また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2386928 全員に公開 ハイキング 丹沢

蛭ヶ岳:釜立林道〜袖平山北尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月08日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黍殻山登山口駐車場:最奥のゲート前でなく少し手前の駐車スペース(4台位)に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
1時間42分
合計
10時間0分
S黍殻山登山口駐車場04:4905:03八丁坂ルート入口05:35林道終点05:3706:41青根分岐06:45黍殻避難小屋06:5307:01大平分岐07:13黍殻山07:28青根分岐07:3207:50八丁坂ノ頭08:11姫次08:1808:30原小屋平08:51地蔵平09:40小御岳09:4510:04蛭ヶ岳10:5111:52原小屋平11:5512:14姫次12:3312:49袖平山13:25標高1139m地点13:41標高944m地点13:4814:16ブルドーザー道14:39袖平山登山口14:49黍殻登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
釜立林道コース(〜青根分岐)
まだ通行止めになっているようだが、特に危険個所もなく問題ない。巨大堰堤を越える部分が多少分かりずらいが、尾根に取り付いてからはとてもよく整備された道。

袖平山北尾根
袖平山山頂からは北尾根と北西尾根(エビラ沢)の両方の踏み跡があるので右側の踏み跡に入る。尾根に入ると踏み跡も明瞭でピンクテープ多数で間違いようがない快適な尾根。
944m地点で右折と直進の踏み跡に別れるが、倒木帯を越えて直進すると間もなく古い作業道に入る。植林帯の急坂をつづら折りに下るとブルドーザー道に出るので、さらに下ると林道に出る。
その他周辺情報いやしの湯は休業中なので、道志の湯まで足を延ばした。(横浜市民500円)
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

ゲートより少し手前の駐車スペースに駐車。
2020年06月08日 14:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートより少し手前の駐車スペースに駐車。
1
林道終点の標識があり、登山道に入る。
2020年06月08日 05:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の標識があり、登山道に入る。
1
入った登山道はショートカットで、本当の終点のここに出る。小さなヤマビルが数匹靴に付いているの発見し、ハッカ油スプレーで撃退。以後、ヤマビルは見なかった。
2020年06月08日 05:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入った登山道はショートカットで、本当の終点のここに出る。小さなヤマビルが数匹靴に付いているの発見し、ハッカ油スプレーで撃退。以後、ヤマビルは見なかった。
巨大堰堤の下に出る。この辺りは少し分かりずらかった。右側は崖なので、左側に進む。
2020年06月08日 05:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大堰堤の下に出る。この辺りは少し分かりずらかった。右側は崖なので、左側に進む。
すると傷んだ階段が。
2020年06月08日 05:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると傷んだ階段が。
尾根に取り付くととても良く整備された道が続く。
2020年06月08日 06:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付くととても良く整備された道が続く。
青根分岐に出る。通行止めの表示がある。黍殻避難小屋、黍殻山まで寄り道する。
2020年06月08日 06:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根分岐に出る。通行止めの表示がある。黍殻避難小屋、黍殻山まで寄り道する。
黍殻避難小屋。素晴らしい立地のとてもキレイな小屋だ。
2020年06月08日 06:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻避難小屋。素晴らしい立地のとてもキレイな小屋だ。
内部は信じられないくらいキレイ。
2020年06月08日 06:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内部は信じられないくらいキレイ。
小屋の前には気持ちのよい窪地の草原が拡がる。
2020年06月08日 06:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前には気持ちのよい窪地の草原が拡がる。
展望はなく雨量計があるだけの黍殻山山頂。早々に戻る。
2020年06月08日 07:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はなく雨量計があるだけの黍殻山山頂。早々に戻る。
初夏の緑が気持ちよい。
2020年06月08日 07:13撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏の緑が気持ちよい。
もうすぐ姫次。
2020年06月08日 08:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ姫次。
姫次からの蛭ヶ岳。
2020年06月08日 08:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次からの蛭ヶ岳。
富士山の天辺がほんのちょっと顔を出している。
2020年06月08日 08:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の天辺がほんのちょっと顔を出している。
フタリシヅカ。あちこちに群落が。
2020年06月08日 08:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フタリシヅカ。あちこちに群落が。
檜洞丸。同角ノ頭が恰好よい。
2020年06月08日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸。同角ノ頭が恰好よい。
蛭ヶ岳への最後の登り。緑が眩しい。
2020年06月08日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳への最後の登り。緑が眩しい。
2
一輪だけ残っていたシロヤシロ。
2020年06月08日 09:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一輪だけ残っていたシロヤシロ。
2
蛭ヶ岳山頂。見えるはずの富士山がない。
2020年06月08日 10:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂。見えるはずの富士山がない。
4
蛭ヶ岳山荘。
2020年06月08日 10:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘。
1
名物、ひるカレー、とても美味しい。パイナップルとトマトは自前のトッピング。
2020年06月08日 10:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物、ひるカレー、とても美味しい。パイナップルとトマトは自前のトッピング。
3
山頂付近のオオバイケイソウの群落。蕾があって、もうすぐ咲きそう。
2020年06月08日 10:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近のオオバイケイソウの群落。蕾があって、もうすぐ咲きそう。
マイズルソウ。
2020年06月08日 11:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイズルソウ。
1
何の花?
2020年06月08日 11:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花?
1
クワガタソウ。
2020年06月08日 12:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クワガタソウ。
袖平山山頂。晴れれば展望が良いのだが。
2020年06月08日 12:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山山頂。晴れれば展望が良いのだが。
北尾根には左側ではなく右側に進む。
2020年06月08日 12:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根には左側ではなく右側に進む。
快適な尾根。ピンクテープ多数。
2020年06月08日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な尾根。ピンクテープ多数。
1139m地点。目新しい標識がある。
2020年06月08日 13:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1139m地点。目新しい標識がある。
1
944m地点。ここからは右側の尾根を下る踏み跡と直進の踏み跡に別れるので、直進する。
2020年06月08日 13:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
944m地点。ここからは右側の尾根を下る踏み跡と直進の踏み跡に別れるので、直進する。
1
古い道標がある。
2020年06月08日 13:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道標がある。
古い作業道に出て、急斜面をつづら折りに下る。
2020年06月08日 14:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い作業道に出て、急斜面をつづら折りに下る。
ブルドーザー道に出るので、あとは延々と下る。
2020年06月08日 14:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルドーザー道に出るので、あとは延々と下る。
1
林道に出る。もう少しだ。
2020年06月08日 14:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出る。もう少しだ。
2

感想/記録
by tat7

2ヶ月ぶりの山は、県内の蛭ヶ岳へ。青根から釜立林道〜青根分岐、帰りは気になっていた袖平山北尾根。ついでに黍殻避難小屋と黍殻山に寄り道。
展望は殆ど無かったが、初夏の日差しの下、眩しい緑に覆われた山をたっぷり楽しんできた。
袖平山北尾根は944m地点までは快適な尾根であったが、その先は、単調な作業道、ブルドーザー道、林道で面白くなくて疲れた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:316人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ