また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2421150 全員に公開 ハイキング 関東

黒山三滝発周回(関八州見晴台・伊豆ヶ岳・子の権現・高山不動)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月02日(木) [日帰り]
メンバー
天候くもり時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間42分
休憩
53分
合計
10時間35分
S黒山06:0007:06七曲り峠07:21関八州見晴台07:2507:48飯盛山08:05檥峠08:0708:13丸山(三本ブナ)08:35ツツジ山08:3608:41刈場坂峠08:49牛立久保09:03虚空蔵峠09:21サッキョ峠09:37旧正丸峠09:3809:50川越山09:56正丸山10:06正丸峠10:0710:25小高山10:28大蔵山10:37五輪山10:3810:53伊豆ヶ岳11:0611:18古御岳11:43高畑山11:47鉄塔横伐採地11:57中ノ沢ノ頭12:13天目指峠12:1512:55子ノ権現13:0513:26天寺へ十二丁13:46ロックガーデンカフェ13:54西吾野駅14:40石地蔵(萩ノ平)14:4114:59高山不動15:0615:13高山不動入口15:1415:17丸山15:1815:22関八州見晴台入口15:2315:27関八州見晴台15:2915:41七曲り峠15:4416:26黒山三滝16:2816:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート上危険箇所はありません。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

杉の木の根元にあった初めて見たキノコ
かえって調べたら「ハナビラタケ」。
食べられるらしい。
持って帰れば良かった。
2020年07月02日 07:12撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の木の根元にあった初めて見たキノコ
かえって調べたら「ハナビラタケ」。
食べられるらしい。
持って帰れば良かった。
ギンリョウソウが顔を出していました。
2020年07月02日 10:23撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが顔を出していました。
伊豆ヶ岳山頂
2020年07月02日 10:53撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳山頂
昔使っていたのかな?
朽ち果てるのを待っているのか?
2020年07月02日 11:46撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔使っていたのかな?
朽ち果てるのを待っているのか?
子の権現より
スカイツリーは確認できず。
2020年07月02日 12:57撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現より
スカイツリーは確認できず。
いい音です。
2020年07月02日 13:00撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい音です。
もう少し足腰が良くなって欲しい。
2020年07月02日 13:03撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し足腰が良くなって欲しい。
帰りの見晴台からの景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの見晴台からの景色

感想/記録
by jusjus

 梅雨の晴れ間のトレーニング。
自宅からの日帰りで、近場を選択。
暑くなりそうだが、展望はあまり良くない代わりに木陰のコースで日差しは遮れるルート。

 一度起きたら雨の音。ゆっくり出ようと二度寝。黒山には5:45着。
駐車場に車はなし。
 準備して6:00発。雨の後で見晴台からの展望を期待していたが、雲が多く何も見えない。帰りに期待して先を急ぐ。
マイナーなルートの所為か誰にも会わずに正丸峠まで。
舗装された林道を何回か通過しなければならないが。林道は台風のため崩落しており車は通行できないので静かで良い。
 正丸峠からはさすがに人が多くなる。
伊豆ヶ岳の山頂でエネルギーと水分を補給し、後半戦へ。
子の権現では厄除けを祈願して鐘をつかせてもらう。ここから西吾野に下る。時々日が差し、湿度が高く風もないので不快。いつもより水分を消費し、冷たい炭酸が欲しくなり西吾野に下りたところで自販機のボタンを押してしまう。後は高山不動によって見晴台へ。
朝は見られなかった景色を堪能したら黒滝まで。
登山口の水場で顔や手を洗い車にもどった。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:131人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ