また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2223642 全員に公開 沢登り 丹沢

水無川水系 沖ノ源次郎沢 沢登り講習

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月11日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
・昨年の台風で以前より駐車スペースは限られており十台少し程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
◆沖ノ源次郎沢

 水無川支流で出合に20m級の涸棚が2つ連続し、昔から沢というよりも
 クライミングゲレンデとして利用されている。
 ただ残置アンカーはハーケンやリングボルト中心で古いものばかりなので
 落下係数を伴うテンションは許されない。
 中盤にも涸棚やCSが連続しておりRCCグレードで卦蕁椶曚匹如△曚椶垢戮
 直登可能。
 通常は詰め近くだけ僅かに水流がある涸れ沢である。
 棚クライミングがこの沢の売りなので、クライミング装備と技術を持たない方の
 入渓は自粛してください。
 遡行グレード 2級(棚直登の場合)

◆マウントファーム登山学校(JMIA認定インストラクター)
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

★ここからNさん提供写真版
朝の戸沢
今日は何とか停められました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★ここからNさん提供写真版
朝の戸沢
今日は何とか停められました
書策新道
水無川徒渉点手前の崩落箇所はどんどん悪くなっていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道
水無川徒渉点手前の崩落箇所はどんどん悪くなっていきます
水無川に下りる箇所も木ごと崩落しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川に下りる箇所も木ごと崩落しました
水無川本谷を少し遡行
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷を少し遡行
この乗越しが慣れていない人には難しいようです。
軽いレイバックで立ちこんで上のガバを取ればOK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この乗越しが慣れていない人には難しいようです。
軽いレイバックで立ちこんで上のガバを取ればOK。
F2上流で左正面から浅いガレ沢が合わさります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2上流で左正面から浅いガレ沢が合わさります。
落ち口だけお助け出します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口だけお助け出します
左右とも巻けますが、水がなければ直登です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右とも巻けますが、水がなければ直登です
源次郎尾根1280m地点に詰めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根1280m地点に詰めました
少し下りれば上の草原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りれば上の草原
上の草原の下には土ザレの窪があります。
右を20mほど下りてザレの左に行かないとまずいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の草原の下には土ザレの窪があります。
右を20mほど下りてザレの左に行かないとまずいです。
植林帯の径路を下ります。
1080mで植林尾根が分派することを確認しながら
左の尾根に進まないと源次郎沢の崖に阻まれてしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の径路を下ります。
1080mで植林尾根が分派することを確認しながら
左の尾根に進まないと源次郎沢の崖に阻まれてしまいます
★ここからkamog版
朝の戸沢
中央やや左寄りに見える富士山形の植林帯が源次郎尾根1080m尾根分派点。下降する際の要注意箇所です。
2020年02月11日 08:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★ここからkamog版
朝の戸沢
中央やや左寄りに見える富士山形の植林帯が源次郎尾根1080m尾根分派点。下降する際の要注意箇所です。
書策新道(鉱山道)崩落地点
私的に設置された残置ロープを引くことによって生じる落石にも要注意
2020年02月11日 09:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道(鉱山道)崩落地点
私的に設置された残置ロープを引くことによって生じる落石にも要注意
1
水無川に下りる箇所も台風で崩壊
2020年02月11日 09:47撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川に下りる箇所も台風で崩壊
沖ノ源次郎F1が見えてきました
2020年02月11日 09:54撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖ノ源次郎F1が見えてきました
先行パーティがいらっしゃいました
話しかけたら私の本をご愛読されていらっしゃる男女でした
丹沢で悪いことはできませんねー
2020年02月11日 09:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティがいらっしゃいました
話しかけたら私の本をご愛読されていらっしゃる男女でした
丹沢で悪いことはできませんねー
F2登る先行パーティ
2020年02月11日 10:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2登る先行パーティ
F2リード中
残置ハーケンは数本ありますが、一番上のものはカラビナ入らないので細いダイニーマスリングがよいです。
カムも小さ目あればよいですね。
2020年02月11日 11:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2リード中
残置ハーケンは数本ありますが、一番上のものはカラビナ入らないので細いダイニーマスリングがよいです。
カムも小さ目あればよいですね。
ここで取りあえずマルチは終わるのでロープ振り分けは適当です
2020年02月11日 11:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで取りあえずマルチは終わるのでロープ振り分けは適当です
2人同時登攀の場合、一本はガイドハンドで、もう一本は足でテンション具合を感じながらビレイ
2020年02月11日 11:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人同時登攀の場合、一本はガイドハンドで、もう一本は足でテンション具合を感じながらビレイ
すぐに幅広8m棚
2020年02月11日 11:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに幅広8m棚
最後の3mCS
右からの方が幾分楽です
2020年02月11日 13:13撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の3mCS
右からの方が幾分楽です
すぐに石積みが3連続
2020年02月11日 13:20撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに石積みが3連続
1170m二俣状
左の浅い支流の左岸尾根を詰めます
2020年02月11日 13:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1170m二俣状
左の浅い支流の左岸尾根を詰めます
源次郎尾根上の草原(仮称)
2020年02月11日 14:03撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根上の草原(仮称)

感想/記録
by kamog

今年になって3回目の沖ノ源次郎講習。
今まで冬の定番であった大山川が昨年入渓禁止になってしまったので、冬の涸れ沢講習の筆頭になっています。
身体の軸で登るクライミング中心に下山は地図読みも学習していただきました。
取付きでは珍しく男女のパーティが先行。
挨拶したら「後藤さんですか?」と言われ・・・。
まぁ冬場の丹沢の沢で講習めいたことをやっていれば面も割れますね。
お二人とも拙著ご愛読ありがとうございます!

#沢登り講習 #丹沢の谷200ルート #沖ノ源次郎沢
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:168人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ