また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2494415 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳〜五竜岳縦走 (へこたれた)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月10日(月) ~ 2020年08月11日(火)
メンバー
天候10日・11日ともに晴時々霧
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往路:新大阪→名古屋→松本→信濃大町(新幹線・特急しなの・大糸線)*10,560円 、信濃大町→扇沢(Alpicoバス)*1,400円程度

帰路:アルプス平→エイブル白馬五竜(ゴンドラ)*1,300円 、エイブル白馬五竜→神城(タクシー)*1,100円 、神城→信濃大町→松本→名古屋→新大阪(大糸線・特急しなの・新幹線)*10,780円

※エイブル白馬五竜から神城駅のシャトルバスは16:30頃まで。
※帰路、神城駅では切符を販売しておらず白馬駅に電話して相談し、松本駅で大阪までのチケットを一括して購入することに。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間42分
休憩
16分
合計
5時間58分
S扇沢駅11:1011:21柏原新道登山口12:26ケルン(柏原新道)14:42種池山荘14:5515:43爺ヶ岳南峰15:4615:58爺ヶ岳中峰16:18爺ヶ岳北峰16:38冷乗越16:58冷池山荘17:06冷池山荘テント場17:06(テント設営)17:08冷池山荘
2日目
山行
10時間25分
休憩
1時間10分
合計
11時間35分
冷池山荘03:3803:38(テント撤収)03:48冷池山荘テント場03:4904:30布引山05:28鹿島槍ヶ岳05:3606:35八峰キレット06:4106:47八峰キレット小屋06:5908:27北尾根ノ頭08:3210:18五竜岳11:05五竜山荘11:3513:03大遠見山13:0413:39中遠見山13:4514:01小遠見山14:0214:55地蔵の頭15:13白馬五竜アルプス平15:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・八峰キレットは危険ですが鎖等整備されている
・キレットから五竜岳間はざれた個所が多いが鎖などはあまり整備されていない印象
その他周辺情報・エイブル白馬五竜の竜神の湯650円(ゴンドラを降りたところ)
・JR神城駅周辺にはお店はありません。

写真

<初日(10日)>
11:10に扇沢に到着。駐車場はざっと90%強の埋まり具合。
2020年08月10日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<初日(10日)>
11:10に扇沢に到着。駐車場はざっと90%強の埋まり具合。
1
登山口より。赤沢岳でしょうか。
2020年08月10日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口より。赤沢岳でしょうか。
鳴沢岳だったかな
2020年08月10日 12:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳だったかな
種池山荘に到着
2020年08月10日 14:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘に到着
雲が晴れて爺ヶ岳が姿を現した
2020年08月10日 14:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が晴れて爺ヶ岳が姿を現した
1
登山道の上で遊ぶ雷鳥の親子に遭遇。癒されました。
2020年08月10日 15:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の上で遊ぶ雷鳥の親子に遭遇。癒されました。
6
爺ヶ岳山頂
2020年08月10日 15:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳山頂
4
大町の街並みが美しい
2020年08月10日 15:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大町の街並みが美しい
鹿島槍ヶ岳。手前には冷池山荘とテント場。
2020年08月10日 15:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。手前には冷池山荘とテント場。
4
冷池山荘到着。消毒、密回避の対策を徹底されていました。
2020年08月10日 16:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘到着。消毒、密回避の対策を徹底されていました。
1
テント場(山荘から10分弱)。爺ヶ岳をバックに。
2020年08月10日 17:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場(山荘から10分弱)。爺ヶ岳をバックに。
2
晩御飯はLEEの20倍レトルトカレー。めちゃ辛い。
2020年08月10日 18:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯はLEEの20倍レトルトカレー。めちゃ辛い。
1
夕暮れ時は霧が立ち込めて幻想的に
2020年08月10日 18:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ時は霧が立ち込めて幻想的に
3
<2日目(11日)>
3:30に出発して次第に明るくなってきた。富士山の姿も。
2020年08月11日 04:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<2日目(11日)>
3:30に出発して次第に明るくなってきた。富士山の姿も。
3
剱岳も眠たそう。
2020年08月11日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳も眠たそう。
5
爺ヶ岳から歩いてきた稜線を振り返る
2020年08月11日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳から歩いてきた稜線を振り返る
1
鹿島槍ヶ岳への登りで日の出
2020年08月11日 04:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳への登りで日の出
3
今日も素晴らしい日に
2020年08月11日 05:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も素晴らしい日に
9
剱岳の美しいモルゲン
2020年08月11日 05:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の美しいモルゲン
6
鹿島槍ヶ岳登頂
2020年08月11日 05:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳登頂
5
歩いてきた稜線(爺ヶ岳の南・中・北峰など)
2020年08月11日 05:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線(爺ヶ岳の南・中・北峰など)
4
稜線はいい
2020年08月11日 05:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はいい
2
劔をバックに
2020年08月11日 05:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔をバックに
6
次に向かう五竜岳
2020年08月11日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に向かう五竜岳
3
もう一度歩いてきた稜線を振り返る
2020年08月11日 05:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度歩いてきた稜線を振り返る
1
八峰キレットへの下り
2020年08月11日 06:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレットへの下り
1
毎回思いますがこんなところによく建てたなあ、キレット小屋
2020年08月11日 06:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎回思いますがこんなところによく建てたなあ、キレット小屋
2
疲れてきた足には厳しい下り
2020年08月11日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてきた足には厳しい下り
1
五竜に雲の影が
2020年08月11日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜に雲の影が
2
岩場が続く
2020年08月11日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が続く
結構ざれた個所が多く、注意必要
2020年08月11日 09:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構ざれた個所が多く、注意必要
3
岩場は手足を使って考えながら歩くのでよい気分転換に
2020年08月11日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場は手足を使って考えながら歩くのでよい気分転換に
2
五竜から下は晴れていた、五竜山荘が見えた
2020年08月11日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜から下は晴れていた、五竜山荘が見えた
4
五竜山荘到着
2020年08月11日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘到着
1
遠見尾根を下る途中の池塘
2020年08月11日 12:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根を下る途中の池塘
遠見尾根は長い。4時間はきつかった
2020年08月11日 14:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根は長い。4時間はきつかった
3
アルプス平到着
2020年08月11日 14:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス平到着
ゴンドラ付近の植物園に下山。
2020年08月11日 15:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ付近の植物園に下山。

感想/記録

山は昨年末の八ヶ岳以来。コロナ影響でこの地域は小屋・テント場ともに人数制限による完全予約制・消毒などの対策など徹底されています。往復とも交通機関は非常に空いていて密回避の山行になりました。

初日は扇沢から爺ヶ岳経由で冷池山荘のテント場まで。登山口に立って北アの美しい夏山の空気を吸っただけで、ああ来てよかったと。

冷池山荘や種池山荘などのHPではコロナ禍での登山マナーを周知されていたせいか、行きかう方々は皆さんマスク・Buffをされていました。挨拶も控えめで顔を背けて軽く会釈するニューノーマル。

爺ヶ岳では雷鳥の親子に遭遇。登山道を行ったり来たりといつまでも遊んでいて癒されました。

2日目は鹿島槍・五竜を経て遠見尾根から下山。五竜のテント場は予約できず、コースタイム13時間なので本日中に下山するために3:30に冷池山荘のテント場を出発。星空を見ながら歩くのは気持ちがいい。

鹿島槍からの絶景、特に爺ヶ岳を振り返っての稜線は素晴らしかった。

下山に利用した遠見尾根。これは長かった。小さなアップダウンが非常に多く、疲れた足には非常にこたえてへこたれました。(大峰奥駈道の終盤を思い出した)

山の空気はやはり最高。数か月に一度は吸いにいかないと。

<備忘録>
・ザック:13圈平1L、ストック含む)
・夜はダウン2着。シュラフ、シュラフカバーはなく、薄い100均の銀マットを身体に巻いてみた。暖パンはなく、タイツとレインウェアのズボンで代用。やはり深夜を過ぎると寒くて1時間置きに目が覚めたが、2:30起きの予定だったので丁度よかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:465人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ