また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2504006 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

空木岳、南駒ヶ岳、越百山、伊奈川ダムから左周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月13日(木) ~ 2020年08月14日(金)
メンバー
天候8/13曇りのち雨 8/14晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間53分
休憩
1時間6分
合計
7時間59分
Sゲート05:0705:41伊奈川ダム上駐車場05:4505:46今朝沢橋分岐(二合目)07:12金沢土場07:1407:34水場07:38うさぎ平07:4708:57北沢 吊り橋09:2310:38仙人の泉10:4911:51空木岳 八合目12:09見晴台12:1512:48木曽義仲の力水12:5613:06木曽殿山荘
2日目
山行
11時間2分
休憩
45分
合計
11時間47分
木曽殿山荘05:3106:54空木岳06:5708:21赤梛岳09:05南駒ヶ岳09:1811:00仙涯嶺11:0512:22越百山12:59越百小屋13:1314:11上の水場15:09上のコル15:1115:28下のコル(四合目)16:02福栃平(南駒-越百分岐)16:0616:43今朝沢橋分岐(二合目)16:4716:48伊奈川ダム上駐車場17:18ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り_道はしっかりしていましたが、五合目から北沢に降る時に笹がうるさかったのと、北沢の橋は流されていて渡渉しました。
2日目_疲労が溜まっていたためか南駒から仙涯嶺まで歩きにくかったです。越百からの下りは予想以上に良い道で助かりました。
その他周辺情報9.6kg 水2.5L(8/13 0.8L 8/14 2L使用)
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

ここからスタート
2020年08月13日 05:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
伊奈川ダム
2020年08月13日 05:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊奈川ダム
1
林道の崩落跡
2020年08月13日 05:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の崩落跡
1
ここで登山カードを提出しました。
2020年08月13日 05:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで登山カードを提出しました。
1
ここが2合目 左回りなので左へ。
2020年08月13日 05:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが2合目 左回りなので左へ。
避難小屋。最悪の時にしか使いたくないです。
2020年08月13日 07:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。最悪の時にしか使いたくないです。
1
長い林道をようやくうさぎ平。ここから笹道を登ります。マダニ対策のため、その前にハッカ油を衣服とリュックに。
2020年08月13日 07:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道をようやくうさぎ平。ここから笹道を登ります。マダニ対策のため、その前にハッカ油を衣服とリュックに。
背の高い笹と聞いていましたが、歩きやすい道です。
2020年08月13日 07:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い笹と聞いていましたが、歩きやすい道です。
ところが、北沢への下りで深い笹に。
2020年08月13日 08:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが、北沢への下りで深い笹に。
3
流れが急ですが、流木があったのでこの場所で渡渉。
渡った後に撮影。
2020年08月13日 09:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れが急ですが、流木があったのでこの場所で渡渉。
渡った後に撮影。
1
アキノキリンソウ
2020年08月13日 09:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
まあまあの味です。
2020年08月13日 10:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあの味です。
3
カニコウモリ
2020年08月13日 10:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニコウモリ
ガスが深くなりました。
2020年08月13日 11:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが深くなりました。
2
何も見晴られません。
2020年08月13日 12:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見晴られません。
トリカブト
2020年08月13日 12:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
1
アキノキリンソウ
2020年08月13日 12:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
ゴゼンタチバナ
2020年08月13日 12:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
沢水ですね。
2020年08月13日 12:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢水ですね。
トモエシオガマ?
2020年08月13日 12:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トモエシオガマ?
ママハハコ
2020年08月13日 12:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママハハコ
1
ようやく木曽殿山荘。
2020年08月13日 13:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく木曽殿山荘。
3
ホタルブクロ。
2020年08月13日 13:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ。
2
小屋から見上げる空木岳第一岩峰。
2020年08月13日 18:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から見上げる空木岳第一岩峰。
6
恵那山な見える。
2020年08月14日 05:25撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山な見える。
ウスユキソウ。
2020年08月14日 05:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ。
2
宝剣方面。
2020年08月14日 06:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣方面。
5
イワツメクサ
2020年08月14日 06:24撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
空木岳山頂。何年ぶりだろう。
2020年08月14日 06:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳山頂。何年ぶりだろう。
5
イワギキョウ。
2020年08月14日 07:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ。
赤梛岳への途中から見た空木岳。
2020年08月14日 07:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤梛岳への途中から見た空木岳。
2
シャクナゲ
2020年08月14日 07:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
赤梛岳 奥が御岳山、乗鞍岳。
2020年08月14日 08:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤梛岳 奥が御岳山、乗鞍岳。
1
摺鉢窪避難小屋。
2020年08月14日 08:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摺鉢窪避難小屋。
2
南駒ヶ岳が堂々としている。左は仙崖嶺。
2020年08月14日 08:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳が堂々としている。左は仙崖嶺。
3
右から赤梛、空木、宝剣方面。
2020年08月14日 08:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から赤梛、空木、宝剣方面。
2
南駒への登り。
2020年08月14日 08:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒への登り。
2
標識が見えた。
2020年08月14日 09:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識が見えた。
2
一応、お参り。
2020年08月14日 09:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、お参り。
1
越百山、奥は南ア。
2020年08月14日 09:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山、奥は南ア。
オトギリソウ。
2020年08月14日 09:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウ。
1
なかなか近そうで遠い。
2020年08月14日 09:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか近そうで遠い。
ハクサンフウロ。
2020年08月14日 09:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。
4
カラマツソウ。
2020年08月14日 09:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウ。
2
トリカブトの群生。
2020年08月14日 09:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの群生。
2
ようやくレコで見かける地点に。
2020年08月14日 10:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくレコで見かける地点に。
2
鎖場を登り、
2020年08月14日 10:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登り、
2
ハイマツを分け、
2020年08月14日 10:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツを分け、
2
ようやく仙崖嶺。疲れました。
2020年08月14日 10:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく仙崖嶺。疲れました。
5
まだ越百は遠い。
2020年08月14日 10:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ越百は遠い。
2
結構、ハイマツで痛い。
2020年08月14日 11:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、ハイマツで痛い。
もう少し。
2020年08月14日 11:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し。
1
越百山。ここで若い二人連れがいるのにびっくり。ほとんど人と会わなかったので。
2020年08月14日 12:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山。ここで若い二人連れがいるのにびっくり。ほとんど人と会わなかったので。
4
越百小屋。
2020年08月14日 12:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋。
3
安平路だろうか。右奥に恵那山。
2020年08月14日 12:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安平路だろうか。右奥に恵那山。
1
疲れた足には少しの登りがきつい。
2020年08月14日 15:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れた足には少しの登りがきつい。
1
穏やかな「やせ馬の背」
2020年08月14日 15:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな「やせ馬の背」
1
下の水場。美味い!
2020年08月14日 15:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の水場。美味い!
ようやく林道へ。
2020年08月14日 16:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道へ。
2合目。ここからが長い。
2020年08月14日 16:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目。ここからが長い。
1
日没までに何とかゴール!!
2020年08月14日 17:19撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没までに何とかゴール!!
2
車5台だが下にまだ数台止まっていた。
2020年08月14日 17:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車5台だが下にまだ数台止まっていた。
1

感想/記録

 一度は行ってみたかった、南駒ヶ岳、越百山。伊奈川ダム周囲の林道の崩落で、本来の登山口の駐車場まで30-40分の林道歩き。さらに遠のきました。
 今回のコロナ騒ぎで予定した盆の南アルプスは断念。夏なので標高が高い所が良い、となるとやはり中ア南部を挑戦しようかと決行しました。
 
 前日、道の駅大桑で車中泊。荷物はできるだけ10kgは超えないように減らして9.6kg、この年で1600mも登れるかいなと心配しましたが、幸い曇りで(最後は雨で濡れましたが)、暑さに弱い私としては助かりました。

 登山道は迷う心配のないしっかりした道ですが、白沢までの下降道では笹が深く、マダニを心配してウサギ平でハッカ油を体やリュックにふりかけました。また白沢の吊り橋は流されていて、渡渉を余儀なくされました。倒木の枝が一部沢に張り出している所で枝を利用してバランスを崩さないように渡りました。

 木曽殿山荘に泊まりましたが、予想したように10数人だけで、夜は隣と十分間を開けて眠ることができました。ところが、AM3時に目覚ましのような電子音がして目が覚めそれから眠れませんでした。1時間くらい鳴っていました。私の向かいの方のGarmin GPSの音だったようで1時間もご本人が気付いていませんでした。

 翌日はほとんどの方が池山尾根から下山。南駒ヶ岳に向かうのは越百小屋に泊まる予定の3人組の方だけでした。
 予想したように、静かな山展望を楽しみました。2,3人とすれ違うだけでした。南駒ヶ岳から仙崖嶺までは近そうに見えたのですが、小さなアップダウンがあり神経も使い、疲労も溜まっていて疲れました。
 歩きにくいハイマツを分けて越百山についた時、若い2人組がいてびっくりしました。それほど人に会うことが少なかったです。

 越百小屋では親父さんが屋根に上がって仕事していました。2日目の行程が長いので、1ケ月前頃ここに泊まろうかと電話を入れたら、一杯ですと断られたのに、誰もまだ宿泊者がいないので、親父さんに「今日はたくさん泊まるのですか?」と大声で聞いたら、戸外で10m以上は離れているのにマスクをして喋ってくれ、怖い怖いと言われました。マスクよりソーシャルディスタンスの方が大事だと思うのに、これで親父さん宿泊業の仕事できるのかいな?と思いました。

 越百の登山道はほぼ快適で疲れた脚には助かりました。
林道も単調で長いですが、登山道よりは歩き易く、疲れた脚には楽で林道に着いた時はほっとしました。

 長い行程を1泊2日で歩くことが出来て、この歳では十分満足しています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:444人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ