また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2554087 全員に公開 ハイキング 甲信越

越後駒ヶ岳〜雲海と青空の稜線歩き

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・枝折峠駐車場は5時で満車のため、カーブの脇スペースに路駐。

・枝折峠は大湯側から9月7日と14日は8:30〜12:00まで通行止め
https://www.iine-uonuma.jp/traffic_info.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
37分
合計
8時間27分
S枝折峠登山口05:1905:42明神峠05:4506:25道行山06:2606:56小倉山07:0207:34百草の池08:21駒の小屋08:2908:58越後駒ヶ岳09:12中ノ岳、グシガハナ分岐09:54中ノ岳、グシガハナ分岐10:48駒の小屋11:0411:35百草の池12:04小倉山12:39道行山12:4013:25明神峠13:2713:44枝折峠登山口13:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・雲海日の出観賞後、快晴の青空のもと、景色を眺めながらゆったりと歩きました。

・山と高原地図CTの基準は、40〜50歳の登山経験者で、2〜5名のグループ。山小屋利用前提の装備で、夏山の晴天時に歩いた時の時間とある。

 当日の私の装備は水4ℓカメラ装備5kgなど約14kg、それを踏まえて、道行山→小倉山1:20とあるが、ゆっくり行っても30〜40分。ヤマレコマップの平均値49分。小倉山→百草の池1:10とあるが、ゆっくり行っても30〜40分。ヤマレコマップの平均値50分。CT作成時以降の道整備を除外しても、計測時はよほど景色が良かったのだろう。うらやましい。
コース状況/
危険箇所等
・枝折峠から明神峠、小倉山を経由して越後駒ケ岳へ。時間的に余裕があったので、天狗平手前まで稜線歩き。

・駒の小屋下の水場はやっと汲める程度。

・登山道にはマムシが日向ぼっこしているので、踏まないように注意する。1時間に1匹程度は遭遇する。
その他周辺情報・奥只見ダム見学、電力館は閉鎖中。奥只見ダムマグネットクリップをお土産に。

・シルバーラインで納涼。トンネル内部は13℃。

・六日町の「千年こうじや」で「瓶内二次発酵酒 あわ 八海山」「酒粕味噌」「へぎ蕎麦、越後ひとゑ」をお土産に。

写真

国道352号から、朝焼ける越後駒ケ岳と群界尾根。
2020年09月06日 04:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道352号から、朝焼ける越後駒ケ岳と群界尾根。
1
枝折峠から見る雲海。こう言っては何だが、雲海は見飽きているのでスルーしてそそくさと準備。
2020年09月06日 05:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝折峠から見る雲海。こう言っては何だが、雲海は見飽きているのでスルーしてそそくさと準備。
4
駐車場は満車なので、カーブ脇のスペースに停める。留守番よろしく。気温18℃。
2020年09月06日 05:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満車なので、カーブ脇のスペースに停める。留守番よろしく。気温18℃。
3
見上げる月。ウサギは逆立ちしている。
2020年09月06日 05:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる月。ウサギは逆立ちしている。
12
魚沼平野に朝焼け。
2020年09月06日 05:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚沼平野に朝焼け。
4
モルゲンの荒沢岳。
2020年09月06日 05:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンの荒沢岳。
5
白み始めた東の空。
2020年09月06日 05:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白み始めた東の空。
2
谷から尾根へと流れてゆく雲海。地元の人に伺ったら今日は少ないそうだ。まぁ確かに大したことない。
2020年09月06日 05:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷から尾根へと流れてゆく雲海。地元の人に伺ったら今日は少ないそうだ。まぁ確かに大したことない。
5
奥只見湖、銀山平。
2020年09月06日 05:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥只見湖、銀山平。
3
5時27分日の出。
2020年09月06日 05:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時27分日の出。
1
まるで水のように雲が流れていく。
2020年09月06日 05:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで水のように雲が流れていく。
6
モルゲンの越後駒ケ岳、中ノ岳。
2020年09月06日 05:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンの越後駒ケ岳、中ノ岳。
7
朝の息吹を吹き込む太陽。
2020年09月06日 05:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の息吹を吹き込む太陽。
4
稜線から流れてくる滝雲が朝日に輝く。
2020年09月06日 05:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から流れてくる滝雲が朝日に輝く。
3
谷には未だガスが残る。
2020年09月06日 05:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷には未だガスが残る。
1
オヤマボクチ。蕎麦のつなぎに使われる。
2020年09月06日 05:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマボクチ。蕎麦のつなぎに使われる。
4
快晴の青空と越後駒ケ岳。
2020年09月06日 06:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の青空と越後駒ケ岳。
8
快晴の枝折峠。差すような朝日が暑い。
2020年09月06日 06:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の枝折峠。差すような朝日が暑い。
9
幻想的な銀山平。
2020年09月06日 06:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的な銀山平。
4
満開のホツツジ。
2020年09月06日 06:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のホツツジ。
2
小倉山分岐。気温24℃暑い。汗だく。
2020年09月06日 06:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山分岐。気温24℃暑い。汗だく。
3
ツバメオモトの実
2020年09月06日 07:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバメオモトの実
2
雲海が未だ残る奥只見。晴天の雰囲気をフレアゴーストで逆に生かす。ただ単に腕の悪さが露呈しただけ。転んでも、ただで起きたのでまた転ぶ。
2020年09月06日 07:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が未だ残る奥只見。晴天の雰囲気をフレアゴーストで逆に生かす。ただ単に腕の悪さが露呈しただけ。転んでも、ただで起きたのでまた転ぶ。
3
この時期にアカモノ。
2020年09月06日 07:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期にアカモノ。
3
岩稜帯に入る。前駒が見える。
2020年09月06日 07:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜帯に入る。前駒が見える。
8
南には中ノ岳、兎岳。沢には雪渓が残っている。
2020年09月06日 07:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には中ノ岳、兎岳。沢には雪渓が残っている。
5
中ノ岳、縦走路。越後駒ケ岳間はアップダウンが多い。
2020年09月06日 08:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳、縦走路。越後駒ケ岳間はアップダウンが多い。
8
越後駒ヶ岳東面スラブと守門岳。
2020年09月06日 08:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳東面スラブと守門岳。
2
駒の小屋と越後駒ケ岳。水場は右へ下っていく。
2020年09月06日 08:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋と越後駒ケ岳。水場は右へ下っていく。
3
オヤマリンドウ。秋の気配。
2020年09月06日 08:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ。秋の気配。
2
越後駒ヶ岳山頂。猿田彦の剣を持つと銃刀法違反、凶器準備罪に成り兼ねない強面の鬼軍曹。肩には桜吹雪、背中には鯉が登った絵は描いていない。腹に顔が書いてありへそ踊り。
2020年09月06日 08:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂。猿田彦の剣を持つと銃刀法違反、凶器準備罪に成り兼ねない強面の鬼軍曹。肩には桜吹雪、背中には鯉が登った絵は描いていない。腹に顔が書いてありへそ踊り。
21
越後駒ヶ岳山頂から南方面。中ノ岳、上越県境山稜。
2020年09月06日 08:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から南方面。中ノ岳、上越県境山稜。
8
越後駒ヶ岳山頂から南西方面。八海山、南魚沼市。
2020年09月06日 08:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から南西方面。八海山、南魚沼市。
8
越後駒ヶ岳山頂から西方面。魚沼市長岡市、日本海の水平線と佐渡ヶ島。
2020年09月06日 08:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から西方面。魚沼市長岡市、日本海の水平線と佐渡ヶ島。
5
越後駒ヶ岳山頂から北方面。守門岳、浅草岳。
2020年09月06日 08:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から北方面。守門岳、浅草岳。
1
越後駒ヶ岳山頂から東方面。奥只見湖、会津朝日岳。
2020年09月06日 08:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から東方面。奥只見湖、会津朝日岳。
1
越後駒ヶ岳山頂から南東方面。荒沢岳、燧ケ岳、会津駒ヶ岳。
2020年09月06日 08:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳山頂から南東方面。荒沢岳、燧ケ岳、会津駒ヶ岳。
1
中ノ岳。避難小屋が見える。
2020年09月06日 08:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳。避難小屋が見える。
9
巻機山はガスの中。
2020年09月06日 08:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山はガスの中。
1
五竜岳から中ノ岳への険しい縦走路。ヤセオネの荒山、阿寺山への尾根が見える。
2020年09月06日 08:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳から中ノ岳への険しい縦走路。ヤセオネの荒山、阿寺山への尾根が見える。
8
燧ケ岳はガスの中。
2020年09月06日 08:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳はガスの中。
1
混み合う山頂を嫌い、時間もあるので中ノ岳方面へ向かう。
2020年09月06日 09:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混み合う山頂を嫌い、時間もあるので中ノ岳方面へ向かう。
6
イワショウブ。
2020年09月06日 09:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブ。
6
中ノ岳と縦走路。全くひと気が消えた。誰もいない。
2020年09月06日 09:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳と縦走路。全くひと気が消えた。誰もいない。
11
クシガハナ分岐。
2020年09月06日 09:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クシガハナ分岐。
4
振り返る越後駒ケ岳。
2020年09月06日 09:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る越後駒ケ岳。
6
混み合う駒ノ小屋と守門岳。
2020年09月06日 09:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混み合う駒ノ小屋と守門岳。
3
遭難碑があったとは・・・。
2020年09月06日 09:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難碑があったとは・・・。
3
豪雪を物語る鋭いスラブ、雲竜ノ峰。
2020年09月06日 09:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪雪を物語る鋭いスラブ、雲竜ノ峰。
1
ミヤマコゴメグサが満開。登山道を彩っていた。
2020年09月06日 09:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサが満開。登山道を彩っていた。
6
天狗平手前の急坂から中ノ岳。右に御月山、左に兎岳、大水上山。
2020年09月06日 09:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗平手前の急坂から中ノ岳。右に御月山、左に兎岳、大水上山。
9
北沢など水無川源流。未だ雪渓が残る。
2020年09月06日 09:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢など水無川源流。未だ雪渓が残る。
4
イワショウブにアキアカネ。秋色。
2020年09月06日 09:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワショウブにアキアカネ。秋色。
2
誰も来ないので、道の適当な所でブランチ。冷たい天ぷらうどん、田舎巻き。
2020年09月06日 10:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も来ないので、道の適当な所でブランチ。冷たい天ぷらうどん、田舎巻き。
9
しばらく景色を眺めていたら、ガスってきたので引き返す。
2020年09月06日 10:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく景色を眺めていたら、ガスってきたので引き返す。
1
さらば中ノ岳。
2020年09月06日 10:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば中ノ岳。
2
避難小屋が見える丹後山、利根川源流の大水上山。
2020年09月06日 10:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見える丹後山、利根川源流の大水上山。
4
なんと、tomoさんとバッタリ!やはりここしかないと、来たそうだ。青空が似合うtomoさん。
2020年09月06日 10:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、tomoさんとバッタリ!やはりここしかないと、来たそうだ。青空が似合うtomoさん。
12
tomoさんのお連れの方と記念に。私が言う前から「美女と野獣」と言い放つtomoさん。美しい女性の前で嬉しさを隠しきれない鬼軍曹。「ぼかし入れるのはお前の方だろう」と突っ込み殺到は間違いないほど可愛らしい女性。ありがとうございました。
2020年09月06日 10:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
tomoさんのお連れの方と記念に。私が言う前から「美女と野獣」と言い放つtomoさん。美しい女性の前で嬉しさを隠しきれない鬼軍曹。「ぼかし入れるのはお前の方だろう」と突っ込み殺到は間違いないほど可愛らしい女性。ありがとうございました。
23
水場はちょろちょろ程度。でも冷たくうまい。水は4ℓ持って行ったが、残り2ℓは流して佐梨川へ、ここの水をありがたく頂く。
2020年09月06日 10:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場はちょろちょろ程度。でも冷たくうまい。水は4ℓ持って行ったが、残り2ℓは流して佐梨川へ、ここの水をありがたく頂く。
4
ひっそりと秋が訪れていた。
2020年09月06日 11:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりと秋が訪れていた。
3
小倉山付近から越後駒ケ岳、中ノ岳。
2020年09月06日 12:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山付近から越後駒ケ岳、中ノ岳。
4
雪渓が残り沢。この上の稜線辺りまで、先ほど歩いて行った。
2020年09月06日 12:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が残り沢。この上の稜線辺りまで、先ほど歩いて行った。
2
道行山から越後駒ケ岳。まるで絵画のように美しい。
2020年09月06日 12:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道行山から越後駒ケ岳。まるで絵画のように美しい。
12
湿原のアブラガヤ。まるで魚沼平野の稲のようだ。
2020年09月06日 13:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原のアブラガヤ。まるで魚沼平野の稲のようだ。
3
マムシ。登山道で日向ぼっこしているので、踏みつけ注意。
2020年09月06日 13:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシ。登山道で日向ぼっこしているので、踏みつけ注意。
6
観音様に今日の無事と、tomoさんとのバッタリを感謝して下山。下りたら観光、奥只見ダムへ向かう。
2020年09月06日 13:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音様に今日の無事と、tomoさんとのバッタリを感謝して下山。下りたら観光、奥只見ダムへ向かう。
2
石抱橋から、北ノ俣川と越後駒ケ岳。
2020年09月06日 14:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石抱橋から、北ノ俣川と越後駒ケ岳。
2
シルバーラインで納涼。涼しくてエアコンを入れず窓全開。
2020年09月06日 14:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルバーラインで納涼。涼しくてエアコンを入れず窓全開。
5
秘境奥只見。悲況ポンコツ車。
2020年09月06日 14:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘境奥只見。悲況ポンコツ車。
2
奥只見ダム。
2020年09月06日 14:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥只見ダム。
3
トビが上空を旋回して獲物を狙っている。
2020年09月06日 14:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トビが上空を旋回して獲物を狙っている。
6
奥只見湖。美しい風景。風に吹かれてしばらくいた。
2020年09月06日 14:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥只見湖。美しい風景。風に吹かれてしばらくいた。
8
ダム堤体から俯瞰する。尾瀬沼からの水は田子倉湖へと注ぐ。
2020年09月06日 14:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム堤体から俯瞰する。尾瀬沼からの水は田子倉湖へと注ぐ。
3
水力発電装置や電線が立ち並ぶ。
2020年09月06日 14:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水力発電装置や電線が立ち並ぶ。
1
水利権があるので、特定目的に使う時は、めんどくさい手続きが必要なんだよな。
2020年09月06日 14:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水利権があるので、特定目的に使う時は、めんどくさい手続きが必要なんだよな。
2
去年は無かった看板。
2020年09月06日 14:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年は無かった看板。
2
ダムマグネットクリップをshilokoさんへのお土産に。
2020年09月06日 15:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムマグネットクリップをshilokoさんへのお土産に。
3
シルバーライン、湯の沢トンネル内は気温13℃。涼しい。
2020年09月06日 15:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルバーライン、湯の沢トンネル内は気温13℃。涼しい。
2
シルバーライン出口付近から見る越後駒ケ岳。
2020年09月06日 15:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルバーライン出口付近から見る越後駒ケ岳。
5
千年こうじやでお買い物。
2020年09月06日 16:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千年こうじやでお買い物。
2
瓶内二次発酵酒 あわ 八海山、酒粕味噌、へぎ蕎麦越後ひとゑをshilokoさんへのお土産に。帰りながらお渡しして、喜んで頂いた。
2020年09月06日 16:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓶内二次発酵酒 あわ 八海山、酒粕味噌、へぎ蕎麦越後ひとゑをshilokoさんへのお土産に。帰りながらお渡しして、喜んで頂いた。
12
六日町から眺める、越後三山と南魚沼平野の稲田。稲刈り真っ最中。
2020年09月06日 16:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六日町から眺める、越後三山と南魚沼平野の稲田。稲刈り真っ最中。
15

感想/記録

 台風接近で、秋の気配も飛ばされる蒸し暑さ。厳しい寒暖も彼岸までと言うが、異常気象で豪雨と温暖化ばかりの天気。四季が消えゆく日本をただ憂うばかり。

 分水嶺の上越県境山稜が台風からの雲を抱え込む。その北側の新潟はフェーン現象で快晴予想。越後駒ケ岳中ノ岳を小屋泊予定にしていたが、月曜に悪天候へと陥るため中止に。越後駒ケ岳を午前中に切り上げ、あとは観光を楽しむ。

 3時に曇る前橋を出発。水上から雨が降り始めたが、トンネルを抜けると星空だった。小出で下りて国道352号をひた走る。朝焼けの越後駒ケ岳を見ながら枝折峠に到着。雲海撮影や見物で満車。少し下ったカーブの広いスペースに停める。

 雲海は見慣れているので、早々と準備し出発。気温18℃でやや蒸し暑い。登山道の横に三脚並べるカメラマンの前を歩く。邪魔でこちらが避けるように歩く。どこでもカメラマンはマナーがよくないと実感した。

 観音様と共に雲海を眺め、無事な山行を祈願して先へ進む。晩夏で花が少なく、シラネニンジンやオヤマボクチ、アザミなどが咲き、ホツツジが満開だった。枝折大明神の社を南西へ。ここから尾根伝い歩きが始まる。

 小ピークをアップダウンし、道行山山頂は帰りに寄ることにして横をスルーする。道行山から小倉山は樹林帯のアップダウン。所々で見晴らしが良く、快晴の青空のもと越後駒ケ岳中ノ岳の眺望が素晴らしい。

 石柱が埋まったような分岐がある小倉山を過ぎる。湿地帯が多く木道が敷設されている。また泥濘の粘土や木の根で滑りやすい。新潟らしく根曲りしたブナが青空に濃緑を広げていた。

 水すら見えない百草ノ池を過ぎると岩稜帯となる。スラブの東面を眺めつつ登攀する前駒。少し巻くように岩稜帯を登り詰めると駒の小屋。見上げる青空と越後駒ケ岳を目指す。

 すでに山頂は大勢の登山者。気温20℃で涼しい。記念撮影して、習慣通り山座同定。ガスの上越県境はダメだったが、日本海と佐渡ヶ島を見ることが出来た。9時前に着いてしまったので、中ノ岳方面へ向かうことにした。混み合う山頂から逃げたい一心。

 駒の小屋分岐を過ぎると、途端にひと気が無くなる。道脇に二人いただけ。クシガハナ分岐から混み合う山頂や駒の小屋を眺める。遠くに見える守門岳の雄大さが引き立つ。

 諏訪平を過ぎ下り込む。開放的な稜線と一本の道を歩んで行く。天狗平手前の急坂地帯で休憩。美しく雄大な中ノ岳が目の前にある。その東側は、群馬県最北の山であり利根川源流の大水上山、丹後山へと続ていく。西側は御月山からヤセオネが連なり、峻険の岩稜帯八海山へと続ていく。ふと俯瞰した足元の沢には雪渓が残っていた。

 しばらく眺めていたが、ガスが中ノ岳を覆ってきた。天候で縦走を諦めたが、またの機会にとっておこう。shilokoさんが来られるようになってからでも遅くはない。少し戻ってブランチにした。冷たい天ぷらそばと田舎巻き。

 青空には台風の南風に乗ったイワツバメが、弾丸のように音を立て自在に飛んでいた。アゲハチョウやアサギマダラも風の影響で忙しなく飛んでいた。小さなベニヒカゲやミドリヒョウモンは草陰から出てこなかった。

 午前中で下りるつもりが長居し過ぎた。来た道を戻る。駒の小屋へ下りる途中でtomoさんとバッタリ! 私は月曜の男だが、日曜でのバッタリ確率はやはりtomoさんは別格。三週間前の鼻曲山で会ったな。そしてこれこそ驚愕! 可愛らしい女性が同行しているではないか!

 人それぞれ事情があるだろうから、詮索するようなことを聞くつもりは全くない。野暮。私は悪面の田舎者だが、人情味あふれ粋な愚か者なのだ。トレランをされるそうなので馬蹄形を頑張って欲しいと思った。

 tomoさんを交え15分ほど談笑。また秋には苗場山や巻機山、高田山などでお会いするだろう。無事を願ってお別れした。

 青空と美しい山歩きで、ただでさえ気分が良いのに、tomoさんとお会いしてさらに気分が上昇。同行の可愛らしい女性ともお話が出来た。根が単純なので仕方ない。美しいものを美しいと素直に言える純粋な心。顔は黒く強面。

 気分は上がったが標高を下げると暑さが増した。フェーン現象で更に生暖かい風がまとわりつく。樹林帯は花もなくチョウも飛んでおらず、淡々と歩いていく。

 道行山山頂へ寄り道。美しい越後駒ケ岳、中ノ岳。まるで絵画のような風景を目の当たりにする。山頂からは明神峠へと下る登山者が見えていた。観音様にご挨拶して下山。峠の駐車場はガラガラなのに、路駐ばかりが目立つ。

 着替えて奥只見ダムへ。石抱橋から越後駒ケ岳を眺める。北ノ又川の清流に釣り人。シルバーラインに入る。トンネル内は天然クーラー。窓を全開にして涼む。

 奥只見ダムに着き、堤体からダム見学と景色観賞。壮大な奥只見湖には遊覧船がゆったりと進み、青空には白い雲が流れていく。私も雲も風に吹かれていた。

 電力館は閉鎖中で、お店でダムマグネットクリップを、shilokoさんへのお土産に買う。ダムラーなのでこれは絶対喜ぶだろう。

 シルバーラインに戻り六日町へ。毎回寄る千年こうじやでお買い物。以前買っていったスパークリング八海山、妻有へぎそば越後ひとゑが大変好評だったので、また贖う。調味料の味噌酒粕も買う。豚肉や鰆に漬け込むと、非常に柔らかく風味が増す。

 南魚沼平野は稲刈り真っ最中。寄り道して色々な場所から稲田と山並みを眺める。やはり南魚沼は良い場所だ。しばらくうろうろして、やっと帰路へ。月曜の男たちから関東は土砂降りと聞き驚く。こっちは青空だ。

 湯沢IC付近から雨で月夜野まで降っていた。沼田で止むと東側に大きな虹。昭和ICのレタス畑にも虹が出ていた。高速を下りて、shilokoさん宅へお土産を届ける。

 事情で山へはしばらく同行できないが、焼肉屋なら同行できるだろう。越後駒ケ岳の話を楽しそうに聞くshilokoさん。思いやる気持ちを虹のように架けられれば、行先はどこでも良いのかもしれないと思った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:557人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/8
投稿数: 388
2020/9/7 19:30
 越後駒ヶ岳
車が見えなかったので、まさかこちらに来ているとはね。
それにしても偶然が多すぎます。
私の行動を予知する能力があるのでは?
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2020/9/7 20:00
 晴れの山行
 こんばんは、tomoさん。
台風で関東甲信はダメで、ここしかないと思い行きました。それにしても雲海見物が多かったですね。赤城山の鳥居峠以上の人の多さです。停められなかったので、下った先のスペースに停めました。

 昔からtomoさんのブログ見てるからですかね。まぁ、お分かりとは思いますが、某誰かのように、とりあえず追っかけて行く事などしてませんからね。本当に偶然以外の何物でもありません。仕込んでいないバッタリは本当にうれしいものですよ。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 958
2020/9/13 7:03
 反時計回りに中、兎、荒沢周回もできそうでしたね!
growさん、おはようございます。
growさんのようなハイペースでしたら、越駒からグシガハナ分岐、天狗平へ向かったついでに中ノ岳、兎岳、そして荒沢岳と裏越後三山周回すらできそうな気がしました。
新潟の山々の稜線は蛇が結構ひなたぼっこに出てきますから、くれぐれもお気をつけてください。
shilokoさんとのコラボ山行がいち早く実現できることを願っています。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2020/9/13 12:03
 親不孝
 こんにちは、hareharawaiさん。
当初は中ノ岳避難小屋泊まりでのピストンでしたが、月曜の天候が台風の影響もあり豪雨予想でしたので、越後駒ケ岳だけを午前中で下りてきて、午後は観光しようと予定しました。荒沢までの周回はさすがに厳しいかもしれませんね。薄暗くなってからの荒沢岳の鎖場はいやらしいです。

 shilokoさんはご両親の介護で土日の時間をほぼ費やしています。ある程度目途が立つと良いんですが、根が真面目なので、自分が山へ行っているときに両親に何かあっては困ると言っております。私の母も似たようなものですが、性根が腐りぐれた親不孝者ですので、気にしてません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ