また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2534998 全員に公開 ハイキング 日高山脈

幌尻岳・1967峰(1泊2日)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月27日(木) ~ 2020年08月28日(金)
メンバー
天候晴れ/くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
16分
合計
3時間55分
S二岐沢出合 登山口09:5810:36取水ダム10:58二岐・二ノ沢出合 天場12:11トッタの泉12:2413:12ヌカビラ岳肩13:18額平岳13:2113:53北戸蔦別岳
2日目
山行
11時間30分
休憩
1時間36分
合計
13時間6分
北戸蔦別岳03:2703:59幌尻山荘分岐04:22戸蔦別岳04:2505:19幌尻岳の肩05:47幌尻岳05:5906:23幌尻岳の肩06:2407:20戸蔦別岳07:2807:48幌尻山荘分岐07:4908:19北戸蔦別岳08:2409:06テント場09:511904mピーク10:111940m峰10:2510:461904mピーク10:4711:33テント場12:38北戸蔦別岳13:1613:46額平岳13:49ヌカビラ岳肩14:17トッタの泉14:3015:35二岐・二ノ沢出合 天場15:57取水ダム16:33二岐沢出合 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所はありません。
ハイマツ漕ぎにどうなってもいいようなズボンがあるといいかも。
(小枝での小傷・ヤニ防止用です。私は使い古しのゴアのカッパの下を使いました。)
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

ヌカビラより
残念ながら幌尻岳はガスの中
(この日は見ることができませんでした。)
2020年08月27日 13:15撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカビラより
残念ながら幌尻岳はガスの中
(この日は見ることができませんでした。)
1967峰はしばらく見えていました。
2020年08月27日 16:53撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967峰はしばらく見えていました。
今宵の我が家
北戸蔦別岳山頂
2020年08月27日 16:53撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今宵の我が家
北戸蔦別岳山頂
2
この時間が好き!!
2020年08月28日 04:01撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間が好き!!
3
明るくなってきました。
1967いけるかな?
(ブレブレ)
2020年08月28日 04:23撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。
1967いけるかな?
(ブレブレ)
1
七つ沼カールに陽があたる。
2020年08月28日 05:17撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ沼カールに陽があたる。
3
あのピークを過ぎればもう少し。
2020年08月28日 05:18撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのピークを過ぎればもう少し。
2
イワギキョウ?
2020年08月28日 05:28撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ?
1
見えた。
2020年08月28日 05:34撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えた。
1
到着です。
2020年08月28日 05:47撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着です。
5
今回の相棒たち。
2020年08月28日 05:47撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の相棒たち。
1
まだ先は長い
2020年08月28日 05:55撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ先は長い
1
日高南側の名も知らぬ山々
今後どこかに登ることがあるだろうか?
2020年08月28日 05:55撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高南側の名も知らぬ山々
今後どこかに登ることがあるだろうか?
2
チングルマ
2020年08月28日 06:12撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
秋の空
2020年08月28日 06:22撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の空
1
あのピークまで行く。
2020年08月28日 07:27撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのピークまで行く。
3
サラバ七つ沼
2020年08月28日 07:28撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラバ七つ沼
1
ツイタゼ!
2020年08月28日 10:13撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツイタゼ!
7
あっちまで戻る。
2020年08月28日 10:18撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちまで戻る。
まだまだ
2020年08月28日 10:18撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ
1
こんな道もあれば、
(けものみちのほうがまし?)
2020年08月28日 10:46撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道もあれば、
(けものみちのほうがまし?)
2
こんな道もある。
2020年08月28日 10:46撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道もある。
ヌカビラ手前
最後にパチリ。
2020年08月28日 13:30撮影 by XF10, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカビラ手前
最後にパチリ。
1

感想/記録
by jusjus

27日
 フェリーで小樽港4:30着。
食料を買い出し、市場で買った海水ウニとレトルトご飯で作ったうに丼で朝食。
今日明日と天気が持ちそうなので予定通り幌尻岳・1967峰に行くことに。
初日は北戸蔦別まで、明日幌尻岳・1967峰の予定。
登山口の駐車場には車が2台のみ。

 熊鈴を鳴らしながらゆっくり上る。
トッタの泉で水を5lキープ。一気にザックが重くなる。
でも、こんなところでゴクゴク安心して飲める水があることに感謝!!

ヌカビラ山頂で先行のソロの方に追いつく。
(いろいろ情報をもらいありがとうございました。)
どこにテントを張るか迷いながら山頂直下のスペースに荷物をデポ。
一旦空荷で山頂へ。山頂には一張りあるだけ。
天気も良さそうなので山頂に張ることにして荷物を取りに戻った。

張り終えて一服していると、山頂日帰りの3人パーティが戻ってきた。
稜線上はほとんど携帯がつながるそう。ありがたい情報をいただく。
単独の大学生があと少しで戻るだろうとのこと。一張りはこの方のものであった。

28日  
3:30発、暗い中ゆっくりと進む。そんなに危険なところはないはずであるが、初めてのルートは緊張する。戸蔦別手前で明るくなりヘッデンを外す。七つ沼カールには今日は熊はいない。いいところだ。熊さんの遊び場でなければ、泊まってみたくなるのもよくわかる。
ここから肩まで1ピッチ、上がってしまえばもうチョイ!
感じのいい稜線を進んでポロシリ山頂。
ゆっくり休みたいところであるがまだまだ先が長い。水分とエネルギーを補給したらもと来た道を戻る。
途中で昨日のソロの方と出会う。(この後も1967峰からテン場に戻った時にもお会いしました。)
 
テン場で水を補給し1967峰へ。
最初はまだ甘く見ていました。なだらかな稜線から少し下り始めるとハイマツが邪魔をし始めゴリゴリと体力とメンタルを削ります。
まいりました。
そう何度も来れると思えない山なので、気合で頑張りましたが、もうやめたくなり、一人で悪態をつきながら歩いていました。
なめてはいけませんね。
でも景色や山そのものはいい山でした。 
ボロボロになって最後ののぼりを登ったところで大学生のパーティとすれ違う。
『若い時こそ苦労が必要頑張れ!』と心の中で語りかけました。

 北戸蔦別まで戻れば後は下るだけ。
テントを撤収し、トッタの泉で冷たい水をたっぷり飲んで車まで。
車についたら、着替えをもって河原に下り、川に足をクールダウン。水で体をふいて、着替え。
 
 今日は樹海ロード日高で車中泊。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:569人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ