また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2283173 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

遙かなる頂ピリカヌプリ(テン泊縦走)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月30日(月) 〜 2020年03月31日(火)
メンバー
天候2日間とも快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間38分
休憩
0分
合計
4時間38分
Sスタート地点07:3212:10トヨニ岳南峰
2日目
山行
11時間46分
休憩
1時間24分
合計
13時間10分
トヨニ岳南峰03:2504:07トヨニ岳北峰04:0807:42ピリカヌプリ08:1712:04トヨニ岳北峰12:0513:00トヨニ岳南峰13:4716:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トヨニ岳へのナイフリッジは雪が少なく安全に渡ることができました。早朝から10時くらいまでの時間は雪が凍っており、滑落してはいけない危険箇所ばかりです。10時以降気温が上がると踏み抜きが多くなります。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

1年前のリベンジに行くぞ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年前のリベンジに行くぞ〜。
1
1839峰を間近に見てやるぞ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1839峰を間近に見てやるぞ〜。
2
十勝さん、楽古さんお久しぶりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝さん、楽古さんお久しぶりです。
3
野塚さんもお久しぶりです。今年は日高も少雪だったようです。すでに4月下旬の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野塚さんもお久しぶりです。今年は日高も少雪だったようです。すでに4月下旬の様子。
5
1年ぶりの重装備18kgを背負ってイザ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年ぶりの重装備18kgを背負ってイザ!
12
この時期は沢をつめるのが快適です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期は沢をつめるのが快適です。
5
朝はカチンと凍っているのでアイゼンでも踏み抜きはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はカチンと凍っているのでアイゼンでも踏み抜きはありません。
稜線が目前です、青空が眩しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が目前です、青空が眩しい。
5
「お久しぶり〜」とご挨拶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「お久しぶり〜」とご挨拶。
19
何度見ても雄大な眺めに感動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても雄大な眺めに感動します。
4
緊張のナイフリッジも雪がない。今までで1番安心して渡れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張のナイフリッジも雪がない。今までで1番安心して渡れました。
14
上から見ることこんな感じです。スノーシューでも渡れる感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見ることこんな感じです。スノーシューでも渡れる感じです。
8
ニセピークまであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセピークまであと少し。
1
ジャーン、ニセピークからの眺めです。右からトヨニ岳南峰、北峰、ピリカ、神威と続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャーン、ニセピークからの眺めです。右からトヨニ岳南峰、北峰、ピリカ、神威と続いています。
12
南峰から南の景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から南の景色。
5
ズームで南日高の名峰達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームで南日高の名峰達。
18
数日前のテン泊の跡地を利用させていただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数日前のテン泊の跡地を利用させていただきます。
10
隣には雪洞の跡が。中は広くて快適そうでした。防風に耐えるならこれが一番ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣には雪洞の跡が。中は広くて快適そうでした。防風に耐えるならこれが一番ですね。
7
ブロックを積んで補修します。右側は切れ落ちているのでブロックがあると安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロックを積んで補修します。右側は切れ落ちているのでブロックがあると安心です。
5
設営完了、今年は夏用フライにしました。厳冬期ではないので十分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
設営完了、今年は夏用フライにしました。厳冬期ではないので十分でした。
26
場所は南峰を少し下った所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所は南峰を少し下った所です。
4
今年はMUKAストーブを入手したので水づくりが楽です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はMUKAストーブを入手したので水づくりが楽です。
5
だいぶ陽が傾いてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ陽が傾いてきました。
12
北峰とピリカをズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰とピリカをズーム。
15
夕刻を待ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕刻を待ちます。
3
アーベンタイムまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベンタイムまで
4
キター、アーベンタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キター、アーベンタイム。
16
南の稜線もオレンジ色に、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の稜線もオレンジ色に、
15
感動しているオヂサン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感動しているオヂサン。
19
ありがとう、また明日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう、また明日。
14
夕食はシンプルに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食はシンプルに。
3
今年は三脚も持参しました。星景撮影も楽しみです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は三脚も持参しました。星景撮影も楽しみです。
14
できました、私の最高傑作1です。タイトルは「遙かなる頂と日周運動」星ナビ2020年7月号入選。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できました、私の最高傑作1です。タイトルは「遙かなる頂と日周運動」星ナビ2020年7月号入選。
51
最高傑作2です。タイトルは「南日高を巡る星々」天文ガイド2020年7月号入選。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高傑作2です。タイトルは「南日高を巡る星々」天文ガイド2020年7月号入選。
29
翌朝は3時半に行動開始。北峰を降りた辺りから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は3時半に行動開始。北峰を降りた辺りから。
13
太陽から元気をもらいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽から元気をもらいます。
22
ピンク色に染まるピリカ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンク色に染まるピリカ。
9
この色は一瞬です、美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この色は一瞬です、美しい。
28
昨年の撤退場所まで来ました。帰路の不安もありましたが、弱い自分に喝を入れて進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の撤退場所まで来ました。帰路の不安もありましたが、弱い自分に喝を入れて進みます。
9
新鮮な角度からのピリカ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新鮮な角度からのピリカ。
14
ピークまで一直線になりました。アップダウンが多くて大変です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークまで一直線になりました。アップダウンが多くて大変です。
5
近づいてきたぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてきたぞ。
ピークは目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは目の前。
4
遂に登頂〜、この景色を見たかった〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に登頂〜、この景色を見たかった〜。
17
中日高の名峰達がズラリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中日高の名峰達がズラリ。
15
正しく遙かなる稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正しく遙かなる稜線。
16
あの楽古岳からここまでを繋ぐことができて感無量です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの楽古岳からここまでを繋ぐことができて感無量です。
15
リベンジ叶いました〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リベンジ叶いました〜。
41
帰路も遙かなる道のりです。一番えぐい登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路も遙かなる道のりです。一番えぐい登り返し。
8
予想通り疲弊しながらなので写真は少なめです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通り疲弊しながらなので写真は少なめです。
2
何とか北峰まで戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか北峰まで戻りました。
よくあそこまで行ったな〜と振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくあそこまで行ったな〜と振り返ります。
5
大雪面のペンギンカール。どうしてペンギンなのでしょうか。誰かご教授願いたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪面のペンギンカール。どうしてペンギンなのでしょうか。誰かご教授願いたい。
6
疲弊しながらテントに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲弊しながらテントに到着。
2
ありがとう、ピリカとトヨニ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう、ピリカとトヨニ。
7
再び重装備を背負って、正に満身創痍で下山しました。特別な2日間にYes coke Yes !
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び重装備を背負って、正に満身創痍で下山しました。特別な2日間にYes coke Yes !
17
帰路でピリカヌプリを眺めながらジーンときました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路でピリカヌプリを眺めながらジーンときました。
10
念願だった楽古岳〜ピリカヌプリまでが繋がりました。ピリカと神威の間はハイマツの藪漕ぎ必至と思われます。違ったステージになりそうなのでかなり敷居が高いかな〜。
2020年04月01日 18:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願だった楽古岳〜ピリカヌプリまでが繋がりました。ピリカと神威の間はハイマツの藪漕ぎ必至と思われます。違ったステージになりそうなのでかなり敷居が高いかな〜。
12
星景写真が天文誌ダブル入選となりました。改めてメモリアルな山行となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星景写真が天文誌ダブル入選となりました。改めてメモリアルな山行となりました。

感想/記録

 1年前のリベンジに挑んできました。登山を始めてからずっと目標にしていた頂きに立つことができて感無量です。私にとって特別な山行なので詳細を綴ります。
 
 この山行にはいくつもの諸条件が必要でした。仕事、家庭、気象条件、装備、経験、体力、これがしっかりとかみ合わないと成し遂げられないと考えていました。昨年も好条件でしたが、寒波がきていたことを考慮して途中撤退しました。
 
 朝4時に苫小牧を出発して7時頃野塚トンネルPに到着しました。前日はかなりの登山者で賑わっていたようですがこの日は私ともう一台だけでした。装備を整えて沢をつめていきます。直近のレコ(ms090さん、peterpanさん)を参考にスノーシューは必要ないと考えて置いて行きました。カチンと凍った雪面にアイゼンがよく効いて登りやすかったです。久々の重装備もまだまだ元気なので苦になりませんでした。

 国境稜線に上がると雲一つ無い青空にトヨニ岳がドンと見えました。1年ぶりの再会に大声で挨拶します。順調に1251Pを越えナイフリッジにさしかかりますが、ms090さんから楽に通過できることを聞いていたとおりの状況でした。昨年は寒波が来ていたのでかなり寒さを感じましたが、今年はとても順調に南峰までたどり着きました。

 南峰では数日前にテン泊された方がいたことをms090さんのレコで見ていたので利用させてもらいました。ブロックを積んで補修してテントを設営しました。厳冬期ではないので軽量化をはかるため夏用フライを使用しましたが、シュラフの性能がいいので全く問題なく眠ることができました。陽が傾いてアーベンタイムが始まると国境稜線がオレンジ色に輝きます。至福の時間でした。また、今年は星景撮影の良いポイントでテン泊しようと思っていたのでベストな場所でした。薄明終了後の撮影もうまくいって早く作品にしたいと期待を膨らませました。

 翌日は3時過ぎに行動を開始しようと考えました。私は持久力が足りないので後半にバテることを考えての早出です。北峰を過ぎてもまだ薄暗い中を自分に語りかけながら歩きます。やがてピリカヌプリが日の出直前のピンク色に染まり始めました。その景色に励まされて先に進みます。やがて昨年の撤退地点にたどり着きます。昨年は-10℃以下の寒さで撤退を決意しましたが今年は最高の条件です。それでも自分の体力が持つのか不安もあります。意を決して急斜面を降りて進みます。アップダウンも多く、ピリカヌプリはなかなか近づいてきません。時間はたっぷり残っていることを励みにして何とか頂上にたつことができました。ここまで終始風が強かったのですが山頂付近だけは不思議と無風でした。最高の天気の中、1839峰やカムエクなど、中日高の山並みを堪能して至福の時間を過ごしました。遠く楽古岳からここまでの稜線を繋げたことを過去の思い出とともに喜びました。

 さて、大きな達成感を感じながらも帰路の不安も大きかったのが現実です。この長い道のりを歩ききれるのか、いや歩ききるしか選択肢はないのだ。どんなに時間がかかっても一歩ずつ歩いて帰ろうと意を決します。予想通りアップダウンが体力を削いでいます。3年前に経験したシャリバテ対策は万全だったので随時エネルギーと水分補給はしていましたがだんだんと立ち止まる回数が増えてきます。もう幾つ小さな登りがあったか覚えていないくらいに登りがあります。牛歩で北峰まで戻った時にやっと下山できると確信しました。無事にテントにたどり着き、ゆっくり休憩をしながら撤収作業を行いました。

 再び重装備を背負ってトヨニ岳からの下山にかかります。もう3回目なので安心感はありましたがここへきてふくらはぎや太ももが攣りそうです。午後になって気温も上がっていたので踏み抜きも出てきました。登りがほとんどないことが唯一の救いでしたが「あせらず、ゆっくり」と独り言を言いながら進みます。かなり時間がかかってしまいましたが、国境稜線の降り口に到着して沢を降り始めます。楽をしようと時折尻滑りを交えながら満身創痍で駐車場に戻りました。やりきった充実感とともにコークが体中に染み渡りました。

 普段は朝活で楽しんでいる山登りですが、日高はチャレンジする場所と自分は認識しています。他の方に比べると基礎体力はない方ですが、綿密な計画、経験、装備などを揃え、気象条件に恵まれれば可能なんだと実感できました。大きな目標を達成することができてとても嬉しいです。これからまた支笏湖周辺の登山を楽しみたいですが、次の目標も考えていきたいと思います。長々とお読みいただきましてありがとうございます。







 



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:956人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/5
投稿数: 677
2020/4/1 22:12
 良い天気
こんにちは♪
二日とも凄く良い天気
テン泊しないと見れない景色!!好いですね
登録日: 2014/11/26
投稿数: 80
2020/4/1 22:14
 お目出度うございます!!「
今まで何度も挑戦している様子を拝見していました。先日の29日に野塚岳に登ったときに、雪解けが早く例年通りの挑戦なら笹漕ぎで苦労するだろうなとpositive51さんのことを考えながら西峰に向かっていました。
諦めず何年も準備と訓練を重ねてきた努力と熱意に敬意です。
本当にお目出度うございます。
天気と眺望に恵まれて最高でしたね。
私も10年前の感激を思い出しました。
今度、お会いした時に苦労話を聞かせてくださいね。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 543
2020/4/1 23:05
 素晴らしいショット
positive51さん、こんばんは。
まずは稜線を繋げたこと、おめでとうございます!達成感は半端ないことでしょう。
今回も素晴らしい写真の数々に見入ってしまいました。達成感が大きい分、また苦労されたこともあり、とてもいい写真が撮れたのではないでしょうか。お天道様も味方になってくれましたね。私もこのような山行をして、風景写真を撮ってみたいものです。
登録日: 2013/9/14
投稿数: 515
2020/4/2 5:10
 Re: 良い天気
akadake5さんコメントありがとうございます。
本当に良い天気に恵まれました。
透明度が高く、星空も素晴らしかったです。
3時頃は天の川もギラギラしていたのですが手持ちのカメラでは天の川はきれいに撮れないのが残念でした。
登録日: 2013/9/14
投稿数: 515
2020/4/2 5:20
 Re: お目出度うございます!!「
tarumae-yamaさんコメントありがとうございます。
少しずつスキルアップして目標を1つ1つクリアしていく過程は人生の大きな励みになっています。ピリカヌプリの存在を知り、挑戦しようと思うきっかけをつくっていただいたことに感謝いたします。今度ご一緒できる機会に直接感動をお伝えしたいと思います。何年にもわたる応援ありがとうございました。
登録日: 2013/9/14
投稿数: 515
2020/4/2 5:25
 Re: 素晴らしいショット
yo-shaさんコメントありがとうございます。
何年もかけて繋いできたので達成感ハンパナイです。
天候に恵まれたのでどこを撮っても素晴らしい被写体ばかりでした。
yo-shaさんのペラリ山からピセナイ山への縦走も魅力的な山行と思いました。次の目標の1つにしたいと思います。
登録日: 2012/5/1
投稿数: 129
2020/4/2 9:29
 感動しました
positive51さん おはようございます
ピリカヌプリ登頂おめでとうございます。
写真、感想文、動画を拝見して、positive51さんとご一緒に山行しているような気分になっている自分がいました。
特に動画で、感動を生の声で聴けたのはとても良かったです、自分も感動することが出来ました。
素敵なレコありがとうございました、これからも楽しみにしています。
登録日: 2013/9/14
投稿数: 515
2020/4/2 18:14
 Re: 感動しました
yamakichiさんコメントありがとうございます。
日高のテン泊レコにいつもコメントいただきまして嬉しく思います。
ヤマレコで感動を共有できることは本当に嬉しいですね。
私も大先輩のyamakichiさんのように、長く色々な山を楽しめたらいいなと思っています。いつかお会いしてご挨拶ができればと思います。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ