また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2488710 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

西鎌尾根から槍ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間13分
休憩
20分
合計
10時間33分
Sスタート地点03:2103:30お助け風穴03:3103:41中崎橋03:48笠新道登山口03:56わさび平小屋04:11小池新道入口04:37秩父沢出合04:47チボ岩04:59イタドリが原05:0405:19シシウドヶ原05:48鏡池05:49鏡平山荘05:5006:18弓折乗越06:2006:31花見平06:3206:40くろゆりベンチ06:58双六池07:02双六小屋07:30樅沢岳07:51硫黄乗越08:15左俣乗越09:00千丈乗越09:0109:37槍ヶ岳山荘09:4010:08槍ヶ岳10:20槍ヶ岳山荘10:25飛騨乗越10:2710:58飛騨沢千丈乗越分岐11:47槍平小屋12:11藤木レリーフ12:1412:16滝谷避難小屋13:00白出沢出合13:23穂高平小屋13:42小鍋谷ゲート13:51新穂高温泉駅13:5213:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

一年ぶりのナイトハイク、真っ暗なのでいきなりチボ岩から
2020年08月10日 04:45撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年ぶりのナイトハイク、真っ暗なのでいきなりチボ岩から
2
空が白けてきました
2020年08月10日 04:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が白けてきました
鏡池まで僅か
2020年08月10日 05:34撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池まで僅か
木道を進むと
2020年08月10日 05:44撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を進むと
1
鏡池山荘は改装工事中
2020年08月10日 05:49撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池山荘は改装工事中
双六小屋を目指します
2020年08月10日 06:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋を目指します
1
ガスで真っ白け
2020年08月10日 06:29撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで真っ白け
1
こんなところあったっけ
2020年08月10日 06:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところあったっけ
双六池に到着、テントも数張りあります、風が強くこんな日のテン泊は寒そう
2020年08月10日 06:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六池に到着、テントも数張りあります、風が強くこんな日のテン泊は寒そう
1
ひとはまばらです
2020年08月10日 07:01撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとはまばらです
1
樅沢岳登頂ちょっとぼやっとした山頂です
2020年08月10日 07:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅沢岳登頂ちょっとぼやっとした山頂です
2
大分下って硫黄乗越
2020年08月10日 07:48撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分下って硫黄乗越
険しい登山道が登場
2020年08月10日 08:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい登山道が登場
1
痩せ尾根を行く
2020年08月10日 08:06撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を行く
あとCT3時間だと
2020年08月10日 08:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとCT3時間だと
険しさが増してきました
2020年08月10日 08:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しさが増してきました
1
ザレた斜面は登りにくい
2020年08月10日 08:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた斜面は登りにくい
千丈乗越、時間がなければここで下る決断も
2020年08月10日 09:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈乗越、時間がなければここで下る決断も
2
ガスが晴れてきました
2020年08月10日 09:07撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れてきました
いつもは飛騨沢を登っていました、登山者は少なめ
2020年08月10日 09:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは飛騨沢を登っていました、登山者は少なめ
1
一望できました
2020年08月10日 09:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一望できました
1
上を見上げています、このタイミングで地震が起きれば落石を避けれない
2020年08月10日 09:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見上げています、このタイミングで地震が起きれば落石を避けれない
1
槍ヶ岳山頂方面
2020年08月10日 09:24撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂方面
1
先はまだまだ
2020年08月10日 09:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先はまだまだ
1
穂先が見えた
2020年08月10日 09:39撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先が見えた
2
そのまま穂先に
2020年08月10日 09:46撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま穂先に
2
山の日なのに今までで一番人出が少ない
2020年08月10日 09:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の日なのに今までで一番人出が少ない
1
ビビってます
2020年08月10日 10:03撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビビってます
2
槍ヶ岳山荘が姿を見せました
2020年08月10日 10:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘が姿を見せました
2
殺生ヒュッテ方面
2020年08月10日 10:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテ方面
1
やっと全景が見えた
2020年08月10日 10:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと全景が見えた
1
飛騨沢を歩く人たち
2020年08月10日 10:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢を歩く人たち
2
下山途中、穂高連峰
2020年08月10日 11:20撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、穂高連峰
長雨の影響で沢が荒れています
2020年08月10日 11:22撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長雨の影響で沢が荒れています
登山道がなくなっていますね
2020年08月10日 11:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がなくなっていますね
1
ジャンダルム
2020年08月10日 11:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
1
レリーフ、始めて気が付いた
2020年08月10日 12:11撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レリーフ、始めて気が付いた
2
渡ります、安定しています
2020年08月10日 12:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡ります、安定しています
2
撮影機材:

感想/記録

先週の読売新道から裏銀座縦走で疲労が取れずなかなか登山計画が立てられずにいたが、昨夜急遽行く気になり、前乗り車中泊で遠征。
長雨の影響で至る所で工事中で片側通行、栃尾温泉手前では大きくう回路もあった。
3連休で新穂高もさぞ混んでいるのだろうと予想していたが、いつもの駐車場も予想に反して余裕あり。
いつも同様何度も目覚め時計を確認しまた寝るを繰り返す、実はナイトハイクはあまり好きではない、せいぜい1〜2時間が限度か、クマ避けの鈴も持ってきてないし。
時間通り3時、高湿度の中出発、ヤマレコの登山開始画面がなかなか出ず手こずった。
小池新道は今回で2度目、何となく覚えているがこんなだったっけという場面も多い。
標高を上げるにしたがい風が強くなり霧のせいで露になる、双六小屋もテン泊は少な目だ、人出もす少ない。
休むと寒くなるのでそのまま樅沢岳を目指す、西鎌尾根を歩くのは今回初めて、いったいどんな風景があるのか楽しみだが、実際はガスで全然視界は無い。
想像していたよりもアップダウンが激しくかなり足に堪える。
最後は九十九折れの激登り、今回は時間が限られるので無理をしてどんどん登る、かなり苦しみながらもヘリポートの辺りに出た、混んでいたら穂先は諦めて下ろうと考えていたが、思いの外人出が少なく、今までの登頂で一番少ない人出だった、時間もないのでそのままストックだけ置いて穂先にアタック、ガスが巻いており時折眺望がある程度、待っている時間もないので記念写真を撮って下山、そのまま飛騨沢を下る。
下りはいつも思うのだが気の遠くなるほど長くうんざりするほどだ、楽しく下れる方法はないものか。
次回は表銀座コース制覇か
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:633人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ