。
1
赤岳山荘手前の坂道から、阿弥陀岳。期待が膨らみました。
2020年01月12日 07:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘手前の坂道から、阿弥陀岳。期待が膨らみました。
赤岳山荘のオブジェ。
2020年01月12日 07:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘のオブジェ。
2
北/南沢分岐。南沢から行者小屋へ行きました。
2020年01月12日 07:18撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北/南沢分岐。南沢から行者小屋へ行きました。
1
南沢を登ります。
2020年01月12日 08:04撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を登ります。
1
視界が開け、もうすぐで山並みが見える。
2020年01月12日 09:08撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開け、もうすぐで山並みが見える。
大同心、小同心が見えて来ました。
2020年01月12日 09:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心、小同心が見えて来ました。
1
横岳の当たり。次の日に行くはずでした。
2020年01月12日 09:41撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の当たり。次の日に行くはずでした。
1
赤岳。登っている人が見えました。
2020年01月12日 09:45撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳。登っている人が見えました。
1
行者小屋到着。ここで、小休止、アイゼン、ピッケルを装着。
山並みを見るにがこれで最後になるとは思いませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。ここで、小休止、アイゼン、ピッケルを装着。
山並みを見るにがこれで最後になるとは思いませんでした。
4
風がありそうでしたので、地蔵尾根から天望荘を目指しました。
2020年01月12日 10:46撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風がありそうでしたので、地蔵尾根から天望荘を目指しました。
階段は出ていました。
2020年01月12日 11:06撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は出ていました。
1
霧氷が出て来ました。
2020年01月12日 11:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が出て来ました。
まだ、稜線は見えました。風はありそう。
2020年01月12日 11:13撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、稜線は見えました。風はありそう。
まだ、稜線は見える。
2020年01月12日 11:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ、稜線は見える。
頑張る同行者。
2020年01月12日 11:37撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張る同行者。
2
地蔵の頭はもう少し。
2020年01月12日 11:43撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭はもう少し。
途中にあるお地蔵さんは半分埋まっていました。
2020年01月12日 11:47撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあるお地蔵さんは半分埋まっていました。
1
地蔵の頭に到着。
2020年01月12日 12:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭に到着。
2
ここのお地蔵さんは、氷で覆われていました。
このあとすぐに天望荘に到着。
2020年01月12日 12:07撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのお地蔵さんは、氷で覆われていました。
このあとすぐに天望荘に到着。
1
次の朝。残念ならが、視界無く、風もあり。
横岳〜硫黄岳の予定したが、赤岳、天候回復すれば阿弥陀岳へ変更。天望荘を出発。
2020年01月13日 07:19撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の朝。残念ならが、視界無く、風もあり。
横岳〜硫黄岳の予定したが、赤岳、天候回復すれば阿弥陀岳へ変更。天望荘を出発。
2
霧氷が立派に成長していました。
2020年01月13日 07:22撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が立派に成長していました。
最初の登り。他のパーティーの後に続きます。
2020年01月13日 07:27撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の登り。他のパーティーの後に続きます。
急登を登る。
2020年01月13日 07:34撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登る。
急登を登る。
2020年01月13日 07:35撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登る。
2
途中で休憩する私。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で休憩する私。
1
前かがみで登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前かがみで登ります。
赤岳に登頂。
視界ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳に登頂。
視界ありません。
5
一緒に行った方と記念撮影。
2020年01月13日 08:15撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一緒に行った方と記念撮影。
3
文三郎道への最初の岩場。
2020年01月13日 08:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道への最初の岩場。
1
権現岳への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳への分岐。
険しい下りの途中。
2020年01月13日 08:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい下りの途中。
中岳への分岐の付近、この当たりが一番強い風でした。阿弥陀岳へは無理と判断して、行者小屋へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳への分岐の付近、この当たりが一番強い風でした。阿弥陀岳へは無理と判断して、行者小屋へ。
1
先頭の私は転んだだけ、後の二人はシリセード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先頭の私は転んだだけ、後の二人はシリセード。
1
文三郎道の階段はほぼ埋まっています。
2020年01月13日 09:10撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道の階段はほぼ埋まっています。
1
シリセードが出来ました。
2020年01月13日 09:17撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シリセードが出来ました。
樹林帯に入り、道もしっかり、風もなく、天国のようでした。
2020年01月13日 09:23撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入り、道もしっかり、風もなく、天国のようでした。
行者小屋へ到着、小休止。アイゼン、ピッケルをしまい、チェーンスパイクに交換。
2020年01月13日 09:33撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋へ到着、小休止。アイゼン、ピッケルをしまい、チェーンスパイクに交換。
1
アイスキャンディーを見るために、赤岳鉱泉に寄りました。
2020年01月13日 10:25撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーを見るために、赤岳鉱泉に寄りました。
1
沢山の方が練習中。中国語のグループも。
2020年01月13日 10:31撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山の方が練習中。中国語のグループも。
2
南沢を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を下ります。
1
美濃戸口に無事帰還。
天候には恵まれませんでしたが、楽しい登山でした。
感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口に無事帰還。
天候には恵まれませんでしたが、楽しい登山でした。
感謝。
3
撮影機材:

感想/記録

 昨年、正月に赤岳-天望荘泊-横岳-硫黄岳に行った時は、快晴-無風で日の出を見ることが出来ました。今年も同じような景色に期待して、山友さんとその山友さんの4名で同じコースを目指しました。天気予報では、12日は曇りでしたが、13日は晴れでしたので、期待大で出かけました。12日は、最初は曇りでしたが、行者小屋かた横岳、赤岳は見通せました。その後はガス、風、雪でしたが、予報通り。期待した13日はいずれの天気予報も晴れでしたが、予報は当たらず、八ヶ岳山域にのみ雲が発生、山頂付近はガス、風は強くはありませんでしたが、視界はなく、昨年とは大違いでした。冬山はこのようなものと実感。
 山友さんは、一昨年末の日帰りの時も視界なし、その山友さんのお二人は初めての冬の赤岳で、晴れた日の出を見ましょうとお誘いしました。結果は日の出も山頂からの眺望もなく、申し訳ありませんでした。ごめんなさい。
 個人的には、今シーズンは近畿の山は雪不足で少し物足りない雪山登山でしたが、例年よりも少ないとは言え、十分な雪がある高山の雪山登山が出来、天望荘ではゆっくりと山友さんたちと、山談義が楽しめました。何時ものように、同行頂いた方々に大感謝です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:449人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ