また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2201558 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雲取山から北天のタル 〜奥秩父主脈赤線つなぎ(その3)〜

日程 2020年02月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さいたま市の自宅4:30発
鴨沢の小袖乗越6:40着
駐車場には先行車15台程度
トイレは鳩ノ巣駅か鴨沢バス停が便利
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間35分
休憩
34分
合計
9時間9分
S丹波山村村営駐車場06:4406:48小袖緑道あがり07:32茶煮場07:3307:47堂所08:16七ッ石小屋下分岐08:2108:24七ツ石小屋08:28七ツ石山の水場08:40上段と下段の分岐08:4108:50ブナ坂09:15奥多摩小屋09:1609:36小雲取山09:3709:50雲取山避難小屋09:5109:53雲取山09:5409:59雲取山避難小屋10:0010:17三条ダルミ10:58狼平11:31三ッ山12:24北天のタル12:3213:37三条の湯13:3913:58後山林道終点(青岩谷出合)14:0814:53塩沢橋15:21片倉橋15:2215:49お祭バス停15:5015:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全ルート、コースは明瞭。
【小袖乗越〜七ツ石小屋】
雪はまったくなくドライ。
下の巻き道は崩落のため通行止め。
【七ツ石小屋〜ブナ坂】
真ん中の巻き道は終盤から積雪あり。
つぼ足でも行けるが、先を見越してチェーンスパイク装着。
【ブナ坂〜奥多摩小屋跡】
ほとんど積雪なし。
【奥多摩小屋跡〜雲取山】
小屋を過ぎた先の巻き道は積雪10cm程度。凍結箇所なし。
小雲取山への急登は踏み跡が凍結気味。ここからは滑り止め必要。
山頂付近はクラスト。踏み抜きなくどこでも歩ける状態(時間や天候により変わるかも)
【雲取山〜北天のタル】
こちらは微妙に溶けて、踏み抜き必至。積雪10〜15cm。
【北天のタル〜三条ノ湯】
標高1700mから下はドライな状態。
山道が狭い箇所がいくつかあるので、積雪時は要注意。
【三条ノ湯〜お祭】
整備された山道と10km弱の林道歩き。
飽きる、滅入る、疲れる、、
その他周辺情報鳩ノ巣駅観光トイレがきれいで、気持ち良い。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

小袖乗越からスタート。
7時時点で、広い駐車場に15台程度
2020年02月01日 06:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小袖乗越からスタート。
7時時点で、広い駐車場に15台程度
マスコットのタバスキーが消えました
2020年02月01日 07:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マスコットのタバスキーが消えました
雪はまったく残っていません
2020年02月01日 07:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまったく残っていません
振り返ると富士山
2020年02月01日 08:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると富士山
1
七ツ石山の巻き道、下のコースは通行止めです
2020年02月01日 08:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山の巻き道、下のコースは通行止めです
七ツ石小屋に到着
2020年02月01日 08:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋に到着
上の巻き道、後半にやっと雪が現れました
滑り止めなくても大丈夫ですが、先を見越してチェーンスパイクを装着
2020年02月01日 08:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の巻き道、後半にやっと雪が現れました
滑り止めなくても大丈夫ですが、先を見越してチェーンスパイクを装着
ブナ坂通過
2020年02月01日 09:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂通過
石尾根も奥多摩小屋跡まではこんな感じ
2020年02月01日 09:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根も奥多摩小屋跡まではこんな感じ
2
警戒心の薄い鹿さんペア
2020年02月01日 09:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
警戒心の薄い鹿さんペア
2
南アルプスの山々がズラリと勢ぞろい
2020年02月01日 09:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々がズラリと勢ぞろい
5
ヘリポートでこんな感じ
2020年02月01日 09:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートでこんな感じ
奥多摩小屋跡通過
2020年02月01日 09:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋跡通過
雲取山では、ここからの富士がいいですね
2020年02月01日 09:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山では、ここからの富士がいいですね
5
小雲取山への急登
踏み跡が凍結気味のため、滑り止め必要
2020年02月01日 09:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山への急登
踏み跡が凍結気味のため、滑り止め必要
1
小雲取山通過
2020年02月01日 09:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山通過
避難小屋が見えてきました
2020年02月01日 09:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました
雲取山到着!
2020年02月01日 10:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山到着!
8
山頂付近はクラスト状態。
踏み抜きなく、好きなところを歩けます
2020年02月01日 10:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近はクラスト状態。
踏み抜きなく、好きなところを歩けます
5
トイレは使用可でした
2020年02月01日 10:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは使用可でした
歩いてきた石尾根方面
2020年02月01日 10:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた石尾根方面
3
これから進む飛龍山方面
こちらは踏み跡少なく、しかも踏み抜き必至
2020年02月01日 10:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む飛龍山方面
こちらは踏み跡少なく、しかも踏み抜き必至
雪道歩きは体力勝負
きょうの栄養補給はバナナ
2020年02月01日 10:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道歩きは体力勝負
きょうの栄養補給はバナナ
3
狼平通過
2020年02月01日 11:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼平通過
三ツ山方面への登り
急登ではありませんが、一向に歩が進まず。。。
2020年02月01日 11:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ山方面への登り
急登ではありませんが、一向に歩が進まず。。。
ところどころ凍結あり。要注意
2020年02月01日 12:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ凍結あり。要注意
先ほど登った雲取山
2020年02月01日 12:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど登った雲取山
1
やっとのことで北天のタルに到着
甲武信ヶ岳までの赤線がつながりました!
2020年02月01日 12:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで北天のタルに到着
甲武信ヶ岳までの赤線がつながりました!
飛龍権現から丹波バス停までを予定していましたが、ここで体力の限界。
三条ノ湯に下ります
2020年02月01日 12:47撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍権現から丹波バス停までを予定していましたが、ここで体力の限界。
三条ノ湯に下ります
三条ノ湯に到着。
標高1700mから下は積雪も凍結箇所も全くなし
2020年02月01日 13:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三条ノ湯に到着。
標高1700mから下は積雪も凍結箇所も全くなし
2
ここから10匱紊領啼司發
2020年02月01日 14:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから10匱紊領啼司發
長い長い林道歩き終了!
青梅街道に着きました
2020年02月01日 16:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い林道歩き終了!
青梅街道に着きました
と、安心したのもつかの間。
駐車場までの登り返しが本日の核心部だったかも
2020年02月01日 16:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、安心したのもつかの間。
駐車場までの登り返しが本日の核心部だったかも
1
やっとのことで駐車場に帰還。
よれよれで手振れ写真となりました(;^ω^)

本日の山行、体力だけでなく精神力も鍛えられる良い?トレーニングとなりました。
またお世話になります<(_ _)>
2020年02月01日 16:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで駐車場に帰還。
よれよれで手振れ写真となりました(;^ω^)

本日の山行、体力だけでなく精神力も鍛えられる良い?トレーニングとなりました。
またお世話になります<(_ _)>
2

感想/記録

2週続けて八ヶ岳へ行ったので、今週は浅間山・四阿山方面を検討。
しかし、土曜日の午前中までは風が強そうな予報のため計画変更。
このところ長い距離を歩いていなかったので、トレーニングがてら奥秩父主脈の虫食い区間(三条ダルミ〜北天のタル)の赤線つなぎといたしました。

雲取山は、無風快晴で絶好のお天気。
主脈縦走では踏み抜きに苦労しましたが、想定内の積雪で何とかつなぐことができました。
それにしても、お祭〜三条ノ湯の林道は長い!そして、411号から小袖乗越までの登り返しはきつい!!
ということで、精神力も鍛えられる、良いトレーニングとなりました<(_ _)>
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ