また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2178658 全員に公開 ハイキング 甲信越

国上山(〜剣ヶ峰まで)1月なのに晩秋気分

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前は薄曇り〜高曇り,午後は小雨がぱらぱら降ったり止んだり。無風。入山時気温4度,下山時7度。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
酒呑童子神社の駐車場を利用。そばの道の駅国上のトイレは商業施設の開店前時間でも使えました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
34分
合計
4時間22分
S酒呑童子神社駐車場09:3809:56こもれび広場分岐10:22国上寺本堂10:45五合目標柱10:5010:55分水展望台11:04国上山11:13剣ヶ峰分岐11:51剣ヶ峰12:1012:22黒滝城址西入口12:57剣ヶ峰分岐13:03蛇崩れ13:0713:17ちご道分岐13:25休憩13:3113:48麓登山口14:00酒呑童子神社駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
剣ヶ峰まで国上山を経由して正味2時間8分,剣ヶ峰から酒呑童子神社まで蛇崩れ経由で正味1時間40分。(遅足です)
コース状況/
危険箇所等
●場所により程度の差はありますが,今日の全行程が泥濘です。全般にお隣の弥彦山・角田山と比較して,地質の違いにより登山道の土壌流出・洗掘が激しいという違いがあります。落ち葉の厚いところも,滑りやすいです。
●剣ヶ峰の登りは南北両側でそこそこ急です。
●自分が今日降りた「麓登山口」は,登りに利用される際は工事作業道との分岐に指道標がなく,入ってすぐに倒木もあって,ちょっとわかりずらいです(写真参照)。
●国上山山域では,公式にスパイク長靴の使用自粛がうたわれています。
https://tsubame-kankou.jp/activity/kugamiyama_trekking/
その他周辺情報道の駅国上の食堂は,500円〜600円台で麺類・カレー・丼ものなど一通りそろえてありました。(祝日以外の月曜休館で,食堂は夕方まではやっていないようです)
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 長袖フリース(ミドル) ズボン 靴下 グローブ(薄手) グローブ(厚手) 防寒着(ライトダウン) 雨具 長靴(ノーマル) ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ ウォーキングポール ニット帽子 ネックウォーマー

写真

酒呑童子神社さんから出発です。ここの看板の童子もイケメン風イラストでしたね。。登山口は神社さんの右手裏です。
2020年01月12日 09:42撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酒呑童子神社さんから出発です。ここの看板の童子もイケメン風イラストでしたね。。登山口は神社さんの右手裏です。
2
杉林をすこし上がるとほどなく明るい雑木林に出ます。歩き始めしばらくは,薄日が射していました。
2020年01月12日 09:54撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林をすこし上がるとほどなく明るい雑木林に出ます。歩き始めしばらくは,薄日が射していました。
これから登る国上山が見えてきます。
2020年01月12日 10:04撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る国上山が見えてきます。
1
国上寺さんの境内に入ります。ご本尊は阿弥陀如来さん,梵字はキリークです。
2020年01月12日 10:20撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国上寺さんの境内に入ります。ご本尊は阿弥陀如来さん,梵字はキリークです。
2
本堂への石段。
2020年01月12日 10:22撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂への石段。
お寺さんを過ぎて上がって行くと,流紋岩質の岩石が風化して粘土化したぬるぬるっぽい道になります。
2020年01月12日 10:38撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺さんを過ぎて上がって行くと,流紋岩質の岩石が風化して粘土化したぬるぬるっぽい道になります。
1
5合目の石碑からは,剣ヶ峰との鞍部越しに弥彦山。あちこちに設置してある碑には短歌が彫られています。
2020年01月12日 10:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の石碑からは,剣ヶ峰との鞍部越しに弥彦山。あちこちに設置してある碑には短歌が彫られています。
3
その先から振り返ると分水と長岡東山。今日は午前中は日本平山・白山・守門岳までは見えていましたが,その先は雲の向こうでした。
2020年01月12日 10:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先から振り返ると分水と長岡東山。今日は午前中は日本平山・白山・守門岳までは見えていましたが,その先は雲の向こうでした。
2
国上山の山頂広場に到着。
2020年01月12日 11:03撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国上山の山頂広場に到着。
2
この宝塔は,屋根も台座も割れているわ,本体の底が浮きあがっているわ,と,なかなか難儀な状況です。東西南北各面に,キリーク,バン,ウン,タラークの各梵字が彫り込まれていました。
2020年01月12日 11:04撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この宝塔は,屋根も台座も割れているわ,本体の底が浮きあがっているわ,と,なかなか難儀な状況です。東西南北各面に,キリーク,バン,ウン,タラークの各梵字が彫り込まれていました。
2
山頂を過ぎると,正面に弥彦山が見えてきます。ここの下りはどろんこ道でした。
2020年01月12日 11:05撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を過ぎると,正面に弥彦山が見えてきます。ここの下りはどろんこ道でした。
1
コース上で飛び出したカナ釘のほぼ全部に,注意喚起のピンクテープが巻いてあります。丁寧な整備に頭が下がります。ありがとうございます。
2020年01月12日 11:06撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース上で飛び出したカナ釘のほぼ全部に,注意喚起のピンクテープが巻いてあります。丁寧な整備に頭が下がります。ありがとうございます。
1
剣ヶ峰分岐を西に降りて行くと,これから登る剣ヶ峰がようやく見えてきます。かつての黒滝城の奥の見張り場所だったそうです。途中,空堀のようなところがあらわれ,城砦らしさが出てきます。
2020年01月12日 11:18撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰分岐を西に降りて行くと,これから登る剣ヶ峰がようやく見えてきます。かつての黒滝城の奥の見張り場所だったそうです。途中,空堀のようなところがあらわれ,城砦らしさが出てきます。
1
剣ヶ峰の上り下りは,痩せた尾根道の急坂です。山頂に近づくと,寺泊・米山方面の見晴らしが得られてきます。お侍はここらから海岸方面を監視していたらしいです。
2020年01月12日 11:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の上り下りは,痩せた尾根道の急坂です。山頂に近づくと,寺泊・米山方面の見晴らしが得られてきます。お侍はここらから海岸方面を監視していたらしいです。
1
剣ヶ峰山頂です。細長い山頂で,晴れていれば気持ちのよさそうな場所でした。
2020年01月12日 11:50撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山頂です。細長い山頂で,晴れていれば気持ちのよさそうな場所でした。
2
剣ヶ峰の北のはずれから,弥彦山の展望。これが見たかったです。(ここから先の遠望写真のいくつかは,グラフィック調フィルターをかけて撮ったため,現実より色がずっと濃いです)
2020年01月12日 11:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の北のはずれから,弥彦山の展望。これが見たかったです。(ここから先の遠望写真のいくつかは,グラフィック調フィルターをかけて撮ったため,現実より色がずっと濃いです)
5
黒滝城址の手前から林道(車道としては廃道になっている部分)を通って,また剣ヶ峰分岐に戻ります。戻る途中から望む国上山は,均整のとれた三山形態のシルエットをしていて,このあたりが,宗教的トポスとして選ばれた理由かも(ただの思いつきです)。
2020年01月12日 12:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒滝城址の手前から林道(車道としては廃道になっている部分)を通って,また剣ヶ峰分岐に戻ります。戻る途中から望む国上山は,均整のとれた三山形態のシルエットをしていて,このあたりが,宗教的トポスとして選ばれた理由かも(ただの思いつきです)。
1
剣ヶ峰分岐に戻りました。この山域の指道標は,こげ茶地に蛍光緑の文字で,独特の雰囲気あります。「麓」の文字が気に入りました。(「麓登山口」という固有名詞なのですが)
2020年01月12日 12:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰分岐に戻りました。この山域の指道標は,こげ茶地に蛍光緑の文字で,独特の雰囲気あります。「麓」の文字が気に入りました。(「麓登山口」という固有名詞なのですが)
3
蛇崩れ付近は硬質な流紋岩の露岩帯になります。北西側斜面は断崖です。泉鏡花氏の「草迷宮」の冒頭部分は「大崩れ」という露岩地(三浦半島の設定)がモチーフになっていて,蛇崩れという地名でその場面を思い出しました。
2020年01月12日 13:00撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩れ付近は硬質な流紋岩の露岩帯になります。北西側斜面は断崖です。泉鏡花氏の「草迷宮」の冒頭部分は「大崩れ」という露岩地(三浦半島の設定)がモチーフになっていて,蛇崩れという地名でその場面を思い出しました。
2
蛇崩れから谷を隔てて眺めた剣ヶ峰。山頂部の左右の凹地は空堀みたいですね。
2020年01月12日 13:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩れから谷を隔てて眺めた剣ヶ峰。山頂部の左右の凹地は空堀みたいですね。
1
蛇崩れからの雨乞山・弥彦山・多宝山・角田山。この角度は連嶺っぽさが強調されてかっこいいシルエットです。右遠くは角田浜の海岸線。
2020年01月12日 13:07撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩れからの雨乞山・弥彦山・多宝山・角田山。この角度は連嶺っぽさが強調されてかっこいいシルエットです。右遠くは角田浜の海岸線。
1
蛇崩れから「ちご道分岐」へ下る途中で見上げた国上山。ぼんやり太陽が見えていますが,このあとパラパラと小雨模様になりました。
2020年01月12日 13:25撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇崩れから「ちご道分岐」へ下る途中で見上げた国上山。ぼんやり太陽が見えていますが,このあとパラパラと小雨模様になりました。
1
ちご道分岐から麓登山口へは,ゆったりした道です。
2020年01月12日 13:36撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちご道分岐から麓登山口へは,ゆったりした道です。
麓登山口に出るすぐ手前で,登山道から砂防ダムの作業道(向こうの明るいところ)に合流します。その直前に倒木があり,ちょっと道がわかりにくくなっています。
2020年01月12日 13:45撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓登山口に出るすぐ手前で,登山道から砂防ダムの作業道(向こうの明るいところ)に合流します。その直前に倒木があり,ちょっと道がわかりにくくなっています。
作業道に出て登山道入口(写真右端)をふりかえったところ。ここは指道標がなく,登りの際は気を付けないとまっすぐ進んでしまいそうです(砂防ダムで行き止まり)。ピンクテープと山火事注意のプレートが目印です。
2020年01月12日 13:46撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道に出て登山道入口(写真右端)をふりかえったところ。ここは指道標がなく,登りの際は気を付けないとまっすぐ進んでしまいそうです(砂防ダムで行き止まり)。ピンクテープと山火事注意のプレートが目印です。
1
登山口が見えてきました。
2020年01月12日 13:47撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見えてきました。
麓登山口は,民家の右わきを竹林に向かっていきます。ここから酒呑童子神社まで10分ほどの歩きでした。今日も山に来れて良かった。
2020年01月12日 13:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓登山口は,民家の右わきを竹林に向かっていきます。ここから酒呑童子神社まで10分ほどの歩きでした。今日も山に来れて良かった。
コシノカンアオイの斑入りの葉っぱがぽつん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コシノカンアオイの斑入りの葉っぱがぽつん。
3
まだ緑色の部分を少し残したトキワイカリソウの越冬葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ緑色の部分を少し残したトキワイカリソウの越冬葉。
1
常緑で冬も枯れず,光沢のある,キクバオウレンの葉。たくましい感じ。君らがまた咲くのももうすぐだね...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常緑で冬も枯れず,光沢のある,キクバオウレンの葉。たくましい感じ。君らがまた咲くのももうすぐだね...
2
この山域は,あちこちの尾根のやや低まったあたりに見られるエゾユズリハの群生が特徴的です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山域は,あちこちの尾根のやや低まったあたりに見られるエゾユズリハの群生が特徴的です。
1
ユキツバキの密生地もたまにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキツバキの密生地もたまにあります。
1
ユキツバキの薮。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキツバキの薮。
1
ぉぉ。この枝振りは,イグドラシルかはたまたノートゥングの刺さった木か,という雰囲気。(テキトウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぉぉ。この枝振りは,イグドラシルかはたまたノートゥングの刺さった木か,という雰囲気。(テキトウ
1
綿毛の種が全部飛んで,残って開いた総苞片がかわいいアキノキリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿毛の種が全部飛んで,残って開いた総苞片がかわいいアキノキリンソウ。
1
銅色に光るエゾアジサイのドライフラワー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅色に光るエゾアジサイのドライフラワー。
1
パックマンの団体さん。カラスザンショウの実が道に落ちていました。中身の種は見事に全部抜けています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パックマンの団体さん。カラスザンショウの実が道に落ちていました。中身の種は見事に全部抜けています。
1
ヤブランの黒い実。だいぶ落ちてますが,いくつかはしぶとく正月を越しました....って,雪無いけど1月なんですよね今は...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブランの黒い実。だいぶ落ちてますが,いくつかはしぶとく正月を越しました....って,雪無いけど1月なんですよね今は...
1
12月の越後白山と同様,アズキナシの実がところどころ落ちていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12月の越後白山と同様,アズキナシの実がところどころ落ちていました。
1
見上げるとアズキナシの大木のさきっちょに実がまだついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとアズキナシの大木のさきっちょに実がまだついています。
1
アズキナシの樹皮。大きく成長すると樹皮に縦溝が入るそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズキナシの樹皮。大きく成長すると樹皮に縦溝が入るそうです。
鮮やかなサルトリイバラの実。よく見ると茎にけっこうでかいトゲがあります。根・葉・実が薬用・食用として利用できるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかなサルトリイバラの実。よく見ると茎にけっこうでかいトゲがあります。根・葉・実が薬用・食用として利用できるそうです。
1
最後は,この地で人気者のヤブコウジくん。あちこちでぱらぱらと見られました。午後の小雨に濡れてしっとりしたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は,この地で人気者のヤブコウジくん。あちこちでぱらぱらと見られました。午後の小雨に濡れてしっとりしたところ。
1
撮影機材:

感想/記録

「8の字」を描こうかなと思って行ってみましたが,形がいびつすぎてぜんぜん8の字に見えません(笑。

国上山山域はとてもよく整備され,要所要所にきれいな地図看板があり,指道標もほぼ完備されています。今日は,剣ヶ峰のあたりで新しい枝払いの跡が続いているのにも気が付きました。関係者の皆様ありがとうございます。

なんでも今年は過去60年間で最高の少雪だそうで,遠くの高山以外,どこにも雪は見えません。今日もレインウェア以外の防寒装備はほぼ使わずに歩きました。どうなっちゃうんでしょうね....

その暖冬のおかげといいますか,今日は1月も半ばなのに晩秋と同じセンスで,冬葉や木の実・草の実を探しながらの,ほどよい起伏の歩きが楽しめました。お隣の角田山・弥彦山と似ているところもありつつ,やっぱり植生ひとつとっても角田山・弥彦山との違いや,国上山山域内での変化もあり,魅力的だなあと思います。

国上山まではそこそこ多くの方々とお会いしましたが,そこから先は下山までの約2時間半で3名の方とすれ違ったのみで,非常に静かでした。お昼前までは鳥の鳴き声が豊かでしたが,午後はそれもなくなり,自分の老人性耳鳴り以外は(苦笑)物音のしないなかでゆっくり歩きを堪能できました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:453人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ