また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2597023 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

鹿島槍ヶ岳 絶景の滝雲

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月22日(火) ~ 2020年09月23日(水)
メンバー
天候晴・ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
バス;信濃大町駅 ⇔ 扇沢
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間20分
休憩
29分
合計
3時間49分
S扇沢駅09:4409:54柏原新道登山口10:0611:09ケルン(柏原新道)11:1911:23駅見岬11:2912:25水平岬12:2613:33種池山荘
2日目
山行
9時間36分
休憩
1時間9分
合計
10時間45分
種池山荘04:4205:47爺ヶ岳北峰06:04冷乗越06:16冷池山荘07:04布引山07:0507:50鹿島槍ヶ岳08:0708:37鹿島槍ヶ岳北峰08:4209:13鹿島槍ヶ岳09:2809:57布引山10:27冷池山荘テント場10:32冷池山荘10:3911:24爺ヶ岳北峰11:2511:50爺ヶ岳中峰11:5112:05爺ヶ岳南峰12:36種池山荘12:5813:42水平岬14:22ケルン(柏原新道)15:14柏原新道登山口15:27扇沢G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

扇沢バス停から少し引き返して柏原新道登山道口、ここで登山届けをポストに.
2020年09月22日 10:06撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢バス停から少し引き返して柏原新道登山道口、ここで登山届けをポストに.
1
1時間登ってきましたが、まだ扇沢の駐車場が見えます.
2020年09月22日 11:11撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間登ってきましたが、まだ扇沢の駐車場が見えます.
1
岩小屋沢岳の稜線はガスの中
2020年09月22日 12:03撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳の稜線はガスの中
数か所ガレ場がありましたが、道はよく整備されていました.
2020年09月22日 13:02撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数か所ガレ場がありましたが、道はよく整備されていました.
「ここ数日」がいつなのか気になります. 連休の最終日なので、下山ですれ違う方が多かった.
2020年09月22日 13:18撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ここ数日」がいつなのか気になります. 連休の最終日なので、下山ですれ違う方が多かった.
樹林帯から草原に出ると小屋が見えてきました.
2020年09月22日 13:29撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯から草原に出ると小屋が見えてきました.
ちょっと早いですが、今夜は種池山荘泊り.
2020年09月22日 13:33撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと早いですが、今夜は種池山荘泊り.
1
夕食です. コロナ対応で、まばらに座って静かに食べました.
2020年09月22日 17:03撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食です. コロナ対応で、まばらに座って静かに食べました.
2
ヘッドランプを点けて小屋を一番に出発. 爺ヶ岳南峰手前で、幻想的な鹿島槍ヶ岳の滝雲にひとり感動!
2020年09月23日 05:14撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプを点けて小屋を一番に出発. 爺ヶ岳南峰手前で、幻想的な鹿島槍ヶ岳の滝雲にひとり感動!
2
振り返ると種池山荘の小さな灯りの先に剱岳.
2020年09月23日 05:14撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると種池山荘の小さな灯りの先に剱岳.
1
幻想的な滝雲の流れに、何度も立ち止まっては写真.
2020年09月23日 05:19撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的な滝雲の流れに、何度も立ち止まっては写真.
2
雲海の上は快晴.
2020年09月23日 05:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上は快晴.
1
明るくなり始めて、鹿島槍の山襞も見え始めました.
2020年09月23日 05:26撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなり始めて、鹿島槍の山襞も見え始めました.
6
種池山荘に滝雲がかかり始めました.
2020年09月23日 05:31撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘に滝雲がかかり始めました.
2
この滝雲、口を開けた白い龍に見えませんか?
2020年09月23日 05:36撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝雲、口を開けた白い龍に見えませんか?
3
冷乗越へ下ってくると、ガスの中.
2020年09月23日 06:05撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷乗越へ下ってくると、ガスの中.
ガスの切れ間に、一瞬の山稜.
2020年09月23日 06:09撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間に、一瞬の山稜.
1
布引山(2683m)はまだガスの中でしたが・・・
2020年09月23日 07:05撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引山(2683m)はまだガスの中でしたが・・・
少し登るとひょっこり雲の上に出て、快晴の空. 剱岳がくっきり!
2020年09月23日 07:39撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登るとひょっこり雲の上に出て、快晴の空. 剱岳がくっきり!
3
南には雲海のかなたに槍ヶ岳.
2020年09月23日 07:39撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には雲海のかなたに槍ヶ岳.
1
滝雲の爺ヶ岳稜線と、快晴の剱岳.
2020年09月23日 07:44撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝雲の爺ヶ岳稜線と、快晴の剱岳.
1
鹿島槍ヶ岳山頂(南峰)では、誰もが感激の歓声!
2020年09月23日 07:55撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳山頂(南峰)では、誰もが感激の歓声!
2
山頂からのパノラマ. 左は爺ヶ岳稜線、中央に剱岳、右が白馬岳へ続く後立山の稜線.
2020年09月23日 08:00撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ. 左は爺ヶ岳稜線、中央に剱岳、右が白馬岳へ続く後立山の稜線.
1
3日前に登った剱岳、岩稜がくっきり. 三ノ窓雪渓にはまだ多くの雪が残っています.
2020年09月23日 08:02撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日前に登った剱岳、岩稜がくっきり. 三ノ窓雪渓にはまだ多くの雪が残っています.
1
吊尾根を北峰へ.
2020年09月23日 08:48撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根を北峰へ.
背景は、鹿島槍南峰と剱岳.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背景は、鹿島槍南峰と剱岳.
2
南峰に戻って、景色を楽しみつつおにぎりを食べました.
2020年09月23日 09:15撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰に戻って、景色を楽しみつつおにぎりを食べました.
剱岳の岩稜、八ッ峰やチンネ左稜線、若い頃に登攀したのを懐かしく思い出しました.
2020年09月23日 09:25撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の岩稜、八ッ峰やチンネ左稜線、若い頃に登攀したのを懐かしく思い出しました.
雲の高さが徐々に上がってきて、爺ヶ岳はガスの中に. やはり台風の影響で天気は下り坂.
2020年09月23日 09:25撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の高さが徐々に上がってきて、爺ヶ岳はガスの中に. やはり台風の影響で天気は下り坂.
2日前に歩いた立山の稜線、左端には東一ノ越から黒部ダムへのルート
2020年09月23日 09:41撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日前に歩いた立山の稜線、左端には東一ノ越から黒部ダムへのルート
1
復路、冷池天場にテントはゼロ. 台風接近を心配して下山か?
2020年09月23日 10:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路、冷池天場にテントはゼロ. 台風接近を心配して下山か?
冷池山荘前のベンチ、誰もいませんでした.
2020年09月23日 10:34撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘前のベンチ、誰もいませんでした.
爺ヶ岳の稜線で、すぐ目の前に雷鳥! 脚は既に冬毛です.
2020年09月23日 11:24撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳の稜線で、すぐ目の前に雷鳥! 脚は既に冬毛です.
1
雷鳥ミッケ;何羽見つけられますか?
2020年09月23日 11:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥ミッケ;何羽見つけられますか?
2
正解は5羽. でもカメラを向ける前は6羽いたはずなのですが... 
2020年09月23日 11:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正解は5羽. でもカメラを向ける前は6羽いたはずなのですが... 
カメラに向かってポーズ
2020年09月23日 11:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラに向かってポーズ
2
朝は迂回した爺ヶ岳山頂(中峰)に寄りました.
2020年09月23日 11:50撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は迂回した爺ヶ岳山頂(中峰)に寄りました.
1
爺ヶ岳南峰もガスの中
2020年09月23日 12:05撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳南峰もガスの中
1
稜線では紅葉が始まっています. この寒さで一気に紅葉が進みそうです. 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線では紅葉が始まっています. この寒さで一気に紅葉が進みそうです. 
種池山荘まで戻ってきました。預けてあった荷物を再パッキングして下山開始.
2020年09月23日 12:36撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘まで戻ってきました。預けてあった荷物を再パッキングして下山開始.
最後は脚がガクガクなりながら、一気に下山してきました. 結局、雨に降られずに済みました.
2020年09月23日 15:12撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は脚がガクガクなりながら、一気に下山してきました. 結局、雨に降られずに済みました.
扇沢まで戻って、バスで信濃大町へ.
2020年09月23日 15:27撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢まで戻って、バスで信濃大町へ.
1

感想/記録
by mi_no

種池山荘から鹿島槍ヶ岳を往復、雲上の世界で稜線の滝雲や剱岳の絶景に大満足の山行となりました。


当初は、キレットを超えて白馬岳への小屋泊り縦走を計画していたのですが、台風の接近ニュースに計画を縮小しました。台風が南寄りに逸れたので、結果的には先まで行けたのかもしれませんが、22日時点の天気情報と、新型コロナ下の登山では小屋が完全予約制でもあり、縮小としました。 でもそれに見合う景色を十分に楽しむことができました。また若い頃に登攀した剱岳の岩稜の全貌をこれほどくっきりと見たのは初めてで、懐かしく思い出し、その意味でも感慨深い山行となりました。
 19日−21日の剱岳・立山の続く変則的な山行でしたが、山上は秋の天候に恵まれました。首都圏に戻って雨となりました。
  
 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:249人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ