また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2640074 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

笠ヶ岳(クリヤ谷→笠新道周回)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
穂高ロープウェイ駐車場。
朝5時でガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間59分
休憩
57分
合計
10時間56分
S新穂高温泉駅05:2605:30新穂高登山指導センター05:3105:37新穂高温泉無料駐車場05:3805:53宝山荘別館05:5305:57中尾高原口バス停05:5806:42クリヤ谷渡渉地点06:4609:08最終水場09:2309:49クリヤの頭10:0010:18雷鳥岩10:3312:42笠ヶ岳12:4312:50笠ヶ岳山荘12:5313:08抜戸岩13:0913:35笠新道分岐13:4213:42分岐指導標(仮称)13:4214:10杓子平14:1115:49笠新道登山口15:4915:58中崎橋15:5816:08お助け風穴16:0816:19登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)16:2116:27新穂高温泉バス停16:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■クリヤ谷
登山口〜笠ヶ岳山頂まで、楽な区間は殆ど無い。
基本、足下が悪い状態がずっと続く。狭い道や岩が多く、濡れていた為とても滑りやすかった。中盤はかなり長い区間が笹藪で覆われ、足下が見えず歩きにくい。
目印少な目で、進むルートが分かりづらい。
序盤〜中盤は、水場は多い。
渡渉あり。増水時は通行不可。


■笠新道
急だが問題なし。
水場なし。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

辛いと噂のクリヤ谷コース。登山口の時点で道の先が見えない。なんだか嫌な予感しかない。
2020年10月11日 06:12撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛いと噂のクリヤ谷コース。登山口の時点で道の先が見えない。なんだか嫌な予感しかない。
序盤から歩きづらいが、これくらいはまだ可愛いレベルだった。
2020年10月11日 06:16撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤から歩きづらいが、これくらいはまだ可愛いレベルだった。
最初の渡渉。増水が心配だったが、問題なし。
足の置き場が少なく油断すると落ちそう。割と深いので落ちる訳にいかない。
2020年10月11日 06:43撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉。増水が心配だったが、問題なし。
足の置き場が少なく油断すると落ちそう。割と深いので落ちる訳にいかない。
1
クリヤ谷は水場が多い。水があるだけで気持ちいい。
2020年10月11日 07:21撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリヤ谷は水場が多い。水があるだけで気持ちいい。
1
紅葉も始まっている様子。
2020年10月11日 07:46撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も始まっている様子。
2
中盤辺りから笹藪だらけ。一見道が見えないが踏み跡はある。
足下が見えず慎重な歩きを強いられ、ペースが上がらない。
朝露でズボンはびしょ濡れ。
2020年10月11日 07:49撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤辺りから笹藪だらけ。一見道が見えないが踏み跡はある。
足下が見えず慎重な歩きを強いられ、ペースが上がらない。
朝露でズボンはびしょ濡れ。
焼岳。
雲に呑まれそう。
2020年10月11日 08:24撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳。
雲に呑まれそう。
1
最初道が分からなかった。真ん中を進むが正解。
2020年10月11日 09:02撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初道が分からなかった。真ん中を進むが正解。
1
クリヤの頭に差し掛かる頃、ようやく笹藪が終わり展望が開ける。2時間くらいは笹と格闘した。
2020年10月11日 09:51撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリヤの頭に差し掛かる頃、ようやく笹藪が終わり展望が開ける。2時間くらいは笹と格闘した。
前方の雷鳥岩を目指す。
2020年10月11日 10:00撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の雷鳥岩を目指す。
槍、穂高が良く見える。
2020年10月11日 10:09撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、穂高が良く見える。
1
大キレット?も良く見えた。
2020年10月11日 10:09撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット?も良く見えた。
1
雷鳥岩に到着。
岐阜側は雲海。正面に見えるのは白山か。
2020年10月11日 10:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥岩に到着。
岐阜側は雲海。正面に見えるのは白山か。
1
雷鳥岩に着くと、どでかい笹ヶ岳がいきなり正面にお目見えする。大迫力だった。
2020年10月11日 10:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥岩に着くと、どでかい笹ヶ岳がいきなり正面にお目見えする。大迫力だった。
2
クリヤ谷コースを選択する価値は、この角度で遮るものがない笹ヶ岳を見られることに尽きると思う。
2020年10月11日 10:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリヤ谷コースを選択する価値は、この角度で遮るものがない笹ヶ岳を見られることに尽きると思う。
1
ここから笹ヶ岳はまだまだ遠い。既に4時間以上登っているが、笹ヶ岳に取り付いてすらいない事実にショックを受ける。
2020年10月11日 10:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから笹ヶ岳はまだまだ遠い。既に4時間以上登っているが、笹ヶ岳に取り付いてすらいない事実にショックを受ける。
1
笹ヶ岳山頂に近づくと、まともに歩ける道になってきた。
2020年10月11日 11:10撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ岳山頂に近づくと、まともに歩ける道になってきた。
抜戸岳。
あそこも通過しないと帰れないが、あれも遠い。
2020年10月11日 11:26撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳。
あそこも通過しないと帰れないが、あれも遠い。
2
振り返ると、かなり歩いてきた。
そういえばここまで誰とも会っていない。静か過ぎる。
2020年10月11日 11:30撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、かなり歩いてきた。
そういえばここまで誰とも会っていない。静か過ぎる。
1
岐阜側の景色も中々いいのではないか。
2020年10月11日 11:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜側の景色も中々いいのではないか。
笠ヶ岳山頂。中々近づかない。
2020年10月11日 11:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂。中々近づかない。
1
山頂直下は岩登り。
2020年10月11日 11:57撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は岩登り。
1
開始から6時間、ようやく笹ヶ岳山頂に到着。
流石にガスが上がってきてる。
ここから人を見かけるようになる。
2020年10月11日 12:00撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開始から6時間、ようやく笹ヶ岳山頂に到着。
流石にガスが上がってきてる。
ここから人を見かけるようになる。
1
山頂から、抜戸岳。
2020年10月11日 12:01撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、抜戸岳。
1
山頂から、北アルプス色々。
2020年10月11日 12:01撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、北アルプス色々。
1
岐阜、富山方面は雲海で埋め尽くされていた。
2020年10月11日 12:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜、富山方面は雲海で埋め尽くされていた。
2
抜戸岳へ向かう。
笠ヶ岳山荘は今季休業。
2020年10月11日 12:45撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳へ向かう。
笠ヶ岳山荘は今季休業。
黒部五郎、三俣蓮華。
2020年10月11日 13:08撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎、三俣蓮華。
抜戸岳への気持ち良い稜線歩き。
2020年10月11日 13:17撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳への気持ち良い稜線歩き。
抜戸岳山頂から。
2020年10月11日 13:51撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳山頂から。
1
下山ルートの笠新道へ。
杓子平は枯れてしまっているが良い雰囲気。
2020年10月11日 14:07撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ルートの笠新道へ。
杓子平は枯れてしまっているが良い雰囲気。
1
笠新道から下は完全に霧の世界。
2020年10月11日 14:13撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道から下は完全に霧の世界。
下山が異様に長い、、、
2020年10月11日 15:26撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山が異様に長い、、、
最後の林道歩きを乗り越え、達成感のある下山完了。
2020年10月11日 16:27撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の林道歩きを乗り越え、達成感のある下山完了。

感想/記録

先月、焼岳から見た笠ヶ岳が印象的でいつか行きたいと思っていたところ、台風一過の晴天が岐阜県で期待できるとの予報を聞き、ちょうど良いので行ってみました。
今シーズン最長の登山となり非常に疲れたのと、クリヤ谷はもう懲り懲りですが、雷鳥岩から見た笠ヶ岳は圧巻でした。
また、笠ヶ岳は北アルプスの山々を見渡すには絶好のロケーションでした。もっと気軽に行けたらいいのに。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:307人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ