また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2641325 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

【雲海抜けたら紅葉パラダイス🍁毛勝山】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候標高1800mより上で快晴 下は雲海
午後は2000mあたりから雲の中 1800mあたりから下は雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
片貝山荘近くの駐車スペースは10台程度の入り
うまく止めれば20台くらいは止められるかな
自分は一昨年の馬場島パンク事件で懲りているので、未舗装路を避けて手前の片貝第4発電所に駐車しました(おかげで往復6劼睛招廚吠發い討靴泙い泙靴燭)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間8分
休憩
53分
合計
9時間1分
S片貝第四発電所06:2807:03片貝山荘07:0407:09東又第五発電所登山口07:13毛勝登山口07:1408:43三角点08:5610:26モモアセ山10:2910:56クワガタ池10:5911:29毛勝山11:5712:21クワガタ池12:2212:53モモアセ山12:5413:45三角点13:4614:49毛勝登山口14:5014:53東又第五発電所登山口15:29片貝第四発電所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口標高750mから1060m辺りまでが急登の核心
トラロープや木の根を頼りに登っていくが登りよりも下りの方がいやらしい
そこを過ぎると斜度はいったん緩み細かいアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を上げていく
標高1800mあたりで花崗岩のザレが出始めると森林限界を抜けて展望もよくなる
標高2000m付近は池塘点在する中の稜線漫歩
ラスボス毛勝山本峰は2150mからおよそ300mの急登
その他周辺情報下山後の温泉は上市まで戻って「アルプスの湯」 610円
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

片貝第4駐車場までは舗装路
ここから先は未舗装、といいながらこの先も所々でモルタルの簡易舗装はされてました。舗装率は50%くらいかな
2020年10月11日 06:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片貝第4駐車場までは舗装路
ここから先は未舗装、といいながらこの先も所々でモルタルの簡易舗装はされてました。舗装率は50%くらいかな
1
東又谷の巨大な堰堤
片貝川支流は堰堤だらけ
2020年10月11日 06:41撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東又谷の巨大な堰堤
片貝川支流は堰堤だらけ
富山の山屋さんの間では有名な片貝山荘
利用は無料ですが魚津市に申請要
2020年10月11日 07:04撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山の山屋さんの間では有名な片貝山荘
利用は無料ですが魚津市に申請要
1
見えてきた毛勝山西北尾根
あれを登る、なかなか急登の面構え
2020年10月11日 07:06撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた毛勝山西北尾根
あれを登る、なかなか急登の面構え
左側に見えてきたのは僧ヶ岳登山口
間違えないようにしないと
2020年10月11日 07:09撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に見えてきたのは僧ヶ岳登山口
間違えないようにしないと
1
毛勝山登山口へは阿部木谷方面に橋を渡ります
2020年10月11日 07:10撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝山登山口へは阿部木谷方面に橋を渡ります
1
登山口近くの立山杉の巨木
2020年10月11日 07:11撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの立山杉の巨木
登山口に40分もかかってようやく到着
未舗装路を嫌ってここまで歩いてきたけど思ったより未舗装部分が少なくてちょっと後悔
2020年10月11日 07:14撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に40分もかかってようやく到着
未舗装路を嫌ってここまで歩いてきたけど思ったより未舗装部分が少なくてちょっと後悔
1
これが噂に聞く毛勝山の急登か(汗
2020年10月11日 07:26撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが噂に聞く毛勝山の急登か(汗
直登一本勝負!確かにキツイ
2020年10月11日 08:05撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登一本勝負!確かにキツイ
標高1100mあたりからは雲の中
いつか雲の上に突き抜けると信じて登る
2020年10月11日 08:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1100mあたりからは雲の中
いつか雲の上に突き抜けると信じて登る
標高1479mの三角点
(曲谷三等三角点)
2020年10月11日 08:46撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1479mの三角点
(曲谷三等三角点)
ちょっとくすんでますがナナカマド
ここから上はもっと発色してます
2020年10月11日 09:00撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとくすんでますがナナカマド
ここから上はもっと発色してます
おおっ、全く見えなかった稜線と先の山がかすかに見えてきた
2020年10月11日 09:25撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、全く見えなかった稜線と先の山がかすかに見えてきた
北の方角にはサンナビキ山か
2020年10月11日 09:26撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の方角にはサンナビキ山か
1
紅葉の樹々の向こうに越中駒ケ岳
2020年10月11日 09:26撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の樹々の向こうに越中駒ケ岳
3
雲がさらに切れて稜線のその向こうも見えるようになってきた
やはり山はこうでなくては
2020年10月11日 09:27撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がさらに切れて稜線のその向こうも見えるようになってきた
やはり山はこうでなくては
1
樹林の中にも差し込む光線
2020年10月11日 09:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の中にも差し込む光線
1
越中駒ヶ岳と僧ヶ岳は雲海に顔を出す潜水艦
2020年10月11日 10:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越中駒ヶ岳と僧ヶ岳は雲海に顔を出す潜水艦
1
完全に雲から抜けた
稜線がこんなにも色鮮やかったとは
2020年10月11日 10:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に雲から抜けた
稜線がこんなにも色鮮やかったとは
この辺りでピストンで下山する人とすれ違った
「帰りが暗くなりますよ」と心配された。シンガリで登山口7時半出発だから無理もないか
2020年10月11日 10:11撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでピストンで下山する人とすれ違った
「帰りが暗くなりますよ」と心配された。シンガリで登山口7時半出発だから無理もないか
1
モモアセ池に到着
それにしてもいい天気
2020年10月11日 10:14撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モモアセ池に到着
それにしてもいい天気
池の畔から紅葉の向こうに駒ケ岳
2020年10月11日 10:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の畔から紅葉の向こうに駒ケ岳
2
ちょっと引いてみるとこんな感じ
2020年10月11日 10:17撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと引いてみるとこんな感じ
サンナビキ山とウドの頭?
はるか向こうはゴタテ
2020年10月11日 10:20撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンナビキ山とウドの頭?
はるか向こうはゴタテ
1
ゴタテが丸見え
鹿島槍と五竜
2020年10月11日 10:20撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴタテが丸見え
鹿島槍と五竜
2
唐松岳から不帰、天狗の頭
2020年10月11日 10:20撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳から不帰、天狗の頭
3
池塘点在する稜線歩き、天気も良くてとても楽しい
2020年10月11日 10:21撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘点在する稜線歩き、天気も良くてとても楽しい
2
これは何という池だろう
2020年10月11日 10:24撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何という池だろう
振り返ると紅葉が美しいモモアセ山?
2020年10月11日 10:37撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると紅葉が美しいモモアセ山?
1
右奥に白馬岳
サンナビキ山の向こうには朝日岳
2020年10月11日 10:37撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に白馬岳
サンナビキ山の向こうには朝日岳
1
全山錦をまとったモモアセ山
2020年10月11日 10:39撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全山錦をまとったモモアセ山
2
ついに全容見えた毛勝山と南峰(右)
2020年10月11日 10:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに全容見えた毛勝山と南峰(右)
2
ゴタテの眺めがあまりにも素晴らしいので、この先にこんな写真が多くなります
2020年10月11日 10:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴタテの眺めがあまりにも素晴らしいので、この先にこんな写真が多くなります
1
後ろから見た白馬三山
なかなか見れない方向から
2020年10月11日 10:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろから見た白馬三山
なかなか見れない方向から
1
いつもはでっぷりした五竜岳(右)も富山から見るととんがってる
2020年10月11日 10:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはでっぷりした五竜岳(右)も富山から見るととんがってる
1
毛勝山へと続く登山道
今までの苦労が報われる快適な道
2020年10月11日 10:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝山へと続く登山道
今までの苦労が報われる快適な道
青空にナナカマド、足元にはチングルマの紅葉
2020年10月11日 10:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空にナナカマド、足元にはチングルマの紅葉
1
登山道中一番発色の良かったナナカマドと毛勝山
2020年10月11日 10:50撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道中一番発色の良かったナナカマドと毛勝山
5
そのナナカマドの向こうに唐松岳
2020年10月11日 10:51撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのナナカマドの向こうに唐松岳
3
そして白馬三山
雲海の上はパラダイス
2020年10月11日 10:51撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして白馬三山
雲海の上はパラダイス
2
だんだん大きくなる毛勝山
2020年10月11日 10:54撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん大きくなる毛勝山
1
足元にはクワガタ池
こんなところでテント張れたら最高なんですが
2020年10月11日 10:55撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはクワガタ池
こんなところでテント張れたら最高なんですが
3
クワガタ池はたしかにクワガタの形をしている
2020年10月11日 10:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クワガタ池はたしかにクワガタの形をしている
6
さぁ、あとはあの太陽に向かって登るだけ
でも標高差200mはある
2020年10月11日 10:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、あとはあの太陽に向かって登るだけ
でも標高差200mはある
1
風に揺れるチングルマ
2020年10月11日 10:58撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に揺れるチングルマ
2
クワガタ池あたりの稜線
アップダウンも楽しい登山道
2020年10月11日 10:58撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クワガタ池あたりの稜線
アップダウンも楽しい登山道
3
最後の急登を登りきると山頂広場
2020年10月11日 11:28撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を登りきると山頂広場
ついに毛勝山山頂到着
長かったー
2020年10月11日 11:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに毛勝山山頂到着
長かったー
4
山頂からの剱岳
2020年10月11日 11:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの剱岳
7
釜谷山と猫又山
遠くの稜線は大日連山
一番左の浄土山の右にぴょこんと見えているのが実は水晶岳
2020年10月11日 11:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜谷山と猫又山
遠くの稜線は大日連山
一番左の浄土山の右にぴょこんと見えているのが実は水晶岳
3
毛勝山南峰
あそこまでピストンしてる人もいました
2020年10月11日 11:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝山南峰
あそこまでピストンしてる人もいました
1
ではここから少しアップで山座同定
ますは一番目を引く鹿島槍
2020年10月11日 11:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ではここから少しアップで山座同定
ますは一番目を引く鹿島槍
1
そのとなりに五竜岳
2020年10月11日 11:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのとなりに五竜岳
左にパンして唐松岳
2020年10月11日 11:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にパンして唐松岳
さらに左にパンして白馬三山
2020年10月11日 11:31撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに左にパンして白馬三山
1
最後は雪倉岳、朝日岳へと続く
2020年10月11日 11:31撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は雪倉岳、朝日岳へと続く
1
ゴタテの稜線をバックに
ありゃ、目つむってしまった
2020年10月11日 11:43撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴタテの稜線をバックに
ありゃ、目つむってしまった
11
最後に剱岳を瞼に焼き付けて山頂を後にする
2020年10月11日 11:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に剱岳を瞼に焼き付けて山頂を後にする
1
おっとお約束の三角点
(毛勝谷二等三角点)
2020年10月11日 11:51撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとお約束の三角点
(毛勝谷二等三角点)
下り早いあっというまに降りてきた
毛勝山の姿を見たのはこれが最後、この後は雲の中へ突入
2020年10月11日 12:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り早いあっというまに降りてきた
毛勝山の姿を見たのはこれが最後、この後は雲の中へ突入
1
最後にもう一回見れないかと、ナナカマドの前で粘ったらちょっとだけ見えました
2020年10月11日 12:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にもう一回見れないかと、ナナカマドの前で粘ったらちょっとだけ見えました
白馬もこれが最後
雲海の境界線が上がってきたな
2020年10月11日 12:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬もこれが最後
雲海の境界線が上がってきたな
2
なかなかよかった毛勝山の紅葉
2020年10月11日 12:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかよかった毛勝山の紅葉
1
ガスの中にも色のいいナナカマド
2020年10月11日 12:39撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中にも色のいいナナカマド
1
これはカエデですかね
2020年10月11日 13:19撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはカエデですかね
杉の根っこがはびこるワイルドな登山道です
最近開かれたというだけありますね
2020年10月11日 13:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の根っこがはびこるワイルドな登山道です
最近開かれたというだけありますね
1
杉の巨木も多すぎてマヒしてくる
2020年10月11日 13:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の巨木も多すぎてマヒしてくる
ガスの中というのも幻想的でこれはこれでいい
2020年10月11日 14:02撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中というのも幻想的でこれはこれでいい
2
雨に煙る黄葉もおつなもの
2020年10月11日 14:16撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に煙る黄葉もおつなもの
1
標高1060mあたりで登山道は急降下
2020年10月11日 14:27撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1060mあたりで登山道は急降下
下りは早い、20分ほどで登山口到着
しかしまだまだここから3劼領啼司發
なんで車で来なかったのだ(反省
2020年10月11日 14:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは早い、20分ほどで登山口到着
しかしまだまだここから3劼領啼司發
なんで車で来なかったのだ(反省
1
これまた登山口の巨木
2020年10月11日 14:50撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまた登山口の巨木
片貝第4発電所
ようやく帰ってまいりました
お疲れさまでした
2020年10月11日 15:28撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片貝第4発電所
ようやく帰ってまいりました
お疲れさまでした

感想/記録

今年こそ登ろうと想い焦がしつつ、後回しになっていた北陸の200名山「毛勝山」
真夏はオロ(イヨシロオビアブ)が酷いし、マダニの攻撃もすごいらしい
急登も半端なく厳しいらしいし....などネガティブな噂ばかりが念頭に立ってついつい

先週末(10日、11日)は
●10日の天気は芳しくない、11日はよさそう 泊り× 日帰り〇
●標高2500m辺りは落葉している 涸沢、天狗池、立山雷鳥沢×
●今年の白山はナナカマドのコンディションが酷いらしい 白山×

こんな感じで候補を絞り込んでいき毛勝山に決定
早朝4時に自宅を出発、一路魚津へ!
ところが魚津ICを降りるとドヨンとした曇り空、道路も雨降ったらしく濡れている
とりあえず片貝第4発電所まで行ってみるも稜線など全然見えないくらい曇っているし、それと途中の林道で可哀そうに車にはねられたウリ坊を見てしまい気持ちはブルー

こんなコンディション(天気も気持ちも)では登れないと、一旦はDNSを決意し車をUターンさせたものの、魚津市内まで戻ってバックミラーを見ると中層の雲の上に朝日受けて輝く毛勝三山の姿
それで再度登山口へと向かいました、そんなこんなで出発が1時間以上遅れてしまいましたが、いざ登り始めてしまえば気持ちは山に集中
心配された天気も中層以上ではこれ以上望めないくらいのいい天気
実はあまり期待していなかった紅葉もベストタイミングで登ることができ大満足の毛勝山となりました
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:381人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/8/11
投稿数: 0
2020/10/16 13:03
 おつかれ山
山頂で撮影ありがとうございます⛰
めっちゃキツい山でしたが山頂での景色 途中での紅葉🍁最高でした。熊さんだけには会いたくないですね
登録日: 2008/10/24
投稿数: 1404
2020/10/16 15:58
 Re: おつかれ山
miurapanさん こちらにもありがとうございます

確かにクマさんにだけは会いたくないですねー、と言いながら私も山で3度クマに遭遇してます マイナールートは動物たちとの出会いの機会も多くなりますね
めちゃめちゃキツイ山でしたが今度はハクサンコザクラの時期に登ってみたいと思いました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ